最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

GPUの性能比較(仕様/スコア/価格/コスパ)表を作成してみた。【定期更新】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

GPUのスコアと価格のコストパフォーマンスを一覧化してみました。

 

自作PCでグラフィックボード(GPU)を選ぶ際に、やはり選ぶ基準となるのが

  • 性能と価格のコストパフォーマンス【コスパ重視派
  • とにかく高い性能のもの【パフォーマンス重視派

の2つに大きく分かれるんじゃないかなと思っています。

 

どのGPUが高性能かについては、各ベンチマークサイトを参考にすれば見ることができます。

しかし、価格に対してのコスパについては、ドル($)を元に算出されており、日本円換算にすると全く異なってくるため、どれがコスパの良いGPUかイマイチ分からないことが多いです。

 

そこで、日本円を基に算出したコスパの高いGPU、性能(スコア)の高いGPUを一目で見れる表を作りましたので、参考にしてみて下さい。

また、コスパ、高性能など色々な観点からおすすめのGPUを紹介しています。

 

CPUの仕様、コスパなどを確認したい方はこちら。

≫ 関連記事:CPUの性能比較(仕様/スコア/価格/コスパ)表

 

GPUの性能比較表

GPUスコア最安価格コスパコアクロック最大クロックメモリ量TDP
GeForce RTX 2080 Ti21593165000円13.09MHzMHzGBW
TITAN RTX19524324742円6.01MHzMHzGBW
GeForce RTX 2080 SUPER1938286800円22.33MHzMHzGBW
GeForce RTX 20801857386800円21.4MHzMHzGBW
GeForce RTX 2070 SUPER1810849444円36.62MHzMHzGBW
Quadro RTX 600019563714836円2.74MHzMHzGBW
GeForce GTX 1080 Ti1765553800円32.82MHzMHzGBW
Radeon RX 5700 XT1672242648円39.21MHzMHzGBW
GeForce RTX 20701617173167円22.1MHzMHzGBW
GeForce RTX 2060 SUPER1639349400円33.18MHzMHzGBW
Quadro P600015005677580円2.21MHzMHzGBW
Quadro RTX 500016922301010円5.62MHzMHzGBW
GeForce RTX 20601403836938円38MHzMHzGBW
Quadro RTX 800020448820704円2.49MHzMHzGBW
Radeon RX 57001447445330円31.93MHzMHzGBW
GeForce GTX 10801479742800円34.57MHzMHzGBW
GeForce GTX 1070 Ti1404638800円36.2MHzMHzGBW
Radeon RX Vega 641453339250円37.03MHzMHzGBW
Radeon RX Vega 561339338900円34.43MHzMHzGBW
GeForce GTX 1660 Ti1218127200円44.78MHzMHzGBW
GeForce GTX 980 Ti1378651380円26.83MHzMHzGBW
GeForce GTX 10701330651100円26.04MHzMHzGBW
GeForce GTX 1660 SUPER1267523755円53.36MHzMHzGBW
Radeon RX 5600 XT1348531291円43.1MHzMHzGBW
GeForce GTX 16601155121082円54.79MHzMHzGBW
GeForce GTX TITAN X12653448000円2.82MHzMHzGBW
Quadro P400011582119999円9.65MHzMHzGBW
Quadro P500011496268925円4.27MHzMHzGBW
Quadro P2200912755980円16.3MHzMHzGBW
GeForce GTX 9801109319800円56.03MHzMHzGBW
GeForce GTX 1650 SUPER981421089円46.54MHzMHzGBW
Radeon RX 590950523300円40.79MHzMHzGBW
GeForce GTX 10601014718220円55.69MHzMHzGBW
GeForce GTX 970965211300円85.42MHzMHzGBW
GeForce GTX TITAN Black9084122535円7.41MHzMHzGBW
Radeon RX 580874818000円48.6MHzMHzGBW
Radeon RX 5500 XT896520226円44.32MHzMHzGBW
GeForce GTX 1650773018860円40.99MHzMHzGBW
GeForce GTX TITAN Z8238289140円2.85MHzMHzGBW
Quadro P2000721759980円12.03MHzMHzGBW
Radeon RX 570696713900円50.12MHzMHzGBW
GeForce GTX 1050 Ti637313311円47.88MHzMHzGBW
GeForce GTX 960599020800円28.8MHzMHzGBW
GeForce GTX 950536240391円13.28MHzMHzGBW
GeForce GTX 105053499800円54.58MHzMHzGBW
Quadro P1000436450600円8.62MHzMHzGBW
Radeon RX 56036499980円36.56MHzMHzGBW
Quadro P620368523980円15.37MHzMHzGBW
Radeon RX 55028237463円37.83MHzMHzGBW
Quadro P600348612900円27.02MHzMHzGBW
GeForce GT 103026208600円30.47MHzMHzGBW
Quadro P400164014800円11.08MHzMHzGBW
Intel UHD 63015390円0MHzMHzGBW
GPU掲載件数:53件
価格更新日:2020/11/24

表のデータは以下のルールに基づき作成しています。

・スコアは、PassMarkを参考にしています。

・コスパは、100円当たりのスコア値を示しています。

・表の項目(水色背景)から各項目の並び替えが可能。

・価格は、Amazonを参考にしており、定期的に更新します。

・GPUは同一チップでも複数のメーカーから出ているので、その中で最安価格を表示しています。

・価格を取得してるメーカーは、NVIDIA, MSI, 玄人志向, ASUS, GIGABYTE, ZOTAC, ELSA, EVGA, SAPPHIRE, ASRock, Powercolorです。

・市場に出回っているデスクトップ向けGPUのみ

(ノート・モバイル向けは省略)

