最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【2022年】15万円前後のおすすめデスクトップパソコンの比較・紹介

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

15万円前後でパソコンを探しているけど、どんな使用用途(動画編集、3Dゲームなど)に使えるの?

この価格帯のスペックの目安ってどのくらいなの?

と疑問に思っている方に向けて、スペックの目安、使用用途などについて解説していきます。

 

他の価格帯も含めて、スペックやできることをまとめているので、パソコンの相場感を知りたい方は参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事: 【初心者必見】パソコンの予算・相場感を知って大損しないようにしよう!

 

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

15万円前後パソコンの目安スペック

15万円前後となると、CPUは、ハイエンドクラスのものを搭載することができます。

 

グラフィックボードもある程度色々な3Dゲームがプレイできるレベルのもので検討することができますね。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce GTX 1650 Super / 1660 Super / 2060
SSD250GB / 512GB
HDD1TB

CPUがハイエンドクラスのため、動画編集のエンコードなど高い処理性能が必要な使用用途でも快適に動作することが可能です。

 

メモリも16GBと1段階増えるので、メモリを多く消費しがちなクリエイティブな用途にも手を出すことができますね。

 

しかし、グラフィックボードは、ミドルレンジまでなので、

  • 高いグラフィック性能を要求されるような3Dゲーム
  • 大規模な3Dモデリング

までやろうとすると場合によっては、ちょっと厳しさを感じるかもしれません。

 

ブラウザゲーム、2Dゲーム、軽め~普通の3Dゲーム、ある程度の重めの3ゲーム、小規模・中規模な3Dモデリングであれば対応可能というぐらいのスペック感ですね。

 

15万円前後パソコンの使用用途

では、上で紹介したスペックで、どんな使用用途としてパソコンを使うことができるのか解説していきます。

使用用途ごとに、どの程度動作するかの目安を「◎、、△、×」で評価していきます。

 

自分の使おうと思っているものだけを見ればオッケーです!

 

スペックの判断基準は、次の通りです。

◎ = 快適に問題なく動作

〇 = 基本的に動作するが、一部性能不足を感じることもある。

△ = 初心者や軽めにしかやらない方は良いが、本格的にやる分にはちょっと性能不足。

× = 動作しない。動作しても確実にカクついてストレスになる。

※使用用途のリンクは、各用途の目安スペック、PCパーツなどを解説しています。

 

ライトユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
Web閲覧、動画視聴快適に動作する。
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
快適に動作する。
ブログ執筆快適に動作する。

 

クリエイティブユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
画像編集快適に動作する。
動画編集編集作業は快適で、エンコード時間もハイエンドCPUを搭載できるので問題なし。
※必要に応じてHDDなど追加しておこう
プログラミング快適に動作する。
3DCG・モデリングミドルエンドのグラフィックボードが搭載されているので、
ポリゴン数やエフェクト等にもよるが、数個のオブジェクトぐらいであれば問題なし。

 

ベビーユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
ゲームブラウザゲーム、2Dゲームは問題なく動作する。
3Dゲームも軽め~普通ぐらいのものは動作するが、
重めの3Dゲームはものによっては厳しい場合がある
トレード
(株/FX/仮想通貨)
問題なく動作する。
グラフィクボードを搭載しているので、
デイトレード向けに他画面環境の構築も可能。
データ分析・AI学習データ数が多い場合は、分析・学習に時間がかかる。
AIの勉強用と考えるのであれば問題ないが、
本格的な動作環境としては不十分な場合がある。

このあたりのスペックになってくると、大体の使用用途で使えるまでになるかなという感じです。

 

とは言え、ヘビーユーザー向けの用途の中でも、ちょっと手を出す程度であれば問題ないですが、

  • グラフィックの良い重めの3Dゲームで、グラフィック設定を高いものに変える。
  • 4Kや長時間の動画編集をしたい場合

は、ちょっとスペックに不足気味という印象。

 

予算がちょっと足りないという方は、スマホの分割払いと同じように、BTOパソコンも、分割払いで購入することができるので、ぜひ検討してみて下さい。

一番避けたいのが、予算オーバーで無理に価格を下げて、性能が足りずにやりたかったことができない…ということですね。

 

しかし、分割回数にもよりますが、分割金利手数料は意外と高いので、手数料が無料のキャンペーンを活用して購入しましょう!

