最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

ビジネス用途のパソコンに必要な目安スペックを徹底解説!個人事業主の私が解説

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ビジネス向けのPCが欲しいけど、どのくらいのスペックが必要なの?

 

ビジネス用途で快適なパソコンが欲しいけど「どのくらいのスペックが必要なの?」と疑問に思う方は多いと思います。

 

スペックを間違えてしまうと、1つ1つの作業が遅く生産性が低下したり、ストレスに繋がったりするので、適切なスペックを選ぶ必要があります。

 

ケンさん

プログラマーとかで、明らかにスペック不足のパソコンを支給されてイライラする話とかよく聞くからなー

 

また、ビジネス用途におけるPCパーツの役割なども解説しておきます。

役割を知っておけば、予算に応じてどのパーツをアップグレードすべきかも見えてきます。

 

結論から言うと、事務作業、表計算や資料作成などであれば、ローエンド(低性能)~ミドルレンジ(中性能)程度のPCでOKです。

 

また、スペックを追求するよりも機能面やデュアルディスプレイなどの環境面にお金を掛けるべきだと考えています。

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

ビジネス用途のパソコンとは?

ビジネス向けのパソコンでは、主に、

  • Word, Excelと言ったOfficeツール
  • 見積書や請求書の作成
  • プレゼン用の資料作成
  • 情報収集のためのブラウジング
  • メール
  • チャットツール

など作業は多岐に渡ります。

 

色々なツールを使い仕事をすると思いますが、1つ1つはそれほどスペックの必要ないものばかりです。

 

そのため、それほどスペックの高いPCは必要ありません。

 

特に、帳簿などのデータ入力や見積書、請求書などの作成と言った一般的な事務処理であれば、ローエンドなパソコンでも大丈夫です。

 

他に、Excelなどで表計算をしたり、資料を作成するという場合には、ミドルレンジぐらいの性能は必要かなと思います。

 

この記事では、一般的な事務や仕事作業にフォーカスして、目安スペックを解説しているので、プログラミング、動画編集といったクリエイティブな用途に関しては別記事で紹介しています。

プログラミングに必要な目安スペックを徹底解説!プログラミング歴約10年の私が解説

動画編集パソコンに必要な目安スペックを徹底解説!

 

ちなみに、プログラミングや動画編集といったクリエイティブなパソコンの方が基本的にスペックが高くなるので、事務用途との兼用でも全然使えます。

 

 

ビジネス用途で必要な目安スペック

ビジネス用途での主な作業とスペック感を大雑把に解説しましたが、具体的に目安となるスペックを解説していきます。

 

同じビジネス向けといっても、作業内容によって若干欲しいスペックが異なってくるので、次の2つに分けて解説していきます。

  • 帳簿のデータ入力、見積書、請求書等の一般事務向け
  • 表計算や資料作成向け

 

では、1つ1つ解説していきます。

 

帳簿のデータ入力、見積書、請求書等の一般事務向け

帳簿のデータ入力、見積書、請求書等の一般事務向けで、CPUやメモリ性能がほとんど必要のない用途ですね。

CPUIntelCeleronPentiumCore i3Core i5Core i7Core i9
AMDRyzen 3Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9
メモリ4GB8GB16GB32GB64GB
GPUCPU内蔵GTX 1660RTX 2060RTX 2070RTX 2080
ストレージ120GB240GB512GB1TB2TB4TB

簡単なデータ入力や見積書や請求書と言った数ページ程度の書類作成であれば、CPUは、ローエンドなCeleron, Pentiumで十分ですね。

 

少し、余裕を持たせておきたいという場合に、ミドルレンジのCore i3, Ryzen 3かなという感じです。

 

メモリは、4GBか8GBですね。

ソフトを一度にたくさん立ち上げて作業したい場合は、メモリの容量が必要になってくるので、8GBが良いですね。

 

しかし、いつも1つ2つぐらいしか一緒に立ち上げないというような場合は、4GBでも足りると思いますが、余裕は無いかなという感じです。

 

