MENU

カテゴリー

最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

GALLERIA RM5C-R35 実機レビュー|RTX3050で価格を抑えつつも色々なゲームが快適に遊べるモデル

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

GALLERIA RM5C-R35は、様々なゲームで60~230FPS程度でる上、最新の12世代CPUなので普段使いや動画編集なども快適なゲーミングデスクトップPCです。

 

注目ポイント!
  • RTX 3050で色々なゲームが快適
  • ゲーム実況の録画や動画編集、実況などの高負荷な用途でもOK

 

では、ドスパラで販売している『GALLERIA RM5C-R35』の魅力やスペックを実機で徹底的にレビューしていきます。

 

ケンさん

3Dゲームをする分には十分なスペックやで!

 

 

MEMO
本製品は、メーカー様より貸与して頂き作成しています。
この記事の著者

パソコンブロガー ケンさん

PC歴20年/自作,プログラミング歴10年、文系新卒でSEとしてIT企業に入り、スマホアプリ/Windowsアプリ開発に携わる。 ハード,ソフト面で長年の知識,経験を元に初心者向けにPCを解説 詳細プロフィール

GALLERIA RM5C-R35の注目ポイント

GALLERIA RM5C-R35の注目ポイント

GALLERIA RM5C-R35の注目ポイントについて詳しく解説してきます。

RTX 3050で色々なゲームが快適

12個のゲームタイトルのベンチマーク結果によると、ほぼ全ての3Dゲームを快適にプレイすることができます。

3Dゲームが快適にプレイできるので、Webゲームや2Dゲームも問題なくできるでしょう。

 

軽量級・中量級の3Dゲームが120~230FPS程度、重量級のゲームでも60~120FPSととても快適でした。

ただ、Red Dead Redemption 2の超重いゲームに関してはFHDの最高画質で30FPS以下になるので、そういうゲームをする時はグラフィック設定を下げて60FPS出るかで無いかぐらいを前提に考えておきましょう。

 

他のグラフィックボードとの比較は次の通り。

GPU3DMark
RTX 3070 Ti
14524
RTX 3070
13392
AMD Radeon RX 6700 XT
11788
RTX 3060 Ti
11046
RTX 3060
8611
RTX 3050
6124
GTX 1660 SUPER
5923
GTX 1650 SUPER
4519
※スコアは当サイトが計測した平均値
※デスクトップPC向けのみを表示

 

詳しくは『GPU性能(ゲーム含む)』で解説しているので参考にして下さい。

 

ゲーム実況の録画や動画編集、実況などの高負荷な用途でもOK

ミドルレンジとは言え、性能の高いCPU・GPU性能なので、ゲーム以外にも、動画編集やゲーム実況、配信などの負荷が高めな用途でもOKですね。

 

ゲームをメインに考えているものの今後パソコンを使って色々やってみたい!という方にはおすすめですね。

 

 

 

GALLERIA RM5C-R35のスペック

GALLERIA RM5C-R35のデザイン全体

GALLERIA RM5C-R35のスペックは次の通りです。

製品名GALLERIA RM5C-R35
CPUIntel Core i5-12400
(6コア/12スレッド, 2.5GHz Max 4.4GHz)
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3050 8GB GDDR6
ストレージ500GB(NVMe SSD)
サイズ(横)220 x (縦)425 x (奥行)440 mm
重量約14kg
インターフェース前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面:USB 2.0 ×4 、USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
映像出力:HDMI ×1 、DisplayPort ×3
価格約15万~

※製品仕様や販売価格については、2022/04/03の執筆時点のもので、今後変更される可能性があります。

 

外観

GALLERIA RM5C-R35のデザイン全体

フロントの青いLEDが特徴的なコンパクトケース。

 

ゲーミングPCによくあるLEDピカピカというより、控えめなLEDで落ち着いたデザインになっています。

LEDはカスタマイズ可能。

 

