ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

OSなしのBTOパソコンについて解説!既にWindowsOSがある方人必見

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

別でWindows OSを持っている。
無料のLinux OSを入れて、予算を抑えたい!
という方に向けて、OS非搭載のBTOパソコンメーカーを紹介します。

 

結論を先に言うと、ストーム、SEVEN、VSPECの3社がOSなしのBTOパソコンを取り扱っています。

 

OSなしのBTOパソコンをどう使うのか

通常パソコンを購入する際は、初めからOS(Operating System)がインストールされています。

このOSのおかげで、ユーザーの皆さんは、簡単にファイル・フォルダーを作成したり、ネット検索や動画を見たりすることができます。

 

しかし、OSが無いパソコンは、今までやっていたことが何もできません。

では、そんなOSの無いパソコンを一体どういう場合に購入・使うのかを簡単に解説します。

・別でWindows OSを持っている場合

・無料のLinux OSをインストールして使う場合

 

別でWindows OSを持っている場合

何かしらの理由でWindows OSを既に持っていて、OSなしのパソコン購入後に自分でインストールするような場合です。

Windows OSのライセンス的に大丈夫か確認する必要がありますが、前に使っていたパソコンのOS入りストレージをそのまま移植して使う場合。

また、たまたまセール等でOSが安く手に入ったなどです。

 

結構レアケースな気がするので、あまり無いような気がしますが。。。

 

無料のLinux OSをインストールして使う場合

次に、Windows OSでは無くて、無料のOSを入れて使用する場合です。

有名な無料のOSと言えば、Linux、Ubuntu、CentOSなどがあります。

 

しかし、動画編集ソフトやゲーム、Officeやその他のソフトウェアは、OS毎に対応 / 非対応が分かれており、有名なソフトウェアの場合ほとんどがWindows / Mac のみの対応となっています。

Linuxは、シェアが少ないこともあり、そこまでソフトウェアが対応していないことがほとんどなので注意が必要です。

 

ある程度、Linuxに関する知識があって、何ができて、何ができないということを理解している人向けになります。

ここを分かっていないとLinuxをインストールした後に、やりたいゲームができないじゃないか!というようなことがおきます。

 

 

OSなしの場合、どのくらい安くなるのか

OSなしのBTOパソコンの場合、OSがインストールされていないわけですから、インストールされている場合に比べて価格が安くなります。

 

BTOパソコンメーカーにもよりますが、大体10000円~15000円ぐらい安くなりますね。

ちなみに、OSの値段は大体13000~18000円ぐらいなので、3000円ぐらい割高な感じになってしまいますね。

 

セール情報バナー

OSなしのBTOパソコンがあるメーカーの紹介

では、OS非搭載のBTOパソコンメーカーを紹介します。

大手のBTOパソコンメーカーの場合、ほとんど取り扱っていないので必然的にマイナーなメーカーになってきます。

 

取り扱っているのは、ストームSEVENVSPECの3社のBTOパソコンメーカーとなります。

1つずつ紹介していきます。

 

ストーム

BTOパソコン _ 通販のストーム - 190207-154503

 

スタンダードなモデルからゲーミングモデル、省スペースモデル、静音モデルなどを取り扱っています。

Intel CPUを搭載したBTOパソコンを扱っており、性能が低めなCeleronから高性能なCore i9まで幅広くカスタマイズすることができます。

 

カスタマイズ画面

000214

 

ベースとなるパソコンを選択した後、カスタマイズ画面となりユーザーの必要に応じて各パーツをグレードアップ・グレードダウンすることができます。

そこにOSの項目があるので、画像のように[無し]を選択することで、OS非搭載のBTOパソコンにすることができます。

 

ストームでパソコンを探す

 

 

SEVEN

BTOパソコンならパソコンショップSEVEN|BTOパソコン通販 - 190207-154522

 

タワー型・スリム型のスタンダードなモデル、ゲーミングモデル、ハイエンドなモデルを取り扱っています。

CPUやGPUなどのパーツから選択できるようになっているので、パーツの知識が少しある方にとっては選択しやすいインターフェースになっています。

 

ベースモデル選択画面

000215

 

ベースモデルを選択する際に、OSの搭載 / 非搭載を選択することができます。(画像下の3つの枠部分)

選択肢としては、「Windows OS搭載 / モニタ無し」「Windows OS搭載 / モニタあり」「Windows OS非搭載 / モニタ無し」となっています。

 

2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了となりますが、それに伴ってWin 10搭載PC買換え応援キャンペーンをしています。

Windows 10搭載PCが特別特価で、8000~31000円OFFされているようです。

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

SEVENでパソコンを探す

 

 

VSPEC

BTOパソコン(PC)の通販 - 190207-154532

 

VSPECでは、FX/デイトレ向け、ゲーミング向け、静音&無音モデル、クリエーター向け、サーバー向けなど幅広く取り扱っています。

302種類のPCケースと1,927種類のPCパーツから自由に選択できるフルカスタム型のBTOパソコンメーカーです。

 

他のメーカーでは各パーツで数種類の中でカスタマイズすることが多いですが、VSPECではパーツ毎に10種類、またはそれ以上の数が用意されています。

おそらく、ここで自分好みのスペックにカスタマイズできなければ、他のメーカーでは無いんじゃないか?と思うほどです。

 

カスタマイズ画面

000216

 

ベースモデルを選択した後、カスタマイズ画面のOSの項目で[無し]を選択することができます。

 

PCケースの豊富さも圧倒的なので、性能だけでなくデザイン性も求めるのであれば、VSPECが断然おすすめです。

 

VSPECでパソコンを探す

 

 

まとめ:OSなしパソコンを取り扱っているBTOメーカーが意外とあった

OS非搭載のBTOメーカーは、あまり無い、あっても1社ぐらいだろうと思っていたので意外とありましたね。

 

OS非搭載にするのは、コアな方がほとんどだと思うので取り扱っているメーカー自体少ないという感じ。

1つ1つメーカーを調べていくのも手間だと思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です