BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

Surface Pro 6でMinecraftが快適か検証

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Surface Pro 6でMinecraftってできるの?
グラフィックボードが無くてもMinecraftできるの?
と気になる方に向けて、実際にSurface Pro 6 のCPUのグラフィック性能(Intel UHD Graphics 620)だけでどこまでプレイできるのか検証します。

 

結論を先に言うと、プレイ中は30fps前後で思っていたより楽しめたが、高負荷なシーンでは厳しい感じ。

 

MinecraftをプレイするSurface Pro 6のスペック

今回使用するSurface Pro 6 のスペックは次の通りです。

 

スペック一覧

OS Windows Home
CPU Intel Core i5-8250U (1.6GHz / 4コア8スレッド)
メモリ 8GB
グラフィック Intel UHD Graphics 620
ストレージ SSD 256GB

一応参考程度に、他のグラフィックボードとどれほどの性能差があるのか確認しておきます。

参考:PassMark

 

グラフィック性能比較

GPU スコア
GTX 1060 9033
GTX 1050 4628
UHD Graphics 620 1109

 

要するに、グラフィックボードが搭載されておらず、CPUのグラフィック機能だけでMinecraftがどこまでプレイできるのか?という検証ですね。

 

 

セール情報バナー

Minecraftの動作環境の確認

実際にプレイする前にMinecraftの動作環境も確認しておきます。

 

最新の動作環境は公式ページにて。

項目 必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Core i3-3210(3.2 GHz)

AMD APU A8-7600(3.1GHz)

Intel Core i5-4690

AMD APU A10-7800(3.5GHz)

メモリ(RAM) 2GB 4GB
GPU(オンボード) Intel HD Graphics 4000シリーズ(Ivy Bridge)
GPU(グラフィックボード) GeForce 400シリーズ

Radeon HD 7000シリーズ

GeForce 700シリーズ

Radeon Rx 200シリーズ

※2018/12/20 時点

 

GPUがオンボードの場合の必要スペックは、Intel HD Graphics 4000シリーズが必要なようです。

Intel HD Graphics 4000のスコアは、456なのでSurface Pro 6 のUHD Graphics 620(スコア:1109)で十分満たしていますね。

 

では、推奨スペックの方ではどうでしょうか。

GeForce 700シリーズ とありますが、700シリーズで一番性能が低いGeForce GT 710 でもスコアが679あるので、UHD Graphics 620で満たしていると言えます。

 

思ったより低いスコアのグラフィックボードでも推奨スペックを超えているので驚きです。

公式が出している動作環境を見る限り、結構低スペックでもMinecraftを楽しめそうですが、実際のところどうなんでしょうか。

 

 

Minecraftを実際にプレイ

では、実際のプレイしていこうと思います。

プレイするにあたり、快適に動作しているかどうかは、FPS値で確認していこうと思います。

※FPSは、MinecraftでF3を押すとでてくるのでそれを参考にします。

 

動作環境のスペックは満たしていたものの、敵が多く出現したり、TNTをたくさん爆破させた時、テスクチャ変更時など比較的重い処理の場合、どのくらいのFPSになるのか気になるところですね。

 

FPSの目安について

では、どのくらいのFPS値があれば、快適と言えるのか知っておく必要がありそうですね。

個人差にもよりますが、30fpsであれば多くの人は十分満足できると思います。

 

参考として、TV放送は約30fps、アニメは約24fpsで作られているようです。

TV放送でカクついているな。とは思わないと思います。

20fpsを切るとカクカク感が現れて重いと感じ始めると思います。

 

 

Minecraftの設定

基本的にデフォルトで行っていますが、一応設定を貼っておきます。

画面サイズは、最大で行っているので、解像度:2736 × 1824です。

 

000094

 

確認する場面

  • アイドル時
  • 一般的なプレイ時
  • 新規マップの生成時
  • 敵が多い場合
  • TNT爆破した場合
  • テクスチャ変更時

 

アイドル時

プレイヤーが何もしておらず、周りにも処理が重くなるようなことが起きていない場面です。

000044

FPS:25~35 fps

CPU使用率:30~50%

CPU温度:50~55℃

CPUの温度が50~55℃になっていましたが、Surface Pro 6 の本体自体は、触っても少し温かいな。と感じる程度で、おそらく40℃あるか無いかぐらいだと思います。

