MENU

カテゴリー

最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

DQX(ドラゴンクエストX)のベンチマークとおすすめPC

DQX ベンチマーク

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

  • ドラゴンクエストXをしたいけどPCのスペックはどの程度必要?
  • 公式で動作環境やベンチマークの評価があるけど、実際にどのくらいのFPSがでるの?

ドラゴンクエストは、30年以上続くシリーズで大人から子供まで幅広く人気のあるゲームです。

第10作目となるドラゴンクエストXは、初のオンラインゲームのMMORPGで、世界中の人と一緒にゲームができます。

 

3Dゲームに関しては、基本的に高いPCスペックが要求されますが、ドラゴンクエストXは比較的低スペックでも快適に遊べるので、気軽に始めることができます。

この記事では、より具体的に、快適に遊ぶためにどのくらいのグラフィック性能が必要か、公式の動作環境の解説やベンチマーク結果だけでなく、快適さの指標となるFPSも含めて解説していきます。

メーカーから借りたPCでベンチマークした結果も掲載するので参考になると思います。

 

結論から言うと、最近のゲーミングPCなら、まず問題なく快適に動作します。

グラフィックボードの中でも性能が低めな「GeForce GTX 1650」でも十分です。

ケンさん

最近のグラフィックボードは性能が高いから、10万程度のゲーミングPCで十分いけるで!

 

ベンチマーク結果を踏まえ、おすすめのゲーミングPCは次の通りです。

モデル名おすすめな方CPUメモリGPUストレージ画面サイズ価格
コスパの高いゲーミングデスクトップPCIntel Core i5-1240016GBGeForce GTX 1660 SUPERSSD 500GB NVMe-14万円台~
デザイン重視向けのゲーミングデスクトップPCIntel Core i5-12400F16GBGeForce RTX 3050SSD 500GB NVMe-16万円台~
コスパの高いノートPCAMD Ryzen 7 5800H16GBGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUSSD 1TB NVMe15.614万円台~

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

DQX(ドラゴンクエストX)のベンチマーク

DQX(ドラゴンクエストX)をプレイするための動作環境やグラフィック設定、ベンチマークスコアの評価などを解説します。

 

必要・推奨動作環境

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8.1 32/64bit 日本語版
Windows 10 32/64bit 日本語版
CPUIntel Core i3 2.0GHz 相当以上Intel Core i3 2.0GHz 相当以上
Intel Core m 2.0GHz 相当以上
メモリ3GB以上
ストレージ32GB以上
GPUNVIDIA Geforce GT 220 以上
ATI Radeon HD 5550 以上
Intel HD Graphics 4000 以上
NVIDIA Geforce GT 230M 以上
ATI Mobility Radeon HD 5650 以上
Intel HD Graphics 4000 以上
解像度800×600 32bit カラー以上
DirectXDirectX 9.0c以上

動作環境については、推奨動作環境を基準に考えても、それほど高くはありません。

一番グラフィック性能の低いCPU内蔵GPUの「Intel UHD グラフィックス」ですら、推奨動作環境を若干超えているほどです。

 

最低限、グラフィックボードを搭載しているゲーミング向けPCであれば、余裕で快適に遊ぶことができます。

価格の相場で言うと、10万円前後になってくるかと思います。

 

標準画質のFHD(1,920×1,080)で、推奨動作環境だと平均35FPS程度はでます。

古いGPUのため同じ構成で計測はできませんが、同程度のGPU性能(Intel UHD グラフィックス)のベンチマークと比較すると、FPSはこのくらいになります。

 

DQXは、FPSゲームのような動きの激しいゲームでは無いので、40FPS程度でも普通に遊ぶことができます。

性能が低めなグラフィックボードだとしても、標準画質のFHD(1,920×1,080)で、90FPS以上は出るので、比較的低価格なゲーミングPCでも十分楽しめます。

 

最近のゲーミングPCであれば、CPU、メモリ、GPU、容量の全てにおいて、余裕で事足りるので、動作環境はあまり気にする必要はありませんね。

 

ベンチマークのダウンロード

DQX(ドラゴンクエストX)は、公式サイトからダウンロードすることができるので、このゲームが気になっている方は、今お使いのPCで動作するか試してみて下さい。

 

