【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

PCゲームに必要なスペックの調べ方・確認方法

やりたいPCゲームは決まっているが、どのくらいのスペックがあれば快適にプレイできるか、購入前にしっかりと調べておく必要があります。

ここでは、PCゲームに必要なスペックの調べ方や注意点を紹介していきます。

 

PCゲームの要求スペックは、ゲームの公式サイトが基本

基本的には、やりたいゲームの公式サイトの動作環境を調べましょう。

 

ブログなどで書かれていることがありますが、まずは、一番最新で正確な情報を確認しましょう。

 

ここでは、PUBGを例にして一緒に確認していこうと思います。

Steamのサイトのシステム要件の欄を確認すると、PUBGに必要なスペックが以下のように記載されていますね。

 

システム要件

項目 最低 推奨
OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー Intel Core i5-4430 /

AMD FX-6300

Intel Core i5-6600K /

AMD Ryzen 5 1600

メモリー 8 GB RAM 16 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 960 2GB /

AMD Radeon R7 370 2GB

NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB /

AMD Radeon RX 580 4GB

DirectX Version 11
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続
ストレージ 30 GB 利用可能

 

最低”と”推奨”の2項目があります。

 

親切な公式サイトの場合、このように2つの項目を記載してくれていますが、1つのだけだったり、何も書いてくれていない公式サイトもあります。

※全く何も書いてない場合は、どのようにスペックを決めればいいか下に書いているので、参考にしてみて下さい。

 

 

最低は、このゲームを動作させるために最低限必要なスペックのこと。

あくまで、そのパソコンで動作に必要なPCスペックということなので、快適にプレイできるというわけではありません。

 

ゲームによってどういう基準で最低スペックを決めているかにもよりますが、ゲームが高負荷な状態だと、カクついたりする可能性もあります。

 

 

推奨は、このゲームを快適に動作させるために必要なスペックのこと。

 

快適にプレイをするのであれば、推奨のスペックかそれ以上のスペックが必要となります。

 

ゲームであれば、より快適にプレイするためにグラフィックボードをより性能の良いものを選択すると良いでしょう。

どこまでPCスペックを上げるかについては、予算と相談となってくると思います(笑)

 

 

では、1つずつ項目を確認していきましょう。

(推奨の方に合わせて解説していきます。)

 

OS:64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

最近は、Windows 7の延長サポートが2020年で切れる関係で、ほとんどがWindows 10になっているので、心配はないでしょう。

注意が必要なのは、64bit版が必要であるということ。32bit版は、動作しないようなのでbit数には気を付けてください。

 

プロセッサー:Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600

プロセッサーとは、CPUのことですね。

パソコン向けのCPUは、大きく分けてIntel社とAMD社のものがありますが、このゲームでは両社のCPUが掲載されていて親切です。

 

では、これ以上のスペックにしたい場合、どの型番のCPUを選べばいいの?となるかと思います。

そんな時は、CPUのベンチマークサイト:PASSMARK(CPU)で確認すると良いです。

 

Intel Core i5-6600K または、AMD Ryzen 5 1600 のベンチマークスコアより高いものを選択します。

 

メモリー:16GB

メモリーは、3Dゲームをするのであれば、このくらいが妥当ですね。

 

グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB

ゲームで一番重要なパーツ、グラフィックボード(GPU)ですね。

大方このパーツの性能で、どれだけ快適にゲームできるかが決まってきます。

 

この性能が良ければ、フルHDの画質設定であっても、高いFPS(※)でゲームをぬるぬる快適に楽しむことができます。

 

GPUも2社のみでNvidia社のGeforceとAMD社のRadeonです。

こちらもCPUと同様に、これ以上のスペックにしたい場合、どの型番のGPUを選べばいいの?と疑問に思うはず。

PASSMARKには、GPU版もあるので、そちらで確認すると良いでしょう。

 

※FPSとは、Frames Per Secondの略。フレームレート表す単位で、1秒間に何回画面が切り替わるかを示します。

この値が高ければ高いほど、カクつくことなくぬるぬる動くと言えます。

 

