BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

Filmoraの音量調整方法について

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Filmoraの音量を調整する方法について解説します。

 

方法は2つあって、どちらも簡単で手っ取り早いです。

Filmora

created by Rinker

 

Filmoraの音量調整について

動画編集をして、いざ確認!と編集したものを再生してみると

 

「音ちっさっ!!!」

 

となった時は無いでしょうか?

 

逆に、「音でかっ!!!」という場合も…

 

「まっ、ギリギリ許容範囲だし、そのまま動画を公開するか!」と思って公開するのは、あまりお勧めしません。

その動画を見てくれるユーザーもまた、同じことを思うからです。

 

音量が極端になっていると、それだけで動画を見てくれないというパターンも多いと思います。

ブラウザやパソコンの音量調整で直せる場合もありますが、それはそれでユーザーがいちいち調整することを強いることになるので、親切とは言えませんよね。

 

過去にYoutube等で動画を見た際に、そういった音量が適切でない動画を見た時、あなたは、動画を見るのをやめたり、面倒だなと思いつつも音量を調整したことは無いでしょうか?

 

Filmoraであれば、簡単に音量調節ができるので、本記事ではその方法を紹介していきます。

Filmora

created by Rinker

 

セール情報バナー

Filmoraで音量調整する方法

Filmoraで音量調整する方法は、次の2つです。

 

  • オーディオを調整する。
  • オーディオミキサーで調整する。

どちらも同じように音量などを調整する機能ですが、若干違いもあるので、その辺りも含めて解説していきます。

 

オーディオを調整する。

オーディオを調整する方法は、”素材単位”での音量調節をすることができます。

 

素材データを右クリックした時

000443-2

操作方法は簡単で、追加した素材動画、または、素材音声・BGMを右クリックして、「オーディオを調整する」をクリックします。

 

オーディオの調整

000444-2

赤枠のバーを上下に動かせば、音量を調整することができます。

 

オーディオミキサーで調整する。

オーディオミキサーで調整する方法は、”トラック単位”での音量調節をすることができます。

 

オーディオミキサーボタン

000441-2

こちらも操作方法は簡単で、プレビュー画面の下にある”メニュー”と”音符”マークが重なったようなオーディオミキサーのアイコンをクリックします。

 

オーディオミキサー画面

000442-2

音量を調整したいトラックやマスターを変更することで、音量を調整することができます。

 

 

どちらも操作手順としては簡単なので、サクッと変更できそうですね。

Filmora

created by Rinker

 

まとめ:音量が”極端に小さい”, “極端に大きい”だけは避けよう

Youtubeなどで動画を見ようとした時に、「音ちっさっ!!!」、逆に「音でかっ!!!」という経験はしたことないでしょうか?

 

こういう動画を見ると(聞くと)、パソコン側の音量を調整したり面倒ではありませんか?

 

適当に、「音量がちょっと大きいけどまぁいっかー」という感じで動画を作ってしまうと、ユーザーも面倒に思ったり、最悪見てくれないということも…

 

音量調整は、上で説明した通り、それほど手間がかかるわけでは無いので、ちょっと大きいな…、小さいな…と感じたら調整するようにしておきましょう。

 

Filmoraはかなりお手頃価格な買い切りタイプの動画編集ソフトなので、これから動画編集始めたいという方にはおすすめです。

Filmora

created by Rinker

 

動画編集におすすめなデスクトップパソコンを性能別に紹介で動画編集におけるPCパーツの役割と必要な性能を含めて解説しているので、検討中や迷っている方は是非1度チェックしてみて下さい。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です