最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

FortniteのベンチマークとおすすめPC

Fortnite

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Fortniteは、Epic Games社が開発したサードパーソン・シューティングゲーム(TPS)で、同時接続プレイヤーが1000万人を超えたこともある人気のあるゲームです。

 

プレイヤー vs プレイヤーとなるバトルロイヤルモードでは、生き残りを賭けて、100人もの大人数のプレイヤーが同じフィールドで戦います。

多数の武器や乗り物、資材調達や建築を駆使して、狙い・狙われる緊張感のあるバトルには、同接1000万人を超えるだけの魅力がありますね。

 

おすすめのPCは次の通りです。

モデル名おすすめな方CPUメモリGPUストレージ画面サイズ価格
高コスパのエントリー向けゲーミングデスクトップPCIntel Core i5-1240016GBGeForce GTX 1660 SUPERSSD 500GB NVMe-14万円台~
高FPSもOKなゲーマー向けゲーミングデスクトップPCIntel Core i5-1240016GBGeForce RTX 3060 TiSSD 500GB NVMe-18万円台~
デザイン重視向けのゲーミングデスクトップPCIntel Core i5-12400F16GBGeForce RTX 3060 TiSSD 500GB NVMe-19万円台~
高コスパのエントリー向けノートPCAMD Ryzen 7 5800H16GBGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUSSD 1TB NVMe15.614万円台~

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

Fortniteのベンチマーク

Fortniteをプレイするための動作環境やグラフィック設定、ベンチマークスコアの評価などを解説します。

 

必要・推奨動作環境

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7/8/10 64-bit
Mac OS Mojave 10.14.6
Windows 10 64-bit
CPUIntel Core i3-3225 (3.3GHz)Intel Core i5-7300U (3.5GHz)
AMD Ryzen 3 3300U
または同等のプロセッサ
メモリ4GB8GB以上
GPUIntel HD グラフィックス 4000
Intel Iris Pro グラフィックス 5200
NVIDIA GeForce GTX 960
AMD R9 280
または同等のDX11対応GPU
ストレージ

推奨動作環境のスペックは、最近のエントリーモデルのゲーミングPCと比較しても、それほど高い性能ではありません。

かろうじて、ノートPCで見かけるGTX 1650 TiがGTX 960に近く、少し高いぐらいの性能です。

 

詳細は、後程FortniteのGPU別ベンチマーク結果で動作環境のGPUも含めて、グラフにまとめているので確認してください。

 

最近のエントリーモデルのゲーミングPCであれば、最低でもCPU:Intel Core i5, メモリ:16GBあるので大丈夫です。

最低でもGTX 1650 Tiレベルのものは搭載されているので、推奨動作環境はゲーミングPCの中から選べばひとまずクリアできますね。

 

ストレージについては記載がないのですが、実際にインストール、アップデートなども反映させた状態で確認すると約40GBでした。

ゲーミングPCの標準的な512GBでも十分余裕はありますが、他のゲームも色々楽しみたい方は、それらのゲームの容量も考えた上で、512GBのままで良いのか、それとも、1TB, 2TBにアップグレードした方が良いのか検討しましょう!

 

ベンチマークのダウンロード

Fortniteは、公式からのベンチマークの配布はないので、代わりに3DMarkというベンチマークソフトで計測します。

3DMarkは、グラフィック性能を計測するベンチマークソフトですが、グラフィックのスコア以外にも、Fortniteを含む5つのゲームのFPSを算出してくれるので、その数値を参考にします。

 

3DMarkは無料で配布されているベンチマークソフトなので、自分のPCと当サイトの結果を比較して、PCの買い替え検討の参考にしたい方は、下記からダウンロードして試してみて下さい

Fortnite 3DMark Advanced Edition 結果画面1

3DMarkのダウンロード

 

