最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

GALLERIA RM5C-R46Tの実機レビュー|最新世代のCPU・GPUで重い3Dゲームまで快適なゲーミングPC

※本ページはアフィリエイト広告が含まれます。

MEMO
本記事の作成にあたり、株式会社サードウェーブ様から機材をお借りしています。
GALLERIA RM5C-R46Tは、最新の14世代CPUのIntel Core i5 14400Fと最新GPUのRTX 4060 Tiを搭載したゲーミングデスクトップPCです。

12ゲームで平均FPSを計測したところ重い3Dゲームでも快適に遊べるレベルなので、ゲームのエントリーユーザーからライトゲーマーの方におすすめしたいモデルです。

価格も約17万円なので、色々な用途で使え、幅広いゲームが快適なことを考えれば十分コストパフォーマンスの高いですね。

 

注目ポイント!
  • 12ゲームで80~320FPSの快適なグラフィック性能
  • 高負荷時でも静音性が高い!
  • 最大36回の分割払いが可能(約1万円の手数料が無料!)

 

では、ドスパラで販売している『GALLERIA RM5C-R46T』の魅力やスペックを実機で徹底的にレビューしていきます。

 

 

この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年以上、40台以上の実機レビュー、様々な用途で使ってきた経験を元に、基礎知識や選び方、用途・価格別のおすすめPCなど、パソコン初心者の方向けに解説。
詳細プロフィール

GALLERIA RM5C-R46Tの注目ポイント

GALLERIA RM5C-R46Tの注目ポイント

GALLERIA RM5C-R46Tの注目ポイントについて詳しく解説してきます。

12ゲームで80~320FPSの快適なグラフィック性能

軽めから重めの12種類の3Dゲームで平均FPSをグラフィック別にベンチマークしたところ、軽い~普通の3Dゲームが平均110~310FPS、重めの3Dゲームでも平均80~170FPSでした。

FHDの最高画質でこの結果なのでそのままで遊ぶこともできますし、シューティングゲームなどでは画質設定を落とすことで、高FPSでより有利に戦うこともできます。

ゲーム別の詳しい平均FPSについては、後程のベンチマークで解説します。

 

普通のゲームなら60FPS、シューティングやレーシング系などの動きの激しいものなら60~120FPSであれば十分快適と言えるので、GALLERIA RM5C-R46Tであれば、十分なスペックと言えますね。

 

ストレージは、標準的なゲーミングPCの512GBのM.2 SSDを搭載しています。

容量はゲームによって様々ですが、512GBあれば3Dゲームを5本ぐらいはインストールできますね。

ゲーム実況などで動画編集もしたい方は、動画を制作する頻度が高いのであれば、1TBや2TBにアップグレードしたいところ。

 

ゲーム別の容量の目安やストレージの種類についても解説しているので参考にして下さい。

≫ 関連記事:ゲーミングPCのおすすめのストレージ容量・種類(SSD/HDD)を解説

 

高負荷時でも静音性が高い!

アイドル時や普段使いの際は当たり前に静かですが、3DゲームやCPU使用率100%などの高負荷時でも静音性が高く優秀です。

そのため、静かな環境で作業したい方、ファンがうるさいと集中力が切れてしまうような音に敏感な方におすすめ。

 

色々な状態で計測してみましたが、ゲームなどの高負荷環境で36dBA前後と静かで、本当にファンが回っているのかと思うほど静かで気にならないレベルでした。

今まで約20台ほどGALLERIAシリーズをレビューしてきましたが、全部この水準なので静音性においても安定感がありますね。

ケンさん

他のメーカーやとCPU使用率100%で60dBAの爆音になるとかあるからな…

 

実際の計測結果については、ファンの静音性で解説します。

 

最大36回の分割払いが可能(約1万円の手数料が無料!)