GALLERIA RM5C-R35のデザイン1

サイドパネルは、暗めなアクリルパネルで内部が見れるようになっています。

グラフィックボードもロゴだけが光る控えめな感じで良いですね。

 

GALLERIA RM5C-R35のデザイン2

両サイドに吸気口がありますが形が特徴的。

ただ四角形を並べるのではなく、斜めにしているのが個人的に好きですね。

 

GALLERIA RM5C-R35のデザイン3

フロント部分には光沢感のあるロゴが刻印されています。

 

また、ロゴの上部分には、光学ドライブを搭載することができます。

標準構成では非搭載なので、必要な方はオプションで追加する必要があります。

 

使用用途別の快適度

GALLERIA RM5C-R35の使用用途別の快適度

使用用途別の動作の快適度は、次の通りです。

MEMO
快適度は、Intel Core i5-12400 / 16GB / NVIDIA GeForce RTX 3050 / 500GB (NVMe SSD)の構成(GALLERIA RM5C-R35)で確認しています。
使用用途快適度コメント
普段使い
(ウェブ, 動画視聴等)
とても快適
ビジネス用途
(Office, メーラー等)
とても快適
ブログ執筆とても快適
ゲーム重めの3Dゲームまで快適にプレイすることができます。
大体のゲームが最高画質でも60FPS以上、
普通画質でも100FPS前後はでます。
画像編集とても快適
動画編集Youtube向けのFHD動画であれば快適に編集・エンコードができます。
※4K動画編集は未検証。
プログラミングVisual Studioはとても快適に動作します。
トレード
(株/FX/仮想通貨)
とても快適
データ分析・AI学習勉強・検証用レベルであれば十分快適
本番環境としても視野に入れていいが分析内容による
※使用用途毎の目安スペックやPCパーツの役割などについては、それぞれのリンク内で解説しています。

 

本体サイズ

GALLERIA RM5C-R35の正面
GALLERIA RM5C-R35の真横
GALLERIA RM5C-R35の天板
GALLERIA RM5C-R35の背面
実測値公称値
220 mm220 mm
425 mm425 mm
奥行457 mm440 mm

大きさはほぼ仕様通りで、奥行きに関しては出っ張りも含めると457mmとなります。

 

電源ケーブルや映像出力ケーブルを接続する分を考えると、もう少し奥行を確保できるところに置くのが良いですね。

 

『GALLERIA』シリーズでは、2種類のケースが使われています。

外観・デザインはほぼ同じですが、高さが異なり、このモデルは少し背が低いです。

GALLERIA RM5C-R35の正面

(左:本モデル、右:少し大きいモデル)
本モデル少し大きいモデル
GALLERIA XA7R-67XT
220 mm220 mm
425 mm480 mm
奥行457 mm443 mm

少し分かりづらいですが、ロゴから下の長さが短くなっていて全体的に背が低いことが分かります。

奥行きは少しだけ長くなりますが、高さが5cm以上低いですね。

 

ハイエンドなPCだと、大きめのCPUクーラーやグラフィックボードになるので本体のサイズも大きくなります。

ですが、今回のモデルぐらいのスペックであれば、少しコンパクトなケースでもOKという訳ですね。

 

少しの差ですが、大きい方だと置き場所に困る。できるだけ小さい方が良い!という方にはおすすめですね。

 

インターフェース

インターフェース周りは次のようになっています。

 

フロント

GALLERIA RM5C-R35のインターフェースの前側

USB 3.2 Gen1 Type-A x4
マイク/イヤホンジャック x1

 

リア

GALLERIA RM5C-R35のインターフェースの後側

USB 2.0 ×4
USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
HDMI ×1
DisplayPort ×3
LANコネクタ x1
マイク/イヤホンジャック x1

“使用不可”になっている部分にはHDMIとDisplayPortの映像出力端子がありますが、使うことはできません。

CPUに仕様上はグラフィック機能があるので、グラフィックボードの方を使ってもらうために”使用不可”と貼って実際は使えるのかなと思ったのですが、ガチで使えなかったので注意。

 