3DMarkではなく、Fortniteを実行してFPSを計測した方が確実じゃないの?と思われるかもしれませんが、正直その通りです。

3DMarkで計測するのは、ベンチマーク計測する側の事情で以下のような理由があります。

  • お借りする実機PCのストレージ容量が基本512GBで、既に他のゲームを多数インストールしている状況では厳しく、ベンチマーク後にアンインストールして再度別のゲームをインストールするという時間的コストが大きいので避けたい。
  • 5つのゲームの平均FPSを一括算出してくれるのは時間的コストを大幅に削減してくれる。
  • 60FPS, 120FPSの快適となる基準を超えるかどうかを重要視しており、各ゲームを実行して厳密に何FPSというのは、時間的コストを払ってまで重要視しようとは今のところ思っていない。

今後この方針は変わるかもしれないですが、現状はこの点についてご理解いただいた上で、ベンチマーク結果を見て頂ければと思います。

 

グラフィック設定

Fortniteには、クオリティプリセットが設けられており、次の4つが用意されています。

  • 最高

クオリティプリセットは、描画距離、影、テクスチャ、アンチエイリアスなどの細かい項目を一括で設定することができます。

これらの設定に加えて、1つ1つ細かく設定してカスタムすることも可能です。

 

設定項目は次の通りです。

Fortnite グラフィック設定1Fortnite グラフィック設定2

 

クオリティプリセット毎の画質の違いはこんな感じです。

最高

 Fortnite 画質設定_1_最高

Fortnite 画質設定_2_高

Fortnite 画質設定_3_中

Fortnite 画質設定_4_低

 

ちょっと分かりづらいので、特に、目立つ部分を拡大してみましょう。

最高
Fortnite 画質設定_1_最高_人Fortnite 画質設定_2_高_人Fortnite 画質設定_3_中_人Fortnite 画質設定_4_低_人
Fortnite 画質設定_1_最高_建物・木Fortnite 画質設定_2_高_建物・木Fortnite 画質設定_3_中_建物・木Fortnite 画質設定_4_低_建物・木
Fortnite 画質設定_1_最高_背景Fortnite 画質設定_2_高_背景Fortnite 画質設定_3_中_背景Fortnite 画質設定_4_低_背景

クオリティプリセットが”中”、”低”に下がってくるにつれて、全体的にぼやけるような描写になりますね。

 

実際にプレイしてみると”最高”・”高”は違和感なく、”中”も少し画質が落ちたなとは感じつつも普通にプレイできます。

ただ、“低”になると自分はちょっとプレイに集中できなかったですね。

 

背景がぼやけるのはまだいいのですが、近くのプレイヤーや建物もぼやけるのはプレイしづらかったですね。

ケンさん

最低でも”中”は必要やな

 

ベンチマークスコアの評価

Fortnite 3DMark Advanced Edition 結果画面2

3DMarkのベンチマーク計測後は、このような結果画面になります。

中央あたりのゲームタイトルが書かれている部分を切り替えることで、Fortniteの平均FPSが分かります。

 

ゲーム毎に、1440p(WQHD)・1080p(FHD)の解像度で、グラフィック設定が最高画質で計測した時の平均FPSを5FPS刻みで算出してくれます。

この数値は、3DMarkを出しているUL Benchmarksが毎年、何百ものPCシステムをテストした結果を元に推定しています。

 

3DMarkのゲームのFPS計測に関する詳細は、公式ページ(英語)を参考にして下さい。

 

 

FortniteのGPU別ベンチマーク結果

ベンチマークスコアは、実機をお借りして計測したものを集計し、GPU別に平均した値となります。

 

未検証のGPUに関しては、3DMarkのグラフィックスコアを掲載しておくので、大まかの比較はできると思います。

また、必要動作環境と推奨動作環境のGPU性能も比較できるようグラフに含めています。

 

各項目の左がFHDの平均FPS、右がWQHDの平均FPSです。

GPU3DMark1080p/1440p (最高画質)
RTX 3090
19940
-
RTX 3080 Ti
19583
-
RTX 3080
17676
-
RTX 3070 Ti
14524
165 / 115
RTX 3070
13392
203 / 143
Radeon RX 6700 XT
11788
165 / 120
RTX 3060 Ti
11046
143 / 100
RTX 3060
8116
112 / 78
GTX 1660 Ti
6360
-
RTX 3050
6124
80 / 50
GTX 1660 SUPER
5923
80 / 55
GTX 1660
5444
-
RTX 3050 Ti
5241
75 / 60
GTX 1650 SUPER
4519
65 / 50
GTX 1650 Ti
3577
53 / 35
GTX 1650
3291
55 / 30
推奨動作環境相当
2083
-
Intel Iris Xe グラフィックス
1511
30 / 30
MX250
1189
-
Radeon Vega 8 グラフィックス
601
-
Intel UHD グラフィックス
338
20 / 20
必要動作環境相当
284
-
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