GALLERIA RM5C-R46Tの価格は約17万円からとゲーミングPCの中では標準的な価格帯ではあるものの、パソコン自体が10万、20万と高額なものなので、一括が難しい方もいらっしゃると思います。

そういう方向けにおすすめなのが手数料”無料”の分割払いで、36回(3年)払いにすると月々4,800円になります。

ケンさん

スマホの分割払いと同じ感じで、これなら手が出しやすいで!

 

通常であれば、分割回数に応じて分割手数料が掛かりますが、ドスパラで分割払いをするとこの手数料が”無料”になります。

例えば、36回払いで5.68%なので、17万円のパソコンで36回払いだと手数料が1万円ほどになります。

これが無料になるので分割してもパソコン本体だけの本来の金額のままなので、一括では厳しい方にはおすすめです。

 

特に、パソコンでプログラミングや動画編集などのスキルを身に付けたいと考えている方であれば、分割払いにすべきでしょう。

お金が貯まるまで待つより、分割払いで早く手に入れて勉強を始めた方が絶対に有益なので、分割手数料が無料であれば分割払いはアリかなと思います。

 

 

 

GALLERIA RM5C-R46Tのスペック

GALLERIA RM5C-R46Tのデザイン全体

GALLERIA RM5C-R46Tのスペックは次の通りです。

製品名GALLERIA RM5C-R46T
CPUIntel Core i5-14400F
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB
ストレージ512GB
サイズ(横)220 x (縦)425 x (奥行)440 mm
重量約14kg
インターフェース【前面】
USB 3.2 Gen1 Type-A x4
【背面】
USB 2.0 ×4
USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
HDMI x1
DisplayPort x3
価格約17万~

※製品仕様や販売価格については、2024/02/02の執筆時点のもので、今後変更される可能性があります。

 

外観

GALLERIA RM5C-R46Tのデザイン全体

フロントの青いLEDが特徴的なミニタワーケースで、専用のソフトをインストールすることでLEDをカスタマイズできます。

ゲーミングPCによくあるLEDがピカピカしているというより、ワンポイントだけの上品な光り方という感じですね。

 

GALLERIA RM5C-R46Tのデザイン1

サイドパネルは、一部暗めのアクリルパネルで内部を見ることができます。

モデルによっては、GPUのロゴやファンなどが光る場合もありますが、GALLERIA RM5C-R46Tでは、CPUクーラーやグラフィックボードにLEDはないみたいです。

 

GALLERIA RM5C-R46Tのデザイン2

サイドパネル前方の青いところが吸気になっています。

吸気口はわりとダサくなりがちな部分ではあるんですが、穴の配置やブランドイメージのカラーを入れることで、オシャレなデザインになってますね。

 

GALLERIA RM5C-R46Tのデザイン3

電源ユニット部分は、下から吸気する際にホコリが入らないようにフィルターが付いています。

パソコンの使用頻度などにもよりますが、最低でも半年から1年に一回ぐらいは掃除しておきたいですね。

 

使用用途別の快適度

GALLERIA RM5C-R46Tの使用用途別の快適度

使用用途別の動作の快適度は、次の通りです。

MEMO
快適度は、Intel Core i5-14400F / 16GB / NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti / 512GBの構成(GALLERIA RM5C-R46T)で確認しています。
使用用途快適度コメント
普段使い
(ウェブ, 動画視聴等)
とても快適
ビジネス用途
(Office, メーラー等)
とても快適
ブログ執筆とても快適
ゲーム最高画質・FHD設定で、軽め・普通の3Dゲームが110~320FPS、
重めの3Dゲームでも80~170FPSと快適

画質調整しつつ、さらに高FPS, 4Kでも可。
画像編集とても快適
動画編集FHD動画しか試してないが、1時間前後の長時間でも快適な編集ができる。
4Kは未検証だが性能的には問題ない。
プログラミングとても快適
トレード
(株/FX/仮想通貨)
とても快適
データ分析・AI学習勉強・検証用レベルであれば十分快適
データやAIの規模にもよるが本番環境としても視野に入れていい。
また、画像生成AIなども時間は少しかかるものの使うことができる。
※使用用途毎の目安スペックやPCパーツの役割などについては、それぞれのリンク内で解説しています。

