【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

Filmoraで写真・動画を重ねて表示する方法

Filmoraで写真や画像、動画を重ねて表示したい!

画像で吹き出しやアイコンなどを重ねて表示したい!

という方に向けて、その方法を解説します。

 

Filmoraで写真・動画を重ねる表示する方法

動画編集をしていて、写真や動画を重ねて表示したい場面は多々あると思います。

 

商品紹介の動画であった場合、より詳細な製品仕様などを伝えるために、重ねて写真を表示したい。

動画ではフォーカスが合わずボケてしまい、後から写真で補足しておきたい。

いらすとやなどのアイコンを表示したい。

などなど。

 

Filmoraでは、簡単に写真・動画を重ねて表示することができるので、その方法を紹介していきます。

 

手順としては、次のようになります。

  1. 写真・動画などの素材をメディアに追加する。
  2. タイムラインビューにメディアをドラッグ&ドロップ
  3. 表示する位置や画像サイズ、時間の調整

 

たった3ステップで重ねて表示することができます。

 

Filmora編集画面

編集画面

 

 

①写真・動画などの素材をメディアに追加する。

000187-2

 

フォルダから追加したいファイルを選択して、Filmoraのメディアエリアにドラッグ&ドロップします。

 

②タイムラインビューにメディアをドラッグ&ドロップ

000188-2

 

先ほど追加したファイルを選択して、次は、タイムラインビューの”2段目”にドラッグ&ドロップします。

メディアのファイルにマウスを合わせると、「+」マークのタイムラインビューに追加するボタンが表示されますが、これを押して追加すると1段目に追加されて重ねて表示させることができません。

 

③表示する位置や画像サイズの調整

000189

 

タイムラインビューに追加すると右上のプレビューエリアに追加した画像が表示されます。

 

この画像の黄色い枠を調整することで、画像のサイズを変更することができ、画像をドラッグすることで表示する位置の調整ができます。

また、画像を回転させることもできます。

 

③表示する時間の調整

000190

 

タイムラインビューに戻って、追加した画像を移動させることで、表示する時間の調整をすることができます。

 

動画に追加についても基本的に同じですが、ワイプのような小窓にして動画を表示する方法も紹介しているので、そちらを参考にしてください。

 

 

吹き出しやアイコンは、PNG形式の画像を重ねる

では次に、画像ではなく吹き出しやアイコンなど、不要な部分は後ろの動画を表示させたい場合の方法を解説します。

 

サンプルの吹き出しとアイコン

 

tnm  m

こちらの2つの画像を使って解説しようと思います。

 

 

吹き出しとアイコンの表示イメージ

000191

このように写真とは異なり、吹き出しやアイコンには透明部分が設定されており、動画に重ねるとその部分は透明で後ろの動画を表示してくれます。

 

このような追加をしたい場合に、気を付けなければならないのは画像のファイル形式です。

ちなみに、Filmoraへの画像の追加や表示方法については、上で紹介したものと同じ手順で問題ありません。

 

ファイル形式についてですが、画像には様々な形式が存在します。

ざっとメジャーなものを挙げると、JPEG(.jpg, .jpeg)、PNG(.png)、BMP(.bmp)があります。

 

JPEG形式

一般的にデジカメやスマホで撮影した画像は、JPEG形式です。

JPEG形式は画像を非可逆圧縮(※)する形式なので、圧縮時の画像の劣化がさほど気にならない写真などに向いている形式です。

PNG形式

PNG形式は、可逆圧縮で画像の劣化が無いので、劣化しては困る場合や劣化が目立つアイコンなどは、PNG形式が向いています。

BMP形式

Windowsの標準的な画像形式です。JPEG、PNGは圧縮するファイル形式ですが、BMPは基本的に無圧縮のままで画質の劣化がありません。

 

※圧縮したものを戻す際、元と同じようには戻らず劣化した状態になる圧縮方法。劣化せずに圧縮するものを可逆圧縮という。

 

これらのファイル形式の内、透明な情報を保存することができるのは、PNG形式のみです。

そのため、アイコンや吹き出しなど不要な部分を透明で表示させたい場合は、PNG形式のファイルを使用する必要があります。

他の形式の画像の場合、透明な情報を保持できないので白い背景になったりします。

 

そのため、素材サイトでアイコンなどをダウンロードする場合は、PNG形式を選択してダウンロードしてください。

 

ペイントツールで自分でアイコンなどを作成する場合は、保存時にPNG形式で保存する必要があります。

また、ペイントソフトでPNG形式をサポートしている必要があります。(Windows標準のペイントは、PNG形式をサポートしていません。)

サポートされていないと保存する際、透明な色情報を保持できないので、白色などの色に置き換わってしまいます。

 

 

タイムラインビュー

000192

 

吹き出しとアイコンを2つ表示させたい場合は、2段目、3段目を使用します。

追加方法は、上で解説した通りです。

 

 

写真、画像をスムーズに表示するフェードイン・アウト

写真やアイコン、動画を追加できても指定した時間に、急にパッと表示されて、パッと消えるのでは動画全体の見た目があまり良くないかもしれません。

 

「もっと、段階的に表示させて、違和感なく表示させたい!」という方もいると思います。

そういう場合は、追加した写真やアイコンなどにフェードイン・アウトをかけてみましょう。

 

編集を選択

000193-2

 

フェードイン・アウトをかけたい写真、アイコンや動画を右クリックして、「編集」を選択します。

 

エフェクトの選択

000194-2

 

「Fade」を選択して、「OK」でフェードイン・アウトを追加することができます。

 

かなり簡単・手軽ですね。(笑)

 

 

まとめ

いかかでしょうか?

 

動画編集をしていて、写真、アイコンや動画を重ねて表示したいという機会は多いと思います。

Filmoraなら直感的で簡単に追加することができました。

 

Filmoraはかなりお手頃価格な買い切りタイプの動画編集ソフトなので、これから動画編集始めたいという方にはおすすめです。

 

動画編集してみたいけど、編集ソフトを決めかねているという方は、Filmora解説記事も参考にしてみてください。

 

これから動画編集を始める人におすすめな直感的操作の「Filmora」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です