【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

BTOパソコン初心者が事前に知っておくこと

BTOパソコンを初めて検討しているという方に向けて、最低限知っておくべき知識を解説します。

 

この記事を読むことで、

  • BTOパソコンを選ぶ際、スムーズに検討することができます。
  • 最短で、BTOパソコンに必要な最低限の知識を得ることができます。

 

 

BTOパソコンの初心者が事前に知っておくべきこと

BTOパソコンは、パーツ毎にユーザーがカスタマイズできると言う特徴がありますが、パーツを選ぶことができるという事は、パーツに関する知識が少しだけ必要になってきます。

そのため、家電量販店などでパソコンを購入する場合とは、少し事情が異なってきます。

 

そこで、初めてBTO形式でパソコンの購入を検討するという方に向けて、事前に知っておくべきことをまとめて解説したいと思います。

 

まず、ざっと知っておくべきことを一覧にしてみます。

その後、1つ1つ詳しく解説していきますね。

 

BTOパソコン購入前に知っておくべきこと

  • BTOパソコンのメリット・デメリット
  • BTOパソコンは自分でパーツをカスタマイズする
  • カスタマイズが合っているか不安と言う場合に。

 

本当に知っておくべきことに絞ったので、どれも大切な項目です。

 

とは言え、特にパーツ選び等も難しいというわけでは無く、ポイントを絞れば意外と簡単だったりします。

 

 

BTOパソコンのメリット・デメリット

20190423_1

まずは、BTOパソコンのメリットとデメリットです。

 

それぞれいくつかあるのですが、ここでは、1番大きなメリット・デメリットを解説します。

 

BTOパソコンにするメリット:カスタマイズでコスパの高いパソコンへ

カスタイズ性が高いので、無駄な部分にお金をかけなくて済む。

 

パソコンを使う用途は、人それぞれだと思いますが、この用途によって適したパソコンの性能が変わってきます。

例えば、

3Dゲームの場合 ⇒ グラフィック性能

動画編集 ⇒ CPU性能、ストレージ容量

という感じで異なってきます。

 

しかし、家電量販店などで販売されている既製品のパソコンでは、そもそも売り場のスペースの関係でパソコンの種類に限りがありますし、用途別に細かく最適化されたものは少なく、どんな用途にも対応できる汎用的なパソコンというイメージです。

 

これでは、自分の用途で使わないパーツにもお金がかかることになるのでコストパフォーマンスが悪いです。

 

BTOパソコンは、パーツを自分の用途に合った性能にカスタマイズすることで、あまり使わないパーツは、性能(価格)を抑えめで、その分必要なパーツの性能を高性能なものに変更することができます。

 

例えば、3Dゲームをする場合は、主にグラフィック性能が必要ですが、高性能なCPUや大容量なストレージは不要です。

このような不要な部分を最低限のパーツにして価格を抑えることで安く購入するか、または、浮いた分をグラフィック性能を高めて、より快適にゲームを楽しむか選ぶことができます。

 

こうすることで、コストパフォーマンスの高い、そしても無駄の無いパソコンを手に入れることができます。

 

 

BTOパソコンにするデメリット:パーツの勉強が必須

PCパーツの知識が若干必要。

 

デメリットとしては、BTOパソコンでは、パーツをカスタマイズするので、パーツに関する知識が必要という事です。

 

最低でも、

  • どのPCパーツがどういう性能に関わってくるか。
  • 使用用途に対して、どのくらいの性能が必要か大体把握する。

ということが必要になってきます。

 

例えば、

3Dゲームの場合

グラフィック性能(グラフィックボード)が必要 ⇒ どのくらいの性能があれば良いか。

 

動画編集の場合

CPU性能、ストレージ容量が必要 ⇒ エンコードにCPU処理が必要、動画の素材や完成した動画を保存しておくためにストレージが必要 ⇒ どのくらいの性能のCPUがあれば良いか。どのくらいのストレージ容量があれば良いか。