 

本体サイズ

GALLERIA RM5C-R46Tの正面
GALLERIA RM5C-R46Tの真横
GALLERIA RM5C-R46Tの天板
GALLERIA RM5C-R46Tの背面
実測値公称値
220 mm220 mm
427 mm425 mm
奥行450 mm440 mm

大きさはほぼ公称値通りですが、奥行きに関しては出っ張りを含めて計測したので、1cmほど違いがあります。

電源ケーブルや映像出力ケーブルを接続した時に無理に曲げないようにするために、もう+5cmぐらい奥行を確保できる場所を用意しておきましょう。

ケンさん

近すぎるとケーブルに無理な力がかかって良くないし、排熱も上手く逃げへんから余裕は必要やで!

 

インターフェース

インターフェース周りは次のようになっています。

 

フロント

GALLERIA RM5C-R46Tのインターフェースの前側

USB 3.2 Gen1 Type-A x4
マイク/イヤホンジャック x1

フロントのインターフェースは斜め45度の傾きがあるので、PC本体をデスクの下に置いても、デスクの上に乗せたとしても、USBが挿しやすくていいですね。

 

例えば、フロントの下にUSBや電源ボタンなどがあると、デスク下に置くと手が届かずに使いづらいですし、トップに配置されている場合は、デスクの上に置くとポートが見えず手探りで挿す必要があります。

これに対して本モデルは、どこに置いてもUSBなどが使いやすい位置に来るので、その辺りは考えられていますね。

 

また、フロントのUSBポートが2つが一般的なのに対して、GALLERIAシリーズは4ポートなのでありがたいです。

普段は、マウスやキーボードなど後ろ側に付けると思うので、フロント側は空いているのですが、突発的にUSBを使いたい際に、2ポートだと足りないことがたまにあるので、そういう時に多いと便利ですね。

 

リア

GALLERIA RM5C-R46Tのインターフェースの後側

USB 2.0 ×4
USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
HDMI x1
DisplayPort x3
LANコネクタ x1
PS/2ポート x1
マイク/イヤホンジャック x1

“使用不可”になっている部分にはHDMI、DisplayPort の映像出力端子がありますが、使うことはできません。

 

≫ 関連記事:USB規格(USB 2.0, 3.0, 3.1 Gen1/Gen2)や形状、色、見分け方を徹底解説【画像付き】

 

 

 

GALLERIA RM5C-R46Tのベンチマーク

GALLERIA RM5C-R46Tのベンチマーク

検証機のスペック

製品名GALLERIA RM5C-R46T
CPUIntel Core i5-14400F
10コア/16スレッド
Eコア:1.80GHz(MAX 3.50GHz)
Pコア:2.50Ghz(MAX 4.70GHz)
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti
ストレージ512GB
MEMO
ベンチマーク結果は、パーツ構成、計測する環境・設定、個体差などによって大きく変わる場合があります。

 

GPU性能(ゲーム含む)

12ゲームのFPSを計測したところ、最高画質設定で軽量級・中量級の3Dゲームが110~320FPS程度、重量級のゲームでも80~170FPS程度はでるので、基本的に快適に遊ぶことができます。

シューティングゲームなどの動きの速いゲームをするためにもっと高FPSにしたい場合は、画質設定を少し落とせばOKですね。

GALLERIA RM5C-R46Tの3DMarkのベンチマーク結果

項目スコア
グラフィックスコア13482
グラフィックテスト188.54 FPS
グラフィックテスト276.79 FPS
CPUスコア10791
CPUテスト36.26 FPS
総合スコア12995
※ベンチマークソフト「3DMARK」にて、計測しています。

 