グラフィック(GPU)性能は、事務作業においては全く必要ないので、CPU内蔵のグラフィックスで十分です。

 

また、ストレージに関しても、120GB, 240GBと最低限ですね。

事務処理であれば、あまり容量のあるファイルを扱わないと思うので、最低限これくらいあれば良いと思います。

 

表計算や資料作成向け

表計算や資料作成、その他、色々な作業をする方向けで、CPUやメモリ性能がちょっと必要になってくる用途ですね。

CPUIntelCeleronPentiumCore i3Core i5Core i7Core i9
AMDRyzen 3Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9
メモリ4GB8GB16GB32GB64GB
GPUCPU内蔵GTX 1660RTX 2060RTX 2070RTX 2080
ストレージ120GB240GB512GB1TB2TB4TB

表計算であれば、Excelの関数などを使うと思いますが、その計算にCPU性能が必要になってきますね。

 

とは言え、表のデータの多さや関数を使う量などによって全然異なってきます。

数十件~数千件レベルまでであれば、ミドルレンジのCPUで事足りるでしょう。

 

また、受け持ってるプロジェクトによって作業内容が結構変わるという方であれば、ミドルレンジ程度のスペックは欲しいところですね。

 

作業内容が変わるということは、それに応じて使うツールも変わってくると思います。

こういう場合は、色々なツールを使えるように、余裕の持ったスペックにしておくのが基本ですね。

 

メモリに関しては、最近の標準である8GBですね。

4GBだとさすがに足りなくなってくると思います。

 

GPUとストレージについては、上と同様で最低限という感じですね。

 

 

ビジネス用途における各PCパーツについて

次に、快適にビジネス用途として使えるかどうかを決める主要なPCパーツについて解説していきます。

 

主に、次の4つのパーツですね。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ(SSD / HDD)
  • グラフィックボード

 

特に、これと言って特別性能の高いものが必要と言うわけでもないのですが、強いて言うなら、CPU、メモリが重要になってきますね。

 

CPU

CPUは、パソコン全体の処理を担当するPCパーツですね。

 

ビジネス用途として使う場合は、次のような時に必要になってきて、CPU性能によって処理速度が変わってきます。

  • Officeやメーラー、ブラウザなど各種ソフトの処理
  • Excelなどの表計算ソフトの計算処理

 

1つ目の各種ソフトに関しては、それほど性能が必要という訳ではありません。

 

問題は、2つ目ですね。

 

Excelの場合は、使い方によってCPU性能が結構必要になってきます。

 

データの量、関数の種類、関数の量、マクロの処理内容によって大きく変わってきますが、Excelをよく使うという方は、最低でもミドルレンジ程度のCPUは欲しいところですね。

 

メモリ

メモリは、一般的には、メモリが多ければ多いほど、多くのソフトを同時に立ち上げることができ、作業の効率性が上がったりします。

 

ビジネス用途の場合は、同時に色々なソフトを立ち上げることが多いと思います。

 

例えば、メールは1日何回もすると思うので、わざわざメーラーを使い終わった後に閉じて、使う時に開いて…ということはせずに、1日中起動しっぱなしということが多いのではないでしょうか?

 

他のソフトでも同様ですね。

 

私の場合は、毎日常に10個~15個ぐらい起動させっぱなしです。

「Alt + Tab」キーで起動中のソフト一覧を見ることができますが、いつもこんな感じですね。

 

このようにたくさんのソフトを同時に起動させたいのであれば、メモリは4GBでは足りず、最低でも8GBは欲しいですね。

 

ケンさん

ちなみに上の画像の時で、メモリ8GBのパソコンで、メモリ使用率が大体85%ぐらいやったな

 

ストレージ(SSD / HDD)

次にストレージ(SSD / HDD)ですね。

 

Officeファイルなどであれば、それほど容量は必要無いと思うので、最低限あれば良いかなと思っています。

 