内観・拡張性

将来的に、メモリやストレージの増設も考えている方は、どれだけ空きスロットがあるか確認しておきましょう。

GALLERIA RM5C-R35の内観全体(パーツ側)
GALLERIA RM5C-R35の内観全体(裏配線側)
(左:主要パーツ側、右:裏配線側)

全体的に配線が綺麗にまとまっており、組み立ての丁寧さが伝わってきます。

ケーブルの取り回しも非常にきれいですね。

 

私は自作PCする時は配線は適当になりがちなのですが、結束バンド等を使って上手くまとめられているのは素晴らしいです。

ケンさん

見えへんとこまで、しっかり作り込まれてると安心できるな!

 

メモリ

GALLERIA RM5C-R35のメモリスロット

メモリスロットは4スロットで、2スロットが未使用です。

 

干渉はしないですが、上から見た時に一番左のスロットが、CPUクーラーの黒いファンと被るので、作業は少し面倒です。

ファン部分のみ取ることで増設はできそうなので、CPUクーラーを外すことを考えればマシですね。

 

HDD・SSDスロット

搭載できるストレージは次の通り。

・M.2 x2(内1つは標準搭載のSSD)

・3.5インチHDD x2

・2.5インチSSD x4(内2つは、3.5インチと共有)

GALLERIA RM5C-R35のHDD・SSDスロット1

GALLERIA RM5C-R35のHDD・SSDスロット2

M.2スロットの1つはグラボ上で使用済み。もう一つは、グラボの右下あたり。

GALLERIA RM5C-R35のHDD・SSDスロット3

internal_storage_4

3.5インチベイスロットは下側にあり、パーツを着脱できる仕組みになっています。

2.5インチサイズのSSDも搭載することができます。

 

internal_storage_5

(※SSDは自前で用意したもので、初期構成には含まれていません。)

裏配線側に、SSD用の2.5インチベイが2スロットあります。

 

PCI Express

GALLERIA RM5C-R35のPCI Express1

・PCI Express 4.0 x16 ×1

・PCI Express 3.0 x16 ×1

・PCI Express 3.0 x1 ×1

 

光学ドライブ

GALLERIA RM5C-R35の光学ドライブ

光学ドライブは標準の構成では搭載していないので、必要な方はオプションで追加するか、自前で用意して追加しましょう。

 

ドスパラのPCパーツで光学ドライブもあるので、本体を購入して貰えるポイントで別途購入するのも良いですね。

 

CPUクーラー

GALLERIA RM5C-R35のCPUファン

CPUクーラーはコンパクトなサイズ感ですが、ミドルレンジのCPUであれば十分な冷却性能です。

 

FF15の高品質でCPUの温度が大体55度台だったので、特に高温になることは無く冷却できていますね。

後程、計測器を用いてファンの静音性を検証していきます。

 

マウス・キーボード

GALLERIA RM5C-R35では、オプションでマウスとキーボードを付けることができます。

 

パソコンの新規購入であれば、オプションや別途、Amazon等で購入する必要がありますが、パソコンを買い替える方であれば、前のものを使い回しすることができるので、わざわざオプションを付ける必要も無いかなと思います。

 

ドスパラでは、マウスやキーボードなどの周辺機器も販売しているので、あえてオプションは付けずに、パソコンを購入したポイントで購入するのもアリですね。

≫ 関連記事:【最大で購入額の約1割!!】ドスパラポイントの上手な使い方

 

マウスについて

GALLERIA RM5C-R35付属のマウス
GALLERIA RM5C-R35付属のマウス(サイド)

マットなブラックで、素材はゴムのような滑りにくい素材となっています。

スベスベとした肌触りで、ホールド感もあります。

 

マウスは、進む・戻るのサイドボタンが付いているので、普段の作業も快適です。

 

マウスサイドボタン

通常、マウスのサイドボタンは左に付いていますが、このマウスには右側にも付いています。

左右対称なので、左利きの方でも使えますね。

 