また、3DMarkで算出される各種ゲームのFPSは次の通りです。

ゲーム設定FPS
Battlefield V1440p Ultra125+ FPS
1080p Ultra165+ FPS
Apex Legends1440p Ultra140+ FPS
1080p Ultra140+ FPS
GTA V1440p Ultra85+ FPS
1080p Ultra175+ FPS
Fortnite1440p Ultra70+ FPS
1080p Ultra290+ FPS
Red Dead Redemption 21440p Ultra50+ FPS
1080p Ultra145+ FPS
※FPSは平均値で、3DMarkスコアとゲームテストに基づいた推定値です。
※Ultraはゲームのグラフィック設定が最大を意味します。
※レイトレーシング機能はオフ。
GPU3DMark
RTX 4090
36179
RTX 4080
28127
RTX 4070 Ti
22749
RTX 3090
19940
RTX 3080 Ti
19583
RTX 4070
17868
RTX 3080
17676
RTX 3070 Ti
14524
RTX 3070
13392
RTX 4060 Ti
13482
13372
AMD Radeon RX 6700 XT
11788
RTX 3060 Ti
11046
RTX 4060
10457
RTX 3060
8639
GTX 1660 Ti
6360
RTX 3050
6124
GTX 1660 SUPER
5923
GTX 1660
5444
GTX 1650 SUPER
4519
※スコアは当サイトが計測した平均値
※デスクトップPC向けのみを表示

その他、ゲームのベンチマークでグラフィック性能を確認してみましょう。

 

Rainbow Six Siege(軽い3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのRainbow Six Siegeのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最低FPS最高FPS
最高324.7 FPS248.4 FPS451.9 FPS
とても高い326.4 FPS243.9 FPS450.6 FPS
326.2 FPS247.6 FPS449.7 FPS
333.5 FPS251.4 FPS460.8 FPS
375.1 FPS288.8 FPS512 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

ドラゴンクエストX(軽い3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのDQXのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS評価
最高品質23889215.1 FPSすごく快適
標準品質24062216.8 FPSすごく快適
低品質24616221.8 FPSすごく快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

FF14(中程度の3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのFF14のゲームベンチマーク結果

設定スコア平均FPS最低FPSロード時間
(合計)
評価
最高品質21833159.2 FPS63 FPS11.7 秒非常に快適
高品質22298162.3 FPS67 FPS11.1 秒非常に快適
標準品質25541188.1 FPS72 FPS11 秒非常に快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

PSO2(中程度の3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのPSO2のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS
ウルトラ30929134.5 FPS
46162169.2 FPS
最低49611175.9 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

Far Cry 6(中程度の3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのFar Cry 6のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最低FPS最高FPS
最高109 FPS90 FPS139 FPS
114 FPS96 FPS145 FPS
125 FPS108 FPS160 FPS
135 FPS115 FPS175 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

FF15(重い3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのFF15のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS評価
高品質11928122.3 FPSとても快適
標準品質16387167.8 FPS非常に快適
軽量品質18573190.4 FPS非常に快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

Watch Dogs: Legion(重い3Dゲーム)

GALLERIA RM5C-R46TのWatch Dogs: Legionのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最低FPS最高FPS
最高83.3 FPS23.3 FPS125.1 FPS
とても高い90.1 FPS52.4 FPS125.5 FPS
93.1 FPS50.3 FPS127.1 FPS
100.9 FPS13.3 FPS152 FPS
101 FPS51.8 FPS148.2 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

VR:VRMark

VRゲームのパフォーマンスを計測する『VRMark』のベンチマーク結果です。

PCの映像をVR機器に出力した際のFPS値が分かるので、VRでゲームをプレイしたい方は参考になると思います。

GALLERIA RM5C-R46TのVRMarkのベンチマーク結果

VRMark Orange Room
スコア13998
平均FPS305.2 FPS
推奨構成FPS109 FPS
最低構成FPS81 FPS

 

アプリ実行の総合的パフォーマンス

アプリケーションの実行における総合的なパフォーマンスを計測する『PCMark10』のベンチマーク結果です。

 

カテゴリ別の総合スコアにおいて、どの項目も公式の推奨スコアの2倍以上の性能があります。

クリエイティブ系アプリに関しては、約3.6倍とかなりの高ポイントですね。

 