とは言え、状況によりけりですね。

書類系のファイルであれば、1つ1つの容量は小さいですが、毎日大量の見積書、請求書を作るというような方であれば、多めの容量が必要になってくるかもしれません。

 

そこは、自分の作業との相談ですね。

 

グラフィックボード

グラフィックボードは、映像に関する処理を担当するPCパーツですね。

 

基本的に、一般的な事務用のビジネス用途では、グラフィック性能が必要な作業は無いので不要ですね。

 

一方で、画像編集、動画編集、3Dモデリング、CADなどのグラフィック性能が必要な作業をするのであれば、グラフィックボードが必要になってきます。

 

CPUに内蔵させているCPU内蔵グラフィックスで十分です。

 

最低限ディスプレイに映像を映す程度のスペックですが、事務作業がメインであれば事足りますね。

 

また、CPU内蔵グラフィックスでも、複数枚のディスプレイを認識させることができるので、デュアルディスプレイも可能です。

 

性能面やデュアルディスプレイ環境の面でも言っても、グラフィックボードは必要無いですね。

 

ビジネス用途におすすめなパソコン

では、ビジネス用途におすすめなパソコンを紹介します。

 

紹介するのは次の4つですね。

  • データ入力、書類作成向けデスクトップPC「mouse SL4
  • 表計算、資料作成向けハイエンドCPU搭載デスクトップPC「mouse SL7
  • データ入力、書類作成向けノートPC「ThinkBook 14 20SL000PJP
  • 表計算、資料作成向け向けノートPC「Surface Pro 7

 

スペック表比較

メーカーマウスコンピューターiconマウスコンピューターiconレノボMicrosofticon
モデルmouse SL4iconmouse SL7iconThinkBook 14Surface Pro 7icon
OSWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 3 3200G
(4コア/4スレッド, 3.6GHz Max 4.0GHz)
Intel Core i7-9700
(8コア/8スレッド, 3.0GHz Max 4.7GHz)
Intel Core i3-1005G1
(2コア/4スレッド, 1.2GHz Max 3.4GHz)
Intel Core i5-1035G4
(4コア/8スレッド 1.1GHz Max3.7GHz)
メモリ8GB8GB8GB8GB
GPUAMD Radeon Vega 8 グラフィックス
(CPU内臓)
Intel UHD グラフィックス 630
(CPU内臓)
Intel UHD グラフィックス
(CPU内臓)
Intel Iris Plus Graphics
(CPU内臓)
SSD256GB256GB256GB256GB
HDD----
ディスプレイ--14.0 FHD IPS12.3型 グレア液晶
解像度:2736x1824
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
326 × 229.8 × 17.9 mm292 × 201 × 8.5 mm
本体重量約5.9kg約5.8kg約1.5kg775g
参考価格
54,780円(税込)
(2020/08/14 時点)
98,780円(税込)
(2020/08/14 時点)
104,500円(税込)
⇒【割引後】55,000円(税込)
(2020/08/16 時点)
153,780円(税込)
(2020/08/12 時点)

 

では、1つ1つ簡単に解説していきます。

 

データ入力、書類作成向けデスクトップPC「mouse SL4」

製品名:mouse SL4icon
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 3 3200G
(4コア/4スレッド, 3.6GHz Max 4.0GHz)
メモリ8GB
GPUAMD Radeon Vega 8 グラフィックス
(CPU内臓)
SSD256GB
HDD-
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
本体重量約5.9kg
参考価格
54,780円(税込)
(2020/08/14 時点)

マウスコンピューターのスリム型PCですね。

 

CPUは、AMD Ryzen 3200Gということで、データ入力や書類作成であれば余裕のスペックですね。

メモリも8GBなので、Office、メーラー、ブラウザなどたくさん立ち上げてもメモリ付属になることは無いでしょう。

 

Office付きで購入であれば、+2万円必要になってきます。

 

マウスコンピューターは、約99%のユーザーが「またこのショップを利用したいですか?」という問いに「はい」と回答しており、ユーザー満足度が非常に高いBTOメーカーでおすすめです。

ケンさん

実際に友人・親の3人に勧めてるで!

