最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

Rainbow Six SiegeのベンチマークとおすすめPC

Rainbow Six Siege

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Rainbow Six Siegeは、世界各国の特殊部隊から構成された対テロ特殊部隊「レインボー」の活躍を描くゲームで、立てこもったテロリストに対して突入作戦をメインとした対戦型のオンラインシューティングゲームです。

 

このゲームは、綺麗目なグラフィックではありますが、思いのほか軽めのゲームなので、それほど高いスペックは必要ありません

 

実際に、快適に遊ぶためにどのくらいのグラフィック性能が必要か、公式の動作環境の解説やベンチマーク結果だけでなく、いくつかのPCを使って計測したFPS(※)も含めて解説していきます。

※FPSとは、1秒当たりに描画されるフレーム数(frames per second=フレーム毎秒) を示し、ゲームをする上で快適さを示す指標としてよく使われます。

 

先に結論から言うと、グラフィックボードは目的別に次のようになります。

Rainbow Six Siegeで60FPSを狙う

⇒ GTX 1650 Ti

 

Rainbow Six Siegeを120FPS、他の重めの3Dゲームまで幅広く遊びたい

⇒ GTX 1660 SUPER

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

Rainbow Six Siegeのベンチマーク

Rainbow Six Siegeをプレイするための動作環境やグラフィック設定、ベンチマークスコアの評価などを解説します。

 

必要・推奨動作環境

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 SP1 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10
64bit日本語版
CPUIntel Core i3 560 (3.3 GHz)
AMD Phenom II X4 945 (3.0 GHz)
Intel Core i5-2500K (3.3 GHz)
AMD FX-8120 (3.1 GHz)
メモリ6GB8GB
GPUNvidia GeForce GTX 460
AMD Radeon HD5770
Nvidia GeForce GTX 670
AMD Radeon HD7970 / R9 280X
ストレージ85.5GB
DirectXDirectX 11

推奨動作環境のCPU, GPUは約10年ほど前のものでスペックとしてはかなり低いので、この環境は最近のゲーミングPCであれば、余裕で満たすことができます。

 

比較的、控えめなGPUを搭載したゲーミングPCであっても、最高画質設定で平均60FPSは超えてくるので、それほどパソコン選びには苦労しないと思います。

 

ベンチマークのダウンロード

Rainbow Six Siegeは、Steamで販売されていますが、ベンチマークを無料で配布しているわけではありません。

有料のメインコンテンツの一機能としてベンチマークがあるので、ゲームの購入前にベンチマークをしてみて、今持ってるパソコンでも動作するのか確認することはできません。

ケンさん

DQX、FF14とかはベンチマークは無料で配布されてるんやけどなー…

 

ベンチマーク実行中の様子はこのような感じ。

Rainbow Six Siege ベンチマーク1

Rainbow Six Siege ベンチマーク2

Rainbow Six Siege ベンチマーク3

Rainbow Six Siege ベンチマーク4

Rainbow Six Siege ベンチマーク5

Rainbow Six Siege ベンチマーク6

ベンチマーク自体は、約1分半程度で、建物内をメインとして、ちょっとした銃撃戦などのシーンが続きます。

 

グラフィック設定

ベンチマークのグラフィック設定には、次の5つが用意されています。

  • 最高
  • 超高

グラフィック設定は、テクスチャーの質感やオブジェクトの影、水などの反射具合などの細かい項目を一括で設定することができます。

また、これらの設定に加えて、1つ1つ細かく設定してカスタムすることも可能です。

 

具体的に、これらの設定でどの程度の画質が変わるのかまとめたので、プレイ時の目安にして下さい。

また、設定毎のスコアやFPSを後程掲載するので、自分のプレイしたい設定を参考にして下さい。

 

主に大きく変わるのは、次の2つですね。

  • オブジェクトやテクスチャの細かさ
  • 影の有無・リアルさ

 

画質の違いはこんな感じです。

最高

 Rainbow Six Siege 画質設定_1_最高

超高

Rainbow Six Siege 画質設定_2_超高

Rainbow Six Siege 画質設定_3_高

Rainbow Six Siege 画質設定_4_中

Rainbow Six Siege 画質設定_5_低

 

