ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

ノートパソコンのテザリングについて設定方法などを解説!外出先でもネット環境を簡単に構築

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ノートパソコンは持ち運びができるので、カフェや図書館、新幹線などで作業ができますが、ネット環境が無いと作業ができない場合も多いはず。

そんな方に向けて、外出先でも簡単・手軽にネット環境を構築できる(スマホ機能の)テザリングについて解説します。

 

ノートパソコンのテザリングについて

まず、テザリングについて簡単に説明しておきます。

 

デザリングとは、スマートフォンの機能の1つで、通信端末を内蔵したモバイルコンピュータを外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することができます。

 

要は、スマホを通じて、インターネットに接続できますよ!ということですね。

 

現状、インターネットに接続する方法としては、大きく分けて次の3種類です。

  • SIMを端末に挿して接続する(主にスマホ)
  • Wi-Fiを使って接続する(主にノートパソコン)
  • LANケーブルを挿して接続する(主にデスクトップパソコン、一部ビジネス向けのノートパソコン)

 

ノートパソコン(※)の場合は、一部ですが、SIMによる通信が対応しているものがあるので、そのモデルであれば、Wi-Fiに接続しなくてもインターネットに接続することができます。

※モバイルパソコン、2in1タブレットパソコンなども含みます

 

とは言え、まだまだごく一部であるため、ほとんどのノートパソコンは、Wi-Fiによる接続がメインとなります。

※Panasonicのレッツノートなどの一部ビジネス向けノートパソコンの場合は、LANケーブルを挿せるようになっていたりします。

 

とは言え、これで一番困るのは、カフェや図書館などの外出時にノートパソコンを使いたいという場合です。

 

フリーWi-Fiがあるところもありますが、

  • 確実にあるとは言い難い
  • セキュリティー的にあまり接続したくない

という理由から、フリーWi-Fiに頼るというのも難しいです。

 

フリーWi-Fiのセキュリティについては後ほど解説します。

 

では、そんな状況でも快適にインターネットに接続する方法として出てくるのが、スマホのテザリング機能を使ったインターネット接続です。

 

スマホのテザリングを設定し、ONにすることで、ノートパソコン側から見ると、自宅などのWi-Fiと同じように接続することができます。

これにより、ノートパソコンからWi-Fiでスマホに接続し、スマホ経由でインターネットに接続できるというわけです。

 

テザリング機能を使うためには、初回だけちょっとした設定があるので、その設定・接続方法を解説していきます。

 

ノートパソコンとテザリングの設定方法

では、スマホとノートパソコンのテザリングの設定方法について解説します。

 

大きく分けて、次の2つの設定が必要になります。

  • スマホ側のテザリング設定
  • ノートパソコン側のWi-Fi設定

 

ただ、この設定をする前に、スマホの機種や契約内容によっては、

  • テザリングが使えない
  • テザリングは有料
  • 期間限定で無料だが、それを過ぎると有料

など様々なので確認しておきましょう。

 

※スマホ側は、Android端末で解説しますが、機種によって設定項目の場所などが若干違うので、臨機応変に設定していきましょう。

 

スマホ側のテザリング設定

まずは、スマホ側のテザリングの設定をしていきましょう。

 

設定画面

Screenshot_20200221-164006-2

Screenshot_20200221-164010-2

Screenshot_20200221-164016-2

私のAndroidスマホの場合だと

[設定画面] –> [もっと見る] –> [テザリングとポータブルアクセスポイント] –> [Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ]

と進み設定を行うことができます。

 

しかし、上でも述べたように、同じAndroid端末でもメーカーや機種によって設定項目は様々なので、必ずこの項目とは限らないので注意しましょう。

[テザリング] [Wi-Fiアクセスポイント]

などの名称から大体わかるかと思います。

 

Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ

Screenshot_20200221-164040

テザリングの設定では、主に

  • ネットワーク名
  • セキュリティ方式
  • パスワード

を設定します。

 