 

一般的なプレイ時

移動、ブロックの設置、破壊などの一般的な動作です。

000045

FPS:25~35 fps

CPU使用率:30~50%

CPU温度:50~55℃

 

新規マップの生成時

ゲーム内で新たな場所に行く際は、マップの生成と読み込み処理が行われます。

この生成処理が意外にカクついた覚えがあるので、確認してみます。

000059

FPS:30~35 fps

CPU使用率:50~80%

CPU温度:50~60℃

 

敵が多い場合

敵モブが多く出現した場合は動作が重くなりがちです。

試しに、敵モブを適当に20体ほど出現させて確認してみます。

000080

FPS:18~20 fps

CPU使用率:40~70%

CPU温度:50~60℃

 

TNT爆破した場合

TNTを爆破する時も重くなりがちです。特に複数のTNTを爆破させたときは止まることもあります。

周囲へのブロックへのダメージ計算、爆破後の地形データの更新、爆発による別のTNTの飛ぶ軌道など、詳しくは知りませんが様々な演算が行われていることでしょう。

000065

FPS:0~30 fps

CPU使用率:50~70%

CPU温度:50~55℃

 

TNT設置時、点火時のFPSは、20~30前後ですが、爆破時は1秒ぐらいFPSが0になります。

TNTは、10個、20個、30個の場合を試し、平均した結果を書いています。

 

個数に関係なく同じようなFPS値となりますが、爆破時の0FPSは、TNTの個数が多くなるにつれて長くなりました。

TNT好きな人でも30個程度に留めておくのが良いでしょう。(笑)

 

テクスチャ変更時

デフォルトのテクスチャでは味気ない。もっと高解像度でおしゃれな見た目のテクスチャでプレイしたいという方もいると思います。

デフォルトのテクスチャは、16×16ですが、32×32, 64×64, 128×128, 256×256 で試していきます。

 

256×256のプレイ画像

256x_000090

32×32 64×64 128×128 256×256
FPS 25~30 25~30 25~30 14~16
CPU使用率 40~50% 40~50% 30~60% 40~50%
CPU温度 50~55℃ 50~55℃ 50~55℃ 50~55℃

 

32×32, 64×64, 128×128については、FPSは特に変わらない結果となりました。

256×256は、FPSが10ほど下がり、14~16となりました。

 

少しカクつく感じはあるが、全くプレイできないというわけではありませんでした。

しかし、敵がたくさん出てきた時など少し負荷が掛かる状況になれば、満足にプレイできないと思います。

 

 

まとめ

結果として、思っていたより楽しめたというのが正直な印象です。

モバイル端末なので、もっとカクカクになると思っていたので驚きです。

 

一般的な動作については、FPS:25~35 fpsに収まっているので普通にプレイする分には問題ないようです。

テクスチャは128×128までであれば、FPSは維持できるので、高画質で楽しみたいという方でも大丈夫そうですね。

 

ただ敵が多い時という割とよくあるシーンで、18~20 fpsになるので戦闘時は、少しつらいかもしれません。

また、TNTなどの負荷が重い時になるとさすがに厳しく、一瞬止まるというな動作となります。これについては、グラフィックボードを搭載していても発生しますが。。。

 

結論としては、モバイル端末の割に楽しめることができたが、高負荷な状況を含めると、少し厳しいかなという印象です。

ちょっとした空き時間にライトに楽しむ分には良いですが、本格的に楽しむ分には難しいと思います。

余裕があるかと言われればそうでもないという感じでして、グラフィック設定でより遠くを見渡せるようにしたり、トラップタワー、影Modなどを使って本格的にプレイしたいという場合は、グラフィックボードが搭載されているパソコンの方が良いでしょう。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 

また、ゲーム以外のグラフィックボードを必要としない用途であれば、難なくこなせるSurface Pro 6のレビューは、下の記事を参考にしてください。

実際に購入して使用した感想だけでなく、今だけの割引情報も掲載しています。

≫ 関連記事:Surface Pro 6を徹底レビュー【購入して使用済み】



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です