【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

静音性特化のBTOパソコンの選び方を解説!騒音が気になる方必見

できるだけ静かなパソコンが欲しい!
今使っているパソコンがうるさいから買い替えたい!
という方に向けて静音性の高いBTOパソコンの選び方を解説します。

 

静音性の高いBTOパソコンとは?

静音性が高いパソコンとは、パソコン本体から発生する騒音をできるだけ抑えたパソコンのことです。

要は、静かなパソコンですね。(笑)

 

普段、みなさんが使っているパソコンは静かでしょうか?

「ヴオォォーーン」というファンの音がうるさいくて気になるということは無いでしょうか?

 

「パソコンの音なんて大したことないじゃないか!」という方もいれば、音に敏感だったり、神経質な人にとっては「気が散って仕方ない!」「作業に集中できない!」という方もいると思います。

 

私も神経質な方で音が気になるタイプです。

また、夜中にプログラムを実行している関係で、寝ている時もパソコンを付けています。

作業中であれば少しは我慢できますが、さすがに寝ている時もうるさいのは避けたいので、静音性が高くなるようパーツを選び自作パソコンを組んでいます。

 

そんな経験からBTOパソコンでも静音性が高くなる選び方を解説していきます。

 

 

騒音の原因(ファン、HDD)と静音性を高める方法について

まず、音がうるさい原因と対策について解説しようと思います。

その後に、騒音となるパーツ毎にどのように音を抑えれば良いのかを解説していきます。

HDDについては、後程解説します。

 

音がうるさい原因について

一番の原因は、パソコンの様々な場所に付いているファンが原因です。

むしろ、ほとんどこれだけといっても過言ではありません。

 

もっと言えば、ファンの回転数が原因でこれが高ければ高いほど音が発生します。

扇風機で説明すると、「弱」より「強」の方がモーターの回転数が上がってうるさくなりますよね。

パソコンのファンの場合も同じです。

 

ファンの大きな目的は、パソコン内部の発熱した各パーツを冷却することです。

パソコンは、内部の温度をモニタリングし、高温になると冷却性能を高めるために、ファンの回転数を上げて風量を増やすということを自動制御で行っています。

(製品によっては固定であったり、ケースに付いているファンの場合、物理的なスイッチによって手動制御するものもあります。)

 

内部の温度上昇を検知して、冷却性能を高めるためにファンの回転数が上がります。

結果、うるさくなるというわけです。

 

ファンは、温度が高くなくても基本的に常時低速で回転しているので、その状態でもうるさいと感じる人は、尚更うるさいと感じることでしょう。

 

つまり、ファンの回転数をどれだけ抑えることができるかによって、静音性の高さが変わってきます。

 

 

音を抑える方法について

ファンの音を抑える方法としては、次の2通りがあります。

 

  1. ファンのサイズを大きくする。
  2. ファンの数を増やす。

 

1.ファンのサイズを大きくする。

もっとも有効な方法はファンのサイズを大きくすることです。

 

「なぜ、ファンの大きさ?」となるかもしれませんね。

ファンの役割は、風を送って内部を冷却することなので、冷却するまで一定の風量を送る必要があります。

この風量を上げる方法としては、ファンの回転数を上げるファンのサイズを大きくするかの2通りです。

 

サイズが小さいファンと大きいファンで同じだけの風量を送った場合、ファンサイズが大きい方が回転数が少なく済みます。

 

イメージとしては、USB扇風機などの小さいサイズの扇風機と家庭用サイズの扇風機を比較した時に、小さい扇風機は、ファンが高速回転してもあまり風が来ませんが、家庭用サイズの場合は、[弱] 設定でもある程度風が来ますよね。

(扇風機の機種によって全然違うと思うので、あくまでイメージです。)

 

つまり、ファンのサイズを大きくすることで、ファンの回転数を減らし静音性を高めようということです。

 

 

2.ファンの数を増やす

次にファンの数を増やすということです。

 

ファンの数を増やすことで、冷却するための送風を分散することができます。

1つの場合だと高速回転していたファンが、2つの場合だと回転速度を落としても同じだけの風量を確保することができるということです。

 

