最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

おすすめのパソコンメーカーを解説【9選】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

  • BTOメーカーやPCメーカーが多いけど、どう違うの?特徴は?
  • 〇〇を重視するなら、ここのメーカーにすべきってのを教えて!

パソコンを購入する際、BTOメーカー、PCメーカーを色々見ていくわけですが、全部で約20社とかなりの数があるため、1つ1つ特徴を比較して選ぶのはかなり大変です。

 

そこで約20社を調べ上げた私が、約20年のPC歴の経験を交えた上で、BTO/PCのメーカーの特徴、コスパ、デザイン、信頼性など様々な観点からおすすめのBTOメーカーを解説してきます。

 

ケンさん

自分がどのメーカーで買うべきか分かるで!

 

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

マウスコンピューター(満足度・知名度)

マウスコンピューター

メーカーの評価
コスパ
(3.5)
セール
(5.0)
パーツ選択肢
(3.0)
ケース選択肢
(2.5)
納期の早さ
(4.0)

マウスコンピューターの特徴

  • 購入相談から購入後のサポートや故障時の対応まで総合的に信頼の高い
  • カスタマイズがシンプル(選択肢が少なめ)で選びやすい
  • ネット相談や店舗から、気軽にプロに相談できる
  • 故障時に安心な「データ復旧安心パックサービス」

マウスコンピューターiconは、黄色いコーポレートカラーが印象的な大手BTOメーカーで、テレビやYouTubeのCM、電車などに広告を出していることもあり、知名度がかなり高いメーカーです。

 

また、価格.comのユーザーによる評価は非常に高く、「またこのショップを利用したいですか?」という質問に99%の人が「はい」と答えており、製品の品質、接客、故障時の対応などによって積み上げてきた信頼性や満足度がダントツです。

ケンさん

100人中、99人が満足はすごいで!

 

私も、友人や親にパソコンの相談をされるときは、選択肢の内の1つに入るBTOメーカーです。

今まで5人ぐらいに勧めましたが、全員満足して使っており、数年経っても故障1つありません。

 

また、チャットやLINEによる相談もできるため、どういう性能のパソコンにすべきか分からないという初心者の方にも安心して利用できるメーカーですね。

 

 

 

ドスパラ(コスパ / 知名度)

ドスパラ

メーカーの評価
コスパ
(5.0)
セール
(3.5)
パーツ選択肢
(3.0)
ケース選択肢
(2.5)
納期の早さ
(5.0)

ドスパラの特徴

  • ゲーミングPC『GALLERIA』が有名
  • GALLERIAの性能と価格のコスパが高い
  • 納期が速い
  • ネット相談や店舗から、気軽にプロに相談できる

ドスパラは、BTOパソコンだけでなく、PCパーツの販売、組み立て代行やパソコン・PCパーツの買い取りや中古販売、法人向け販売を行っており、幅広いサービスを展開しています。

 

特に有名で力を入れているのが、ゲーミングブランドである『GALLERIA』シリーズで、多くのプロゲーマーが使用しています。

 

デスクトップPCとノートPCの両方で展開されており、ゲーミングPCの中では性能と価格のコストパフォーマンスが高く、ゲーム用途で特におすすめなメーカーです。

 

当ブログでは、実機を借りてベンチマーク計測などをしているのでぜひ参考にして下さい。

≫ 関連記事:ドスパラの実機レビュー

 

また、納期までの期間が短く、できるだけ早くパソコンを手にしたいユーザーにもおすすめです。

 

 

 

フロンティア(コスパ)

メーカーの評価
コスパ
(4.5)
セール
(5.0)
パーツ選択肢
(4.0)
ケース選択肢
(3.0)
納期の早さ
(2.0)

フロンティアの特徴

  • セール時が超お買い得で狙い目!
  • 自作PCで使われるケースがベース
  • 用途に応じて手軽に検索できる
  • 複数項目での絞り込み検索が便利

フロンティアは、セール中のパソコンのコストパフォーマンスが高くおすすめのメーカーです。

 

以前は、セール商品の割引額が表示されており、どの程度の割引き具合か分かったのですが、今は非公開になっているようです。

ですが、スペック構成からして、セール中の価格はコストパフォーマンスが高いことは確かですね。

 

ゲーミングPCのような高スペックPCが欲しい方におすすめのメーカーです。

 

 

 

ストーム(デザイン)

ストーム

メーカーの評価
コスパ
(3.0)
セール
(3.5)
パーツ選択肢
(2.0)
ケース選択肢
(4.0)
納期の早さ
(4.0)

ストームの特徴

  • デザイン性の高いPCケースが使われている
  • 静音性に特化したPCがある
  • PCケースから選ぶことができる(トップページの「ケースから選ぶ」)
  • 詳細条件で絞り込み検索ができる

ストームは、デザイン性の高いPCケースを使って組み立てたデスクトップPCを扱うBTOメーカーです。

スタンダードPC(普段使い向け)、ゲーミングPC、クリエイター向けPC、静音PCなどのパソコンを展開しています。

 

