【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

Surface Pro 6のベンチマーク結果から各性能を評価

Surface Pro 6ってどのくらいの性能・スペックなの?

と気になる方向けに、ベンチマーク結果をもとにSurface Pro 6のCPU性能、グラフィック性能、ストレージ性能を解説していきます。

 

結論から言うと、Surface Pro (5), Pro 4と比較してかなり性能が上がっています。

今までの歴代のSurface Proの伸び率とは、1段階違っていました。

※第5世代のSurface Proにはナンバリングがありませんが、この記事では便宜上、Pro (5)という表記をしています。

 

Surface Pro 6のスペック

今回使用するSurface Pro 6 のスペックを紹介しておきます。

 

OS Windows Home
CPU Intel Core i5-8250U (1.6GHz / 4コア8スレッド)
メモリ 8GB
グラフィック Intel UHD Graphics 620
ストレージ SSD 256GB

Surface Pro 6 の、CPU, メモリ, ストレージ, 本体カラーについては、ユーザーが選択できる形式なので、他にどのようなスペックを選択できるか興味がある方は、公式サイトiconで確認してみてください。

また、実際にSurface Pro 6を使った感想や今だけの割引情報は、Surface Pro 6を徹底レビュー【購入して使用済み】を参考にしてみて下さい。

 

 

CPU性能のベンチマーク結果

CPU性能は、「PassMark PerformanceTest」を使って計測します。

 

PassMark PerformanceTestのCPU Mark

CPU スコア 備考
Core i7-8650U 8847 Surface Pro 6
Core i5-8250U 8845 Surface Pro 6
Core i7-980X 8782 同列スコアのデスクトップ向けCPU
Core i7-7660U 6033 Surface Pro (5)
Core i5-7300U 5192 Surface Pro (5)
Core i7-6560U 4821 Surface Pro 4
Core i5-6300U 4370 Surface Pro 4
Core m3-7Y30 3552 Surface Pro (5)
Core m3-6Y30 3051 Surface Pro 4

image

Surface Pro 6 の調子が良かったのか、i7-8650Uと同じぐらいのスコアがでていますね。

Pro (5), Pro 4と比較するとかなりスコアが上がっていることが分かります。

 

基本的にSurfaceに搭載されているCPUは、消費電力や発熱を抑えられているタイプ「U」を搭載しており、ノートパソコンやモバイル用のCPUです。

しかし、デスクトップ向けのCPUと比較した場合、Surface Pro 6と同じレベルのスコアを出すものは、どの世代のCPUか気になったので調べてみました。

 

調べたところ、Core i7-980Xが同じぐらいのスコアです

つまり、初代Core i7 のExtreme Edition(最上級モデル)と同じスペックを持っているということになります。

おそらく7年ほど前のCPUですが、その当時の最上位モデルの性能をモバイル用まで落とし込み、気軽に持ち運びできるようになったと考えると性能の進化に驚きますね。(笑)

 

 

グラフィック性能のベンチマーク結果

グラフィック性能は、「PassMark PerformanceTest」を使って計測します。

 

PassMark PerformanceTestの3D Graphics Mark

グラフィック スコア 備考
GTX 1060 9033
GTX 1050 4628
Iris Plus 640 1403 Surface Pro (5)
Iris 540 1345 Surface Pro 4
HD Graphics 620 1109 Surface Pro 6
HD Graphics 520 833 Surface Pro 4
HD Graphics 615 722 Surface Pro (5)
HD Graphics 515 645 Surface Pro 4

image

HD Graphicsの中では、比較的パフォーマンスの高いものが搭載されているようです。

しかし、2Dのゲームやブラウザゲームなどは楽しめると思いますが、3Dゲームをがっつり、快適に楽しみたいと思っている方にはおすすめできません。

 

グラフィック的には比較的軽めの3Dゲーム「Minecraft」で実際に試しましたが、デフォルトのグラフィック設定で20~50fpsでした。

Minecraftであれば、まだ普通~快適にプレイすることはできますが、それ以上のグラフィック性能が要求されるゲームは厳しいでしょう。

 

グラフィックボードと比較すると差は歴然という感じです。

しかし、Surface Pro はクリエイティブ用途、ビジネス用途という立ちなので、グラフィック性能はこれだけあれば十分と思います。

 

 

ストレージのベンチマーク結果

ストレージ性能は、「CrystalDiskMark6」を使って計測します。

 

CrystalDiskMark6の計測結果

000016

 

image

PCIe規格のSSDが搭載されているので、読み込み速度、書き込み速度共に、とても高速です。

パソコンのやアプリケーションの起動も遅いと感じたことはなく快適です。

 

また、持ち運びを前提にしているので、衝撃耐性の強いSSDの方が安心感がありますね。

(HDDは駆動部分やヘッダ部分など衝撃に弱い構造になっている。)

 

 

まとめ

ベンチマーク結果はいかがでしょうか?

 

全体的に前の世代と比較するとパフォーマンスが向上していますね。

CPUの性能向上と合わせ、PCIe規格のSSDには申し分ない性能です。

 

出先にちょっとした作業やビジネス用途には、ストレスなく快適に使えるのでおすすめです。

 

とは言え、グラフィックボード非搭載で3Dゲームなんかは厳しいです。

ゲームや動画編集などの用途も踏まえた上で、グラフィックボード搭載のコスパの良いおすすめのBTOパソコンを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

≫ 関連記事:【最新版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説

 

もっと、Surface Pro 6について知りたいという方は、実際に使用して感想を書いたレビュー記事公式サイトも合わせてご覧ください。

MicrosoftでSurface Pro 6 を確認するicon

 

レビュー記事には、実際に購入して使用した感想だけでなく、今だけの割引情報も掲載しています。

Surface Pro 6を徹底レビュー【購入して使用済み】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です