3DMarkだと最高グラフィックでの平均FPSですが、実際にFortniteで計測したところ、”最高”で65FPS程度、”中”で150FPS程度出ていたので画質設定でかなりFPSは変わりますね。

“中”程度の画質でも良いのであれば、GTX 1650の60FPSを下回っているものでも、120FPS程度は出るんじゃないかなと思います。

 

GTX 1650 (Ti, SUPER)あたりでも”中”画質ならOKですが、”高”, “最高”で楽しみたいのであれば、GTX 1660 SUPERは欲しいところです。

ライトゲーマーやスペックと価格のコスパを優先的に考えたいのであれば、GTX 1660 SUPERがおすすめですね。

 

重めの3Dゲームでも、一部は画質を少し落とす必要はありますが、ほとんど快適にプレイできるので、遊べるゲームの幅がグッと広がります。

それでいて、エントリーモデルのゲーミングPC仕様なので、価格も比較的高くなくコスパの高いです。

 

さらに、高FPS、1440p(WQHD)などの高解像度、グラフィック設定を最高で快適を狙うなら、RTX 3060ぐらいが必要になってきますね。

 

おすすめとしては、次のような感じですね。

Fortniteができる上、ゲームの幅をグッと広げたい

⇒ GTX 1660 SUPER

 

高FPS、高解像度、グラフィック設定最高で遊びたい場合

⇒ RTX 3060

 

FortniteにおすすめなPC

Fortniteを快適にプレイするための、おすすめのゲーミングPCを紹介します。

3Dゲームを中心に解説していますが、2Dゲームやブラウザゲームも問題なく楽しめるので安心して下さい。

 

では、1つ1つ簡単に解説していきます。

 

【高コスパ】エントリー向けのゲーミングデスクトップPC「GALLERIA RM5C-G60S」

モデル名GALLERIA RM5C-G60S
メーカー:ドスパラ
CPU:Intel Core i5-12400
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER (6GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:未対応 (オプション)
価格14万円台~ (2022/09/01更新)
ミニタワー
CPUスコア
20011
GPUスコア
12760
ミドルレンジCPU, GPUでバランスの取れたライトゲーマー向けのゲーミングデスクトップPCです。

本ゲームはもちろん、他の軽い~普通の3Dゲームが高画質で快適で、重めの3Dゲームも画質設定を普通程度にすれば快適なグラフィック性能。

14万円台の価格のわりには幅広いゲームができ、コスパが高いです。

また、ゲーム以外にも幅広い用途でそこそこ使えるスペックとなっています。
 

【性能高め】ゲーマー向けのゲーミングデスクトップPC「GALLERIA RM5C-R36T」

モデル名GALLERIA RM5C-R36T
メーカー:ドスパラ
CPU:Intel Core i5-12400
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3060 Ti (8GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:未対応 (オプション)
価格18万円台~ (2022/09/01更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
20011
GPUスコア
19704
ミドルレンジの中でも性能の高めなGPUを搭載して、少し性能重視にしたゲーマー向けのゲーミングデスクトップPCです。

本ゲームはもちろん、重めの3ゲームまで高画質で快適なので、ほぼ全てのゲームで問題なく遊べるでしょう。
また、ゲームによっては画質設定を落として高FPSで有利にプレイすることもできます。

ゲーム以外にも動画編集などの高負荷用途でも使える性能となっています。
 

【デザイン重視】オシャレなPCケースで作業やゲームをしたい方向けのPC『ZEFT G24DRH』

モデル名ZEFT G24DRH
メーカー:SEVEN
CPU:Intel Core i5-12400F
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3060 Ti (8GB)
ストレージ:SSD 500GB NVMe
Office:なし (オプション)
Wi-Fi/Bluetooth:対応
価格19万円台~ (2022/09/06更新)
ミドルタワ―
CPUスコア
19493
GPUスコア
19704
ゲーミングPCを買うならカッコいいやつが良い!とデザイン性を重視する方もいると思います。
そこで、おすすめしたいメーカーがSEVENで約20種類のPCケースから選ぶことができます。

PCは頻繁に買い替えないものなので、性能だけでなくデザイン面も後悔しないようにしましょう!