実際に、いくつかのアプリケーションで作業してみましたが、快適で処理速度やカクツキなどのストレスはありませんでした。

GALLERIA RM5C-R46TのPCMark10のベンチマーク結果

カテゴリ項目スコア
一般的なアプリアプリの起動13736
ビデオ会議7193
ウェブブラウジング10043
総合スコア
(推奨スコア:4100以上)
9974
ビジネス系アプリスプレッドシート作業11868
文書作成7661
総合スコア
(推奨スコア:4500以上)
9535
クリエイティブ系アプリ写真編集17845
動画編集6737
レンダリング16467
総合スコア
(推奨スコア:3450以上)
12556
総合スコア7606

 

カテゴリ別に推奨されるスコアは以下の通りです。

カテゴリ推奨スコア解説
一般的なアプリ4100以上一般的な用途で様々な簡単なタスクをする場合
ビジネス系アプリ4500以上事務作業と軽いメディアコンテンツ作業をする場合
クリエイティブ系アプリ3450以上写真/動画/その他コンテンツの編集をする場合

 

ストレージ性能

ストレージは、SSDの中でも高速なNVMe SSDを搭載しているのでかなり速く、体感的にもOS・アプリの起動やゲームのロード時間も速いので不満やストレスはないです。

 

最近はNVMe SSD、3000MB/s前後がスタンダードになっているので、正直、ストレージの速度では他のPCと大きな差別化にはならないですね。

GALLERIA RM5C-R46TのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果

読み込み速度書き込み速度
シーケンシャル3501.3 MB/s1022.3 MB/s
ランダム472.9 MB/s551.5 MB/s
※ベンチマークソフト「CrystalDiskMark」にて、計測しています。

 

CPU性能

CPUは『Intel Core i5-14400F』を搭載しており、10コア/16スレッド、Pコア:2.50Ghz(MAX 4.70GHz)、Eコア:1.80GHz(MAX 3.50GHz)のミドルレンジCPUとなります。

 

最近のCPUは性能が高いのでミドルレンジ(=中性能)と言えど、軽い作業はもちろん、3Dゲームや動画編集などの重めの用途でも軽々こなしてくれます。

PCを買ってから、何か新しいことを始めたい!となっても、スペック不足が理由で断念…ということはあまりないと思います。

 

ただ、クリエイティブなどの高負荷な用途で、かつ、仕事使いするということでより効率性も欲しい場合は、予算に応じて、Core i7, Core i9も検討した方がいいでしょう。

ケンさん

高負荷な用途でも趣味で使う分にはCore i5でも十分いけるで!
GALLERIA RM5C-R46TのCINEBENCH R23のベンチマーク結果
GALLERIA RM5C-R46TのCINEBENCH R20のベンチマーク結果
項目Cinebench R23Cinebench R20
CPU132315635
CPU(Single Core)1709667
※ベンチマークソフト「CINEBENCH R23」「CINEBENCH R20」にて、計測しています。

 

CPUCINEBENCH R20
Core i7-12700K
8671
Core i7-13700F
7573
Core i7-12700
6623
Core i5-14400F
5635
Core i5-13400F
5349
Ryzen 7 3700X
4778
Core i5-12400
4653
Core i7-10700
4256
Core i5-11400
3874
Ryzen 5 3600
3655
Core i7-10700F
3604
Ryzen 5 3500X
2501
※スコアは当サイトが計測した平均値
※デスクトップPC向けのみを表示

 

ファンの静音性

GALLERIA RM5C-R46Tのファン静音性のベンチマーク結果(アイドル時)

アイドル時

GALLERIA RM5C-R46Tのファン静音性のベンチマーク結果(普段使い時)

普段使い時

GALLERIA RM5C-R46Tのファン静音性のベンチマーク結果(ゲーム時)

ゲーム時

GALLERIA RM5C-R46Tのファン静音性のベンチマーク結果(CPU高負荷時)

CPU高負荷時

騒音レベル
アイドル時33.5 dBA
普段使い時 (PCMark10)34.6 dBA
ゲーム時 (FF15 / FHD / 標準品質)36.6 dBA
CPU高負荷時 (Cinebench / CPU100%)34.2 dBA

