BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

BTOメーカーを徹底解説!全BTOメーカーを知りたい方必見

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

 

BTOパソコンの購入を検討してるけど、

  • BTOメーカーってどれだけあるの?
  • どこがいいの?

という方向けに、BTOメーカーについて解説します。

 

1つ1つ調べていくのも面倒やし、全部まとめとくで!

先生

 

BTOメーカーの一覧

まず、BTOメーカーってどれだけあるので?という話ですが、結論を先に言うと20社程度あります。

 

正直、結構多く全部見て回るのは無理なので、いったんBTOメーカーの一覧として書いておきますが、この後、どこのBTOメーカーが良いのか、また、お得に買えるセールやキャンペーン情報についても紹介しているので、そちらもぜひ確認してみて下さい。

 

  • マウスコンピューター
  • パソコン工房
  • ツクモ
  • ドスパラ
  • ストーム
  • SEVEN
  • VSPEC
  • サイコム
  • フロンティア
  • アーク
  • アプライド
  • エプソン
  • テイクワン
  • NEC
  • DELL
  • 富士通
  • ワンズ
  • Zeus
  • ASUS
  • HP

 

この中で大手のBTOメーカーは、マウスコンピューター、パソコン工房、ツクモ、ドスパラの4社ですね。

基本的にBTOパソコンはネット通販が中心であるため、店舗は持たないものの、この4社については店舗も展開しているので、知名度は高いと思います。

さらに、比較的マイナーなBTOパソコンを専門に扱っているのが、ストーム、SEVEN、VSPEC、サイコム、フロンティアと言った感じです。

 

また、PCメーカーとして有名なNEC、DELL、富士通、HP、ASUSでもネットからパーツをカスタマイズできるパソコンを販売しています。

 

正直結構多いんやけど、最後にどういう風にBTOメーカーを選べば良いかも解説してるで!

先生

 

 

 

セール情報バナー

各BTOメーカーの解説

では、1つ1つBTOメーカーの解説をしていこうと思います。

とは言え、約20社すべてを解説しても見ていくのが大変だと思うので、

  • 主要なBTOメーカーに絞って、
  • どんなBTOメーカーなのか特徴を簡単に、

解説していきたいと思います。

 

マウスコンピューター

a59ed402ad90c4f06528d9b1c1044ded

マウスコンピューターiconは、黄色いコーポレートカラーが印象的な大手BTOメーカーで、パーツ等の販売は行っておらず、基本的にBTOパソコンのみを製造・販売を行っています。

 

テレビのCMやYoutube、電車などの広告を打ち出していることもあり、知名度はかなり高いと思います。

広告では、乃木坂46を起用し、コーポレートカラーである黄色を全面に押し出したものとなっており、非常に印象的ですね。

 

安心の国内生産体制と手厚いサポート体制で、ユーザーの満足度の高いBTOメーカーです。

 

マウスコンピューターの特徴

  • ユーザー評価がとても高い
  • カスタマイズし易く初心者向き
  • ネットと店舗で気軽にプロに相談
  • データ復旧安心パックサービス

価格.comのユーザーによる評価は非常に高く、「またこのショップを利用したいですか?」という質問に99%の人が「はい」と答えています。

100人利用した人がいれば、99人が満足しているということなので、すごいですよね。

 

実際に、私の友人2人にマウスコンピューターのパソコンを勧めましたが、4,5年ほど経過しても故障なく動作しており、とても満足していました。

 

また、店舗があるので実際に相談したり、通販サイトからでもチャットやLINEで相談できたりと、プロのアドバイスを聞きやすいので、初心者の方が不安なく検討できると思います。

 

もっとマウスコンピューターについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認するicon

 

 

パソコン工房

000394

パソコン工房iconは、パソコンショップをチェーン展開している株式会社ユニットコムが運営しているBTOメーカーです。

1995年からパソコン工房が始まったので、大体25年の老舗メーカーですね。

 

一般的なデスクトップ・ノートパソコンから法人向け、サーバー・ワークステーション、ディープラーニング向けと様々なパソコンを販売しており、購入前の相談体制や購入後の保証体制などのサポートが手厚いのが特徴です。

