【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

かっこいいパソコンの紹介!メカメカしいケースが好きな方向け

パソコンを探しているけど、せっかくならスペックだけでなく、見た目やデザインもこだわりたい!
メカメカしいケース落ち着いたケースと言ったかっこいいケースが使われているBTOのデスクトップパソコンを紹介していきます。

 

かっこいいパソコンについて

「パソコンの購入や買い替えを考えていてパソコンを見ているけど、ほとんど黒色で、価格抑えてますよ的な安そうなプラスチックケースが多いなー」と思われているのではないでしょうか?

 

正直、パソコンで重要なのは大雑把な括りで言うと

  • スペック
  • 価格

になってくると思います。

 

当然ですが、パソコンは基本的に作業・処理をするためのものです。

そのため、ケースのデザイン性については、処理性能が低くなる、高くなるといった影響は全くないので、デザイン性は後回しにされがちです。

その分、価格を抑えた方が良いですからね。

 

しかし、そこではありませんよね。

 

せっかくパソコンを買うのであれば、「少し高くついてもデザインにもこだわりたい!」という想いもあると思います。

中には、そういったニーズに答えてくれるBTOメーカーもあります。

 

そんな中から、かっこいいケースが使われているデスクトップパソコンを紹介していこうと思います。

 

「かっこいいパソコン」と書いてますが、かっこいいなんて人それぞれ感性によって違うので、今回は次のテーマに沿っていくつか紹介していきます。

  • メカメカしい系
  • 落ち着いたデザイン

 

メカメカしい系は、ロボットのようなゴツゴツとしていて、ケースに装飾が施されている感じをイメージしています。

落ち着いたデザインは、メカメカしい系とは違い、装飾などは最低限でシンプルではあるものの、そのシンプルさが高級感を出しているようなケースをイメージしています。

 

※スペックについては、BTOパソコンなので、後からある程度自由にカスタイマイズすることができるので、ひとまずケース基準で考えてOKです。

 

メカメカしい系のかっこいいケース

ではまず、メカメカしい系のケースが使われているBTOのデスクトップパソコンを紹介します。

 

男性であれば、「ロボットのようなゴツゴツした感じが好きだ!」という方も多いのではないでしょうか?

そういった方におすすめなケースとなります。

 

強化ガラスパネルを使用したゲーミングPCケース:Sharkoonの「SHA-DG7000-GB」

71IUUUkjNcL._SL1000_

BTOメーカー「SEVEN」で取り扱っているケースです。

画像ではLEDがブルーとなっていますが、レッドバージョンの取り扱いもあります。

 

ケース説明

前面のフレームにようなゴツゴツとした装飾に加え、中央辺りにあるブルーに光るLEDが良いアクセントになっていますね。

 

また、サイドパネルは強化ガラスとなっており、パソコン内部も楽しむことができます。

61ejYMB9U4L._SL1000_

通常、内装の色は外側と同じことがほとんどですが、このケースの場合は、内装も前面のLEDやケースファンのLEDと同様に青で統一されています。

※レッドバージョンは、内装も赤色になっています。

 

マザーボード等のパーツで半分ぐらいは隠れてしまうと思いますが、逆に見える部分が少ない方が、青色が強調されて良いかもしれませんね。

 

ケース仕様

規格:ATX

サイズ:470mm(高さ) x 210mm(幅) x 470mm(奥行き)

重量:7.2kg

ベイ数:5.25インチベイ x2, 3.5インチシャドウベイ x3, 2.5インチシャドウベイ x2

フロント:USB3.0 x2, USB 2.0 x2, オーディオ

 

ケースの選択について

SEVENでは、ベースモデルを選択した後に、PCケースをカスタマイズ画面で変更することができます。

そのためベースモデルのケースは気にせず、ひとまずスペックを基準に選んで大丈夫です。

その後に、「DG7000-GB ブルー」のケースを選択することができます。

 

SEVENでSHA-DG7000-GBを探す

 

 

前面のLEDファンと装飾が美しいデザイン:Sharkoonの「NIGHT SHARK RGB」

51Fs7Kqle1L._SL1000_

こちらもBTOメーカー「SEVEN」で取り扱っているケースとなります。

 

ケース説明

こちらは、メカメカしい感じは控えめとなっていますが、前面パネルの流れるような形状をした装飾が美しいケースとなっています。

加えて、フロント部分のクリアガラスから覗くLED付きのケースファンも印象的です。

 

排気・吸気は、サイド部分(下の赤枠部分)にあります。

2019-04-08_11h43_28

 