全体的にどんな状況でも静かな動作で、ファンの音がうるさくてストレスになることは全くなかったですね。

デスクの下にパソコンを置いてシューティングゲームをしてみましたが、敵の足音などの小さな音も聞こえたので十分静かです。

 

それより、本当にファンが回っているのかと心配になるほどで、音を気にする方にもおすすめです。

ゲーム時やCPU高負荷時などの比較的重いことをしても、音の大きさはあまり変わらないので冷却性能が高いことが分かりますね。

 

騒音レベルの目安

デシベル(dBA)目安①目安②具体例
70うるさいかなりうるさい、かなり大きな声を
出さないと会話ができない
・騒々しい街頭
・セミの鳴き声 (2m)
60非常に大きく聞こえうるさい、
声を大きくすれば会話ができる
・普通の会話
・洗濯機、掃除機、テレビ
50普通大きく聞こえる、通常の会話は可能・家庭用クーラー (室外機)
・換気扇 (1m)
40聞こえる会話には支障なし・静かな住宅地
・図書館
30静か非常に小さく聞こえる・郊外の深夜
・ささやき声
20ほとんど聞こえない・ささやき
・木の葉のふれあう音

 

 

GALLERIA RM5C-R46Tの周辺機器

GALLERIA RM5C-R46Tでは、オプションでマウスとキーボードを付けることができます。

 

PCの新規購入であれば、オプションや別途、Amazon等で購入する必要がありますが、パソコンを買い替える方であれば、前のものを使い回しすることができるので、わざわざオプションを付ける必要はないと思います。

 

ドスパラでは、マウスやキーボードなどの周辺機器も販売しているので、あえてオプションは付けずに、パソコンを購入したポイントで購入するのもアリですね。

≫ 関連記事:【最大で購入額の約1割!!】ドスパラポイントの上手な使い方

 

マウスについて

GALLERIA RM5C-R46T付属のマウス
GALLERIA RM5C-R46T付属のマウス(サイド)

マットなブラックで、ゴムのような滑りにくい素材です。

スベスベとした肌触り感触が良く、握った時のホールド感もあります。

 

進む・戻るのサイドボタンが付いているので、普段の作業も快適です。

また、ホイールの下にはDPI(マウス感度・移動速度)を4段階で変更することができるボタンもあります。

 

普通はマウスのサイドボタンは左側のみですが、このマウスには右側にも付いています。

左右対称なので、左利きの方でも使えますね。

 

キーボードについて

GALLERIA RM5C-R46T付属のキーボード

キーボードは、テンキーも付いたフルサイズのキーボードで、サイズ感やキー配置は特に癖が無く打ちやすかったのです。

 

GALLERIA RM5C-R46Tの内観・拡張性

将来的に、メモリやストレージの増設も考えている方は、どれだけ空きスロットがあるか確認しておきましょう。

GALLERIA RM5C-R46Tの内観全体(パーツ側)
GALLERIA RM5C-R46Tの内観全体(裏配線側)
(左:主要パーツ側、右:裏配線側)

裏配線の左側は少しごちゃっとしていますが、パーツ側の配線はきれいにまとまっていますね。

サイドパネルがアクリルで中が見えるケースなので、この辺がきれいなのは嬉しい。

マザーボード周りのコードも、最短ルートでできるだけ裏配線にコードを持っていっているので、組み立ての丁寧さが伝わってきます

 

開けてみて驚いたのが、GPUのRTX 4060 Tiが思いのほかコンパクトなことですね。

最近のGPUは性能が高く、大型化が進んでいたので、RTX 4060 Tiでもそこそこ大きさがあると思っていたので意外でした。

 

最新GPUのシリーズの中ではめちゃくちゃ性能が高いわけではですが、3Dゲームをする分には十分高性能です。

 