と言った具合に、用途に応じてどのパーツを中心にカスタマイズすれば良いか、さらに、どの程度の性能を持ったものにカスタマイズすれば良いかを大体把握しておいた方が良いでしょう。

 

その他のBTOパソコンのメリット・デメリットを知りたい方はこちらを参考にしてみて下さい。

家電量販店などの既製品パソコン、BTOパソコン、自作パソコンの3つの観点から、より深掘りして解説しています。

 

 

BTOパソコンは自分でパーツをカスタマイズする

gears-686316_1920

BTOパソコンの大きな特徴は、パーツを自分好みにカスタマイズ(変更)できるという点です。

 

カスタマイズすることによって、パソコンの使用用途に適した性能にパーツを変更し、コストパフォーマンスの高いパソコンにすることができます。

上でも述べたように、使用用途によって、性能が高ければ高いほどより快適に作業できるパーツ、性能がそれほど高くなくても良いというパーツがあります。

 

とは言え、正直言ってカスタマイズできる項目がパーツの他に、保証やOfficeソフトなどを含めて10~20項目程度あり、1つ1つ理解して選んでいくのは、初心者の方の場合、かなり大変だと思います。

 

ある程度、パーツの知識がある私でもカスタマイズ画面を見ると「うっ、項目多くて面倒だな…」となってしまいます。(笑)

 

しかし実は、ホントにちゃんと考えてカスタマイズしないといけない項目は限られています。

 

そのため、「これだけは、きちんと理解してカスタマイズしておくべき!」というパーツ・項目を4つに絞るって解説するので、ここを中心にカスタマイズしていきましょう。

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックボード
  • ストレージ

 

この4つでパソコンの性能のほとんどが決まりと言って良いでしょう。

ここの性能さえ間違えなければ、快適に作業ができるパソコンにカスタマイズすることができます。

そのため、これらのパーツが、どの用途でどのくらいの性能が必要かを最低限調べておく必要があります。

 

特に、CPU, グラフィックボードは重要で、ここを間違えると処理に時間が掛かったり、ゲーム中などに画面がカクつくと言った快適性に大きく関わってきます。

CPU, グラフィックボードについての選び方には、下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

 

次に、メモリとストレージ(HDD, SSD)についてですが、こちらは比較的簡単に選ぶことができます。

 

メモリに関しては、8GB~16GBでほとんどの用途に対応することができるので予算に応じて、どちらかを選択すると良いでしょう。

 

ストレージに関しては、SSD1台、HDD1台の計2台を搭載するのが主流で、おすすめでもあります。

 

SSDは読み書きが速く、HDDは大容量という特徴があるので、

SSD ⇒ OS等のシステム系、アプリケーション、ゲーム

HDD ⇒ 作成したファイル、音楽・写真・動画等のメディアファイルなど

という使い分けにすることで、OSの起動時間やゲームのロード時間などの時間短縮を図り、SSDの容量の少なさをHDDでカバーすると言った使い方です。

 

SSDにすることでOSの速度は劇的に変わり、HDDの3~4倍ぐらい速くなります。

とは言え、容量自体は少ないので、それをカバーするためにHDDを搭載して、自分で作ったデータやメディアファイルはこちらで保存するという感じです。

 

特に、動画編集の場合だと、素材データや完成した動画データで、かなりの容量が必要になってくるので、動画を作る頻度に合わせて、3~4TBと大きめの容量にしておくのが良いでしょう。

それ以外の場合は、大した容量では無いので、1~2TBもあれば十分だと思います。

 

それぞれHDD, SSDの選び方を詳しく知りたい方は、こちらを参考に。

 

 

その他は、

  • Office ソフトの有無
  • 延長保証(多くの場合、1年保証が標準で付いているので、2,3年に延長するかどうか)
  • モニターやキーボード、マウス、ルーターなどの周辺機器

 

ここは、特に性能とは関わらないので、それほど考えることも無いでしょう。

 

注意

いくら不要な性能(パーツ)だからと言って、低くしすぎるのは良くありません。

 

