MENU

カテゴリー

最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【約10~30種】PCケースを選べるBTOメーカー3選!【外見重視派必見】

PCケース デザイン

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

  • パソコンが欲しいけど、BTOパソコンのケースは黒系の安っぽいケースでダサいから嫌だ!
  • かっこいいケースのパソコンでモチベを上げたい!
  • 量産型の良くあるデザインより、個性的なケースで自慢できるような奴が欲しい!

多くBTOメーカーが、製造ラインやコスト削減の観点から量産型のPCケースを使っており、「ちょっと納得できないな…」というケースが多いと思います。

一部デザインの良いケースであったり、自作PCケースを使って組み立てているメーカーがありますが、20社近くあるPCメーカーから探すのは正直大変です。

 

そこで、『パソログ』を運営する上で、ほぼすべてのメーカーを見ている私が、PCケースの選択肢が多いBTOメーカーを紹介します。

この記事を読むことで、PCケースが豊富なBTOメーカーだけでなく、各メーカーのPCケースの選び方、どういったケースがあるのかも大体わかります。

 

また、ほとんどのBTOメーカーでPCケースの種類が少ない理由、デザイン性の高いPCケースのメリット・デメリット、流行りのPCケースのパターンなどを知りたい方はこちらから。

≫ 関連記事:かっこいいデスクトップパソコン・メーカー紹介【ケースこだわり派必見】

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール
この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

BTOパソコンでもPCケースを変更・選べるメーカー

大手のBTOメーカーであれば、メーカーが独自にデザイン・製造しているケースが3パターンぐらいあり、その中から選ぶことになります。

しかし、PCケースの選択肢が多いBTOメーカーでは、自作PC向けに販売されているPCケースを採用しているので、デザイン性と選択肢の幅が非常に広いです。

 

性能面でのカスタマイズも重要ですが、それ以上にデザイン性に富んだPCケースを使ったパソコンで、毎日の作業を楽しくしたいですよね。

白いケース、LEDライティング、アルミなどの金属製ケース、強化ガラスで中身を見ることができるケースなど様々なものがあります。

 

そんな、PCケースの選択肢が多いBTOメーカーは次の3つです。

 

SEVEN:約20種類のPCケース

SEVENは、PCケースが約20種類と豊富な上、その他のPCパーツの選択肢が多いBTOメーカーです。

メーカーで既製品のパソコンを買うというより、自作PCぐらい自由度の高いカスタマイズが可能です。

 

PCパーツの選択肢も多く、LEDライティングできるパーツも多く取り揃えているので、「色々なパーツを光らせてみたい!」という方にもおすすめのBTOメーカーです。

 

また、性能と価格のコスパが高いBTOメーカーですが、日替わり・週替わりセールでさらに安くなるので、PCケースのデザイン性・選択肢の豊富さとコストパフォーマンスの高さという点で、「デザインを重視したい!」、「LEDライティングを楽しみたい!」というユーザーであれば、一度は確認しておきたいメーカーですね。

 

PCケースの特徴と例

白×強化ガラスケース静音性抜群ケース強化ガラス×LEDケース

メッシュタイプのLEDケース両サイド曲面強化ガラスケース強化ガラスケース

強化ガラス、白ケース、LEDライティング仕様のケースが多いですね。

機能的なところで言うと、密閉性が高く、サイドパネル等に吸音素材を貼った静音性の高いケースもあります。

 

デザイン的にも偏りがなく、様々なPCケースが用意されています。

また、1つ1つ製品仕様や特徴も詳しく解説されており、選びやすいですね。

 

PCケースの選び方

SEVENのPCケースカスタマイズ画面

SEVENでは、ベースモデルを選択した後に、カスタマイズ画面で各種PCケースを選択できます。

ベースモデルからでも選べますが探すのが大変なので、とりあえず、CPU, メモリ, GPUなどのスペック的に条件を満たしているものを選択して、カスタマイズ画面でPCケースを選択するのが良いですね。

 

他のパーツのカスタマイズする過程で、選択できるPCケースが制限されて変更できない場合があります。

その場合は選択肢を選べないようになり、選択できない理由も記載されるので、間違った構成を選んでしまう心配はありません。

 

選択できない理由としては主に次のようなものがあります。

  • GPUやCPUクーラーのサイズが大きすぎて、PCケースに収まらない
  • 5.25インチベイが必要な光学ドライブを搭載しているにも関わらず、PCケースに5.25インチベイが無い
  • 在庫切れ

などです。

理由も記載してくれるため、それに沿ってカスタマイズできるので、スムーズにPCパーツを選択できます。

ケンさん

親切設計でカスタマイズしやすいで!

 

PCパーツの選択肢も多く、LEDライティングできるPCパーツも豊富に揃っています。

PCケース、マザーボード、CPUクーラー、メモリ、GPU、ケースファン、電源ケーブル

カスタマイズ画面では、画像が付いているので、どのパーツが光るのか非常に分かりやすくなっています。

LEDライティングにも興味のある方は、ぜひ一度確認してみて下さい。

 

SEVENのおすすめセール情報
台数限定の日替わりセール
5%~最大20%OFFとなるウィークリーセール
SEVENでパソコンを探す

 

SEVENがどういうメーカーか特徴を知りたい方はこちらで解説しています。

≫関連記事:BTOメーカー【SEVEN】を徹底解説!セール充実さとコスパの高さが魅力!!