他にも、PCケースの選択肢が多いメーカーや選び方を解説しているので参考にして下さい。
≫ 関連記事:【約10~30種】PCケースを選べるBTOメーカー3選!【外見重視派必見】

性能は、CPU、メモリ、GPU、ストレージが同じであれば問題ないです。
 

【持ち運びOK】部屋移動や外出先でもOKなノートPC『ASUS Vivobook Pro 15 OLED M6500QE』

メーカー:ASUS
CPU:AMD Ryzen 7 5800H
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU (4GB)
ストレージ:SSD 1TB NVMe
Office:WPS Office 2
Wi-Fi/Bluetooth:対応
価格14万円台~ (2022/09/05更新)
15.6型
2,880×1,620
120Hz

1.8kg
最大8時間駆動
CPUスコア
22005
GPUスコア
8882
ミドルレンジCPU, GPUでバランスの取れたライトゲーマー向けのノートPCです。

1つ目と同様にコスパを重視したモデルで、持ち運びをしたい方向けにノートPCを選びました。

グラフィック性能も同様で、画質設定では重めの3DゲームまでOKです。
 

 

Fortniteの実機ベンチマーク結果

今まで実機レビューしてきたPCの中で、1080pの最高画質で、平均60FPS以上出るものを紹介します。

 

各項目の左がFHDの平均FPS、右がWQHDの平均FPSです。

画像モデル名・スペック・3DMark1080p/1440p (最高画質)
GALLERIA ZA7C-R37T
Core i7-12700K
RTX 3070 Ti
14524
140+ FPS / 140+ FPS
GALLERIA XA7R-67XT 3700X
Ryzen 7 3700X
Radeon RX 6700 XT
11788
140+ FPS / 125+ FPS
GALLERIA RM5C-R36T
Core i5-11400
RTX 3060 Ti
10950
140+ FPS / 115+ FPS
G-Tune EN-Z
Core i7-12700K
RTX 3060
8624
140+ FPS / 95+ FPS
GALLERIA RM5R-R36
Ryzen 5 3600
RTX 3060
8598
140+ FPS / 95+ FPS
GALLERIA UL7C-R36
Core i7-11800H
RTX 3060
8280
140+ FPS / 95+ FPS
G-Tune E5-165
Core i7-11800H
RTX 3060
8000
135+ FPS / 90+ FPS
GALLERIA XL7C-R36
Core i7-10875H
RTX 3060
7649
130+ FPS / 85+ FPS
GALLERIA RM5C-R35
Core i5-12400
RTX 3050
6124
105+ FPS / 75+ FPS
GALLERIA RM5C-G60S
Core i5-12400
GTX 1660 SUPER
5738
100+ FPS / 70+ FPS
GALLERIA RL5C-R35T
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5241
90+ FPS / 65+ FPS
XPS 15(9500)
Core i7-10875H
GTX 1650 Ti
3610
65+ FPS / 50+ FPS
GALLERIA RL5R-G50T
Ryzen 5 4600H
GTX 1650 Ti
3427
65+ FPS / 50+ FPS
Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro ゲーミングエディション
Ryzen 7 5800H
GTX 1650
3291
60+ FPS / 45+ FPS
※3DMarkのグラフィックスコアの降順で掲載していますが、FPS値と同順とは限りません。
※"-"は未計測です。
※ベンチマーク環境下のみの数値であり、ゲーム全編で保証するものではありません。

 

他のゲームのベンチマーク結果も見たい方はこちらも必見!!

≫ 関連記事:【12タイトル】ゲーム別・GPU別にFPSを計測!選ぶべきGPUが丸わかり!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です