このベンチマークソフトでは、スコアや評価(とても快適、普通など)が分かります。

ただし、FPSがどの程度かは分からないので、私が今まで計測したデータを元に、どのスコアで大体どの程度のFPSがでるのか表にしておくので、そちらも参考にして下さい。

ドラゴンクエスト X ベンチマーク ダウンロード

DQX(ドラゴンクエストX)のダウンロード

このページをスクロールすると「『ドラゴンクエストX オンライン』ベンチマークソフトのダウンロード」とあるので、そこからダウンロードでき安栖。

 

ベンチマーク画面から、グラフィック設定や解像度、表示方法を設定することができます。

グラフィック設定については後程詳しく解説します。

 

ベンチマークは7分程度の長さで、ベンチマークのスコアと評価が表示されます。

ドラゴンクエストX メニュー

 

ベンチマーク実行中の様子はこのような感じ。

ドラゴンクエストX ベンチマーク 1

ドラゴンクエストX ベンチマーク 2

ドラゴンクエストX ベンチマーク 3

ドラゴンクエストX ベンチマーク 4

ドラゴンクエストX ベンチマーク 5

ドラゴンクエストX ベンチマーク 6

 

グラフィック設定

ベンチマークのグラフィック設定には、次の3つが用意されています。

  • 最高品質
  • 標準品質
  • 低品質

本ベンチマークでは、1つ1つの項目を設定するというような細かな設定はできず、ざっくりと3つから選択します。

 

具体的に、これらの設定でどの程度の画質が変わるのかまとめたので、プレイ時の目安にして下さい。

また、設定毎のスコアやFPSを後程掲載するので、自分のプレイしたい設定を参考にして下さい。

 

主に大きく変わるのは、アンチエイリアス(オブジェクトの縁の滑らかさ)ですね。

最高品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 1_最高品質

 

標準品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 2_標準品質

 

低品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 3_低品質

最高画質・標準画質はあまり変わらず、低品質が全体的にシャープな感じがします。

アンチエイリアスがかかっていないので、人・木と背景の境界線が鋭く、くっきりとした印象です。

 

特に、目立つ部分を拡大してみましょう。

最高品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 1_最高品質_おっさん

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 1_最高品質_旗

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 1_最高品質_木

標準品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 2_標準品質_おっさん

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 2_標準品質_旗

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 2_標準品質_木

低品質

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 3_低品質_おっさん

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 3_低品質_旗

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト 3_低品質_木

最高画質・標準画質はパッと見あまり変わりませんね。

低品質は、人・木や物などのオブジェクトと背景との境界線がハッキリしていて、ギザギザした感じが分かると思います。

 

ベンチマークスコアの評価

評価解説
すごく快適グラフィック設定や解像度を低めに設定していた場合は、
ぜひ設定を高くしてお試しください。
高い設定に変更しても、とても快適に遊べると思われます。
とても快適グラフィック設定や解像度を低めに設定していた場合は、
ぜひ設定を高くしてお試しください。
高めの設定に変更しても、快適に遊べると思われます。
快適現在の設定で、ドラゴンクエストXが快適な動作をすると思われます。
グラフィック設定や解像度を低めに設定していた 場合は、
設定を高めに変更してお試しください。
普通現在の設定で、ドラゴンクエストXが普通に動作をすると思われます。
グラフィック設定や解像度を高めに設定していた場合は、
設定を少し下げてお試しください。快適に遊べると思われます。
やや重い現在の設定では、ドラゴンクエストXの動作が、
やや重く感じられると思われます。
グラフィック設定や解像度の設定を低く設定して、
プレイされることをお勧め致します。
重い現在の設定では、ドラゴンクエストXの動作が、
重く感じられると思われます。
グラフィック設定や解像度を出来るだけ低く設定して、
プレイされることをお勧め致します。
動作困難動作に必要な性能を満たしていません。
グラフィック設定や解像度を下げても、
動作が重く感じられると思われます。

公式が発表しているベンチマークスコアの評価表で、7項目に分けて結果を出してくれます。

 