・大体、最新から第3世代ぐらいを遡って掲載。

・CPU内蔵GPUは、スコア参考のため掲載。

 

GPUの性能比較表の総評

コストパフォーマンスに関しては、ややNVIDIA GeForceシリーズが優勢と言った印象。

AMD Radeonシリーズも高いところにランクインしているものの、コスパ、スコアは少し劣る結果となっています。

スコアに関しても全体的にNVIDIA GeForceシリーズが高いですね。

 

また、PCゲームのプラットフォームであるStramの統計によると、グラフィックボードのメーカー別使用率は次のようになっています。

NVIDIA:約75%

AMD:約15%

Intel(CPU内蔵GPU):約10%

(引用:Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: January 2020

 

BTOパソコンなどのグラフィックボードを見ても、ほとんどがNVIDIAのGeForceシリーズなので、AMDより人気が高いようですね。

 

 

MEMO

上の表の価格・コスパと下記のおすすめCPUの更新タイミングが違うため、上の表と多少ズレる場合があります。

その場合は、上の表を参考にして下さい。

汎用的に使えるコスパの高いおすすめのグラフィックボード

性能が高めで色々な用途に幅広く使えて、さらに、コストパフォーマンスの高いグラフィックボードを解説します。

 

軽め~普通ぐらいの3Dゲーム、3DCG/モデリング、動画編集、勉強用や検証用としてのAI学習など、様々な用途に汎用的に使うことができる性能を持っています。

 

価格を抑えつつ、色々な用途に使えるレベルのグラフィックボードなので、自作PCを初めてするという方は、このあたりのコスパの高いグラフィックボードが狙い目ですね。

 

紹介するグラフィックボードは、次の2つです。

  • NVIDIA GeForce GTX 1660
  • NVIDIA GeForce RTX 2060

 

NVIDIA GeForce GTX 1660

コア: / MHz(MHz)
メモリ量:GB / TDP:W
スコア:11551 / 価格:21082円 / コスパ:54.79
NVIDIA GeForce GTX 1660は、最近のグラフィックボードの中では、性能とコストパフォーマンスを兼ね備えているということもあり人気が高いですね。

 

GTXと言うことで、RTXとは違い、リアルタイムレイトレーシング機能が付いていないので注意。

≫ 関連記事:RTX2000とGTX1000シリーズの違い

 

 

NVIDIA GeForce RTX 2060

コア: / MHz(MHz)
メモリ量:GB / TDP:W
スコア:14038 / 価格:36938円 / コスパ:38
NVIDIA GeForce RTX 2060は、全体的に見るとコスパは少し下がってしまいます。

 

しかし、最新世代のRTXシリーズの中では、最もコスパの高いグラフィックボードです。

コスパの維持しつつ、もう少し性能が欲しいという方にはおすすめですね。

 

 

高いパフォーマンスを発揮するハイエンドなおすすめのグラフィックボード

高性能で、大体の用途で不満なく使えるレベルのグラフィックボードを解説します。

 

ただ単に、性能(スコア)の良いものを選んでしまうと、持て余してしまうほどの高性能さと高価格でコスパが悪くなるので、コスパもある程度考えながらも、ハイパフォーマンスな部類のグラフィックボードを選んでいます。

 

紹介するグラフィックボードは、次の2つです。

  • NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
  • NVIDIA GeForce RTX 2070

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER

コア: / MHz(MHz)
メモリ量:GB / TDP:W
スコア:19382 / 価格:86800円 / コスパ:22.33
NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERは、ハイエンドなグラフィックボードであるにも関わらず、同性能帯の2080 Tiと比較して、とてもリーズナブルでコスパの高いものとなっています。

 

と言うか、2080 Tiが高価すぎるんですよね(笑)

 

このグラフィックボードであれば、かなり重めな3Dゲームであっても、グラフィック設定を良いものに変えた上でも、快適に動作するかなと思います。

 

下で、色々なゲームでfpsを計測しているので、参考にしてみて下さい。

参考 the比較GeForce RTX 2080 SUPER のベンチマーク

 

 

NVIDIA GeForce RTX 2070

コア: / MHz(MHz)
メモリ量:GB / TDP:W
スコア:16171 / 価格:73167円 / コスパ:22.1
NVIDIA GeForce RTX 2070は、RTX 2080 SUPERより、もう少しコストパフォーマンスを意識したグラフィックボードです。

 

性能は少し下がるものの、価格が安くなり、コスパが高くなるのでお得感がありますね。

 

プレイしたいゲームで動作するのであれば、こちらの方が良いかなと思います。

 

下で、色々なゲームでfpsを計測しているので、参考にしてみて下さい。

参考 the比較GeForce RTX 2070 のベンチマーク

 

 

 

まとめ:性能比較表で求めているグラフィックボードをサクッと探そう!

人によってグラフィックボードを選ぶ基準は色々あるかと思いますが、やはり、性能と価格のコストパフォーマンスは、多くの方が意識するところかなと考えています。

 

ベンチマークサイトや仕様表でグラフィックボードの性能比較ができるところは多いですが、

  • 価格が分からず、コスパが良いのか悪いのか分からない。
  • ドル($)ベースで価格が書かれていて、日本の価格とは大きく違うので参考にならない

ということで、結局コスパが分からないということが多いと思います。

 

この表は、日本円ベースでコスパを算出しているので、より簡単に求めているグラフィックボードが探せるかなと思いますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

CPUの仕様、コスパなどを確認したい方はこちら。

≫ 関連記事:CPUの性能比較(仕様/スコア/価格/コスパ)表

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

1 COMMENT

デスクトップPC自作 グラボ選定 「SAPPHIRE PULSE RADEON RX 570 8G GDDR5」を選択 | ごらくびより へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です