では、「ファンの数を増やすとそれだけファンの騒音値が上がるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

 

確かに騒音値は増えます。

しかし、1つのファンで高速回転した際の騒音より、2つのファンで通常回転した際の騒音の方が小さければ良いわけです。

 

ちなみに、同じ騒音値のファン2台の場合の騒音値を計算する方法があります。

 

合成された騒音値[dB] = ファン1台の騒音 + 10 log n
n : ファンの台数

例)40[dB]のファンを2台使用する場合

合成された騒音値 [dB] = 40 + 10 log 2

= 40 + 3

= 43 [dB]

参考:騒音値の合算の算出方法について

 

たった、3dB程度しか上がりません。

パソコンのファンは、20dB程度なので、2つ搭載しても23dBとなります。

これだけの値であれば、1つのファンで高速回転した時より小さいと思います。

(※実際にdBを測定したことが無いので、感覚値となります。)

 

 

静音性を高めることができるパーツと選び方

では、次に騒音の原因となるパソコンのパーツとどのように抑えれば良いのかを解説していきます。

 

騒音となるパーツは、CPUクーラーケースファングラフィックボード電源ユニットHDDです。

HDDは、ファンではなくHDD内部のディスクを回転するモーターやデータの読み書きを行うためのヘッダーと呼ばれる部分の駆動音となります。

それ以外のパーツは、それぞれのパーツに付いているファンから音が発生しています。

 

また、上にあげたパーツは、感覚的に音がうるさい順に並べています。

全部のパーツで静音性の高いもの選べない場合は、上の順番に対策していくことで、静音性の効果が高くなると思います。

 

 

CPUクーラー

パソコンの頭脳と呼ばれ、様々な処理を行うCPUを冷やすためのパーツがCPUクーラーです。

 

CPUを冷やすためだけのパーツですが、専属のクーラーを用意しなければならないほどCPUは発熱するということです。

CPU温度は、通常時:40~60℃、高負荷時:60℃~80℃になります。仮にCPUクーラーを搭載しなければ、100℃に到達 –> 安全装置が作動 –> シャットダウンとなります。

 

静音性の観点から見ると、一番良くないのは、Intel CPUの場合にリテールクーラー(※)を搭載していることです。

※リテールクーラーとは、CPUを購入した際に付属しているメーカー純正(Intel, AMD)のCPUクーラーのことです。

 

Intelのリテールクーラー

index

 

BTOパソコンではIntel CPUが使われていることがほとんどですが、Intelのリテールクーラーの場合、画像を見ると分かるようにファンのサイズがとても小さいです。

私は以前、リテールクーラーを使用していましたが、CPU使用率が高くなると、それに合わせてファンの回転数が上がり、うるさかったことを覚えています。

 

対策としては、CPUクーラーをリテールクーラー(※)ではなく、ファンサイズの大きい社外品のものを付けることです。

 

一方で、下のように社外品の場合、製品にもよりますがファンサイズが大きくなっています。

ファンサイズが大きくなることによって回転数が少なくても風量を確保することができるので、静音性を高めることができます。

 

71aWGLPpAPL._SL1500_

 

BTOパソコンでは、リテールクーラーから社外品に変更できるモデルもあるので、そちらを選びましょう。

 

 

ケースファン

ケースファンは、PCケースの周りに付いているファンのことです。

主にパソコンの後ろ側に付いていることが多いです。

また、パソコンによっては、前面、上側、下側に付いていることもあります。

 

対策としては、ファンの回転速度を手動、あるいは、パソコンからの自動制御することができ、ファンサイズの大きいものを選択することです。

 

ケースファン

61xFgzBT4DL._SL1000_

 

ケースファンの制御について

ケースファンは、パソコンから制御できるものと制御できないものの2パターンがあります。

制御できない場合は、一定の回転数なのでそれが静かな場合は良いですが、うるさかった場合は、購入後どうすることもできません。

 

しかし、制御できる場合は、パソコン内部の温度によって自動で回転数を制御してくれます。

また、このくらいの温度の場合は、このくらいの回転数で…というのがソフトウェアでユーザーが設定することができるので、購入後も調整することができます。

また、手動の場合でもケースなどに付いている物理的なスイッチによって回転速度を変更することができます。

 