私が実機で計測したデータを元にすると、評価別の大まかなスコア・FPS値は次のようになります。

評価スコアFPS
すごく快適10,000~100FPS以上
とても快適7,000~10,00070~100FPS
快適5,000~7,00050~70FPS
普通3,000~5,00035~50FPS
やや重い2,000~3,00020~35FPS
重い1,000~2,00010~20FPS
動作困難~1,00010FPS以下

最近のグラフィックボードの性能は高く、ゲーミングPCであれば、最低でも「とても快適」になることがほとんどですね。

また、グラフィックボードではなく、CPU内蔵GPUを使うようなスタンダード向け、ビジネス向けPCの場合は、「普通」ぐらいになります。

 

DQX(ドラゴンクエストX)のGPU別ベンチマーク結果

ベンチマークは、GPU別にFHD(1,920×1,080)解像度、次のグラフィック設定で計測しています。

  • 最高品質
  • 標準品質
  • 低品質

ベンチマークスコアは、実機をお借りして計測したものをGPU毎に平均した値となります。(PC毎の値は、後程掲載しています)

 

未検証のGPUに関しては、3DMarkのグラフィックスコアを掲載しておくので、大まかの比較はできると思います。

また、必要動作環境と推奨動作環境のGPU性能も比較できるようグラフに含めています。

 

各項目の左がスコア、右が平均FPSです。

 

GPU3DMark最高品質標準品質低品質
RTX 3090
19940
---
RTX 3080 Ti
19583
---
RTX 3080
17676
---
RTX 3070 Ti
14524
25258 / 23225204 / 23225397 / 229
RTX 3070
13392
22677 / 19923096 / 20123130 / 205
Radeon RX 6700 XT
11788
14375 / -16383 / -17895 / -
RTX 3060 Ti
11046
23432 / 21423486 / 21423991 / 216
RTX 3060
8116
17910 / 17717922 / 17818622 / 183
GTX 1660 Ti
6360
---
RTX 3050
6124
24626 / 22824599 / 22824862 / 227
GTX 1660 SUPER
5923
23635 / 21823600 / 21724005 / 222
GTX 1660
5444
---
RTX 3050 Ti
5241
12930 / 12513316 / 12814623 / 139
GTX 1650 SUPER
4519
22939 / 21322914 / 20323904 / 218
GTX 1650 Ti
3577
13787 / 15213930 / 15315050 / 168
GTX 1650
3291
9476 / 949636 / 9210183 / 95
Intel Iris Xe グラフィックス
1511
10236 / 10011029 / 10312139 / 112
MX250
1189
7780 / -8534 / -9670 / -
Radeon Vega 8 グラフィックス
601
4330 / -5703 / -6168 / -
Intel UHD グラフィックス
338
3105 / 304132 / 354365 / 46
推奨動作環境相当
233
---
必要動作環境相当
174
---
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

最近のGPUは性能が高いので、グラフィックボードの中でも性能が低めな「GTX 1650」でも推奨動作環境を超えて、平均90FPSなので余裕で遊べますね。

 

DQX(ドラゴンクエストX)におすすめなPC

DQXを快適にプレイするための、おすすめのゲーミングPCを紹介します。

3Dゲームを中心に解説していますが、2Dゲームやブラウザゲームも問題なく楽しめるので安心して下さい。

 

では、1つ1つ簡単に解説していきます。

 

【高コスパ】エントリー向けのゲーミングデスクトップPC「GALLERIA RM5C-G60S」

モデル名GALLERIA RM5C-G60S
メーカー:ドスパラ
CPU:Intel Core i5-12400
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER (6GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:未対応 (オプション)
価格14万円台~ (2022/09/01更新)
ミニタワー
CPUスコア
20011
GPUスコア
12760
ミドルレンジCPU, GPUでバランスの取れたライトゲーマー向けのゲーミングデスクトップPCです。

本ゲームはもちろん、他の軽い~普通の3Dゲームが高画質で快適で、重めの3Dゲームも画質設定を普通程度にすれば快適なグラフィック性能。

14万円台の価格のわりには幅広いゲームができ、コスパが高いです。

また、ゲーム以外にも幅広い用途でそこそこ使えるスペックとなっています。
 

【デザイン重視】オシャレなPCケースで作業やゲームをしたい方向けのPC『ZEFT G15HR』

モデル名ZEFT G15HR
メーカー:SEVEN
CPU:Intel Core i5-12400F
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3050 (8GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:対応
価格16万円台~ (2022/09/06更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
19493
GPUスコア
12647
ゲーミングPCを買うならカッコいいやつが良い!とデザイン性を重視する方もいると思います。
そこで、おすすめしたいメーカーがSEVENで約20種類のPCケースから選ぶことができます。

PCは頻繁に買い替えないものなので、性能だけでなくデザイン面も後悔しないようにしましょう!