 

パソコン工房の特徴

  • セールが多い
  • ネットと店舗で気軽にプロに相談
  • 延長保証がどのメーカーよりも長い

セールを行っている数が多いので、お得にパソコンを買いたいという方は、是非チェックして欲しいBTOメーカーですね。

セールの情報は入れ替わりが激しいので、最新の情報は、BTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】にまとめています。

他のBTOメーカーも合わせて掲載しています。

 

パソコン工房も店舗と通販サイトからのチャット、LINEがありので、相談しやすいBTOメーカーですね。

特に、店舗数はBTOメーカーの中で一番多く、全国各地に約70店舗ほどあるので、きっとお近くにあると思います。

 

また、パソコンの故障に備えて、保証をしっかりしておきたいという方にもおすすめで、BTOメーカーの中で1番長く、4年まで延長可能となっています。

 

もっとパソコン工房について詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認するicon

 

 

ツクモ

000391

ツクモは、東京の秋葉原を本拠点としており、株式会社ヤマダ電機の子会社でもあるBTOメーカーです。

正式な会社名としては、九十九電気ですが、屋号を始め対外的には、馴染みやすく「ツクモ」や「TSUKUMO」としています。

 

1977年には、Apple Ⅱを販売しており、パソコンの販売歴を見れば、もうすぐ半世紀となる超老舗ということがわかります。

 

ネット通販だけでなく、東京を中心に少数ながら何店舗か展開しており、BTOパソコンだけでなくPCパーツの販売にも力を入れているBTOメーカーとなります。

 

ツクモの特徴

  • カスタマイズし易く初心者向き
  • 店舗で相談できる
  • 取り扱い品の豊富さ

変更できるパーツの選択肢は、あまり多くなく始めからある程度絞られているので、「始めてBTOパソコンでカスタマイズする」「手っ取り早く決めてしまいたい」という方にはおすすめですね。

 

ツクモも数は少ないですが、関東を中心に、札幌、名古屋、福岡と全国各地に店舗を持っているので、相談することができます。

通販サイトには、チャット等のレスポンスの早い相談はできないので、お近くに店舗がある場合には実際に行って相談するのが手っ取り早そうですね。

 

もっとツクモについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

ドスパラ

000408

ドスパラは、BTOパソコンだけでなく、PCパーツの販売、組み立て代行やパソコン・PCパーツの買い取りや中古販売、法人向け販売を行っており、BTOメーカーの中では幅広いサービスを展開しています。

 

幅広いだけでなく、保証やサービスなどが充実していて細かいところまでユーザーのことを考えられているBTOメーカーです。

店舗も数多く持っており、実際に店舗に行って相談することができるということも特徴の内の1つですね。

 

ドスパラの特徴

  • ネットと店舗で気軽にプロに相談できる
  • 故障時のサポートが手厚い
  • PC組み立てサポートが手厚い

ドスパラも店舗を約20店舗持っており、また、カスタマイズ画面からチャットをできるので、相談しつつ構成を考えることができるので、安心して利用できると思います。

 

有料プランとなりますが、故障時の保証やサポートが手厚く、飲み物をこぼしたり、パソコンを落としたりと自分のミスによる故障も補償してくれる「セーフティーサービス」やデータが破損しても復元してくれる「データ復旧安心サービス」があります。

 

また、自作パソコンをする方にもおすすめのサポートがあります。

自作パソコンをやってみたいけど、静電気や組み立てミスによるパーツ破損が怖くて、なかなか自作パソコンに手を出せない!」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、組み立て時のパーツ破損も保証してくれる「パソコン保証」があります。

パーツの価格に対して数%の保証料金が必要ですが、もし故障した時のために入っておけば、安心して組み立てることができます。

 

私も初めて自作パソコンに挑戦したときには加入しましたが、「もし壊れたらどうしようという…」という迷いが無くなり、組み立てに集中できたので良かったです。

 

もっとドスパラについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

ストーム

000400

ストームは、東京都千代田に本社を置く、BTOパソコンの製造、組み立て、販売を行う会社で、PCパーツも販売しています。

1998年の7月に設立後、ネットを利用したカスタマイズパソコン(BTOパソコン)を販売してきたBTOメーカーです。

 

ストームの特徴

  • 詳細な絞り込み検索ができる
  • Linuxパソコンを取り扱っている

ストームでは、CPU、GPU、価格帯、ケースのタイプ、メモリ容量、CPUクーラーの冷却方式からベースモデルを絞り込むことができます。

多くのBTOメーカーは、CPUかGPUのどちらか1項目で絞り込む場合がほとんどですが、ストームでは価格帯やケースのタイプなどでも絞り込むことができます。

ほとんどの人がパソコンを購入する際は、”予算”がある程度決まっていると思うので、価格帯で絞れるのはありがたいですね。

 

普通は、BTOパソコンにはWindows OSが搭載されていますが、ストームではLinuxを搭載したBTOパソコンも取り扱っています。

Linuxは、パソコンに詳しい方向けのOSですが、必要な場合はこのBTOメーカーだけですね。

 

もっとストームについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

SEVEN

000273

SEVENは、株式会社セブンアールジャパンが運営する老舗パソコンショップです。

電気街で有名な秋葉原を拠点としていますが、店舗は無くネットのみでBTOパソコンを販売している会社です。

 

他のメーカーと比較するとマイナーかつ小規模なので、知らない方も多いと思います。

しかし、2004年(平成16年)に会社を設立して、約15年以上もの長い間運営を続けている老舗BTOメーカーです。

 

日替わり、週替わりなどのセールの頻度の高さ、コストパフォーマンスの良さ、初心者にも分かりやすいカスタマイズ画面などその他の魅力も大きいでしょう。

 

SEVENの特徴

  • セールの多さ
  • コストパフォーマンスの高さ
  • ケースの豊富さ
  • カスタマイズ画面が超親切設計

日替わりセール、週替わりセールなどセールの頻度がとても多いです。

とても多いというか日替わりなので、毎日何かしらセールになっていますね(笑)

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 

ただでさえ、コスパの高いSEVENのパソコンですが、セールのおかげでさらに安くパソコンを探すことができます。

 

パーツの選択肢が多く、ケースも豊富に揃っているので、「ケースを個性的にしてデザイン性を追求したい!」という方にもおすすめです。

選択肢が多いので、選んでいくのが大変そうに見えますが、パーツの解説や画像も一緒に掲載されているので、始めてカスタマイズに挑戦するという方でも選びやすいと思います。

 

また、パーツにはメーカーの記載もあるので、パーツ毎のメーカーにもこだわりがある人にもおすすめです。

 

もっとSEVENについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

VSPEC

000393

VSPECは、株式会社ウィズテックが運営するBTOメーカーです。

あまり聞かない名前だと思いますが、創業から10余年あまりの老舗パソコンショップです。

 

1人5000台以上のパソコンの組み立て実績を誇るプロ集団が対応してくれるようなので、これはかなり心強いですね。

サイトのトップページには、活用事例として納入実績や評価が掲載されていますが、個人から法人、病院など幅広く納品しているようです。

 

比較的小規模なBTOメーカーですが、大手とは路線をずらした「複数画面のデイトレード向けBTOパソコン」「無音パソコン」「キューブ型」なども取り扱っており、ニッチなニーズを捉えたBTOメーカーと言えるでしょう。

もちろん、ビジネス向けの標準的なパソコンやグラフィックボード搭載のゲーミングPCなども取り扱っています。

 

パーツの種類も多く、その数なんと1972種類!!