キーボードについて

GALLERIA RM5C-R35付属のキーボード

キーボードは、テンキーも付いたフルサイズのキーボードです。

サイズ感やキー配置は特に癖が無く、スタンダードな形で打ちやすかったので、操作感でストレスになることは無いです。

 

 

 

GALLERIA RM5C-R35のベンチマーク

GALLERIA RM5C-R35のベンチマーク

検証機のスペック

製品名GALLERIA RM5C-R35
CPUIntel Core i5-12400
(6コア/12スレッド, 2.5GHz Max 4.4GHz)
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ500GB (NVMe SSD)
MEMO
ベンチマーク結果は、パーツ構成、計測する環境・設定、個体差などによって大きく変わる場合があります。

 

アプリ実行の総合的パフォーマンス

アプリケーションの実行における総合的なパフォーマンスを計測する『PCMark10』のベンチマーク結果です。

 

カテゴリ別の総合スコアにおいて、公式の推奨スコアの約2倍前後の性能があります。

クリエイティブ系アプリに関しては、2.6倍とかなり高いですね。

 

実際に、いくつかのアプリケーションで作業してみましたが、快適に動作しており、処理速度やカクツキなどのストレスはありませんでした。

GALLERIA RM5C-R35のPCMark10のベンチマーク結果

カテゴリ項目スコア
一般的なアプリアプリの起動14310
ビデオ会議7097
ウェブブラウジング10390
総合スコア
(推奨スコア:4100以上)
10180
ビジネス系アプリスプレッドシート作業11106
文書作成7535
総合スコア
(推奨スコア:4500以上)
9147
クリエイティブ系アプリ写真編集10138
動画編集6440
レンダリング12071
総合スコア
(推奨スコア:3450以上)
9236
総合スコア6817

 

カテゴリ別に推奨されるスコアは以下の通りです。

カテゴリ推奨スコア解説
一般的なアプリ4100以上一般的な用途で様々な簡単なタスクをする場合
ビジネス系アプリ4500以上事務作業と軽いメディアコンテンツ作業をする場合
クリエイティブ系アプリ3450以上写真/動画/その他コンテンツの編集をする場合

 

ストレージ性能

ストレージは、SSDの中でも高速なNVMe SSDを搭載しているのでかなり速いです。

 

体感的にもOS・アプリの起動やゲームのロード時間も速いので、速度での不満やストレスはありません。

GALLERIA RM5C-R35のCrystalDiskMarkのベンチマーク結果

読み込み速度書き込み速度
シーケンシャル3564.5 MB/s2390.5 MB/s
ランダム1332.8 MB/s1594.3 MB/s
※ベンチマークソフト「CrystalDiskMark」にて、計測しています。

 

CPU性能

CPUは『Intel Core i5-12400』を搭載しており、6コア/12スレッド、クロック周波数が2.5GHz(最大 4.4GHz)と仕様としては、ミドルレンジCPUとなります。

1つ前の世代のIntel Core i5-11400では3,874ptsなので、4,690pts, 1.2倍の性能アップです。

ケンさん

1世代で1.2倍はそこそこアップしてるで!

 

3Dゲームはもちろんのこと、動画編集やゲーム実況などの高負荷な用途でも、一通りストレスなく作業できる性能ですね。

GALLERIA RM5C-R35のCINEBENCH R20のベンチマーク結果

項目スコア
CPU4690
CPU(Single Core)623
※ベンチマークソフト「CINEBENCH R20」にて、計測しています。

 

CPUCINEBENCH R20
Core i7-12700K
8671
Core i7-12700
6623
Ryzen 7 3700X
4778
Core i5-12400
4690
4653
Core i7-10700
4256
Core i5-11400
3874
Ryzen 5 3600
3655
Core i7-10700F
3604
Ryzen 5 3500X
2501
※スコアは当サイトが計測した平均値
※デスクトップPC向けのみを表示

 

GPU性能(ゲーム含む)

