【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

無線LAN・Bluetooth搭載マザーボードの解説と価格帯別製品紹介

デスクトップパソコンでもBluetoothイヤホンを使いたい。
有線LANの配線が面倒だからデスクトップでも無線LANを使いたい。
アダプタなどを買うのも手だが、マザーボードに付属しているのであれば、それを使いたい。
という方に向けて、無線LAN・Bluetooth搭載のマザーボードについて解説していきます。

 

色々な無線機能が付いている分、高価なマザーボードにしか付いていないと思いきや意外とリーズナブルな無線LAN・Bluetooth搭載マザーボードもあるので、そのあたりも解説します。

 

無線LAN・Bluetooth付きのマザーボードについて

ノートパソコンには、無線LANやBluetoothが付いた製品が当たり前になっています。

しかし、デスクトップパソコンの場合は、有線LANが多く、また、Bluetoothは付属していないことが多いです。

 

デスクトップでそういった機能を使いたい場合は、別途、無線LANアダプターやBluetoothアダプターを購入して、USB等に挿す必要があります。

しかし、マザーボード自体に、無線LAN・Bluetoothの機能が搭載されているマザーボードも数多くあります。

 

基本的には、無線LANのみ付いている、あるいは、Bluetoothのみ付いているということはほとんど無く、対応しているマザーボードであれば、どちらの機能も付いてることが多いようです。

 

こういった機能が付いていれば、有線LANのコード配置の手間を省いたり、Bluetoothイヤホン・マウス・キーボードで煩わしいコードを排除することができます。

パソコン周り、デスク周りをスマートに使えそうですね。

 

 

無線LAN・Bluetooth付きマザーボードのメリット

先ほど、簡単に良いところを述べたのですが、もう少し無線LAN・Bluetooth付きのマザーボードにメリットについて解説していきます。

 

LANケーブルに合わせてパソコンの置き場所やコードの配置を考える必要がない。

有線LANの場合、当然ですがルーターからLANケーブルを引いてくる必要があります。

 

パソコンを購入すれば、部屋のどこかに設置することになりますが、その際に、ケーブルの長さはこれだけだから、この範囲しか置けないとか。

ここに設置するから、LANケーブルは、ここの壁を這わせて、ここで床の端っこを通して…と考える必要があります。

 

ケーブルの長さやケーブルを引っ張ってこれる場所によっては、設置する場所が制限されるので、最悪、部屋の家具などのレイアウトを変更しなければならないといった可能性も出てきます。

 

ところが、無線LANの場合は、それらを考える手間やLANケーブルを通す手間を省くことができます。

 

ルーターと同じ部屋にパソコンを置く場合はそれほど負担では無いかもしれません。

しかし、別の部屋に置きたいとなると、LANケーブルを廊下を通って、部屋の扉の下を通して、部屋中に張り巡らせて…ということになります。

 

さらに、ルーターとパソコンの場所が別の階ということになれば、階段も追加されるので発狂ものです。

実体験です。(笑)

作業に2、3時間ぐらい掛かりました。

 

これらの手間を無線LANにすることで、全て排除することができます。

 

無線LANは、有線LANと比較して回線の速度が遅かったり、たまに不安定になることもありますが、それを許容できればおすすめです。

 

遅い、不安定になると言っても、Youtubeの動画やネット検索などは問題なくできるレベルです。

例えば、株やFXをデイトレードをしていて、数秒でもネット回線が不安定になれば、大きな損失が発生する可能性があるといった方は、有線LANの方が良いです。

 

 

煩わしいコードが全て無くなり、パソコン・デスク周りが綺麗になる。

上で述べた、LANケーブルについても言えることですが、Bluetoothにすることで、主にデスク周りのコード類を一掃することができます。

 

コードの付いた周辺機器と言えば、パソコンをしていて常に使うマウス・キーボードがありますよね。

また、パソコンで音楽を聴くという人であれば、イヤホン

このあたりが多いのではないでしょうか。

 

マウス・キーボードについて

キーボードは頻繁に動かすということが無いので、コードがあってもあまり気にはなりませんが、マウスは動かすことがほとんどなので、その際にコードも一緒に動いて、煩わしいということがあります。

 

また、軽めのマウスであれば、コードの曲がり具合(?)によって、マウスから手を離すとコードの元に戻ろうとする力が働いて、マウスが勝手に動くということもあります。

人それぞれだと思いますが、私は少し気に障ります。(笑)

 