ちょっと分かりづらいので、特に、目立つ部分を拡大してみましょう。

最高超高
Rainbow Six Siege 画質設定_1_最高_車・影Rainbow Six Siege 画質設定_2_超高_車・影Rainbow Six Siege 画質設定_3_高_車・影Rainbow Six Siege 画質設定_4_中_車・影Rainbow Six Siege 画質設定_5_低_車・影
Rainbow Six Siege 画質設定_1_最高_地面Rainbow Six Siege 画質設定_2_超高_地面Rainbow Six Siege 画質設定_3_高_地面Rainbow Six Siege 画質設定_4_中_地面Rainbow Six Siege 画質設定_5_低_地面
Rainbow Six Siege 画質設定_1_最高_扉・植物Rainbow Six Siege 画質設定_2_超高_扉・植物Rainbow Six Siege 画質設定_3_高_扉・植物Rainbow Six Siege 画質設定_4_中_扉・植物Rainbow Six Siege 画質設定_5_低_扉・植物

1枚目の車の画像では、低画質だとかなりのっぺりとしたテクスチャで詳細がほぼ描かれておらず、車の影もぼやっと広がっている印象です。

高画質から、この辺りが気にならなくなるレベルかなと思います。

 

2枚目の地面の画像では、低画質だと砂部分が最低限しか描写されていません。さらっとした感じですね。

他の画質だと、もっと砂があってじゃりじゃり感のありそうなテクスチャとなっています。

 

3枚目の画像では、植物のリアルさが違いますね。

 

総合的に見ると、高画質以上であればOKだが、低画質はかなり粗っぽいので避けたいところ。

ケンさん

個人的には、最低でも高画質は欲しいかな

 

ベンチマークスコアの評価

Rainbow Six Siege ベンチマーク結果

Rainbow Six Siegeのベンチマークでは、スコアや大雑把に”すごく快適”というような結果ではなく、具体的な数値を出してくれます。

  • 平均、最小、最大FPS
  • CPU, GPU, VRAM, RAMの負荷
  • CPU, GPUのレンダリング速度

FPSだけでなく、リソースの負荷やレンダリング速度も分かるのは、今までしてきたゲームベンチマークの中では、かなり詳しいですね。

 

この中で重要なデータは、平均FPS、最小FPSの2つですね。

平均FPSはゲーム全体を通してどの程度のFPSが出ているのか、最小FPSは高負荷時のFPSが落ちやすい時でもどの程度のFPSが出ているのか確認することができます。

 

基本的に60FPSを超えていれば快適と判断できますが、シューティングゲームのような動きの激しいゲームの場合は、120FPSを1つの目安と考えても良いでしょう。

120FPSの場合は、早く反応できるようになり、射撃の精度が上がる人もいるようですね。

 

ただ、モニターが120Hz以上のものを用意する必要があるので、そこだけは忘れないようにしましょう。

 

敵が多かったり、銃撃戦や爆破シーンであったり、負荷の高いシーンでは一時的にFPSが低くなってしまうので、そういうシーンでも快適にプレイしたい方は、最小FPSを基準に考えると良いでしょう。

 

 

Rainbow Six SiegeのGPU別ベンチマーク結果

ベンチマークは、GPU別にFHD(1,920×1,080)解像度、次のグラフィック設定で計測しています。

  • 最高
  • 超高

ベンチマークスコアは、実機をお借りして計測したものを集計し、GPU別に平均した値となります。

 

未検証のGPUに関しては、3DMarkのグラフィックスコアを掲載しておくので、大まかの比較はできると思います。

また、必要動作環境と推奨動作環境のGPU性能も比較できるようグラフに含めています。

 

