MENU

カテゴリー

最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【2020年】30万円以下のおすすめノートパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

30万円以内でノートパソコンを探しているけど、どんな使用用途(動画編集、3Dゲームなど)に使えるの?

 

この価格帯のスペックの目安ってどのくらいなの?

 

何かお得になるセール情報ってないの?

と思っている方に向けて、スペックの目安、使用用途などについて、セール情報と共に解説していきます。

 

 

30万円以下ノートパソコンの目安スペック

30万円以下となると、CPU、GPU共にハイエンドクラスのものを搭載することができます。

高性能なグラフィックボードを搭載できるようになるので、重めの3Dゲームなんかもノートパソコンでできるようになりますね。

 

スペックの目安としては、大体次のようになりますね。

 

目安スペック 

パーツスペック
CPUIntel Core i7, i9
メモリ16GB
GPUCPU内蔵グラフィック
GeForce RTX 2070
SSD512GB
HDD

各パーツで、結構幅がありますが大体このくらいのスペック感となりますね。

 

CPUは、Intel Core i7, i9とハイエンドなものを搭載することができるので、クリエイティブな用途やゲームなどの高負荷な用途でもサクサク動作します。

 

また、メモリも16GBがベースとなってくるので、メモリを多く消費しがちなクリエイティブな用途でも対応できますね。

 

グラフィクボードに関しては、搭載しているノートパソコンであれば、GeForce RTX 2070と高性能な部類のものになってくるので、重めな3Dゲームでも十分快適に楽しむことができるでしょう。

 

30万円以下ノートパソコンの使用用途

では、上で紹介したスペックで、どんな使用用途としてノートパソコンを使うことができるのか解説していきます。

使用用途ごとに、どの程度動作するかの目安を「◎、、△、×」で評価していきます。

 

自分の使おうと思っているものだけを見ればオッケーです!

 

スペックの判断基準は、次の通りです。

◎ = 快適に問題なく動作

〇 = 基本的に動作するが、一部性能不足を感じることもある。

△ = 初心者や軽めにしかやらない方は良いが、本格的にやる分にはちょっと性能不足。

× = 動作しない。動作しても確実にカクついてストレスになる。

※使用用途のリンクは、各用途の目安スペック、PCパーツなどを解説しています。

 

ライトユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
Web閲覧、動画視聴快適に動作する。
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
快適に動作する。
ブログ執筆快適に動作する。

 

クリエイティブユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
画像編集快適に動作する。
動画編集快適に動作する。
※必要に応じてHDDなど追加しておこう
プログラミング快適に動作する。
3DCG・モデリング快適に動作する。

 

ベビーユーザー向けの使用用途

使用用途スペック解説
ゲーム快適に動作する。
ハイエンドなグラフィックボードを搭載できるので、高いグラフィック性能を要求される3Dゲームでも問題なし。
トレード
(株/FX/仮想通貨)
問題なく動作する。
グラフィクボードを搭載しているので、デイトレード向けに他画面環境の構築も可能。
データ分析・AI学習CPU、GPU共にハイエンドなので、データ数が多い場合でも、ある程度の速さで分析・学習ができる。
本格的な動作環境としても十分と言えるが、場合によってはメモリは32GBの方が良いかも。

 

予算がちょっと足りないという方は、スマホの分割払いと同じように、BTOパソコンも、分割払いで購入することができるので、ぜひ検討してみて下さい。

一番避けたいのが、予算オーバーで無理に価格を下げて、性能が足りずにやりたかったことができない…ということですね。

 

しかし、分割回数にもよりますが、分割金利手数料は意外と高いので、手数料が無料のキャンペーンを活用して購入しましょう!

割と色々なBTOメーカーが長期間実施しているので、ほぼ確実に利用できると思います。

 

30万円以下ノートパソコンの比較

では、30万円以下で買えるおすすめのノートパソコンを3つ紹介します。

ひとまず、スペックが比較できるように3つ並べて、その後、各BTOメーカーのセール情報と共に、1つ1つ解説していきます。

 

スペック表

メーカーMicrosofticonマウスコンピューターiconフロンティア
モデルSurface Pro 7iconNEXTGEAR-NOTE i5751SA1iconZNシリーズ(HM370) おすすめ構成 A
OSWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-1065G7
4コア/8スレッド 1.3GHz(最大3.9GHz)
Intel Core i7-9750H
6コア/12スレッド 2.6GHz(最大4.5GHz)
Intel Core i9-9980HK
8コア/16スレッド 2.4GHz(最大5.0GHz)
メモリ16GB16GB16GB
GPUIntel Iris Plus GraphicsNVIDIA Geforce RTX 2070NVIDIA Geforce RTX 2070
SSD512GB512GB NVMe512GB NVMe
HDD---
電源ユニット---
参考価格247,280円(税込)
(2020/04/17現在)
239,800円(税別)
(2020/04/17現在)
235,800円(税別)
(2020/04/17現在)

