ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

Filmoraでイコライザーをカスタマイズする方法

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Filmoraって音声・BGMのイコライザ-って自由に弄れるの?

と疑問に思っている方に向けて、イコライザー機能を解説していきます。

 

結論から言うと、用意されたプリセットを使えたり、自由にカスタマイズしたりすることができます。

 

Filmora

created by Rinker
Filmoraの期間限定キャンペーン情報
【10/23(水)まで】結婚式エフェクト無料プレゼントキャンペーン

≫ 関連記事:Filmoraの特徴や機能、ライセンスなどをまとめて解説

 

イコライザー機能について

イコライザーとは、特定の周波数領域を強調(ブースト)したり、減衰(カット)したりするエフェクトの事です。

 

例えば、この機能で音声の低い音の領域(周波数の小さい部分)を調整することで、低音をより強調することができます。

また逆に、元々の低音が強すぎるので、弱めるということもできます。

 

音声を聞いてみて、他の周波数領域の音と比較した時に、低音が強すぎて全体のバランスが取れていないので弱めたりすると言った使い方ができます。

 

動画編集ソフト「Filmora」でも同じようにイコライザーを設定することができるので、使い方を解説していきます。

Filmora

created by Rinker

 

セール情報バナー

Filmoraのイコライザーの使い方

では、Filmoraのイコライザーの使い方について解説したいと思います。

 

Filmoraでは、イコライザーの設定は、主に次の2通りがあります。

  • プリセット(元々Filmoraが用意しているもの)を使ってイコライザーを設定する方法
  • ユーザーがカスタマイズしてイコライザーを設定する方法

の2通りがあります。

 

では、1つ1つ解説していきます。

 

プリセット(元々Filmoraが用意しているもの)を使ってイコライザーを設定する方法

まずは、プリセットを使う方法ですが、次の3ステップで設定可能です。

  1. 対象の音声や動画を右クリックして、「オーディオを調整する」を選択。
  2. イコライザのプリセットを選択する 。

 

1.対象の音声や動画を右クリックして、「オーディオを調整する」を選択

 

2.イコライザのプリセットを選択する。

 

プリセットには、次のようなものがあります。

デフォルト

クラシック

ダンス

ローバス

スパークル

ポップ

ロックンロール

ソフト

テクノ

ハードロック

スカ

カントリー

アコースティック

フォークソング

ブルース

10種類以上あるので、結構豊富ですね。

 

ユーザーがカスタマイズしてイコライザーを設定する方法

次は、ユーザーがカスタマイズする場合です。

 

カスタマイズする場合も、対象の音声や動画を右クリックして、「オーディオを調整する」を選択する点は、同じですね。

 

自由に設定する場合は、イコライザーの項目の右にある「カスタマイズ」から。

上のデフォルトを変更するとプリセットのイコライザーに変更することができ、その設定をベースにカスタマイズすることが可能です。

 

変更するとカスタム扱いになるので、元々のプリセットのイコライザーが変更されることはありません。

 

まとめ:Filmoraのイコライザーの設定について

イコライザーの機能について、Filmoraのイコライザの設定方法について解説しました。

 

イコライザーの大切なポイントをまとめると

  • 音程のバランスがおかしいときに調整するための便利な機能
  • プリセットで手軽に設定することができる。
  • もっと細かく設定したい方向けに、ユーザーがカスタマイズすることも可能。

Filmoraなら直感的で簡単に設定することができますね。

 

Filmoraはかなりお手頃価格な買い切りタイプの動画編集ソフトなので、これから動画編集始めたいという方にはおすすめです。

 

その他、特徴や機能、ライセンスなどFilmoraについてもっと知りたい方向けに、Filmoraを幅広く解説でまとめています。

 

動画編集におすすめなデスクトップパソコンを性能別に紹介で動画編集におけるPCパーツの役割と必要な性能を含めて解説しているので、検討中や迷っている方は是非1度チェックしてみて下さい。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です