3Dゲームは、60~230FPS程度で快適に遊べるので、ブラウザゲーム、2Dゲームから3Dゲームの中でもグラフィックが綺麗で重めなものまで楽しむことができます。

 

計測した中では、唯一、Red Dead Redemption 2が30FPS以下であまり出なかったのですが、最高画質設定でこの数値なので、設定を変えれば普通に遊べると思います。

GALLERIA RM5C-R35の3DMarkのベンチマーク結果

項目スコア
グラフィックスコア6124
グラフィックテスト140.08 FPS
グラフィックテスト234.99 FPS
CPUスコア8689
CPUテスト29.19 FPS
総合スコア6407
※ベンチマークソフト「3DMARK」にて、計測しています。

 

また、3DMarkで算出される各種ゲームのFPSは次の通りです。

ゲーム設定FPS
Battlefield V1440p Ultra60+ FPS
1080p Ultra80+ FPS
Apex Legends1440p Ultra75+ FPS
1080p Ultra105+ FPS
GTA V1440p Ultra40+ FPS
1080p Ultra60+ FPS
Fortnite1440p Ultra50+ FPS
1080p Ultra80+ FPS
Red Dead Redemption 21440p UltraLess than 30 FPS
1080p UltraLess than 30 FPS
※FPSは平均値で、3DMarkスコアとゲームテストに基づいた見積もりです。
※Ultraはゲームのグラフィック設定が最大を意味します。
※レイトレーシング機能はオフ。
GPU3DMark
RTX 3070 Ti
14524
RTX 3070
13392
AMD Radeon RX 6700 XT
11788
RTX 3060 Ti
11046
RTX 3060
8611
RTX 3050
6124
GTX 1660 SUPER
5923
GTX 1650 SUPER
4519
※スコアは当サイトが計測した平均値
※デスクトップPC向けのみを表示

グラフィックスコアを比較するとGeForce GTX 1660 SUPERとほぼ同等で、ただゲームを快適に遊びたいユーザーであればこのクラスで十分ですね。

 

その他、ゲームのベンチマークでグラフィック性能を確認してみましょう。

 

軽量な3Dゲーム:ドラゴンクエストX

GALLERIA RM5C-R35のDQXのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS評価
最高品質24626228.1 FPSすごく快適
標準品質24599227.8 FPSすごく快適
低品質24862227.2 FPSすごく快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

普通の3Dゲーム:FF14

GALLERIA RM5C-R35のFF14のゲームベンチマーク結果

設定スコア平均FPS最低FPSロード時間
(合計)
評価
最高品質15828108.6 FPS61 FPS10 秒非常に快適
高品質17122117.3 FPS70 FPS9.6 秒非常に快適
標準品質23453169.6 FPS76 FPS9.5 秒非常に快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

重めな3Dゲーム:FF15

GALLERIA RM5C-R35のFF15のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS評価
高品質638267.8 FPS快適
標準品質871690.6 FPS快適
軽量品質11411116.9 FPSとても快適
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:ウィンドウ

 

PSO2

GALLERIA RM5C-R35のPSO2のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定スコア平均FPS
ウルトラ1175375.6 FPS
35282138.1 FPS
最低46972171.4 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

Far Cry 6

GALLERIA RM5C-R35のFar Cry 6のゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最小FPS最大FPS
ウルトラ72 FPS64 FPS80 FPS
83 FPS75 FPS92 FPS
96 FPS88 FPS105 FPS
110 FPS100 FPS122 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

Watch Dogs: Legion

GALLERIA RM5C-R35のWatch Dogs: Legionのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最小FPS最大FPS
ウルトラ46.4 FPS21.5 FPS100.2 FPS
とても高い65.9 FPS34.1 FPS100.7 FPS
76.3 FPS44.1 FPS139.5 FPS
89.7 FPS52.7 FPS141.8 FPS
95.7 FPS53.4 FPS135.1 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