割と色々なBTOメーカーが長期間実施しているので、ほぼ確実に利用できると思います。

 

おすすめの15万円前後パソコン

では、15万円前後で買えるおすすめのBTOパソコンを紹介します。

 

【ゲーム向け】軽め~大体の重めの3Dゲームまで快適なデスクトップPC『GALLERIA RM5C-G60S』

モデル名GALLERIA RM5C-G60S
メーカードスパラ
CPUIntel Core i5-12400
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1660 SUPER (6GB)
ストレージSSD 500GB NVMe
Officeなし (オプション)
Wi-Fi
Bluetooth
未対応 (オプション)
価格15万円台~ (2022/11/30更新)
ミニタワー
CPUスコア
20011
GPUスコア
12764
ミドルレンジCPU, ミドルハイGPUを搭載したゲーミングPCです。
CPUとGPUのバランスがよく、ミドルレンジクラスのパーツは性能と価格のコスパが高いので、パソコン本体の価格もお得になっています。

軽め~普通、大体の重めの3Dゲームまで快適にプレイできる性能で、ゲームのエントリーモデルとしてはコスパも高くおすすめ!

また、ゲーム以外にも幅広い用途でそこそこ使えるスペックとなっています。
 

【クリエイター向け】画像・動画編集、プログラミングなどのエントリー向けデスクトップPC『raytrek MX』

モデル名raytrek MX
メーカードスパラ
CPUIntel Core i7-12700
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1650 (4GB)
ストレージSSD 500GB NVMe
Officeなし (オプション)
Wi-Fi
Bluetooth
未対応 (オプション)
価格15万円台~ (2022/11/30更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
32319
GPUスコア
7819
ハイエンドCPU, ミドルレンジGPUを搭載したクリエイティブPCです。

これからイラストや動画編集、プログラミングなどの勉強を始めたい方などエントリーモデルとして最適です。

ハイエンドなCPUなので高負荷な処理もOKです。
 

【デザイン重視】ほぼ全ての3Dゲームが快適で動作する上、15円台の高コスパゲーミングPC『PG-PH12』

モデル名PG-PH12
メーカーストーム
CPUIntel Core i5-12400
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060 (12GB)
ストレージSSD 500GB NVMe
Officeなし (オプション)
Wi-Fi
Bluetooth
未対応
価格15万円台~ (2022/11/30更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
20011
GPUスコア
16628
他の機種より、もう少しお金を出してGPUを強化したい方向けです。

RTX 3060なので、GTX 1650, 1660と比べ性能が1段アップ、具体的に約1.3倍ですね。

重めの3Dゲームまで快適にプレイできるほどの性能で、幅広いゲームを色々楽しみたい方にはこのGPUのレベルがおすすめです。

1万円でグラフィック性能が約1.3倍になるのはお得です!
 

 

まとめ:ゲーム、クリエイティブと幅広い用途で使える

15万円前後のパソコンの目安スペックとおすすめのBTOパソコンを紹介しました。

 

15万円前後になってくるとハイエンドなCPUに加え、ミドルレンジハイのグラフィックボードも搭載することができます。

 

そのため、3Dゲームや3Dモデリングなどのグラフィック性能が必要な使用用途でも快適に使えるようになるので、使える幅もグッと広がります。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce GTX 1650 Super / 1660 Super / 2060
SSD250GB / 512GB
HDD1TB

 

とは言え、より快適に動作させたい、重めの3Dゲームやグラフィック設定にこだわってゲームをしたい、4Kや長時間の動画編集をしたいとなると、20万円のパソコンが欲しいところですね。

 

他の価格帯のパソコンも含めて、スペックやできることをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事: 【初心者必見】パソコンの予算・相場感を知って大損しないようにしよう!

 

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です