 

ストーム:約10種類のPCケース

ストームは、PCケースが約10種類で、この記事で紹介しているメーカーの中では少ないですが、それでも一般的なBTOメーカーと比較すると多い方ですね。

 

カスタマイズ画面でのカスタマイズできる項目が比較的少ないので、「カスタマイズって項目が多すぎて面倒なんだよな…」という方には、デザイン性の高いケースが選べる上に、サッと構成をカスタマイズして終わりなので、おすすめです。

 

PCケースの特徴と例

ストームのPCケース例

強化ガラス、白ケース、アルミ製ケースが多いですね。

LEDライティング仕様のケースもありますが、ワンポイントで光るタイプのものが多く、落ち着きのある上品なLEDライティングが楽しめそうです。

 

また、フロントなどがメッシュタイプで通気性抜群のケースは少ないようで、密閉性の高いものが多いですね。

静音ファン搭載、サイドパネル等に吸音素材を貼った静音性に特化したケースもあります。

 

カラーバリエーションも豊富で、ブラック・ホワイト、アルミ製ケースであればシルバーなどが多いです。

 

赤いアルミ製PCケース

また、かなり珍しい赤色のアルミ製ケースもありますね。

 

PCケースの選び方

ストームのカスタマイズ画面

ストームは、基本的にカスタマイズ画面で選択したPCケースから変更することができないので、ベースモデルを選択する際にPCケースも選択します。

PCケースによっては、複数のカラーバリエーションが展開されているので、色を選べるという感じですね。

 

ゲーミングPC、静音PC、スタンダードPCと色々カテゴライズされて、パソコンが並んでいますが、PCケースのデザインから選びたいという方は、「ケースから選ぶ!」というページがあるので、そこから選択するのが良いと思います。

 

ストームでパソコンを探す

 

ストームがどういうメーカーか特徴を知りたい方はこちらで解説しています。

≫関連記事:BTOメーカー【ストーム】を徹底解説!スペックからの絞り込みが良い。

 

VSPEC:約30種類のPCケース

VSPECは、PCケースが約30種類で、どのBTOメーカーよりも多いですね。

 

15年以上の老舗メーカーで、PCケースやその他のPCパーツの豊富さ、圧倒的な組み合わせを売りにしています。

PCパーツのメーカーなどにもこだわって、自作PCに近いとも言えるパーツ数から、1台組み立てたいという方におすすめのメーカーですね。

 

※公式ページには、「302種類のPCケースから自由に選べる」というようなことが書かれていますが、実際はざっと確認したところ約30種類程度選択できる状態でした。

 

PCケースの特徴と例

メッシュタイプのLEDファン搭載ケース 白×強化ガラスケース 強化ガラス

PCケースの数が多いので、様々なものがありますね。

上のメーカーでも紹介したような強化ガラス、アルミ製、LEDライティングはもちろんのこと、ちょっとした変わり種やちょっとデザインが古い感じのものまで多種多様です。

 

PCケースの選び方

VSPECでは、ベースモデルを選択した後に、カスタマイズ画面で各種PCケースを選択できます。

とりあえず、CPU, メモリ, GPUなどのスペック的に条件を満たしているものを選択してから、カスタマイズ画面でPCケースを選択するのが良いですね。

 

カスタマイズ画面2

カスタマイズ画面のPCケースの項目を見ると、PCケースの型番と価格を確認できます。

しかし、ここでは画像が表示されないので、ケースのイメージがしにくく、ちょっと不親切ですね。

 

PCケースを画像一覧を見るためには、横の「商品を見る」ボタンから確認することができます。

PCケース一覧

こういう感じですね。

ですが初期状態では、なぜか「商品を見る」ボタンが非表示になっています。

 

カスタマイズ画面1

このボタンを表示するためには、カスタマイズ画面の一番上にある「コース」を「シンプルコース」(初期設定)から「フルカスタムコース」にする必要があるみたいです。

ケンさん

どっちのコースでも表示してくれたらええんやけどな…

 

VSPECでパソコンを探す

 

VSPECがどういうメーカーか特徴を知りたい方はこちらで解説しています。

≫関連記事:BTOメーカー【VSPEC】を徹底解説!

 

まとめ:デザイン重視派は、自分好みのPCケースを選ぼう!

デザインを重視したい方向けに、BTOパソコンでもPCケースを自由に選択できるメーカーを紹介しました。

 

紹介したBTOメーカーとしては、

SEVEN:PCケース約20種類

カスタマイズ画面が画像・解説付きで親切 / LEDライティングパーツも豊富 / 日替わり・週替わりセールでより安く

SEVENでパソコンを探す

 

ストーム:PCケース約10種類

カスタマイズ項目が少なくシンプルなので、カスタムが面倒な人には〇

ストームでパソコンを探す

 

VSPEC:PCケース約30種類

カスタマイズ画面はややこしいが、カスタマイズの選択肢が豊富で自作PCに近い

VSPECでパソコンを探す

 

それぞれPCケースが豊富というのは共通していますが、PCケースの種類も様々で、特徴もバラバラなので、この3メーカーを中心に色々選んでいくのが良いのかなと思いますね。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です