メモリ

GALLERIA RM5C-R46Tのメモリスロット

メモリスロットは4スロットで、2スロットが未使用です。

真上から見ると、一番左のスロットはCPUクーラーとは干渉していないので、そのままメモリを挿すことができますね。

 

ストレージ(SSD / HDD)スロット

搭載できるストレージは次の通り。

・M.2 x2(内1つは標準搭載のSSD)

・3.5インチHDD x2

・2.5インチSSD x4(内2つは、3.5インチと共有)

 

M.2 SSD スロット

GALLERIA RM5C-R46TのSSD・HDDスロット1

1枚目のM.2 SSDスロットはヒートシンク付きで、標準構成のSSDが搭載されています。

 

GALLERIA RM5C-R46TのSSD・HDDスロット2

2枚目はマザーボードの右下にあります。

 

SSDスロット

GALLERIA RM5C-R46TのSSD・HDDスロット3

※SSDは自前で用意したもので、初期構成には含まれていません。

SSDスロットは裏配線側に2か所付けることができます。

何も干渉しないので増設するのは簡単ですね。

 

HDD・SSDスロット

GALLERIA RM5C-R46TのSSD・HDDスロット4

※HDDは自前で用意したもので、初期構成には含まれていません。

3.5インチベイは着脱できる仕組みで、2.5インチサイズのSSDも搭載することができます。

ドライバーは必要ですが、増設作業自体は簡単ですね。

 

GALLERIA RM5C-R46TのSSD・HDDスロット5

着脱式なので作業がしやすく、横方向で伸び縮みするのでHDDの場合は挟むだけでOKです。

土台を本体から取るためのドライバーは必要ですが、それ以外はツールレスで取り付けができます。

 

SSDの場合は裏からネジ留めですね。

合計6つのストレージを搭載できるので、増設する方法を知っておけば容量に困ることはなさそうですね。

 

PCI Express

GALLERIA RM5C-R46TのPCI Express1
GALLERIA RM5C-R46TのPCI Express2

・PCIe Express 4.0 x16 ×2

・PCIe Express 4.0 x1 ×1

ただ、PCIe Express 4.0 x1 ×1の方は、グラフィックボードと干渉しそうなので、使うとしたらその下のx16スロットですね。

仮に干渉しないにしても、グラフィックボードのファンを塞いでしまうのでおすすめはできません。

 

光学ドライブ

GALLERIA RM5C-R46Tの光学ドライブ

光学ドライブは標準の構成では搭載していないので、必要な方はオプションで追加するか、自前で用意して追加しましょう。

 

ドスパラのPCパーツで光学ドライブもあるので、本体を購入して貰えるポイントで別途購入するのも良いですね。

 

CPUクーラー

GALLERIA RM5C-R46TのCPUファン

CPUクーラーはDEEP COOLの1つファンの空冷式を採用しており、有名で実績のあるメーカーなので、まず間違いないでしょう。

 

重めの3DゲームのFF15(高品質・FHD)でCPUの温度が55度前後だったので、高負荷な処理でも冷却性能に問題はないですね。

1世代前の13世代のIntel Core i5 13400Fだと65度前後だったので、発熱面も向上していますね。

 

GALLERIA RM5C-R46Tの実機レビューまとめ

ドスパラの『GALLERIA RM5C-R46T』を実機レビューしました。

 

注目ポイント!
  • 12ゲームで80~320FPSの快適なグラフィック性能
  • 高負荷時でも静音性が高い!
  • 最大36回の分割払いが可能(約1万円の手数料が無料!)

 

ゲーミングPCとして一番重要なゲーム性能に関しては、十分快適なFPSが出ていました。

また、軽め、普通ぐらいの3Dゲームであれば、高いFPSも狙えるので、FPSで勝敗が分かれてくるようなシューティングゲームにも良いですし、WQHD, 4Kのような高解像度でも楽しめると思います。

 

快適に動作するゲーム幅も広いですし、ゲーム以外にも普段使いやプログラミングなど軽めの用途、動画編集などの重めな用途でも、個人で使う分には十分快適に作業することができますね。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です