最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【2021年】20万円前後のおすすめデスクトップパソコンの比較・紹介

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

20万円前後でパソコンを探しているけど、どんな使用用途(動画編集、3Dゲームなど)に使えるの?

この価格帯のスペックの目安ってどのくらいなの?

と疑問に思っている方に向けて、スペックの目安、使用用途などについて解説していきます。

 

他の価格帯も含めて、スペックやできることをまとめているので、パソコンの相場感を知りたい方は参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事: 【初心者必見】パソコンの予算・相場感を知って大損しないようにしよう!

 

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

20万円前後パソコンの目安スペック

20万円前後となると、CPU、GPU共にハイエンドクラスのものを搭載することができます。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 2070 SUPER
SSD256GB / 512GB
HDD1TB

CPU、GPU共にハイエンドで、メモリもある程度の容量を搭載できるので、多くの使用用途で十分なパフォーマンスを発揮してくれるようになります。

メモリに関しては、近年では最低でも8GBぐらいは欲しいという感じなので、16GBあれば大抵は事足りますね。

 

SSD、HDDについては、使用用途に応じて柔軟にカスタマイズしていきましょう。

例えば、動画編集データの保存用に、HDDを追加しておくなど…

 

 

20万円前後パソコンの使用用途

では、上で紹介したスペックで、どんな使用用途としてパソコンを使うことができるのか解説していきます。

使用用途ごとに、どの程度動作するかの目安を「◎、、△、×」で評価していきます。

 

自分の使おうと思っているものだけを見ればオッケーです!

 

スペックの判断基準は、次の通りです。

◎ = 快適に問題なく動作

〇 = 基本的に動作するが、一部性能不足を感じることもある。

△ = 初心者や軽めにしかやらない方は良いが、本格的にやる分にはちょっと性能不足。

× = 動作しない。動作しても確実にカクついてストレスになる。

※使用用途のリンクは、各用途の目安スペック、PCパーツなどを解説しています。

 

ライトユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
Web閲覧、動画視聴快適に動作する。
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
快適に動作する。
ブログ執筆快適に動作する。

 

クリエイティブユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
画像編集快適に動作する。
動画編集快適に動作する。
※必要に応じてHDDなど追加しておこう
プログラミング快適に動作する。
3DCG・モデリング快適に動作する。

 

ベビーユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
ゲーム快適に動作する。
ハイエンドなグラフィックボードを搭載できるので、
高いグラフィック性能を要求される3Dゲームでも問題なし。
トレード
(株/FX/仮想通貨)
問題なく動作する。
グラフィクボードを搭載しているので、
デイトレード向けに他画面環境の構築も可能。
データ分析・AI学習CPU、GPU共にハイエンドなので、データ数が多い場合でも、
ある程度の速さで分析・学習ができる。
本格的な動作環境としても十分と言えるが、
場合によってはメモリは32GBの方が良いかも。

このあたりのスペックになるとほとんどの使用用途で使うことができます。

 

そのため、

「考えていた用途で使えなかった…」

「思っていたよりカクついたり、重かったりでストレスが溜まる」

と言ったように、大きく失敗することはまず無いですね。

 

予算がちょっと足りないという方は、スマホの分割払いと同じように、BTOパソコンも、分割払いで購入することができるので、ぜひ検討してみて下さい。

一番避けたいのが、予算オーバーで無理に価格を下げて、性能が足りずにやりたかったことができない…ということですね。

 

しかし、分割回数にもよりますが、分割金利手数料は意外と高いので、手数料が無料のキャンペーンを活用して購入しましょう!

割と色々なBTOメーカーが長期間実施しているので、ほぼ確実に利用できると思います。

 

 

おすすめの20万円前後パソコン

では、20万円前後で買えるおすすめのBTOパソコンを紹介します。

 

【ゲーム向け】重めの3Dゲームも快適で幅広いゲームを楽しめるゲーミングPC『GALLERIA XA7R-R37』

メーカー:ドスパラ
CPU:AMD Ryzen 7 3700X
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3070 (8GB) (CPU内蔵GPU)
ストレージ:SSD 512GB NVMe SSD
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:未対応 (オプション)
価格税込 259,980円 (2021/10/04更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
22768
GPUスコア
21785
ハイエンドなCPU, GPUを搭載したゲーミングPCです。
軽め~重めの3Dゲームが快適に動作し、高FPS、4Kや高画質設定でも快適に楽しめるパソコンです。

ゲーム以外にも普段使い、動画編集、プログラミングなど幅広い用途で高いパフォーマンスを発揮してくれる一台ですね。
この性能が20万円以内はコスパが高いです。

4Kの動画編集であれば、メモリやストレージが不足している印象ですが、FHDの動画編集、それ以外の用途では特に性能不足を感じることは無いでしょう。

 

【クリエイティブ向け】メモリ32GBで余裕を持ったクリエイティブ作業ができるPC『DAIV A7』

メーカー:マウスコンピューター
CPU:AMD Ryzen 7 3700X
メモリ:32GB
GPU:GeForce RTX 3060
ストレージ:SSD 512GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:未対応 (オプション)
価格税込 203,280円 (2021/05/20更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
22768
GPUスコア
16628
CPUとメモリに特化したクリエイティブ向けのPCです。

グラフィックボードもそこそこ高いですが、この価格帯であればRTX 3070は狙えるので、それと比べると1段階低くなっています。

その分、クリエイティブな作業で必要となるメモリが多くなっているというモデルです。

グラボが1段階低いとは言え、全体的なスペックは高いので、クリエイティブな用途以外でも快適に使うことができます。

 

【デザイン重視派】強化ガラスと4つのLEDファンが特徴的なゲーミングPC『PG-DQT』

メーカー:ストーム
CPU:AMD Ryzen 5 5600X
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3060 Ti (8GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:-
価格税込 195,800円 (2021/08/08更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
22191
GPUスコア
19704
ミドルハイスペックのゲーミングPCで、デザイン性を重視したい方向けです。

他のPCと比べ、CPUは1ランク下がるもののケースは自作PCでも使われるもので、メーカー製のデザインとは一味違うものになっています。

CPUが1ランク落ちると言っても、ベンチマークスコアではRyzen 7にも負けないレベルで、重めの3Dゲームまで快適に動作します。

また、FHDの動画編集も快適なので、重めの作業をガッツリできます。

 

 

まとめ:ほとんどの使用用途で十分なパフォーマンスを発揮!

20万円前後のパソコンの目安スペックとおすすめのBTOパソコンを紹介しました。

 

20万円前後になってくるとハイエンドなCPU・GPUに加え、メモリ容量も十分ですね。

 

そのため、高い性能が求められがちなゲーム用途、クリエイティブな用途でも十分快適に作業できるぐらいのパフォーマンスはありますね。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 2070 SUPER
SSD256GB / 512GB
HDD1TB

 

他の価格帯のパソコンも含めて、スペックやできることをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事: 【初心者必見】パソコンの予算・相場感を知って大損しないようにしよう!

 

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です