BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

ゲーミングPCのCPUはどのくらいの性能が必要なのか推奨動作環境から考察

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ゲーミングPCのためのパソコンが欲しいけど、CPUってどのくらいの性能が必要なの?

という疑問に色々なゲームの推奨動作環境を参考に解説していきます。

 

結論を先に言うと、最低ボーダーラインは、ベンチマークサイト:PassMarkのスコア基準で1万程度, 予算に余裕があれば1万6000程度です。

 

ゲーミングPCにおけるCPUの役割

ゲーミングPCの場合、CPUの役割は、次の2つです。

  • 映像関連以外の処理(グラフィックボードでは処理できない部分)
  • グラフィックボードの性能を引き出す。

※ゲーミングPCなので、グラフィックボード搭載を前提にしています。

 

ゲームをするためにグラフィクボードの搭載している場合、メインの映像関連の処理はグラフィクボードで行われるので、

  • 「CPUの性能はそれほど要らないんじゃないの?」
  • 「低性能なCPUで問題ないよね?」

と思われるかもしれません。

 

性能が低いCPUとは、インテル Celeron, Pentiumあたりを指しています。

 

しかし、CPUは、グラフィクボードの性能を最大限に引き出すために必要なパーツです。

 

例え高性能なグラフィクボードを搭載していても、CPUの性能が低いグラフィクボードの性能を活かしきれず、FPS(フレームレート)が下がります。

要はバランスが大切ということですね。

 

極端な性能にしてしまうと悪いパーツが足手まといになり、全体のパフォーマンスを著しく下げる場合があるでの、その辺りを考慮して、CPU、メモリ、グラフィックボードの性能をバランスよくする必要があります。

 

 

セール情報バナー

CPU性能の検証方法について

では、ゲームをする上で、どのくらいのCPU性能が必要なのか?ということを調べていきます。

 

ゲームに必要なCPU性能と言っても、特定のゲームで調べてしまうと意味が無いかなと思っています。

ゲーミングPCを購入する前に、「このゲームをプレイするために買う!」というような場合は、そのゲームの動作環境を事前に見て、パソコンのスペックを決めることは必須です。

 

しかし、パソコンを購入した後も「このゲームやってみたいなー」と色々と手を出すことになると思います。

その時に、どのくらいのCPU性能があれば、どのくらいのゲームをカバーできるかという観点で見るのが大事だと思っています。

 

そのため、色々なゲームの推奨動作環境を調べて、

最低でも、どの程度のCPU性能があれば良いのか

CPU性能ごとに、どのくらいのゲームに対応できるか

というのを調査していきます。

 

また、CPUの性能を比較するために、ベンチマークサイト(PassMark)のスコアを利用します。

このスコアを参考にして、他のCPU性能を比較していきます。

 

CPUの型番だけでは、比較できませんからね。

 

次に、調査対象となるゲームについてです。

 

ゲームを性能面から見ると、次のような分類ができると考えています。

  • 2Dゲーム
  • 軽めの3Dゲーム
  • 重めの3Dゲーム

 

今回は、3Dゲームを中心に調べていきます。

2Dのゲームは、おそらく3Dゲームができれば問題ありませんからね。

 

3Dゲームの中でも比較的誰でも名前を聞いたことあるんじゃないか?というメジャーどころ10タイトルを対象にしました。

 

 

CPU性能の検証結果について

実際にゲームの動作環境を調査したデータを元に、どのくらいのCPU性能があれば良いのか解説していきます。

 

どれも3Dゲームなので、ゲームの中でも高スペックが要求される部類のゲームとなります。

 

調べた結果は、次の通りです。

()内は、ベンチマークサイト:PassMarkのスコアを示しています。

 

