BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

ゲーミングPCに相応しいカッコいいケースを使ったパソコンの探し方

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ゲーミングPCと言えは、やっぱりかっこ良さ重視だろ!

という方に向けて、かっこいいPCケースが使われたBTOパソコンとその探し方を解説します。

 

ゲーミングPCにおけるPCケースとは?

ゲーミングPCと言えば、やはりメインの用途はゲームだと思います。

プレイヤーの装備をかっこ良くしたり、こだわったりすると思いますが、ゲーム内だけでなくゲーミングPC自体もかっこよくしてみたいですよね。

 

とは言え、PCケースを変えてもパソコンの処理性能自体は、ほぼほぼ変わることはありません。

 

メッシュタイプのケース ⇒ 通気性が良く、冷却性能が若干高い。

密閉タイプのケース   ⇒ 遮音性が高く、静音性が若干高い。

ということはありますが、ケースによってCPUやGPUの性能はあまり変わらないので、ケースを好きなものにすると言うのは、完全に見た目をこだわるだけということになります。

 

しかし、それでもPCケースを変えたい!というのはあると思います。

実際、私も自作パソコンですが、PCケースには、めちゃくちゃこだわった覚えがあります。

 

PCケースには色々なパターンがあり、例えば、

  • サイドパネルが強化ガラスで内部が見えている。
  • 金属ケースで重厚感がある。
  • LEDで綺麗に光っている。
  • 白いケースがかっこいい。

などなど…

 

色々ありますが、好みは人それぞれ違うと思います。

PCケースを自分好みにすることで、ゲームをする時のテンションが上がったりしますよね。

 

とは言え、パソコンの一番の目的は作業の処理をすることなので、PCケースの見た目は、正直に言えば、処理する上では全く関係ありません。

また、デザイン性の高いPCケースにすることで、汎用的な黒色プラスチックケースより、どうしても割高になってしまいます。

 

そのため、

メリット ⇒ 見た目が好みになって、テンションが上がる。

デメリット ⇒ 性能はほぼほぼ変わらず、割高になってしまう。

ということは事前に理解しておきましょう。

 

 

セール情報バナー

かっこいいPCケースのBTOパソコンは極少数

もう既に、BTOパソコンの購入を検討していて、PCケースのカッコいいパソコンを探しているという方であれば、お気づきかと思いますが、案外PCケースのデザイン性が高いものって少ないんですよね。

 

自作パソコンであれば、PCケースは自由自在で種類が豊富ですが、BTOパソコンの場合はそうとも限りません。

 

ほとんどが汎用品で低コストで抑えることができそうな黒色プラスチックケースです。

BTOメーカー側もPCケースの種類を増やすことによって、在庫リスクや検証パターンが増えるのが嫌なのだと思います。

 

ほとんどのBTOメーカーが

  • ベースモデルに使われているPCケース
  • カスタマイズ画面で変更不可、変更できたとしても2,3種類のみ

というところが多いです。

 

その上、色々なBTOメーカーがありますが、その中から

  • PCケースがのデザイン性が高いもの
  • PCケースを色々カスタマイズできるメーカー

を探すのも結構手間がかかる作業だったりします。

 

という訳で、そんな手間を省くため調べに調べ尽くした”かっこいいPCケースの探し方”や”かっこいいBTOパソコン”を紹介していきたいと思います。

 

 

かっこいいPCケースのBTOパソコンの探し方

上でも述べたように、PCケースの選択肢ってほとんど無いBTOメーカーが多いんですよね。

 

ですが2社だけ、比較的自由に選べるBTOメーカーがあります。

それは、「SEVEN」と「VSPEC」ですが、何種類ぐらい選べるのか、どういう風に選べるのかについては、BTOでもPCケースが選べるメーカー2選!デザイン重視派必見で解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

普通のBTOメーカーだと、スペックを見てカスタマイズというスペックを軸にした選び方しかできませんが、VSPECでは、PCケースを先に選びベースモデルを選択するというPCケースを軸にした方法があるので、おすすめです。

 

かっこいいPCケースのBTOパソコンの紹介

では、かっこいいPCケースのゲーミングPCを3つ紹介します。

 

今回は、PCケースのデザイン性についてなので、ペックについてはリンク先での確認をお願いします。

 

ゲーミングPCなので、グラフィックボードを搭載しており、基本性能は高いものばかりです。

また、ベースモデルのCPUやグラフィック性能が低いのであれば、各自カスタマイズすれば十分対応可能です。

 

 

LEDでほぼ全てのパーツを光らせるサイコムの「G-Master Luminous Z390 RGB」

002

サイコムの「G-Master Luminous Z390 RGB」というゲーミングPCで、In WinのPCケースが使用されています。

 

PCケースのロゴやインターフェース部分が光っているのが印象的ですね。

また、光るパーツ数も多く、水冷クーラーやケースファンだけでなく、グラフィックボードのロゴや電源ケーブルまで光っています。

 

ここまで光っているBTOパソコンは、なかなか珍しいので、LED好きという方にはおすすめですね。

 

G-Master Luminous Z390 RGBを確認する

 

 

白色PCケースで有名なNZXTを使ったサイコムの「G-Master Spear Z390-Mini II」

001

サイコムの「G-Master Spear Z390-Mini II」というゲーミングPCで、白色を基調として、サイドパネルが強化ガラスになっているのが特徴的なPCケースです。

 

比較的、シンプルでスタイリッシュなPCケースを出している「NZXT」というメーカーのPCケースが使用されています。

カラーリングは、ホワイトとブラックの2パターンから選択可。

 

白いフロントパネル、内部の白フレームと黒色のバランスが良く、おしゃれなPCケースですね。

 

私は自作パソコンでPCケースにこだわった時は、NZXTの白PCケースを購入しましたが、かなり気に入っています。

 

G-Master Spear Z390-Mini IIを確認する

 

 

 

赤のアルミフレームと強化ガラスが印象的なマウスコンピューターの「マスターピースシリーズ」

img_series_04

マウスコンピューターの「マスターピースシリーズicon」というゲーミングPCで、フロントパネルの赤いアルミフレームと黒い強化ガラスが印象的。

 

こういったワンポイントでアルミフレームとして入っているPCケースは珍しいですね。

全体的に赤いアルミケースというPCケースはありますが、その場合、ちょっと主張激しいかな…というような印象なのですが、このBTOパソコンの場合は、ワンポイントというのが良いですね。

 

サイドパネルは強化ガラスで、パソコン内部が見れるようになっています。

 

マスターピースシリーズを確認するicon

 

 

まとめ:ケースは性能にほぼほぼ関係ないが、モチベーションは変わる!

パソコンのPCケース自体は、性能にほぼほぼ関係ないので、完全に見た目のみのこだわりとなります。

 

とは言え、自分好みのPCがデスク横に置かれているだけで、作業する時のテンションは上がるものです。

私も結構PCケースにこだわったことがあるので、今ちょっと変えようかどうか迷っているという方は、ぜひこだわってみることをおすすめします。

 

パソコンは一度買えば、3,4年は買い替えないと思うので、この機会にぜひ検討してみて下さい!

 

PCケースのデザイン性を追求するなら、BTOでもPCケースが選べるメーカー2選!デザイン重視派必見が参考になります。

 

また、最新のセール情報もまとめているので、こちらも上手く活用すれば、お得にゲーミングPCを手に入れることができると思います。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です