1つ目と2,3つ目で、スペックに幅がありますが、選ぶ基準なら

持ち運び易さ、使いやすさ重視

⇒ Microsoft:Surface Pro 7

 

性能重視

⇒ マウスコンピューター:NEXTGEAR-NOTE i5751SA1

フロンティア:ZNシリーズ(HM370) おすすめ構成 A

という感じですね。

 

Surface Pro 7は、グラフィクボードを搭載していません(CPU内蔵グラフィックス)が、その分、コンパクトで1kg未満という軽量で、毎日持ち運んで使うという方向けですね。

グラフィックボードがない分コンパクトで、持ち運び易さであったり、使いやすさであったり性能面以外の部分で魅力のある製品となっています。

 

では、1つ1つ簡単に解説していきます。

 

 

おすすめの30万円以下ノートパソコン

30万円以下で購入できるノートパソコンを紹介していきます。

 

紹介するのは次の3つですね。

  • コンパクト・マグネシウム合金で高級感のあるMicrosoft製「Surface Pro 7」
  • マウスコンピューターのゲーミングブランドであるG-Tuneの「NEXTGEAR-NOTE i5751SA1」
  • コスパの高いBTOメーカーであるフロンティアのノートPC「ZNシリーズ(HM370) おすすめ構成 A」

 

コンパクト・マグネシウム合金で高級感のあるMicrosoft製「Surface Pro 7」

メーカー:Microsofticon
製品名:Surface Pro 7icon
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-1065G7
4コア/8スレッド 1.3GHz(最大3.9GHz)
メモリ16GB
GPUIntel Iris Plus Graphics
SSD512GB
HDD-
電源ユニット-
参考価格247,280円(税込)
(2020/04/17現在)

 

スペックを見てみると

  • CPU:Intel Core i7
  • GPU:なし(CPU内蔵グラフィックス)

ということで、他の2つと比較すると正直、見劣りしてしまいます。

 

CPU、メモリ、SSDに関しては、いくつか自分の好みでカスタマイズすることができます。

しかし、GPUに関しては全く変更できず、CPU内蔵グラフィックスのみとなるので、グラフィック性能が必要なゲームなどに関しては向いていないです。

 

そのため、

  • ビジネス用途
  • ブログ執筆
  • プログラミング
  • 動画編集

などグラフィック性能があまり要らない用途向きと言えますね。

 

動画編集に関しては、FHDの10分程度の動画を編集する分には問題なしですが、エフェクトやテロップなどをたくさん追加するような編集だと少し重くなりますね。

 

しかし、

  • コンパクトさ
  • 持ち運び易さ
  • 使いやすさ

と言った性能面以外のところでは、群を抜いている製品と言えます。

 

私は、Surface Pro 6(※)を使っているのですが、外出先のカフェなどで作業するということが多いです。

 

重量は、Surface Pro本体とタイプカバーを合わせても約1.1kg程度と軽量で、毎日の持ち運びでも非常に楽ですね。

リュックに入れて持ち運んでいるのですが、サイズ感、重量ともに小さいので、全くストレスなく持ち運べるので最高です。

※Pro 6は、Pro 7とほぼ同じのサイズ、スペックです。

 

まとめると

  • ビジネス用途、ブログ執筆、プログラミングなどのグラフィック性能が必要のない用途
  • 毎日持って移動するため、軽々、ストレスなく持ち運びたい

という方におすすめですね。

 

Microsftのおすすめセール情報
現在、おすすめのセールはありません。
他のメーカーのセール情報を確認する。
Microsftで確認する

 

マウスコンピューターのゲーミングブランドであるG-Tuneの「NEXTGEAR-NOTE i5751SA1」

基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-9750H
6コア/12スレッド 2.6GHz(最大4.5GHz)
メモリ16GB
GPUNVIDIA Geforce RTX 2070
SSD512GB NVMe
HDD-
電源ユニット-
参考価格239,800円(税別)
(2020/04/17現在)

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド:G-Tuneから出ているゲーミングノートPCですね。

天板部分の「G-Tune」というロゴが特徴的でカッコいいですね。

 

スペック的には、CPU、メモリ、SSD、グラフィックボードとどれをとっても高いですね。

ゲーミングノートPCですが、メモリ容量も大きいので、動画編集、3Dモデリングなどのクリエイティブ用途としても使えますね。

 

15.6インチの画面ということで、大きな画面で作業できますが、本体サイズがどうしても大きくなり、重量約が2.5kgということで、毎日持ち運んで使うには不向きなサイズ感です。

たまに、持っていくとか、自宅内で移動するケースが多いという場合には、このサイズでもOKですね。

 

解像度が、4K(3840 x 2160)で、光沢のあるグレア液晶ということで、高画質な動画を綺麗に映して視聴したいという方にはおすすめですね。

 

マウスコンピューターは、口コミの評価が高く、安心して利用できるメーカーなので、初心者の方にもおすすめですね。

≫ 関連記事:BTOメーカー【マウスコンピューター】を徹底解説!評価が高く初心者向き

 