ファンサイズについて

一般的なケースファンサイズは、120mm、140mmなので、最低でも120mmは選びたいところです。

小型やスリム型のパソコンになると大きなファンを搭載することができないので、92mm, 80mmなどファンサイズが小さくなりがちなので注意です。

 

 

グラフィックボード

グラフィックボードにもファンが付いています。

このパーツのファンは小さいものを搭載されていることが多いため、3Dゲームなどをプレイして高負荷な状況だとうるさく感じると思います。

 

グラフィックボード

71mX3Va8HyL._SL1500_

 

しかし、BTOパソコンの場合、メーカーまで選ぶことは難しい上に、基本的にグラフィックボードのファンは小さいので、対策は困難なパーツです。

こちらは、できるだけ音が漏れにくいように、密閉性の高いPCケースを選択することぐらいしか対策がありません。

 

密閉性の高いPCケースについては、下の「さらに静音性を高めるには?」を参考にしてください。

 

 

電源ユニット

電源ユニットもできるだけファンサイズが大きいものを選びましょう。

また、メーカーによっては、低負荷時にファンが停止する製品もありますが、BTOパソコンでメーカーまで指定するのは難しいです。

そのため、最低でもファンサイズを見ておきましょう。

 

HDD

HDDは、ファンは搭載されていませんが、HDD内部のディスクを回転するモーターやデータの読み書きを行うためのヘッダーと呼ばれる部分が動くので、データの読み書きが激しい時は、その音が気になる場合があります。

とは言っても、他のファンに比べると小さい音なので、パソコンに耳を近づけないと分からないと思います。

 

対策としては、HDDはやめてSSDにすることです。

 

HDDの内部画像

analogue-business-close-up-117729-1024x683-2

 

赤枠で囲った部分が動くのでここから音がします。

 

SSDにするとモーターなどの駆動部分が一切ないので、そもそも音がなりません。

HDDと比較するとSSDは容量が小さいですが、使用用途的にSSDの容量で十分という方は、SSDを選ぶと良いでしょう。

 

 

さらに静音性を高めるためには?

各パーツで、音をどう抑える方法を解説しましたが、さらに静音性を高める方法を紹介します。

 

それは、密閉性の高いPCケースにすることです。

 

密閉性の高いケース

415cQxYwQvL

 

密閉性の低いケース(メッシュタイプ)

71BTZFiPtDL._SX679_

 

密閉性の低いメッシュタイプのケースは、通気性が良く、前面等にもファンを搭載することができるので、冷却性能が高いという特徴がありますが、見た通り筒抜けなので、CPUクーラーやグラフィックボードのファンの音も素通りです。

 

そのため密閉性の高いものであれば、CPUクーラーとグラフィックボードのファンの音、HDDの駆動音を軽減することができます。

 

 

静音性の高いBTOパソコンの紹介

一度おさらいをしておくと、静音性の高いパソコンは次のようになります。

  • CPUクーラーは社外品のファンサイズが大きいものであること。
  • ケースファンのサイズが大きいこと。
  • 電源ユニットのファンサイズが大きいこと。欲を言えば低負荷時にファンが停止すること。
  • ストレージは、SSDにすること。
  • 密閉性の高いケースであること。

 

これらを満たしたBTOパソコンを探そうとすると製品仕様の細かいところまで見る必要があるため、かなりしんどいと思います。

音を抑えるために必要なことをパーツ毎に解説をしましたが、いきなり「これらを考慮してBTOパソコンを探そう!」としてもなかなか難しいと思います。

 

なので、これらの条件をできるだけ満たすBTOパソコンを2つ紹介しようと思います。

 

 

モデル名:HERCULES 極静音PC/Antec P100

353

 

 

パーツ名 スペック
OS なし

※オプションでWindows 10選択可能

CPU Intel Core i3 8100

4コア/4スレッド, 3.6GHz

メモリ 8GB
GPU 非搭載(CPU内臓GPU)

※オプションで追加可能

SSD 250GB
HDD なし

 

価格:101,800円(税込)

 