ケース仕様

規格:ATX

サイズ:475mm(高さ) x 210mm(幅) x 503mm(奥行き)

重量:8.44kg

ベイ数:5.25インチベイ x1, 3.5インチシャドウベイ x3, 2.5インチシャドウベイ x5

フロント:USB3.0 x2, USB 2.0 x2, オーディオ

 

ケースの選択について

SEVENでは、ベースモデルを選択した後に、PCケースをカスタマイズ画面で変更することができます。

そのためベースモデルのケースは気にせず、ひとまずスペックを基準に選んで大丈夫です。

その後に、「NIGHT SHARK RGB」のケースを選択することができます。

 

SEVENでNIGHT SHARK RGBを探す

 

 

落ち着いたデザインのかっこいいケース

では次に、落ち着いた感じのケースが使われているBTOのデスクトップパソコンを紹介します。

 

上で紹介したゴツゴツとした装飾のあるケースとは違いシンプル目なケースとなります。

シンプルではあるものの、それが高級感を出していてカッコ良さを引き出しています。

 

前面のダーククロム強化ガラスと赤のアルミのラインが印象的:「MASTERPIECE シリーズ」

mp_title_01

BTOメーカー「マウスコンピューターicon」で取り扱っているパソコンとなります。

 

ケース説明

マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」のケースです。

 

フロント部分は、ダーククロム加工がされた強化ガラスをベースとして、縦方向に赤のアルミフレームがワンポイントで入っています。

アクセントとして赤のラインが入っていて、また、素材がアルミということもあり、かなり高級感が感じられます。

 

電源ボタンやUSBなどは、アルミフレーム部分に集約されており、全体的にシンプルな作りです。

 

サイドパネルには、スモーク加工された強化ガラスが用いられており、パソコン内部も見ることができます。

また、ワンタッチでサイドパネルを取り外しできる機構が備わっているので、ちょっとした掃除やストレージの増設などに関しては、非常にやりやすいケースだと思います。

 

ケース仕様

規格:-

サイズ:-

重量:-

ベイ数:-

フロント:USB3.0 x2, USB 2.0 x2, オーディオ

 

ケースの詳細については、「MASTERPIECE シリーズ詳細icon」を参考にしてください。

 

マウスコンピューターで確認するicon

 

ブラックとシルバーから選べる高級感あるアルミケース:「MetallicGear Neo MG-NE510」

620x383_neo_1

BTOメーカー「ストーム」が取り扱っているパソコンとなります。

 

ケース説明

高級感のあるアルミケースと透明なサイドパネルが印象的なケースとなっています。

カラーは、ブラックとシルバーの2色のラインナップです。

どちらも落ち着いた色なので、高級感を損なわないカラーバリエーションと言えるでしょう。

 

フロント部分は、電源ボタンやUSBなどは一切配置せず、下部分にケースのロゴが控えめに刻印されているというシンプルさ。

電源ボタンは、本体ケースの上部に配置されており、USBについては左側サイドパネルの上部分に配置されています。

 

ケース仕様

規格:ATX

サイズ:450mm(高さ) x 210mm(幅) x 400mm(奥行き)

重量:約9kg

ベイ数:3.5インチシャドウベイ x2, 2.5インチシャドウベイ x2

フロント:USB3.0 x2, USB 2.0 x2, オーディオ

 

ストームで確認する

 

 

もっと自由にケースを選びたい

いくつかかっこいいケースが使われているデスクトップパソコンを紹介しました。

 

とは言え、「もっと自由にケースを選べないのか?」と思う方も多いのではないでしょうか?

基本的に、どこのBTOメーカーもケースは豊富には取り揃えられていないので、ケースの選択肢は全くないか、あったとしても少ないという場合はほとんどです。

 

しかし、比較的ケースの選択肢の多いBTOメーカーも存在します。

そんなBTOメーカーをまとめた記事があるので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

スペックも重要だがデザイン性も重要という方は、ぜひ!

≫ 参考:BTOでもPCケースが選べるメーカー2選!デザイン重視派必見

 

まとめ:スペックだけでなくデザインもこだわっていこう!

パソコンのスペックは最重要ですが、だからと言ってケースのデザインはどうでもいいのか?と言われれば、答えはNoです。

 

スペックには全く影響のないケースですが、自分好みのケースにすることで作業のモチベーションが上がったりということもあります。

また、パソコンは数年に一度ぐらいしか買わないと思うので、ぜひこの機会にデザイン面にもこだわってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です