 

他の特徴も含め、徹底的に解説しているので、こちらも参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事:BTOメーカー【マウスコンピューター】を徹底解説!評価が高く初心者向き

 

マウスコンピューターのおすすめセール情報
分割払い金利手数料無料キャンペーン約4万の手数料が無料に!(分割回数で異なる)

 

表計算、資料作成向けハイエンドCPU搭載デスクトップPC「mouse SL7」

製品名:mouse SL7icon
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-9700
(8コア/8スレッド, 3.0GHz Max 4.7GHz)
メモリ8GB
GPUIntel UHD グラフィックス 630
(CPU内臓)
SSD256GB
HDD-
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
本体重量約5.8kg
参考価格
98,780円(税込)
(2020/08/14 時点)

マウスコンピューターのスリム型PCですね。

 

CPUは、Intel Core i7 9700ということで、目安スペックより高い性能のものを搭載していますが、全体的にコスパが良かったので選びました。

 

ハイエンドなCPUなので、表計算、資料作成などのビジネス用途全体で高いパフォーマンスを発揮してくれますね。

メモリも8GBなので、Office、メーラー、ブラウザなどたくさん立ち上げてもメモリ付属になることは無いでしょう。

 

Office付きで購入であれば、+2万円必要になってきます。

 

マウスコンピューターは、約99%のユーザーが「またこのショップを利用したいですか?」という問いに「はい」と回答しており、ユーザー満足度が非常に高いBTOメーカーでおすすめです。

ケンさん

実際に友人・親の3人に勧めてるで!

 

他の特徴も含め、徹底的に解説しているので、こちらも参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事:BTOメーカー【マウスコンピューター】を徹底解説!評価が高く初心者向き

 

マウスコンピューターのおすすめセール情報
分割払い金利手数料無料キャンペーン約4万の手数料が無料に!(分割回数で異なる)

 

データ入力、書類作成向けノートPC「ThinkBook 14 20SL000PJP」

メーカー:レノボ
製品名:ThinkBook 14
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i3-1005G1
(2コア/4スレッド, 1.2GHz Max 3.4GHz)
メモリ8GB
GPUIntel UHD グラフィックス
(CPU内臓)
SSD256GB
HDD-
ディスプレイ14.0 FHD IPS
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
326 × 229.8 × 17.9 mm
本体重量約1.5kg
参考価格
104,500円(税込)
⇒【割引後】55,000円(税込)
(2020/08/16 時点)

レノボのビジネス向けノートPC『ThinkBook』シリーズですね。

 

CPUは、Intel Core i3 1005G1でミドルレンジのCPUを搭載しており、データ入力や書類作成であれば余裕のスペックですね。

 

また、ビジネス用途で使うにあたり、セキュリティは気になるところです。

ThinkBook 14は、セキュリティ電源ボタンに指紋認証機能を組み込み、ワンタッチで素早くログインすることができます。

 

また、カメラには物理的なカメラレンズのカバーを搭載しているので、

  • 誤ってカメラを起動してしまった場合
  • 不正アクセスによる盗撮

という心配はありませんね。

 

仕事の関係上、持ち運び易さも必要という方向けのパソコンとなっています。

 

 

表計算、資料作成向け向けノートPC「Surface Pro 7」

メーカー:Microsofticon
製品名:Surface Pro 7icon
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-1035G4
(4コア/8スレッド 1.1GHz Max3.7GHz)
メモリ8GB
GPUIntel Iris Plus Graphics
(CPU内臓)
SSD256GB
HDD-
ディスプレイ12.3型 グレア液晶
解像度:2736x1824
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
292 × 201 × 8.5 mm
本体重量775g
参考価格
153,780円(税込)
(2020/08/12 時点)