オプションでWindows 10 Homeを追加した場合

価格:117,930円(税込み)

 

静音性ポイント

CPUクーラーは、静音設計の社外品「COOLER MASTER Hyper 212 EVO」を使用しています。

さらにCPUクーラーに搭載されているファンは、超静音の「Noctua NF-S12A ULN 800rpm」に変更されており、ノイズが8.6dBと標準的なファン(14~30dB程度が多い)と比較するとかなり抑えられています。

 

ケースファンについても同じく「Noctua NF-S12A ULN 800rpm」が採用されており、静音性が期待できます。

 

ストレージはSSDのみとなっていますが、カスタマイズすることで、SSDの容量変更やSSD(M.2)を追加で搭載することが可能です。

 

電源ユニットは、600Wの「Silver Stone SST-ST60F-ESB/80+BRONZE」が採用されています。

ファンは、最小18dBAの低動作音120mmファンを搭載。

 

PCケースは、密閉性能の高い静音設計となっています。

 

その他のポイント

CPUは、Intel Celeron, Pentium, Core i3, 5, 7, 9と幅広くカスタマイズすることが可能です。

メモリは、最大64GBまで。

GPUは、Nvidia製のグラフィックボードが数種類用意されています。

 

このBTOパソコンのPCパーツはどれも静音設計でファンの音が小さくなっているので、静音性が優れていると言えるでしょう。

また、PCパーツ構成にかなり自由度があるので、ビジネス用途、3Dゲーム、動画編集や3DCGなどのクリエイティブな用途と幅広く対応できそうですね。

 

唯一気になるのは、グラフィクボードを搭載する場合です。

カスタマイズできるグラフィックボードを確認しましたが、ELSAメーカーのGeforceの場合、静音設計のファンが搭載されているので、比較的ファンの音は小さくなると思います。

その中でも、軽めの3Dゲームをする程度であれば、ELSAのGeforce GTX 1050 Tiがおすすめかなと思います。

あまりにハイパフォーマンスなグラフィクボードだと、性能が高い分発熱するので、その分冷却性能も上げる(ファンの高速回転)必要があります。

 

PCパーツの型番まで詳細に記載してくれているので、本当に静音性が高いかどうか判断しやすいですね。

ここまで記載するBTOメーカーは少ないと思います。

 

HERCULES 極静音PC/Antec P100の詳細を見る

 

 

モデル名:STシリーズ

04240724_58fda845d17d9

 

 

パーツ名 スペック
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i7-8700 6コア/12スレッド, 3.2GHz (4.6GHz)

Intel Core i5-8400 6コア/6スレッド, 2.8GHz (4.0GHz)

メモリ 8GB ~ 64GB
GPU ・非搭載(CPU内臓GPU)

・Geforce GTX 1050Ti

・Geforce GTX 1060

SSD 250GB
HDD ・1TB

・なし

 

価格:93,800~153,800円(税込み)

 

静音性ポイント

CPUクーラーは、水冷式が搭載されているので、空冷式より静音性に優れています。

 

ストレージはSSDのみとなっていますが、カスタマイズすることで、SSDの容量変更やSSD(M.2)を追加で搭載することが可能です。

 

PCケースは、密閉性能の高い静音設計となっています。

 

ケースファン、電源ユニットについては、記載が無いので分からなかったです。

 

その他のポイント

ベースモデルがCPU2種類、GPU3種類の組み合わせで計6種類あります。

そのベースモデルを選択した後、自由にカスタマイズできます。

 

STシリーズの詳細を見る

 

 

まとめ:静音性の高いBTOパソコンの選び方

いかがでしょうか?

 

BTOパソコンなので、基本的には細かいパーツのことまでは考えなくても良いですが、静音性の高さを求めるとどうしてもパーツ毎の解説が必要になるので長くなってしまいましたね。

 

静音性を売りにしているBTOパソコンもいくつかあるので、それを見るのが手っ取り早いですが、やはり原因と対策を知って知識を持った上で選んだ方が、購入後に「失敗した!」とならずに済むと思っています。

 

ぜひ、参考にしていただいて、静かな環境で集中して作業できるようなパソコンを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です