ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

RTX2000とGTX1000シリーズの違いとスペック比較【NVIDIA Geforce】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

NVIDIAのGeforceがGTXからRTXに変わったけど違いって何?

RTXとGTXの細かいGPUチップ仕様や機能の違いは?

RTX2000シリーズは、GTXと比べてベンチマークスコアはどうなったの?

と思っている方向けて、RTXとGTXの違いやスペックの比較などについて解説していきます。

 

ちなみに、RTX 2000シリーズのグラフィックボードを搭載したパソコンは、15万円以下でもあります。

20万円以下のパソコンであれば、ほぼ搭載可能で、詳しくは下記ページの”価格別で選ぶ”を参考にして下さい。

 

【今おすすめのグラフィックボード】
・コスパ重視「NVIDIA Geforce GTX 1660」(スコア:10,778)
・性能重視「NVIDIA Geforce RTX 2080 Ti」(スコア:16,689)
 ※解説やその他のおすすめPCパーツについて

Geforce RTX 2000シリーズの特徴

2018年9月にNVIDIAからRTX 2000シリーズのグラフィックボードが発売されました。

 

9月にRTX 2080 TiRTX 2080が発売され、その後、10月にRTX 2070、12月にTITAN RTX、翌年1月にRTX 2060と順番に発売されました。

 

今までのNVIDIAのグラフィックボードはGTXシリーズだったのですが、今回の製品はRTXシリーズとなっており、今まで製品とは大きく異なったものとなっています。

 

GTXとRTXの大きな違いについて

RTX 2000シリーズは、リアルタイムレイトレーシングに対応していることが大きな違いです。

その大きな機能追加に伴い、”GeForce GTX”ではなく、”GeForce RTX”という呼び方に変更となりました。

 

では、リアルタイムレイトレーシングとは何ぞや?と疑問に思う方もいると思うので、詳しく解説していきます。

 

まずは、レイトレーシングについてです。

 

レイトレーシングとは、演算処理の結果を元に画像を生成する工程(レンダリング)の最も一般的な手法の1つです。

 

例えば、ゲームをプレイしている際に、視線(レイ)の先に、鏡などの反射物があったとします。そうすると視線は反射するので、反射先の物が鏡に映し出されることになります。

 

また、ガラスなどの半透明な物の場合、視線は、物体の中を通って屈折して進みます。その結果、ガラスにはその先の物体が屈折して映し出されます。

 

物体が反射するのか、屈折するのかなどの表面素材(マテリアル)情報を取得してGPUが演算し、その演算結果をゲーム画面としてリアルタイムに表示してくれるのが、今回のシリーズから追加されたリアルタイムレイトレーシングです。

 

RTXシリーズには、リアルタイムで処理できるほどの高性能なレイトレーシング機能を発揮できる”RTコア”を搭載されています。

 

この技術によって、より実写に近いリアルな映像をユーザーに提供します。

 

NVIDIAが発表した動画を見れば、その違いは一目瞭然です。

水面や車などの反射面に、炎がはっきりと映り込んでいるのが分かります。

 

・Battlefield V: Official GeForce RTX Real-Time Ray Tracing Demo

 

・Project Sol: A Real-Time Ray-Tracing Cinematic Scene Powered by NVIDIA RTX

※Youtubeより引用

 

RTX2000シリーズとGTX1000シリーズのスペック比較

では次に、RTX2000シリーズとGTX1000シリーズの基本的なスペックを比較してみます。

型番 コアクロック

(MHz)

ブーストクロック

(MHz)

CUDAコア数

(個)

メモリサイズ

(MB)

メモリクロック

(MHz)

テクスチャレート

(GTexel/s)

TDP

(W)

RTX 2080 Ti 1350 1545 4352 11264 14000 420.2 250
RTX 2080 1515 1710 2944 8192 14000 314.6 215
RTX 2070 1410 1620 2304 8192 14000 233.3 175
RTX 2060 1365 1680 1920 6144 14000 201.6 160
GTX 1080 Ti 1480 1582 3584 11264 11000 332.0 250
GTX 1080 1607 1773 2560 8192 11000 / 10000 257.1 180
GTX 1070 1506 1683 1920 8192 8000 180.7 150
GTX 1060 1506 1708 1280 / 1152 6144 / 3072 9000 / 8000 120.5 120

コアクロック数は、GTX1000シリーズより下がっているもののCUDAコア数が大幅に増えていることが分かります。

 

 

RTX2000シリーズとGTX1000シリーズのベンチマーク結果

ベンチマークサイトよりRTX2000シリーズとGTX1000シリーズのベンチマーク結果を比較してみます。

 

ここでは、型番の下2桁が同じものを並べて比較しています。

RTX 2000 シリーズ GTX 1000 シリーズ スコア比
80 Ti 16728 (2080 Ti) 14074 (1080 Ti) 18.9%UP
80 15044 (2080) 12316 (1080) 22.2%UP
70 14375 (2070) 11198 (1070) 28.4%UP
60 13060 (2060) 9063 (1060) 44.1%UP

参考ベンチマークサイト:PASSMARK

 

全体的に2割~5割程度性能が向上しているようです。

Geforce RTX 2060スコア比が44.1%となっており、とんでもない性能アップを遂げています。

 

価格帯としても手を出せる範囲で、2000シリーズの中でコストパフォーマンスも高いと思うので狙い目かもしれません。

 

 

まとめ:RTXのリアルタイムレイトレーシング機能とRTX2060の性能アップに驚いた

RTX2000シリーズの大きな特徴をまとめると次の2点になります。

  • リアルタイムレイトレーシング機能でゲームの映像のリアリティが上がった。
  • 性能が結構上がった。特にRTX 2060。

 

RTXシリーズでコストパフォーマンスを求めるのであれば、RTX 2060がおすすめ。

とは言え、パフォーマンスが低いということも無く、大抵のゲームが動作します。

 

 

また、グラフィックボード単体だけでなくて、パソコン全体で見た時にグラフィックボード搭載のコスパの良いパソコンを探しているという方は、最新のパソコンの中から、コスパや使用用途を踏まえ、おすすめのものを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

≫ 関連記事:【最新版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 

予算に余裕のある方で、パフォーマンスを追求したいという方は、RTX 2070, 2080, 2080 Ti。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

【今おすすめのグラフィックボード】
・コスパ重視「NVIDIA Geforce GTX 1660」(スコア:10,778)
・性能重視「NVIDIA Geforce RTX 2080 Ti」(スコア:16,689)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です