最大の特徴は、デザイン性の高いPCケースをいくつかの中から選べる点です。

大手BTOメーカーのような自社製造のPCケースの場合、無難なデザインになりがちなので、デザイン性やオシャレさが欲しい方からすると少し物足りないと思います。

 

しかし、ストームでは、自作PCのケースが使われている上、ケースの選択肢が多いので、パソコンの見た目も重要視したい方におすすめのメーカーです。

全体的に、シンプルでスタイリッシュ、落ち着きのある上品さを感じるPCケースが多いですね。

 

また、CPU・GPU・メモリ・価格・ケースタイプなどの色々な条件からパソコンを絞り込むことができます。

予算やスペックがある程度決まっている方であれば、お目当てのパソコンを素早く見つけることができるので便利です。

 

 

 

パソコン工房(長期保証)

パソコン工房

メーカーの評価
コスパ
(3.5)
セール
(4.0)
パーツ選択肢
(3.0)
ケース選択肢
(2.5)
納期の早さ
(4.0)

パソコン工房の特徴

  • 幅広いパソコンの取り扱いがある
  • ネット相談や店舗から、気軽にプロに相談できる
  • 延長保証がどのBTOメーカーよりも長い
  • トレード、AI(ディープラーニング)、業務向けなどコア用途もある

パソコン工房iconは、1995年創業の老舗BTOメーカーで、スタンダード向けPC「STYLE∞」、ゲーミング向けPC「LEVEL∞」、クリエイター向けPC「SENSE∞」、ビジネス向けPC「SOLUTION∞」と様々なブランドを展開しています。

 

株やFXのデイトレードに適したトレーディングパソコン、ディープラーニング向け、業務向けのサーバー/ワークステーションと特殊なPCであったり、自作PCパーツや中古パソコンなど取り扱いに関しては実に幅広いです。

そのため、トレード、AI(ディープラーニング)、業務向けなどコアな用途でパソコンが欲しい方は、パソコン工房ほぼ一択になってきます。

 

また、幅広いのはパソコンの種類だけでなく、販売方法も幅広いです。

全国各地の約70店舗も構えているので、きっと近所にあると思います。

 

パソコン工房では、保証期間も長くすることができるので、故障した時のサポートをできるだけ長く続けてもらいたいという方にもおすすめ。

どのメーカーも1年の無料保証、3年の延長保証(有料)を基本としていますが、パソコン工房の場合、4年まで延長することができます。

 

 

 

SEVEN(コスパ / デザイン / パーツ選)

SEVEN

メーカーの評価
コスパ
(4.5)
セール
(5.0)
パーツ選択肢
(5.0)
ケース選択肢
(4.5)
納期の早さ
(4.5)

SEVENの特徴

  • 性能と価格のコスパが高い
  • セールが多く数千円~数万円割引きのパソコンを毎日探せる
  • ケースが約20種と豊富
  • パーツの選択肢が多い
  • カスタマイズ画面が超親切設計

SEVENは、デスクトップPCが中心で、性能と価格のコストパフォーマンスが高く、ケースの選択肢が多いBTOメーカーです。

 

他のメーカーと比較するとマイナーかつ小規模なので知らない方も多いと思いますが、2004年(平成16年)に設立し、約15年以上もの間運営を続けている実績のあるBTOメーカーです。

電気街で有名な秋葉原を拠点にしていますが、店舗は無くネットのみの販売となっています。

 

「日替わりセール」「週替わりセール」で毎日何かしらのセール対象となったパソコンがあります。

数千円~数万円お得になるので、ただでさえコスパの高いのに、さらに高くなります。

 

デザイン性の高いPCケースを約20点ほどから選ぶことができます。

大手BTOメーカーのような自社製造のPCケースの場合、無難なデザインになりがちなので、デザイン性やオシャレさが欲しい方からすると少し物足りないと思います。

 

しかし、SEVENでは、自作PCのケースが使われている上、ケースの選択肢が多いので、パソコンの見た目も重要視したい方におすすめのメーカーです。

 

PCパーツの選択肢が多く、一見上級者向けな感じがしますが、解説や画像付きで分かりやすいカスタマイズ画面になっているので、初心者の方でもパソコンをカスタマイズし易いです。

 

自作PCのような幅広い選択肢から選ぶことができるので、「自作PCは無理だけど、せめて色々なパーツの選択肢の中から自分で選んで自作PC感を味わいたい…」という方にもおすすめ。

 

 

 

サイコム

サイコム

メーカーの評価
コスパ
(3.0)
セール
(3.5)
パーツ選択肢
(4.0)
ケース選択肢
(3.0)
納期の早さ
(2.0)

サイコムの特徴

  • 特徴的なコンセプトのPCがある
  • GPUも水冷式にしたいならサイコム一択
  • 無償保証2年の高品質・サポート付きならサイコム一択
  • ほぼ全てのパーツが光らせたいならサイコム一択
  • ユーザー対応が親切丁寧

サイコムは、デスクトップPC向けのBTOメーカーで、スタンダードPC、ゲーミングPC、静音PC、水冷PC、ワークステーションを中心に展開しています。

 