Microsoftが出している人気な「Surface Pro」シリーズですね。

普段使いやビジネス用途、大学生向けにとても人気のある2in1タブレットPCです。

 

2in1タブレットPCということで、普通のノートパソコンのようにも使えますし、タブレットのような使い方もできます。

 

他のパソコンと比較すると性能の割にスペックが低いような感じがするのですが、それ以外の部分でメリットがあります。

  • 元々、Office Home & Business 2019が標準で入っている
  • 非常に軽く超コンパクト(重量:775g, タイプカバー付きで約1kg程度)
  • スタイリッシュなデザインで、耐久性の高いマグネシウム合金採用
  • 顔認証でスマート、かつ、素早いログインが可能

 

Officeは、普通に買うと3,4万ぐらい、購入時のオプション等で付けると2, 3万ぐらいするので、それが元々入っているのは大きいですね。

 

また、A4クリアファイルの一回り小さいぐらいのサイズ感で、タイプカバーを付けても非常に軽量というコンパクトさなので、いつでもどこでも楽々持ち運びができます。

 

これを含めると、他のパソコンには負けず劣らずなコスパですね。

仕事の関係上、持ち運び易さも必要という方向けのパソコンとなっています。

 

しかし、タイプカバーが高いのがちょっとネックですね。

タイプカバーではなくBluetoothキーボードでも使えますが、タイプカバーは、画面保護とキーボードの役割があるので、一緒に買う方がほとんどです。

 

ちなみに、大学生の場合は、学生割引で「Surface Pro 7」本体が最大 29,568円OFFになります。

 

ケンさん

ちなみに俺は、Pro 3, Pro 6と計5年ぐらい使っているけど、ホンマに良いパソコンやで!

 

 

 

生産性アップ、人件費削減に繋がるデュアルディスプレイ【絶対すべき】

ビジネスでパソコンを使うとなれば、作業の生産性・効率性は、人件費や利益に大きく関わってきます。

 

そのため、スペックの低いパソコンで作業がカクついて遅くなってしまう、作業する人のストレスになってしまうということは絶対に避けなければなりません。

 

それに加えて、より効率的に、作業する人が満足して仕事ができるよう環境を整える必要があります。

 

その1つとして大きな効果があるのが「デュアルディスプレイ」です。

 

デュアルディスプレイにすることで、作業内容にもよりますが、生産性と従業員の満足度を大幅に向上させることができるという調査結果があります。

 

例えば、デュアルディスプレイによる生産性の向上についての記事でまとめていますが、

  • シングルモニタからデュアルモニタにするとテキスト作業において生産性が44%向上し、スプレッドシート作業においては、生産性が29%向上した。
  • 1時間あたり5分の短縮することができ、従業員1人が1日あたり40分を別の作業に費やすことができる。
  • サンプル文書を精読する作業において17インチのシングルモニタから19インチのデュアルモニタにすることで、1年間の労働時間において、56日分の時間が節約された。
  • さらに、22インチのワイドスクリーンに変えることで66日分の時間が節約された。
  • マイクロソフトの研究では、複数のモニタにすることで、生産性を9%~50%向上させることができた。
  • 技術コンサルタントのJon Peddie Researchでは、複数のモニタを使用することで、生産性が平均42%向上した。
  • 98%のユーザーは、デュアルモニタの方が、効率が高く、イライラが少ないと報告している。

とこのようなことが調査によって分かっています。

 

ビジネスでパソコンを使うとなれば、どれだけ生産性を高くするかということも非常に重要になってきます。

 

ビジネス向けであれば、1万5000円前後の安めのディスプレイで全然問題ないので、絶対に揃えておくべきですね。

 

生産性が30%前後上がれば、人件費にもよりますが1万5000円のディスプレイなんて1週間以内に回収できると思います。

1週間なので、これほど優秀な先行投資は無いと言っていいほどですよね。

 

