ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

FilmoraでYoutubeに動画をアップロードする機能を試す。

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Filmoraで簡単・手軽にYoutubeに動画をアップロードする方法を解説します。

編集ソフトでエンコードして、終わったのを確認して、次はアップロード作業…というのは意外と面倒ですが、Filmoraを使えば一発でできるので、少し手間が減って楽になります。

 

Filmora

created by Rinker
Filmoraの期間限定キャンペーン情報
【10/23(水)まで】結婚式エフェクト無料プレゼントキャンペーン

≫ 関連記事:Filmoraの特徴や機能、ライセンスなどをまとめて解説

 

FilmoraのYoutubeアップロード機能について

動画編集ソフトのFilmoraには、エンコード完了後に、自動でYoutubeにアップロードする機能があります。

 

これを使うことで、”Youtubeのクリエーターページを開いて、動画を選んでアップロードする…”という作業が不要になります。

 

言葉で説明すると「そんなのあんまり手間じゃないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実際に、両方を体験すると、FilmoraからYoutubeにアップロードした方が、やっぱり楽だなと感じます。

 

また、Filmoraならエンコード完了後に、すぐにアップロードを開始してくれるので、時間や手間を省くことができるので便利ですね。

 

Youtube向けにエンコード、アップロードする設定画面

Filmoraのエンコード処理、Youtubeへのアップロードの設定をする画面です。

具体的な操作方法については、後程詳しく解説していきますが、Filmoraからこのように設定できるので、かなり便利だと思います。

 

この機能を使えば、エンコードするまで待った後に、Youtubeのサイトに行って色々画面を移動してアップロード!という煩わしい操作が不要になります。

 

注意

画像にあるようにタイトル、説明(概要欄)、品質(解像度)、カテゴリ程度の設定のみとなるので、各言語への翻訳などの詳細な設定については、Youtubeから設定する必要があります。

 

Filmora

created by Rinker

 

 

セール情報バナー

FilmoraからYoutubeにアップロードを実際に試す

では、どのくらい簡単になるか実際にFilmoraからYoutubeに動画をアップロードしてみます。

 

ざっくりとした手順で言うと次のようになります。

  1. Youtube向けにアップロードするための設定を入力
  2. Filmoraのエンコード処理&Youtubeにアップロード
  3. Youtubeへのアップロード確認

 

たった、3ステップですね。

 

①Youtube向けにアップロードするための設定を入力

Filmoraの画面の「出力」ボタンを押し、Youtubeタブを押すことで、下の画面のような設定画面に行くことができます。

 

Youtube向けにエンコード、アップロードする設定画面

 

1.Youtubeにサインインします。(この作業は始めの1回のみです)

Googleのアカウント入力画面が表示されるので、アカウントを入力します。

その後、お使いのアカウント、または、ブランドアカウントを選択し、アップロードするチャンネルを指定します。

「FilmoraがYoutubeへのアクセスをリクエストしています。」というような文言がでてくると思うので、許可をします。

 

若干ぼかしていますが、画像のように、Youtubeマークの下にチャンネル名が表示され、サインアウトと表記(=サインイン状態)になっていれば成功です。

 

2.タイトルや説明、品質などを入力&設定を行います。

3.右下の「出力」ボタンを押す。

 

以上です。

 

一番長いサインインの作業も始めの1回だけなので、大した手間では無いですね。

 

 

②Filmoraのエンコード処理&Youtubeにアップロード

特に何かをする必要はなく、ただ待つだけです。

 

エンコードの進捗状況

000021

 

エンコード完了後、自動的にアップロード作業に入ります。

この間にユーザーが操作する必要が無いというのは、ちょっとした違いなのですが有能ですよね。(笑)

 

Youtubeへのアップロードの進捗状況

000023

 

完了後は、YoutubeのURLが表示されるので、そこから確認することができます。

 

 

③Youtubeへのアップロード確認

 

Youtubeの動画管理画面でアップロードできたか確認してみましょう。

 

000025

 

きちんと設定したタイトル、説明、タグでアップロード、公開されていました。

 

Filmora

created by Rinker

 

まとめ:Youtubeアップロード機能は、煩わしい操作が減るので楽!!

Filmoraからアップロードする手順を解説してきましたが、大切なポイントをまとめておきたいと思います。

 

  • エンコード後に、Youtubeの画面に行って、色々設定してアップロード作業して…というのは意外と面倒
  • FilmoraのYoutubeアップロード機能であれば、エンコード完了後に自動的にアップロード
  • 1回目にYoutubeにサインインする手間はあるが、それ以降は超楽!

 

Filmoraはかなりお手頃価格な買い切りタイプの動画編集ソフトなので、これから動画編集始めたいという方にはおすすめです。

特にYoutubeで収益化を目指しているが、始めは費用を抑えたいので、Adobe Premiere Proのように月額料金はちょっと厳しいという方におすすめです。

 

その他、特徴や機能、ライセンスなどFilmoraについてもっと知りたい方向けに、Filmoraを幅広く解説でまとめています。

 

動画編集におすすめなデスクトップパソコンを性能別に紹介で動画編集におけるPCパーツの役割と必要な性能を含めて解説しているので、検討中や迷っている方は是非1度チェックしてみて下さい。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です