マウスコンピューターのおすすめセール情報
最大6万円OFFの夏トクセール!大特価です
分割払い金利手数料無料キャンペーン約4万の手数料が無料に!(分割回数で異なる)
マウスコンピューターで確認するicon

 

コスパの高いBTOメーカーであるフロンティアのノートPC「ZNシリーズ(HM370) おすすめ構成 A」

メーカー:フロンティア
基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i9-9980HK
8コア/16スレッド 2.4GHz(最大5.0GHz)
メモリ16GB
GPUNVIDIA Geforce RTX 2070
SSD512GB NVMe
HDD-
電源ユニット-
参考価格235,800円(税別)
(2020/04/17現在)

フロンティアから出ているRTXシリーズのグラフィックボードを搭載しているゲーミングノートPCですね。

 

スペック的には、2つ目のノートPCと大体一緒ですが、CPUが違います。

コンシューマー向けの最上位CPUであるIntel Core i9を搭載しており、さらにパワーアップしていますね。

 

液晶サイズは、15.6インチと2つ目と同じですが、解像度がFHD(1920 x 1080)で、非光沢のノングレア液晶という違いがあります。

非光沢ということで、光の反射を抑えた液晶なので、長時間画面を見ても目が疲れにくいという特徴があります。

 

他に、本体・画面サイズ、重量についても大体一緒ですね。

 

スペック的には、CPU、メモリ、SSD、グラフィックボードとどれをとっても高いですね。

ゲーミングノートPCですが、メモリ容量も大きいので、動画編集、3Dモデリングなどのクリエイティブ用途としても使えますね。

 

15.6インチの画面ということで、大きな画面で作業できますが、本体サイズがどうしても大きくなり、重量約が2.6kgということで、毎日持ち運んで使うには不向きなサイズ感です。

たまに、持っていくとか、自宅内で移動するケースが多いという場合には、このサイズ感でもOKですね。

 

全体的にコスパの高いメーカーで、セール中は大幅に値引きされることが多く、さらにコスパが高くなります。

≫ 関連記事:BTOメーカー【フロンティア】を徹底解説!セール時の価格はコスパ最強

 

フロンティアのおすすめセール情報
半期決算セール!最大約6万8000円引き・25%OFFの大幅値引き
スーパーサマーセール!コスパ最強のフロンティアのセール
メモリ無償アップグレードキャンペーン(16GB ⇒ 32GBへ)
フロンティアで確認する

 

 

まとめ:グラフィックボード搭載で3Dゲームやクリエイティブ用途向け

30万円以内のノートパソコンとなれば、CPU、GPU共にハイエンドなものを搭載することができます。

 

ただ、Surface Pro のように、グラフィックボードなしで、コンパクトさや持ち運び易さなどに重点を置いたものもあるので、この辺りに関しては、どのようにパソコンを使うかで変わってきますね。

 

デスクトップであれば、基本的に、性能と価格を中心に選べば良いですが、ノートパソコンの場合は、性能と価格に加えて、持ち運び易さも入れて考える必要があります。

そのため、ノートパソコンを

  • どんな用途で使うのか
  • どのくらいの頻度で持ち運ぶのか(あるいは持ち運ばない)

を基準に決めると良いですね。

 

スペック表

メーカーMicrosofticonマウスコンピューターiconフロンティア
モデルSurface Pro 7iconNEXTGEAR-NOTE i5751SA1iconZNシリーズ(HM370) おすすめ構成 A
OSWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-1065G7
4コア/8スレッド 1.3GHz(最大3.9GHz)
Intel Core i7-9750H
6コア/12スレッド 2.6GHz(最大4.5GHz)
Intel Core i9-9980HK
8コア/16スレッド 2.4GHz(最大5.0GHz)
メモリ16GB16GB16GB
GPUIntel Iris Plus GraphicsNVIDIA Geforce RTX 2070NVIDIA Geforce RTX 2070
SSD512GB512GB NVMe512GB NVMe
HDD---
電源ユニット---
参考価格247,280円(税込)
(2020/04/17現在)
239,800円(税別)
(2020/04/17現在)
235,800円(税別)
(2020/04/17現在)

 

Microsftのおすすめセール情報
現在、おすすめのセールはありません。
他のメーカーのセール情報を確認する。
Microsftで確認する

 

マウスコンピューターのおすすめセール情報
最大6万円OFFの夏トクセール!大特価です
分割払い金利手数料無料キャンペーン約4万の手数料が無料に!(分割回数で異なる)
マウスコンピューターで確認するicon

 

フロンティアのおすすめセール情報
半期決算セール!最大約6万8000円引き・25%OFFの大幅値引き
スーパーサマーセール!コスパ最強のフロンティアのセール
メモリ無償アップグレードキャンペーン(16GB ⇒ 32GBへ)
フロンティアで確認する

 

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です