BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

ゲーミングPCのメモリ容量はどのくらい必要なのか推奨動作環境から考察

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ゲーミングPCのためのパソコンが欲しいけど、メモリってどのくらいの容量があれば良いの?

という疑問に色々なゲームの推奨動作環境を参考に解説していきます。

 

結論を先に言うと、最低ボーダーラインは8GB, 予算に余裕があれば16GBです。

 

ゲーミングPCにおけるメモリの役割

ゲーミングPCでは、主にゲームから読み込んだゲーム情報、フィールドの情報などをメモリに保存されます。

 

そのため、最低でもそのデータを保存しておけるだけのメモリ容量が必要となってきます。

 

メモリ容量が足りない場合について

もし、メモリの容量が不足してしまうということになれば、ゲームの動作が重くなるか、最悪、ゲームを実行できないということが起きます。

 

メモリ容量が一杯になった時の動作としては、メモリに保存されている優先度の低いデータを一時的にストレージ(HDD/SSD)に退避(移動)させる現象(=スワッピング)が発生します。

退避させたデータがまた必要になった時に、メモリに戻します。

 

その退避処理は、メモリのデータ転送速度と比べて、ストレージのデータ転送速度はかなり遅い(※)ので、時間がかかってしまいます。

この処理の待ち時間が長くなってしまい、他の処理が進まず、最終的にゲームの動作が重くなることに繋がります。

 

そのため、メモリ容量は多くなくても良いので、最低限のボーダーラインを超えるようにしておきましょう。

 

※速いと言われているSSDでもメモリのデータ転送速度と比較するとかなり遅いです。

 

メモリ容量の検証方法について

では、ゲームをする上で、どのくらいのメモリが必要なのか?ということを調べていきます。

 

ゲームに必要なメモリと言っても、特定のゲームで調べてしまうと意味が無いかなと思っています。

ゲーミングPCを購入する前に、「このゲームをプレイするために買う!」というような場合は、そのゲームの動作環境を事前に見て、パソコンのスペックを決めることは必須です。

 

しかし、パソコンを購入した後も「このゲームやってみたいなー」と色々と手を出すことになると思います。

その時に、どのくらいのメモリ容量があれば、どのくらいのゲームをカバーできるかという観点で見るのが大事だと思っています。

 

そのため、色々なゲームの推奨動作環境を調べて、

  • 最低でも何GBのメモリがあれば良いのか
  • メモリ容量ごとに、どのくらいのゲームに対応できるか

というのを調査していきます。

 

 

次に、調査対象となるゲームについてです。

 

ゲームを性能面から見ると、次のような分類ができると考えています。

  • 2Dゲーム
  • 軽めの3Dゲーム
  • 重めの3Dゲーム

 

今回は、3Dゲームを中心に調べていきます。

2Dのゲームは、おそらく3Dゲームができれば問題ありませんからね。

 

3Dゲームの中でも比較的誰でも名前を聞いたことあるんじゃないか?というメジャーどころ10タイトルを対象にしました。

 

 

セール情報バナー

メモリ容量の検証結果について

実際にゲームの動作環境を調査したデータを元に、どのくらいのメモリ容量があれば良いのか解説していきます。

 

どれも3Dゲームなので、ゲームの中でも高スペックが要求される部類のゲームとなります。

 

調べた結果は、次の通りです。

 

ゲームの動作環境表

推奨動作環境 最低動作環境
ゲームタイトル メモリ メモリ
FF15 16GB 8GB
Battlefield V 12GB 8GB
Call of Duty: Black Ops 4 12GB 8GB
FF14 8GB 4GB
モンスターハンター ワールド 8GB 8GB
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 8GB 4GB
PUPG 6GB
ドラゴンクエストX オンライン 4GB 3GB
PSO2 2GB
minecraft 1GB  256MB

※推奨動作環境のメモリの降順で並べています。

 

販売されているパソコンの多くが、メモリは、4GB, 8GB, 16GB, 32GB, 64GBとなっています。

 

この選択肢からメモリ容量を選ぶとなると、8GB、16GBあたりが良さそうですね。

 

メモリ容量が8GBの場合

推奨動作環境で見てみると、7/10タイトルで、8GBあれば動作することが分かりますね。

また、あまりお勧めはしませんが、最低動作環境で見た時には、10/10タイトルで動作します。

 

メモリ容量が16GBの場合

推奨動作環境で見てみると、10/10タイトルで、16GBあれば動作することが分かりますね。

 

 

結論としては、

メモリ容量:8GB ⇒ 7割のゲームをプレイ可能

メモリ容量:16GB ⇒ 10割のゲームをプレイ可能

ということになりますね。

 

最低でも8GBのメモリは搭載しておくとして、後はメモリ容量と予算との兼ね合いですね。

 

大体(約7割)のゲームがプレイできれば良い、その分安く済ませたいという方であれば、メモリ容量は8GBで良いでしょう。

やりたいと思ったゲームをメモリ容量なんかで諦めたくないなーと思う方は、16GBにするべきですね。

 

 

まとめ:メモリは、8GB・16GBは欲しいところ

ゲーミングPCにおけるメモリの役割と何GBのメモリを搭載すれば良いのかを調査してみました。

 

メジャーなゲームを10タイトル分の動作環境を調べたところ、ゲーミングPCの場合は、8GB、16GBあたりは欲しいという結論になりました。

8GBが最低ボーダーラインと言った感じですね。

 

【メモリ容量が8GBの場合】

大体7割程度のゲームをプレイ可能

7割の範囲で遊べるならオッケーで、その分安く済ませたいという方向け。

【メモリ容量が16GBの場合】

全部のゲームをプレイ可能

やりたいと思ったゲームを全てやりたい!メモリ容量なんかで諦めたくない!という方向け。

 

ゲーミングPCについては、価格別・性能別おすすめのゲーミングPCでも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

BTOメーカーでは各社セールを行っているので、上手く活用すればゲーミングPCを安く手に入れることができると思います。最新のセール情報もまとめているので、ぜひチェックを!!



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です