ゲームの動作環境表

推奨動作環境 最低動作環境
ゲームタイトル CPU CPU
Call of Duty: Black Ops 4 Intel Core i7-8700K(15,963
AMD Ryzen 1800X(15,418
Intel Core i3-4340(5,242
AMD FX-6300(6,389
モンスターハンター ワールド Intel Core i7 3770 3.4GHz(9,278
Intel Core i3 8350K 4GHz(9,220
AMD Ryzen 5 1500X(10,073
Intel Core i5-4460 3.20GHz(6,720
AMD FX-6300(6,389
FF15 Intel Core i7-3770(9,278
AMD FX-8350(8,952
Intel Core i5 2500(6,345
AMD FX-6100(5,389
Battlefield V AMD Ryzen 3 1300X(7,524
Intel Core i7 4790(9,987
AMD FX-8350(8,952
Intel Core i5 6600K(8,061
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE Intel Core i5-2500K(6,476
Ryzen 5 1400(8,369
Intel Core i3-2100(3,691
AMD FX 6300(6,389
FF14 Intel Core i7 3GHz(Core i7-975:6,121 Intel Core i5 2.4GHz(Core i5 650:3,097
PUPG
※必要動作環境のみ
Intel Core i3-4340(5,242
AMD FX-6300(6,389
ドラゴンクエストX オンライン Intel Core i5 2.4GHz(Core i5 650:3,097
AMD A10 3.4GHz(A10-5700 APU:4,213
Intel Core i3 2.0GHz(Core i3-540:2,687
minecraft Intel Pentium D(Pentium D1508:3,813
AMD K8ベース(-)
Intel Pentium 4(Pentium 4410Y:2,050
AMD K7(-)
PSO2
※基準動作環境のみ
Intel Core 2 Duo E6300(1,108

※推奨動作環境の大体のCPUのスコアの降順で並べています。

 

最近のパソコンでよく搭載されているCPUは、

Intelの場合:Core iシリーズの第8世代(8000番台)、第9世代(9000番台)あたり

AMDの場合:Ryzen 第2世代(2000番台)、第3世代(3000番台)あたり

これに該当するCPUの中から、最低のボーダーラインやどの程度のCPU性能があれば良いかというのを調べていきます。

 

CPUスコアが1万程度の場合

推奨動作環境で見てみると、大体1万程度のスコアを持つCPUを選べば、8/10タイトルのゲームがプレイできるということになります。

また、あまりお勧めしませんが、最低動作環境で見た時は、10/10タイトルで動作するようですね。

 

スコアが1万程度のCPUを探してみると

Intel Core i3-9300:10,018(Core i3シリーズは、大体1万前後のスコア)

Intel Core i5-8400:11,649(Core i5シリーズは、大体1万を超えるスコア)

AMD Ryzen 5 3400G:9,930

あたりになってきます。

 

CPUスコアが1万6000程度の場合

推奨動作環境で見てみると、大体1万6000程度のスコアがあれば、10/10タイトルのゲームでプレイできるということになります。

 

スコアが1万6000程度のCPUを探してみると

Intel Core i7-9700:16,233

AMD Ryzen 7 2700X:16,960

あたりになってきます。

 

 

結論としては、

スコア1万程度のCPU     ⇒ 8割のゲームをプレイ可能

スコア1万6000程度のCPU ⇒ 全てのゲームをプレイ可能

ということになりますね。

 

スコアが1万を下回ってくると、できるゲームが減ってくるので、いざプレイしたいとなっても、CPU性能のせいで諦める割合が多くなってくると思います。

 

そのため、最低でもスコア1万程度のCPU性能は欲しいなという感じで、後はCPU性能と予算の兼ね合いですね。

 

大体(約8割)のゲームがプレイできれば良い、その分安く済ませたいという方であれば、CPUは、Core i3シリーズ、AMD Ryzen 3400Gあたりで良いでしょう。

 

やりたいと思ったゲームをメモリ容量なんかで諦めたくないなーと思う方は、Corei i7, i9シリーズ、AMD Ryzen 2700X以上が良いですね。

 

 

まとめ:最低でもスコア1万程度のCPU、余裕があるのならスコア1万6000程度がおすすめ。

ゲーミングPCにおけるCPUの役割とどの程度のCPU性能があれば良いのかを調査してみました。

 

メジャーなゲームを10タイトル分の動作環境を調べたところ、ゲーミングPCの場合は、スコア1万程度のCPUは欲しいという結論になりました。

スコア1万程度が最低ボーダーラインと言った感じですね。

 

【CPUスコアが1万程度の場合】

大体8割程度のゲームをプレイ可能

8割の範囲で遊べるならオッケーで、その分安く済ませたいという方向け。

【CPUスコアが1万6000程度の場合】

全部のゲームをプレイ可能

やりたいと思ったゲームを全てやりたい!CPUの性能なんかで諦めたくない!という方向け。

※スコアは、ベンチマークサイト:PassMarkの値を基準にしています。

 

 

ゲーミングPCについては、価格別・性能別おすすめのゲーミングPCでも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

BTOメーカーでは各社セールを行っているので、上手く活用すればゲーミングPCを安く手に入れることができると思います。最新のセール情報もまとめているので、ぜひチェックを!!



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です