サイコム(Sycom)の名前の由来は、「System&Computer」の略称で、1999年の5月に設立、約20年もの長い実績をもった老舗メーカーですね。

 

その他にも、次のような珍しいものもあります。

  • CPUとGPUが水冷式の「デュアル水冷」シリーズ
  • 光るパーツ全てを盛り込んだ「G-Master Luminous」シリーズ
  • 高品質で無償保証が2年の「Premium Line」シリーズ

かなり癖の強いコンセプトのパソコンですが、これらは約20社のBTO/PCメーカーを見てもサイコムだけでした。

そのため、ここに魅力を感じた方は、少なくともサイコム一択ですね。

 

デュアル水冷PCは、サイコムが独自にカスタマイズし、CPUと”GPU”の両方を水冷式クーラーで冷却するPCのことです。

 

水冷PCの場合は、他のメーカーでも取り扱っていたりしますが、CPUとGPUの両方を水冷式にするデュアル水冷は、サイコムだけですね。

 

高グラフィックな3Dゲームでは、GPUにも高い負荷がかかり、高温になりがちなので、ここを高い冷却性能を誇る水冷式にすることで、長時間、高負荷な状況に耐えることで、高いパフォーマンスを発揮してくれます。

 

また、LEDで装飾されたパソコンは割とあるのですが、「G-Master Luminous」シリーズのように、ほぼ全てのPCパーツが光るパソコンはサイコムだけですね。

 

CPUクーラーやメモリ、ケースファンを1つ, 2つ程度なら光るパソコンはありますが、電源ケーブルまで光らせることができるのは、このパソコンだけですね。

 

ユーザー対応に関しては、丁寧な接客・相談回答をしており、ユーザーに寄り添ったメーカーという印象があります。

Twitterでも色々ユーザーの相談に回答していますし、使用用途に対してスペックが合っているか相談された際には、実際に検証してくれたと聞いたことがあります。

 

そのため、どの程度のスペックにすれば良いか分からない、悩んでいるという方にもおすすめなメーカーですね。

 

 

 

VSPEC(デザイン / パーツ選)

VSPEC

メーカーの評価
コスパ
(3.0)
セール
(1.0)
パーツ選択肢
(5.0)
ケース選択肢
(5.0)
納期の早さ
(3.0)

VSPECの特徴

  • 1人5000台以上のプロが組み立てる実績と安心感
  • ケースが約80種と豊富
  • カスタマイズできるパーツ数が多く、自作PCに近い選択肢

VSPECは、デスクトップPC向けのBTOメーカーで、ゲーミングPCやクリエイターPC、静音PC、FX/デイトレ向けPCを展開しています。

 

あまり聞かない名前だと思いますが、創業から十数年の歴がある老舗パソコンショップです。

1人5000台以上のパソコンを組み立てた実績のあるプロ集団が対応するそうなので、安心感が強いですね。

 

活用事例として納入実績や評価が掲載されていますが、個人から法人、病院など幅広く納品しているようです。

 

また、カスタマイズできるパーツ点数が多く、その数なんと1972種類だそうです。

カスタマイズ画面を見ても、これほどパーツを選べるメーカーは他に見たことが無いほどです。

 

そのため、自由度の高いカスタマイズをしたい方、自作PCをするのは無理だけど、自作PCに近い選択肢の中から自分でパーツを選びたい方は、VSPECですね。

 

これほどパーツの種類が多ければ、自作パソコンのパーツの自由度とほぼ変わらないぐらいだと思います。

自作パソコンは時間やスキル的に難しいけど、自作パソコン並みの自由度でパーツを選びたいという方には、おすすめです。

 

 

 

ツクモ

ツクモ

メーカーの評価
コスパ
(3.5)
セール
(3.0)
パーツ選択肢
(2.0)
ケース選択肢
(2.5)
納期の早さ
(4.0)

ツクモの特徴

  • 超老舗の実績を積み上げてきたメーカー
  • カスタマイズがシンプル(選択肢が少なめ)で選びやすい
  • ネット相談や店舗から、気軽にプロに相談できる

ツクモは、スタンダートPC「eX.computer」、ゲーミングPC「G-GEAR」を中心に展開してるBTOメーカーです。

 

秋葉原を中心にネット・店舗による販売をしており、株式会社ヤマダ電機の子会社です。

正式な会社名としては「九十九電気」ですが、屋号を始め対外的には馴染みやすい「ツクモ」や「TSUKUMO」が使われています。

 

1977年には、Apple Ⅱを販売しており、パソコンの販売歴を見れば、もうすぐ半世紀となる超老舗メーカーであることが分かります。

 

 

 

まとめ:自分が重視するポイントの強いBTO/PCメーカーを選ぼう

BTO/PCメーカーは全部で約20社もあり、その中から自分の求めているパソコンを見つけるのは結構苦労します。

そこで、数を絞った上で、タイプ別のおすすめなメーカーを解説しました。

 

メーカーによって特徴やゲーム向けやクリエイター向けなど注力している分野が違うので、自分が求めているものがあるメーカー数社をピックアップして、その中から、パソコンを探していきましょう!



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です