【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

FilmoraからYoutubeに動画の即アップロードを試す。

Youtubeへの動画アップロード作業を簡単にできないか検討している方向けに、直感的動画編集ソフト「Filmora」からYoutubeに簡単にアップロードする方法を実際に試して紹介します。

 

 

FilmoraからYoutubeに簡単アップロードができる

Filmoraとは、Wondershareが開発・販売している初心者から中級者向け動画編集ソフトウェアです。

そのFilmoraは、動画編集ソフト内から直接Youtubeにエンコードした動画をアップロードするという機能を持っています。

 

Filmoraを知らない人は、下の記事をチェック。

これから動画編集を始める人におすすめな直感的操作の「Filmora」

 

Youtube向けにエンコード、アップロードする設定画面

000016

 

具体的な操作方法については、下の「実際にFilmoraからYoutubeにアップロードを試す」で紹介します。

 

この機能を使えば、エンコードするまで待った後に、Youtubeのサイトに行って色々画面を移動してアップロード!という煩わしい操作が不要になります。

 

ただし、画像にあるようにタイトル、説明(概要欄)、品質(解像度)、カテゴリ程度の設定のみとなるので、各言語への翻訳やサムネイルの設定などはYoutubeから設定する必要があります。

 

 

Youtubeでアップロード作業は大変

Youtubeでのアップロード作業は、意外と面倒ですが、その理由は次のようなものになると思います。

動画をアップロードされる方は、共感して頂けると思います。

 

 

Youtubeの動画管理画面の操作が難しい

様々なサービスを展開しているGoogleが運営するサイトとは思えないほど、動画管理画面周りの操作が複雑な印象です。

手慣れてしまえば迷うことはないと思いますが、色々設定するために、いくつか画面を移動したりと手間が掛かります。

 

それを動画編集ソフトから入力してアップロードできるのはありがたいものです。(笑)

 

 

エンコード待ちとアップロード待ちが長い

エンコードする際は、多くは別の作業をしていると思います。

パソコンで作業していることもあれば、パソコンから離れて作業することも。

 

その場合、エンコード処理(待ち) -> エンコード完了に気づく -> Youtubeにアップロード(待ち)という流れになるかと思います。

しかし、エンコードが完了したかちらちら見るのも嫌だし、かと言って知らない間にエンコード完了してアップロードするのは数時間後というのも嫌なものです。

せっかく、苦労して動画を作ったのだから、少しでも速くみんなに見てもらいたいというのもあるでしょう。

 

そんな時、Filmoraでは、エンコード処理完了後に自動的にアップロード処理を開始するため、エンコードからYoutubeへの公開までスムーズに行うことができます。

 

時間を賢く使うにはピッタリの動画編集ソフトです。

 

 

実際にFilmoraからYoutubeにアップロードを試す

では、どのくらい簡単になるか実際にFilmoraからYoutubeに動画をアップロードしてみます。

 

ざっくりとした手順で言うと次のようになります。

①Youtube向けにアップロードするための設定を入力

②Filmoraのエンコード処理&Youtubeにアップロード

③Youtubeへのアップロード確認

 

 

①Youtube向けにアップロードするための設定を入力

Filmoraの画面の「作成」ボタンを押し、Youtube向けにアップロードするための画面を開きます。

 

Youtube向けにエンコード、アップロードする設定画面

000017

 

1.左のメニューからYoutube向けのエンコード設定画面を開きます。

 

2.Youtubeにサインインします。(この作業は始めの1回のみです)

Googleのアカウント入力画面が表示されるので、アカウントを入力します。

その後、お使いのアカウント、または、ブランドアカウントを選択し、アップロードするチャンネルを指定します。

「FilmoraがYoutubeへのアクセスをリクエストしています。」というような文言がでてくると思うので、許可をします。

 

これで画像のように、Youtubeマークの下にチャンネル名が表示され、サインアウトになっていれば成功です。

000018

 

 

3.タイトルや説明、品質などを入力&設定を行います。

 

4.右下の「作成」ボタンを押す。

 

以上です。

 

一番長いサインインの作業も始めの1回だけなので、大した手間では無いですね。

 

 

 

②Filmoraのエンコード処理&Youtubeにアップロード

 

特に何かをする必要はなく、ただ待つだけです。

 

エンコードの進捗状況

000021

 

Youtubeへのアップロードの進捗状況

000023

 

完了後は動画のURLが表示されるので、そこから確認することができます。

 

 

 

③Youtubeへのアップロード確認

 

Youtubeの動画管理画面でアップロードできたか確認してみましょう。

 

000025

 

きちんと設定したタイトル、説明、タグでアップロード、公開されていました。

 

Filmoraの公式サイトで確認する

 

 

Filmoraのライセンスに関する注意点

広告等による利益を得る事を前提として営利目的でYoutubeにアップロードする場合は、商用向けライセンスが必要です。

詳しくは、公式サイトの「購入前のご質問」のページをチェックしてください。

 

まとめ

・FilmoraからYoutubeに簡単アップロードができる
・Youtubeでアップロード作業は大変
・実際にFilmoraからYoutubeにアップロードを試す
・Filmoraのライセンスに関する注意点

 

Filmoraはかなりお手頃価格な買い切りタイプの動画編集ソフトなので、これから動画編集始めたいという方にはおすすめです。

特にYoutubeで収益化を目指しているが、始めは費用を抑えたいので、Adobe Premiere Proのように月額料金はちょっと厳しいという方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です