DirectX:Version 11

DirectXとは、Microsoft開発のAPI(Application Programming Interface)で、PCゲームの処理のために使用されています。

これが、最低でもversion 11必要ということです。

 

DirectXのバージョンの確認方法

・[スタート] ボタン をクリックします。
・[検索の開始] に dxdiag と入力し、 Enter キーを押します。

 

すると下のような画面が出てくるので、システムタブのDirectXバージョンの項目を確認すればOK

 

DirectX 診断ツール

000000

 

 

ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

ブロードバンドとは、高速かつ大容量のデータ通信ができる回線のこと。

現在一般的に使用されている光回線は、ブロードバンド回線の一種なので、特に意識する必要はないと思います。

 

ストレージ:30 GB 利用可能

ゲームをインストールするために、30GBの容量が必要だから空けておいてくださいねと言う意味。

容量が残り少ない場合は、不要なものを削除してからインストールしましょう。

 

ストレージには、HDDとSSDがありますが、データの転送速度の速いSSDにすることで、ロード時間や3Dゲームなどのマップ情報を読み込み続けるようなゲームでは、FPSが上がる場合があるので、予算に余裕があればSSDの搭載をおすすめします。

 

SSD vs HDD Test in New 7 Games (FPS\Loading)

 

SSDの場合、HDDと同じか、それ以上のFPSが出ていることが分かります。

 

 

 

グラフィックボードのスペックを決めるのに最適「Youtube」

公式サイトのシステム要件や動作環境の表だけでは、「快適にできるんだろうけど、実際どのくらいのFPSがでるの?」というお話がでてきます。

また、予算に余裕があるからグラフィックボードの性能をアップグレードしようと考えていても、「具体的にどのくらい性能が上がるの?」となります。

 

そこで参考になるのが、Youtubeの動画です。

例えば、「PUBG geforce」と検索すると次のような動画が出てきます。

 

PUBG GTX 1050 Ti vs. GTX 1060 vs. GTX 1070 vs. GTX 1080

 

Geforce GTX 10 シリーズでPUBGをプレイした時の比較動画です。

FPSなどの情報が表示されているので、型番毎にどのくらいの性能がでているか一目瞭然です。

 

 

 

ギリギリでスペックを満たすPCはNG!

上のシステム要件で言うと、”最低”の項目でPCを探すのは、やめておいた方が良いです。

 

主に、次のような理由です。

・今後のゲームの大型バージョンアップなどでシステム要件が厳しくなる可能性がある。

・MOD(追加要素)など入れるこのゲームであれば、当然MODにもよるが、余裕の持ったスペックが必要。

・ゲームをしているところをキャプチャして、ライブ配信や動画編集などをするかも。

 

新しいことを始めると色々と手を出したくなるもので(笑)。

 

余程、予算がギリギリで…。ということが無いのであれば、推奨レベルで購入検討したいところです。

 

 

 

PCゲームの公式サイトにスペックが見当たらない場合

公式サイトにシステム要件や動作環境の項目が見つからない場合は、BTOパソコンメーカーの店員にアドバイスを貰いつつ、構成を考えるのが良いでしょう。

 

グラフィックボードは、Youtubeなどのスペック比較動画を参考にすることで大体どのくらい快適に動作するかは把握できますが、CPUやメモリは、どのくらいがいいか難しいものです。

 

掲示板などの他のプレイヤーの環境を参考にしてもいいですが、スペックのバラつきが大きいですし、ゲーム用PCは安い買い物でもないので、安全策を取っておくべきでしょう。

 

マウスコンピューターiconドスパラでは、LINEから購入の相談をすることができますので、店舗に足を運ばなくともアドバイスを聞くこともできます。

 

 

 

まとめ

・基本は、公式サイトのシステム要件を参考に。

・グラフィックボードを突き詰める場合は、Youtubeのスペック比較動画のFPSを参考に。

・分からない場合は、BTOパソコンメーカーの店員にアドバイスを貰おう!

 

ゲーム用途やその他の用途(動画編集、プログラミングなどなど)も踏まえた上で、コスパの良いおすすめのBTOパソコンを紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

≫ 関連記事:【最新版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です