各項目の左が平均FPS、右が最小FPSです。

GPU3DMark最高超高
RTX 3090
19940
-----
RTX 3080 Ti
19583
-----
RTX 3080
17676
-----
RTX 3070 Ti
14524
428 / 339427 / 341430 / 342465 / 353530 / 411
RTX 3070
13392
-----
Radeon RX 6700 XT
11788
-----
RTX 3060 Ti
10950
-----
RTX 3060
8230
339 / 271337 / 266342 / 272387 / 309446 / 347
GTX 1660 Ti
6360
-----
RTX 3050
6124
294 / 241295 / 237297 / 240340 / 276383 / 285
GTX 1660 SUPER
5923
242 / 189243 / 191244 / 198277 / 221312 / 246
GTX 1660
5444
-----
RTX 3050 Ti
5241
-----
GTX 1650 SUPER
4519
-----
GTX 1650 Ti
3577
115 / 74119 / 79120 / 70126 / 71149 / 89
GTX 1650
3291
-----
推奨動作環境相当
1840
-----
Intel Iris Xe グラフィックス
1511
-----
MX250
1189
-----
Radeon Vega 8 グラフィックス
601
-----
Intel UHD グラフィックス
338
-----
必要動作環境相当
270
-----
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

最近のGPUは性能が高いので、グラフィックボードの中でも性能が低めな「GTX 1650 Ti」であれば、最高画質設定でも平均70FPSを超えます。

 

GTX 1650 Tiは、エントリーモデルのゲーミングPC向けに搭載されていますね。

価格の相場としては、大体10~13万円ぐらいで、ゲーミングPCとしては低価格な部類ですね。

 

Rainbow Six Siegeをプレイする分には問題ないですが、個人的には、ワンランク上のGTX 1660 SUPERがおすすめです。

 

GTX 1650 Tiだと、重めの3Dゲームを標準画質設定でプレイした時に、平均60FPSを超えないことが多いです。

画質を落とせば超えるゲームもありますが、せっかく新しくゲーミングPCを買うなら綺麗に遊びたいですよね。

 

GTX 1660 SUPERであれば、Rainbow Six Siegeであれば120FPSを超えますし、重い3Dゲームでも平均60FPSを大体超えてくるので、遊べるゲームの幅がグッと広がります。

+2~3万円ぐらいの相場感で探すことができるので、絶対こっちの方がおすすめですね。

 

おすすめとしては、次のような感じですね。

Rainbow Six Siegeで60FPSを狙う

⇒ GTX 1650 Ti

 

Rainbow Six Siegeを120FPS、他の重めの3Dゲームまで幅広く遊びたい

⇒ GTX 1660 SUPER

ケンさん

目的別に最低限の欲しいグラボやから、これ以上でもOKやで!

 

Rainbow Six SiegeにおすすめなPC

今まで実機レビューしてきたPCの中で、画質設定:最高で、平均60FPS以上出るものを紹介します。

 

まだ、Rainbow Six Siegeを計測し始めたばかりなので台数は少ないのですが、3DMarkのグラフィックスコアから60FPS以上でると思われるPCも含めています。

3DMarkのグラフィックスコアの高い順に並べており、一番下のPCで最高画質 60FPS程度でているので、それ以上のスコアがあるPCであれば快適に遊べると思います。

 

各項目の左が平均FPS、右が最小FPSです。

画像モデル名・スペック・3DMark最高超高
GALLERIA ZA7C-R37T
Core i7-12700K
RTX 3070 Ti
14524
428 / 339427 / 341430 / 342465 / 353530 / 411
GALLERIA XA7R-67XT 3700X
Ryzen 7 3700X
Radeon RX 6700 XT
11788
-----
GALLERIA RM5C-R36T
Core i5-11400
RTX 3060 Ti
10950
-----
G-Tune EN-Z
Core i7-12700K
RTX 3060
8624
339 / 271337 / 266342 / 272387 / 309446 / 347
GALLERIA RM5R-R36
Ryzen 5 3600
RTX 3060
8598
-----
GALLERIA UL7C-R36
Core i7-11800H
RTX 3060
8280
-----
G-Tune E5-165
Core i7-11800H
RTX 3060
8000
-----
GALLERIA XL7C-R36
Core i7-10875H
RTX 3060
7649
-----
GALLERIA RM5C-R35
Core i5-12400
RTX 3050
6124
294 / 241295 / 237297 / 240340 / 276383 / 285
GALLERIA RM5C-G60S
Core i5-12400
GTX 1660 SUPER
5738
242 / 189243 / 191244 / 198277 / 221312 / 246
GALLERIA RL5C-R35T
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5241
-----
XPS 15(9500)
Core i7-10875H
GTX 1650 Ti
3610
115 / 74119 / 79120 / 70126 / 71149 / 89
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

 

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です