イヤホンについて

イヤホンであれば、パソコン本体が遠くてコードが届かない、あるいはギリギリといった場合があります。

それだと頭を動かせる範囲が制限されてくるので、ちょっと使いにくいですよね。

そのことを忘れて、思いっきり動かしてしまうと、コードが引っ張られて「耳、痛ってー」となりますし。

 

ディスプレイの端子に付けようとすると、コードがキーボードの上を縦断することになるので、それはそれで煩わしいと思います。

 

これらを一気に解決してくれるのが、無線通信のBluetoothです。

そういったストレスが一気になくなります。

 

 

アダプターを別途用意する必要がない。

通常、マザーボードに無線LAN・Bluetoothが付いていない場合、アダプターを購入して無線化するしか無いですが、既にマザーボードに付いているのであれば、用意する必要が無くなります。

 

アダプターを別途用意しようとすると、無線LANアダプターとBluetoothアダプターで別々に購入することになります。

あまり一緒になっている製品も見たことが無いので、基本的には別々のアダプターです。

 

1つのアダプターで千円~数千円程度するので、揃えるには少し高いと思うかもしれません。

なのでマザーボードに付属しているのであれば、それに越したことはありませんよね。

 

また、マザーボードに付いているのであれば、アダプターで使うはずだったUSBポートが空くので、その点でも良いですね。

 

 

意外とリーズナブルなマザーボードもある。

「無線LANやBluetoothのアダプターって千円~数千円するのに、マザーボードに付属していたら結構な値段になるんじゃないの?」って思われるかもしれません。

私も今まではそういう考えで、上位のチップセットを搭載した高級マザーボードでしか無線機能って付いていないんじゃないの?。というイメージでした。

 

しかし、安いものであれば1万円程度のマザーボードもあるので、十分に手が届く範囲の価格帯と思います。

 

比較的リーズナブルで無線LAN・Bluetooth機能付きのマザーボードを紹介

1万~1万5000円の手が届く範囲のマザーボードにも無線LAN・Bluetooth機能の付いたものがあります。

今回は、シェアの多いIntel製CPUでLGA1151ソケット搭載のマザーボードを2つ紹介します。

 

ASRock H310CM-ITX/ac

71LpV2u2peL._SL1240_

メーカー仕様ページ

 

【Soket】LGA1151 第8、9世代用
【チップセット】Intel H310
【フォームファクター】Mini-ITX
【メモリ】DDR4 x 2 最大32GB
【映像出力端子】DP / HDMI / DVI-I
【PCI】PCI Express 3.0 x16
【SATA】4
【M.2】1
【無線】Intel® 802.11ac WiFi + Bluetooth 4.2

 

約1万円のMini-ITX規格のマザーボードです。

小さめのマザーボードなので、メモリが2スロット、最大32GBと少なく、Expressもx16の1スロットのみと最低限グラフィックボード搭載を想定した構成になっています。

そのため、拡張性・ハイスペックPCを求めない方、省スペースのPCを組もうと考えている方であればおすすめです。

 

 

ASUS TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)

915l547D3IL._SL1500_

メーカー仕様ページ

 

【Soket】LGA1151 第8世代用
【チップセット】Intel H370
【フォームファクター】ATX

【メモリ】DDR4 x 4 最大64GB
【映像出力端子】DP / HDMI / D-sub
【PCI】2 x PCI Express 3.0 x16、4 x PCI Express x1

【SATA】6
【M.2】2
【無線】Wi-Fi IEEE802.11ac/n/a/g/b + Bluetooth 5.0

 

こちらは、約1万5000円程度のATX規格のマザーボードです。

メモリスロットは、4スロットで最大64GB、PCI Expressもグラフィクボードだけでなく、インターフェースカード、サウンドカードを搭載する分もあります。

また、M.2のスロット数も多く、拡張性が高いマザーボードになっています。

 

1つ目のマザーボードでは、作りたい構成にできないという方におすすめです。

 

 

まとめ:アダプターを用意するより安上がりな気がする。

1万~1万5000円の価格帯であれば、無線LAN・Bluetoothが付いていないマザーボードでもこのくらいの価格にはなります。

同じ価格帯であれば、わざわざアダプターを買って数千円消費するより、無線LAN・Bluetooth付きのマザーボードを購入した方が、安くなりそうですね。

 

マザーボードに無線LAN・Bluetooth搭載のものがあるということを知らなかったので、もっと早く知りたかったですね。(笑)

次に自作する時は、この機能が付いたマザーボードにしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です