ケース数も302種と他のBTOメーカーと比べ、かなり数が多いです。

 

これほどパーツの種類が多ければ、自作パソコンのパーツの自由度とほぼ変わらないぐらいだと思います。

自作パソコンは時間やスキル的に難しいけど、自作パソコン並みの自由度でパーツを選びたいという方には、おすすめです。

 

VSPECの特徴

  • ケースの豊富さがBTOメーカートップクラス
  • PCケースからベースモデルを選択できる

ケースの豊富さで言うとBTOメーカーでトップクラスで、こちらのメーカーも「ケースのオシャレにしたい!かっこ良くしたい!」という方は、ぜひ1度どんなケースがあるかチェックして欲しいところです。

 

BTOパソコンを探すときは、普通、CPU、GPU、ゲームやクリエイターなどの用途から探すと思いますが、VSPECでは、ケースからベースモデルを探すことができます。

このような機能は、他のBTOメーカーには無いので、デザイン性を重視したい方にはありがたい機能ですね。

 

もっとVSPECについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

サイコム

000396

サイコムは、埼玉県八潮市緑町に本社を置く、BTOパソコンの製造、組み立て、販売を行う会社で、PCパーツも販売しています。

1999年の5月に設立、設立当初からネットを利用したカスタマイズパソコン(BTOパソコン)を販売してきたBTOメーカーです。

 

サイコム(Sycom)の名前の由来は、「System&Computer」の略称だそうです。

 

良い意味で癖の強いと言いますか、テーマ性の強いBTOパソコンを取り扱っていて、なかなか面白いBTOメーカーです。

※もちろん、普通のビジネス向けやゲーミングPCもあります。

 

サイコムの特徴

  • デュアル水冷PC「G-Master Hydro シリーズ」
  • 高品質で標準(無料)の2年保証「Premium Line」
  • LED装飾がすごい「G-Master Luminous Z390 RGB」

CPUとGPUを2つの水冷システムで冷却するデュアル水冷PCを取り扱っているのは、サイコムだけでしょう。

ベンチマークスコアや温度、騒音なども計測しており、高い冷却性能と静音性を持っていることを実証しています。

 

Premium Lineは、パーツを高品質なものに厳選したパソコンで、標準(無料)の保証期間が2年です。

多くのBTOメーカーの標準(無料)保証期間は1年なので、それだけ品質にこだわっていることが分かりますね。

 

G-Master Luminous Z390 RGBは、LED装飾が特徴的で、「これでもか!」というぐらい光らせているパソコンです。

CPUクーラーやメモリ、ケースファンぐらいであれば、LED装飾されているBTOパソコンはありますが、PCケース、電源ケーブル、グラフィックボードまで光らせるのは、このパソコンだけでは無いでしょうか。

 

こういった個性の強いパソコンが多くあるので、ぜひ1度はチェックして欲しいBTOメーカーですね。

 

もっとサイコムについて詳しく知りたい方は、レビュー記事を確認してみて下さい。

メーカーを確認する

 

 

BTOメーカーはどこがいいのか?

色々なBTOメーカーを解説しましたが、

「結局どこのBTOメーカーが良いの?」

「正直、こんなに言われても困るわ…、どれがええねん」

となると思います。

 

これらの中からBTOメーカーを選ぶことになりますが、1つ1つ全部通販サイトを巡って確認していくのは、正直面倒だし、時間もかかります。

とは言え、それぞれのBTOメーカーで特徴が全然違うので、一概に「このBTOメーカーが良い!」とは言えません。

 

そのため、選び方としては、コスパの高さや評判など、1つだけ重要で優先したいことを決めておいて、それを軸としてBTOメーカーを探すという方法が良いです。

 

例えば、重要で優先したい項目としては、

  • 評判の良さ
  • 保証期間・内容
  • コストパフォーマンスの高さ
  • デザイン性

などがあると思います。

 

このように重要視したい項目があれば、それぞれおすすめできるBTOメーカーがあるので、まず先に、何を重視したいか決めておきましょう。

それから探すと、自分がどこのBTOメーカーを選ぶべきか見えてくると思います。

 

上の例であげた項目毎のおすすめのBTOメーカーと詳しい内容については、おすすめのBTOメーカーを徹底比較!何を重視したいかで決まるで解説しているので、参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ:おすすめのBTOメーカーは、重視する項目で違う

ざっと各BTOメーカーを解説しましたが、それぞれで色々な特徴があることを分かって頂けたかと思います。

 

それぞれ特徴が違うので、自分に合ったBTOメーカーを手っ取り早く探すためにも、何を重視したいのかをしっかり考えておくことをおすすめします。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です