ネットワーク名は、パソコン側からネットワーク設定をする際に、Wi-Fi一覧に表示される名前となるので、自分が分かるように名前を付けましょう。

とりあえず、今回は「MyNetwork」という安直な名前で試していきます(笑)

 

セキュリティは、スマホによって色々設定があると思いますが、私の場合は「なし」「WPA2 PSK」の2択でした。

注意

「なし」にするとパスワードの設定ができないので、誰でも接続してOK!という状態になるので、絶対にやめて下さい。

 

スマホの通信量を使われてしまうということもあるのですが、同じネットワーク内に、見知らぬ人が接続してくるというのはセキュリティ上良くありません。

そのため、「WPA2 PSK」を選択して、パスワードを設定します。

 

この設定は、最初に一回だけでOKです。

 

その後は、使う時だけテザリングを有効にしましょう。

Screenshot_20200221-164016-3

[ポータブルWi-Fiアクセスポイント]をONにします。

注意

使い終わったら必ずOFFにしましょう。

ONにしていると、自宅のWi-Fiの圏内に入っても接続が切り替わらず、気づかないまま4G通信をし続けることになり、通信量が大変なことになります。

 

ノートパソコン側のWi-Fi設定

次に、ノートパソコン側のWi-Fi設定です。

※Windows 10を使っています。

 

まずは、下のタスクバーの右側にある「Wi-Fi」マークからWi-Fi設定を行います。

000679-2

 

Wi-Fi設定

000676-2

000678-2

先ほど、スマホで設定した「ネットワーク名」の名前でWi-Fi一覧に表示されると思うので、それを選択し「接続」します。

途中、スマホで設定したパスワードを聞かれるので、それを入力して接続完了です。

 

接続後は、「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されるはずです。

 

これで、外出先でもネットワーク環境を手軽に構築することができますね。

 

しかし、スマホを経由して通信しているので、通信量は、スマホの月々の容量から使うことになるので、動画見すぎなどには注意しましょう。

 

 

フリーWi-Fiはセキュリティに難ありなのでテザリングがおすすめ!

外出先で、インターネットに接続する際に、

「フリーWi-Fiがあるからテザリングなんて要らないよ…」

と考える方もいらっしゃると思います。

 

フリーWi-Fiは、スターバックスやタリーズといったカフェ、空港や公共施設などで無料で使えるWi-Fiですね。

入口に「ここでは無料Wi-Fiが使えます!」というようなマークが貼られていることが多いので、見たことがあるという方は多いと思います。

 

しかし、フリーWi-Fiは、セキュリティの観点から良くないので、おすすめできません。

特に、ビジネス用として機密性の高い情報をたくさん扱っているパソコンの場合であればなおさらです。

 

セキュリティの観点から良くないといいましたが、これにより何が起こるかと言うと

  • 通信内容を傍受される
  • GPSなどから位置情報を特定される
  • 遠隔操作される

などがあります。

 

そういった場所では、壁などにパスワードが掛かれていたり、そもそもパスワードが設定されていなかったりします。

パスワードが設定されていないと暗号化せずに通信を行いますので、電波を傍受されると何をやり取りしているか筒抜けになってしまいます。

 

そのため、フリーWi-Fiで個人情報やアカウント入力などの重要な情報をやり取りすることは控えることはもちろん、できるだけ接続自体しない方が良いでしょう。

 

 

まとめ:テザリングがあれば外出先でも作業ができるので最強

カフェや図書館、新幹線などの外出先でネットワーク環境が欲しいという方向けに、テザリングについてとその機能を使ったネットワーク環境の構築手順を解説しました。

 

設定自体は、

  • スマホ側のテザリング設定
  • ノートパソコン側のWi-Fi設定

の2つだけなので簡単ですね。

 

また、この設定をする前に、スマホの機種や契約内容によっては、

  • テザリングが使えない
  • テザリングは有料
  • 期間限定で無料だが、それを過ぎると有料

と言ったことがあるので事前に確認しておきましょう。

 

外出先でもパソコン作業ができれば便利なのにな…という方はぜひ試してみて下さい!



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です