他にも、PCケースの選択肢が多いメーカーや選び方を解説しているので参考にして下さい。
≫ 関連記事:【約10~30種】PCケースを選べるBTOメーカー3選!【外見重視派必見】

性能は、CPU、メモリ、GPU、ストレージが同じであれば問題ないです。
 

【持ち運びOK】部屋移動や外出先でもOKなノートPC『ASUS Vivobook Pro 15 OLED M6500QE』

メーカー:ASUS
CPU:AMD Ryzen 7 5800H
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU (4GB)
ストレージ:SSD 1TB NVMe
Office:WPS Office 2
Wi-Fi/Bluetooth:対応
価格14万円台~ (2022/09/05更新)
15.6型
2,880×1,620
120Hz

1.8kg
最大8時間駆動
CPUスコア
22005
GPUスコア
8882
ミドルレンジCPU, GPUでバランスの取れたライトゲーマー向けのノートPCです。

1つ目と同様にコスパを重視したモデルで、持ち運びをしたい方向けにノートPCを選びました。

グラフィック性能も同様で、画質設定では重めの3DゲームまでOKです。
 

 

DQX(ドラゴンクエストX)の実機ベンチマーク結果

今まで実機レビューしてきたPCの中で、画質設定:最高品質で快適にプレイできるものを紹介します。

 

3DMarkのグラフィックスコアの高い順に並べており、一番下のPCで最高品質 100FPS程度でているので、それ以上のスコアがあるPCであれば快適に遊べると思います。

 

各項目の左が平均FPS、右が最小FPSです。

画像モデル名・スペック・3DMark最高品質標準品質低品質
GALLERIA ZA7C-R37T
Core i7-12700K
RTX 3070 Ti
14524
25258 / 23225204 / 23225397 / 229
GALLERIA XA7R-67XT 3700X
Ryzen 7 3700X
Radeon RX 6700 XT
11788
14375 / -16383 / -17895 / -
GALLERIA RM5C-R36T
Core i5-11400
RTX 3060 Ti
10950
21789 / 20221910 / 20222737 / 206
G-Tune EN-Z
Core i7-12700K
RTX 3060
8624
25420 / 23425331 / 23325525 / 230
GALLERIA RM5R-R36
Ryzen 5 3600
RTX 3060
8598
21463 / 19521485 / 19822126 / 200
GALLERIA UL7C-R36
Core i7-11800H
RTX 3060
8280
15973 / 16616015 / 16916918 / 157
G-Tune E5-165
Core i7-11800H
RTX 3060
8000
13677 / -13758 / -14508 / -
GALLERIA XL7C-R36
Core i7-10875H
RTX 3060
7649
13831 / 13113927 / 13214613 / 159
GALLERIA RM5C-R35
Core i5-12400
RTX 3050
6124
24626 / 22824599 / 22824862 / 227
GALLERIA RM5C-G60S
Core i5-12400
GTX 1660 SUPER
5738
23971 / 21824102 / 21724686 / 222
GALLERIA RL5C-R35T
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5241
12930 / 12513316 / 12814623 / 139
XPS 15(9500)
Core i7-10875H
GTX 1650 Ti
3610
17136 / 15217230 / 15318265 / 168
GALLERIA RL5R-G50T
Ryzen 5 4600H
GTX 1650 Ti
3427
11283 / -11481 / -12503 / -
Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro ゲーミングエディション
Ryzen 7 5800H
GTX 1650
3291
9476 / 949636 / 9210183 / 95
raytrek X4-T
Core i7-1165G7
Intel Iris Xe (CPU内臓)
1511
10236 / 10011029 / 10312139 / 112
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です