パソコン全体の性能は、各パーツの性能のバランスで決まる部分があるので、1つのパーツが極端に性能が低ければ、その低さが足を引っ張ることがあります。

結果として、他のパーツの性能を最大限に引き出せず、全体の性能が下がるという場合もあります。(ボトルネック)

 

例えば、ゲームをするからと言ってグラフィックボードの性能を高め、CPUの性能をCeleronのように低いものにすることはおすすめできません。

グラフィックボードの性能を引き出すためには、CPUの性能もある程度必要になってくるので、Intel Core i3, i5のような中間ぐらいの性能のものは最低限搭載しておく方が良いでしょう。

(この場合、全く動作しないということは無いですが、ゲームのFPSが下がります。)

 

 

パーツのカスタマイズは意外と簡単

BTOパソコンのカスタマイズ画面を見ると項目が多すぎて、

  • どこから手を付ければ良いんだ!?
  • どう選べば良いんだ!?

となってしまいます。

 

しかし、本当に重要な部分に絞れば、案外カスタマイズしなくて良い項目も多いという事が分かります。

 

そのため初心者の方は、上で述べた4つのパーツのみに集中して、パーツの知識を身に付けて、使用用途に合った性能のものを選ぶようにしましょう。

 

カスタマイズが合っているか不安と言う方へ

anger-angry-anxiety-897817

カスタマイズすべきパーツを4つに絞ることで、BTOパソコンへの敷居がかなり下がったのではないかと思います。

 

4つだけなら、頑張ってパーツの知識を勉強して選べそうだなー。」という気にならないでしょうか?

とは言え、実際に選んでみると、「本当にこの性能のパーツで、やりたいことできんの?」と不安になると思います。

 

実際、私もそうでした。

上でも述べたように、結構高い買い物なので、失敗したくないわけです。

「性能が低くてやりたいことができなかったり、カクついて作業中にストレスになったりするんじゃないか?」という考えをしてしまいます。

 

そんな時の解決方法として、2つあります。

  • BTOメーカーが持っている店舗に行って、店員にアドバイスを貰う。
  • BTOメーカーのウェブページで、LINEやチャットで相談する。

という方法です。

 

パーツ構成や性能に不安があるのなら、プロに聞けば一発で解決です。

 

BTOメーカーが持っている店舗に行って、店員にアドバイスを貰う。

BTOパソコンは、基本的にネットのみなので店舗を持っているメーカー、持っていないメーカーがあるので注意が必要です。

主に、ドスパラとパソコン工房が店舗数が多いので、たぶん近くにあるんじゃないかなと思います。

 

詳しくは、こちらを確認してみて下さい。

 

私も実際に店舗に行って、店員さんに聞きまくりました。(笑)

しかし、気さくに対応してくれたので、ほんとに有難かったです。

 

BTOメーカーのウェブページで、LINEやチャットで相談する。

LINEやチャットによるレスポンスの早い相談も受け付けているので、活用してみると良いでしょう。

 

マウスコンピューター

000239

マウスコンピューターiconの問い合わせは、チャットとLINEに対応しています。

 

パソコン工房

000238

パソコン工房は、チャットによる問い合わせができます。

 

 

それでもBTOパソコンって面倒だなという方向けに

やはり、あまりパソコン自体の性能などに興味が無い人にとっては、「そんなの知識を覚えてカスタマイズなんて面倒だ!」となってしまうと思います。

 

そんな方向けに、

  • ある程度の用途を幅広くカバーできる
  • 性能の割に価格が安めというコストパフォーマンスの良いもの

に絞ってBTOパソコンを紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。

 

 

 

まとめ:BTOパソコンは重要な点さえ押さえておけば意外に簡単です

カスタマイズできる項目は、かなり多く、初心者の方には難しいかもしれません。

 

ですが、パソコンの性能の大部分を決めるパーツは、それほど多くありません。

そこに絞って、パーツの知識や選び方を身に付ければ、案外簡単にカスタマイズすることができます。

 

また、カスタマイズしても不安と言う場合には、店舗に行ったり、チャットで相談したりとプロに気軽に聞くことができるので、ぜひ活用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です