上で解説した目安スペックのパソコンを購入しても予算が余るという場合には、より高いスペックにするのではなく、デュアルディスプレイにするためにお金を掛けるべきですね。

 

ビジネス向けのディスプレイの選び方としては次の通りですね。

【ビジネス向けディスプレイの選び方】

・ディスプレイサイズは、21~23インチ程度

⇒ 17インチの正方形、23インチより大きいものは使いづらい

・アンチグレア(非光沢)にする

⇒ 今はほぼ非光沢。光が分散され、目に優しく長時間作業向き

・価格帯は、1万2000円~1万6000円程度

⇒ ビジネス用途であれば、そんなに高いものでなくてOK。

 

デュアルディスプレイについて論文、実体験、設定も含め解説しているので、参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事:デュアルディスプレイによる生産性の向上について【論文・実体験】

 

まとめ:ビジネス向けでは、性能を求めるよりデュアルディスプレイなどの環境面にお金を掛けるべき

ビジネス向けのパソコンということで、必要な目安スペックを2つのパターンに分けて解説しました。

 

再度目安スペックをおさらいすると

帳簿のデータ入力、見積書、請求書等の一般事務向け

CPUIntelCeleronPentiumCore i3Core i5Core i7Core i9
AMDRyzen 3Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9
メモリ4GB8GB16GB32GB64GB
GPUCPU内蔵GTX 1660RTX 2060RTX 2070RTX 2080
ストレージ120GB240GB512GB1TB2TB4TB

 

表計算や資料作成向け

CPUIntelCeleronPentiumCore i3Core i5Core i7Core i9
AMDRyzen 3Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9
メモリ4GB8GB16GB32GB64GB
GPUCPU内蔵GTX 1660RTX 2060RTX 2070RTX 2080
ストレージ120GB240GB512GB1TB2TB4TB

 

ビジネス用途のおすすめパソコン

メーカーマウスコンピューターiconマウスコンピューターiconレノボMicrosofticon
モデルmouse SL4iconmouse SL7iconThinkBook 14Surface Pro 7icon
OSWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 3 3200G
(4コア/4スレッド, 3.6GHz Max 4.0GHz)
Intel Core i7-9700
(8コア/8スレッド, 3.0GHz Max 4.7GHz)
Intel Core i3-1005G1
(2コア/4スレッド, 1.2GHz Max 3.4GHz)
Intel Core i5-1035G4
(4コア/8スレッド 1.1GHz Max3.7GHz)
メモリ8GB8GB8GB8GB
GPUAMD Radeon Vega 8 グラフィックス
(CPU内臓)
Intel UHD グラフィックス 630
(CPU内臓)
Intel UHD グラフィックス
(CPU内臓)
Intel Iris Plus Graphics
(CPU内臓)
SSD256GB256GB256GB256GB
HDD----
ディスプレイ--14.0 FHD IPS12.3型 グレア液晶
解像度:2736x1824
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
100 × 393 × 367 mm
(突起部含む)
326 × 229.8 × 17.9 mm292 × 201 × 8.5 mm
本体重量約5.9kg約5.8kg約1.5kg775g
参考価格
54,780円(税込)
(2020/08/14 時点)
98,780円(税込)
(2020/08/14 時点)
104,500円(税込)
⇒【割引後】55,000円(税込)
(2020/08/16 時点)
153,780円(税込)
(2020/08/12 時点)

 

また、ビジネス向けパソコンでは、スペックも重要ですが、環境面も生産性を意識する上では重要です。

 

最も生産性に影響してくる環境と言えば、「デュアルディスプレイ」ですね。

1万5000円前後のディスプレイを1つ増やすだけで、数十パーセントもの生産性向上を見込めるというのは驚異的な先行投資と言えるでしょう。

 

このように、必要以上のスペックを求めるより、環境面にも力を入れることを”強く”おすすめします。

 

≫ 関連記事:デュアルディスプレイによる生産性の向上について【論文・実体験】



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です