最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【Surface Pro 6使用】バッテリー情報(容量、劣化具合など)を取得する方法

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ノートパソコンや2in1パソコンなどのバッテリーを搭載したパソコンのバッテリー情報を取得する方法を紹介します。

 

今使っているパソコンの

  • バッテリー容量がいくらか
  • バッテリーがどのくらい劣化しているのか

などを確認することができます。

 

また、本当にバッテリーが消耗してバッテリーの持ちが悪いのかネット接続やバックグラウンドのアプリが原因でバッテリーの持ちが悪いのか切り分けすることもできます。

 

今回は、2018年10月に発売された Surface Pro 6 を使ってバッテリー情報を取得します。

 

Surface Pro 7の発売でPro 6が大幅値下げ!!今だからこそおすすめ
・発売当初より約5万円の割引き ⇒ Amazonで確認
Surface Pro 6を徹底レビュー(Pro3, Pro6合わせて約4年愛用)

バッテリー情報の取得について

ノートパソコンなどの製品の仕様表やスペック表を確認するとバッテリー容量を記載してくれているものもあります。

 

しかし、製品によっては、動画再生で何時間とか、待機状態で最長何時間というような表記をしており、具体的な数値が分からない場合がほとんどです。

 

実は、この具体的なバッテリーの数値を確認する方法があります。

 

今から紹介するバッテリー情報を取得する方法を使えば、バッテリー容量だけでなく、

  • バッテリーの劣化状況
  • 充電回数
  • 充電履歴
  • バッテリー消費のグラフ

など様々な情報を確認することができます。

 

パソコンを何年か使用していれば、「最近バッテリーの持ちが良くないなー。」ということを感じる時があると思います。

 

そういったときに、元々のバッテリー容量がいくらで、今はこの容量までしか充電されないということが分かれば、バッテリーの消耗具合パソコンの買い替えのの目安(※)になったりもしますので、ぜひ活用してみてください。

 

MAXのバッテリー容量(=購入時)と現在のバッテリー容量を比較して、かなり少なくなっているのであれば、バッテリーが消耗して持ちが悪いと判断できます。

 

一方で、少なくなっていないにもかからわず、バッテリーの持ちが悪いと感じる場合は、長時間のインターネット使用やバックグラウンドでアプリが実行されていている可能性があるので、その辺りを改善すれば長持ちする可能性があると判断できます。

 

※メーカーによっては、バッテリーを交換してくれることもあるので、買い替え前に調べると良いかもしれません。

 

バッテリー情報の取得方法

では、バッテリーの取得方法について紹介します。

 

バッテリー情報を取得するためのツールの起動

Windowsに標準搭載されている「Windows PowerShell」か「コマンドプロンプト」を使用します。

 

【起動方法①】

Windows 10 の場合、画面左下のWindowsボタンを右クリックすると、いくつかメニューが表示されます。

その中に、「Windows PowerShell」か「コマンドプロンプト」が表示されていると思います。

※Windows 10の中でもバージョンがあるのですが、そのバージョンによって表示されている項目が違うようなので、表示されている方を使うと良いでしょう。

 

管理者とそうでないものが2つあると思いますが、これもどちらでも構いません

 

【起動方法②】

キーボードの「Windowsボタン」 + 「R」で 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開きます。

そこに「cmd」を入力してOKを押すとコマンドプロンプトが起動されます。

 

バッテリー情報の取得方法

画面が出てきたら、以下のコマンドを入力してEnterを押しましょう。

コマンド:powercfg /batteryreport

※コピー&ペーストで入力できます。

 

画像では、Windows PowerShell (管理者)を使用しています。

 

コマンドの入力

000000

 

Enter入力後

000001

 

ファイルが保存されれば成功です。

バッテリー寿命のレポートが「C:\Windows\System32\battery-report.html」として保存されます。

 

system32のフォルダ内はファイルが多いので、ファイル名で検索すると見つけやすいです。

 

 

出力されたファイルの見方(Surface Pro 6で出力)

では、次に出力されたファイルには何が書かれているのか、どういう意味なのか解説します。

実際にSurface Pro 6 で取得したバッテリー情報を例に見ていきます。

 

大きく分けると次の項目が上から順に出力されています。

 

Battery report 基本情報

コンピューター名、製品名、BIOS、OSのビルド情報や取得日。

 

Installed batteries

搭載されているバッテリーに関する情報。

容量や充電回数が分かります。

 