Rainbow Six Siege

のRainbow Six Siegeのゲームベンチマーク結果

グラフィック設定平均FPS最小FPS最大FPS
ウルトラ294 FPS241 FPS351 FPS
とても高い295 FPS237 FPS354 FPS
297 FPS240 FPS354 FPS
340 FPS276 FPS412 FPS
383 FPS285 FPS494 FPS
【その他の設定】解像度:1920 × 1080, 表示方法:フルスクリーン

 

VR:VRMark

VRゲームのパフォーマンスを計測する『VRMark』のベンチマーク結果です。

PCの映像をVR機器に出力した際のFPS値が分かるので、VRでゲームをプレイしたい方は参考になると思います。

GALLERIA RM5C-R35のVRMarkのベンチマーク結果

VRMark Orange Room
スコア8854
平均FPS193 FPS
推奨構成FPS109 FPS
最低構成FPS81 FPS

 

 

動画編集のエンコード性能

Adobe Premiere Proで、YouTube向けを想定した動画編集でハードウェアエンコードをした場合の時間を計測します。

 

10分の動画が2分程度のエンコード時間なので、かなり早いです。

GALLERIA RM5C-R35のAdobe Premiere Proのエンコード結果

エンコード時間:00:02:15
※約10分のFHD/30p動画をH.264形式、[YouTube 1080p フル HD]プリセット、ハードウェアエンコードで書き出した時間
※動画は過去にYouTubeに公開したもので、カット、テロップ、BGMなど一般的な解説動画向けの編集をしています。

 

ファンの静音性

14cmの大型静音ファンが2つ搭載されていることもあり、全体的に静音性は高い結果となりました。

 

他のモデルだと12cmファンが多いです。

サイズが大きいと同じ風量を確保するのに少ない回転数で済むので、静音性が上がります。

 

計測機器を本体から大体30cmほど離して計測していきます。

GALLERIA RM5C-R35のファン静音性のベンチマーク結果(アイドル時)

アイドル時

GALLERIA RM5C-R35のファン静音性のベンチマーク結果(普段使い時)

普段使い時

GALLERIA RM5C-R35のファン静音性のベンチマーク結果(ゲーム時)

ゲーム時

GALLERIA RM5C-R35のファン静音性のベンチマーク結果(CPU高負荷時)

CPU高負荷時

騒音レベル
アイドル時33.9 dBA
普段使い時 (PCMark10)32.2 dBA
ゲーム時 (FF15)33.9 dBA
CPU高負荷時 (Cinebench/CPU100%)32.9 dBA

一番数値の高いFF15のベンチマークでも、33.9dBAと低いです。

おしらく、今まで計測してきた中で一番低いと思います。

 

他も同じぐらいの数値なので、ほぼ誤差で全体的に温度が上がっていないことが分かります。

実際に聞いてみても、ほぼ気にならないレベルです。

 

騒音レベルの目安

デシベル(dBA)目安①目安②具体例
70うるさいかなりうるさい、かなり大きな声を
出さないと会話ができない
・騒々しい街頭
・セミの鳴き声 (2m)
60非常に大きく聞こえうるさい、
声を大きくすれば会話ができる
・普通の会話
・洗濯機、掃除機、テレビ
50普通大きく聞こえる、通常の会話は可能・家庭用クーラー (室外機)
・換気扇 (1m)
40聞こえる会話には支障なし・静かな住宅地
・図書館
30静か非常に小さく聞こえる・郊外の深夜
・ささやき声
20ほとんど聞こえない・ささやき
・木の葉のふれあう音

 

 

GALLERIA RM5C-R35の実機レビューまとめ

ドスパラで販売している『GALLERIA RM5C-R35』を実機レビューしました。

 

注目ポイント!
  • RTX 3050で色々なゲームが快適
  • ゲーム実況の録画や動画編集、実況などの高負荷な用途でもOK

最新の第12世代のIntel CPUを搭載しており、ゲーム以外の用途でも十分にパフォーマンスを発揮してくれる1台です。

グラフィックボードに関しても、RTX 3050で型番的には50番とグレードは低いのですが、3Dゲームをするには丁度良い性能です。

 

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です