Recent usage

最近(過去3日間)の電力状態。

 

Battery usage

最近(過去3日間)のバッテリーの使用量

 

Usage history

ACとバッテリーの使用履歴

 

Battery Capacity history

バッテリーの充電能力の履歴

この履歴でバッテリーの劣化具合を確認することができます。

 

Battery life estimates

取得したデータをもとにした残りの駆動時間の見積もり。

 

では、各項目について詳しく見ていきます。

 

 

Battery report 基本情報

Battery report - 1

コンピューター名、製品名などを含め、コマンドを実行したパソコンの基本的な情報を確認することができます。

 

Installed batteries

Battery report - 2

名前、製造メーカー、個体識別番号、バッテリーの種類、設計上のバッテリー容量、実際の充電容量、充電回数が確認できます。

 

Surface Pro 6 の設計上のバッテリー容量は、45000mWh, 実際の充電容量は、48760mWhです。

購入直後は、設計上の容量より実際の充電容量の方が多いみたいですね。

 

Recent usage

Battery report - 3

最近(過去3日間)の電力状態を確認することができます。

SOURCEがACの場合は、電源ユニットを接続して充電している時の履歴で、Batteryの場合は、電源ユニットを接続せず、バッテリー駆動で使用している時の履歴です。

その時々で、バッテリーの残量がパーセンテージとmWhで確認できるようです。

 

データを確認すると101%, 102%と100%を超えちゃってますが、設計上のバッテリー容量をもとに計算しているからでしょうか。(笑)

 

 

バッテリー容量の単位がmWh表記となっていますが、どちらかというとmAhの方が馴染みがあると思います。

mWhからmAhに変換することができるのですが、変換するには作動電圧(V)が必要となります。

 

しかし、色々調べたのですが、Surface Pro 6 の作動電圧が分からなかったので変換できませんでした。

 

Battery usage

Battery report - 4

最近(過去3日間)のバッテリーの使用量をグラフで確認することができます。

DURATIONの時間分で、どれだけバッテリーを消費したかがわかるようです。

 

Usage history

Battery report - 5

バッテリー駆動をしている時(BATTERY DURATION)と電源ユニットを接続している時(AC DURATION)の履歴が確認できます。

 

Battery Capacity history

Battery report - 6

バッテリーの充電能力の履歴で、これを確認することで劣化具合を判断することができます。

劣化具合を見るには、FULL CHARGE CAPACITYを確認します。

 

Surface Pro 6 のバッテリーを見ると

2018-10-30 –> 47910mWh

2018-11-27 –> 47020mWh

と最大バッテリー容量が少しだけ少なくなっていることがわかります。

 

Surface Pro 6 を購入したのが、2018-11-21ですが、それ以前の履歴もありますね。

製造されて動作確認などで起動した際のデータが残っているのでしょうか。

 

製造されてから1か月で、約900mWh減っているようです。

 

結構減っているような気がしますが、この減り具合が一般的なのか分からないので何とも言えないですね。

今後も定期的に確認してみたいと思います。

 

Battery life estimates

Battery report - 7

取得したデータをもとにした残りの駆動時間を確認することができます。

 

AT FULL CHARGE の ACTIVEが、バッテリー駆動で使用し続けた場合の駆動時間。

AT FULL CHARGE の CONNECTED STANDBYが、スタンバイ状態にし続けた場合の駆動時間。

 

2018-11-27を確認すると、残り6時間52分使い続けることができます。

スタンバイ状態だと、残り269時間19分3秒持ちます。

おそらく6%で16時間持ったからというデータをもとに計算しているのだと思います。

 

まとめ:バッテリーの持ちが悪いと感じた時の試してみましょう

メーカーなどの仕様表では分からない細かな情報を確認することができるので、一度試してみると面白いですよ!

 

バッテリーの持ちが悪いと感じた時に調べることで、

  • バッテリーが消耗してバッテリーの持ちが悪いのか
  • ネット接続やバックグラウンドのアプリが原因でバッテリーの持ちが悪いのか

切り分けすることもできるので、改善や買い替えの目安になると思います。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

Surface Pro 7の発売でPro 6が大幅値下げ!!今だからこそおすすめ
・発売当初より約5万円の割引き ⇒ Amazonで確認
Surface Pro 6を徹底レビュー(Pro3, Pro6合わせて約4年愛用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です