ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

マウスの接続方式について(Bluetooth・無線・有線)

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

マウスの接続方式って何があるの?
接続方式毎の特徴やメリット・デメリットって何?

と疑問に思っている方に向けて、マウスの接続方式について解説します。

 

おすすめは、ストレスや煩わしさが無くなるBluetoothですね。

Kenさん

コード類・USBポートがスッキリするBluetoothがおすすめやで!

 

・マウス選び初心者向けに、マウスの基本知識とおすすめを解説
・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

マウスの接続方式は、Bluetooth・無線・有線の3種類

早速本題ですが、マウスの接続方式は、次の3種類です。

  • Bluetooth接続
  • 無線接続
  • 有線接続

 

名前から何となくイメージできると思いますが、Bluetooth接続と無線接続が少しややこしいんじゃないでしょうか?

どっちも無線なので、何が違うの?となる方もいらっしゃると思います。

 

そのため、簡単に特徴を解説しておきます。

Bluetooth接続:Bluetoothを使って無線で接続するタイプ(Bluetoothアダプターが別途必要)

無線接続  :付属の受信レシーバーを使って無線で接続するタイプ

有線接続  :マウスから伸びている線をUSBなどに接続するタイプ

 

Bluetooth接続と無線接続は、どちらも無線に分類されるのでややこしいのですが、違いとしては、

  • Bluetooth規格を使うか
  • メーカー独自の規格を使うか

の違いですね。

 

それぞれ特徴があるので、それも含めて解説していきます。

 

まず先に、3種類のメリット・デメリットについて簡単に確認してきます。

その後で、接続方式1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

3種類のメリット・デメリットについて

マウスの接続方式毎のメリット・デメリットは、次のようになります。

 

接続方式毎のメリット・デメリット

接続方式メリットデメリット
Bluetooth・デスク上のコードが無くなる
・USBポートを消費しない
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
・初回のみペアリング(接続)設定が必要
・極稀に接続状況が悪くなる
・Bluetoothアダプターが必要
(主にデスクトップパソコン)
無線・デスク上のコードが無くなる・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
・周辺機器毎に受信レシーバーが必要
有線・電池交換が不要・コードが邪魔

 

では、1つ1つ接続方式の特徴を見ていきましょう。

 

Bluetoothマウスの特徴

Bluetoothマウスの特徴は、次の通りですね。

  • デスク上のコードが無くなる
  • USBポートを消費しない
  • 電池交換が必要
  • 初回のみペアリング(接続)設定が必要
  • 極稀に接続状況が悪くなる
  • Bluetoothアダプターが必要(主にデスクトップパソコン)

 

Bluetoothにすることで、次のようなストレスや煩わしさから解放されるので、メリットが大きいです。

・マウスを動かした時に、コードがたまに引っかかる。

・掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。

・USBメモリを挿したいのに、USBポートが周辺機器で埋まっている。

Bluetoothで接続する場合は、無線なので当然コードが無くなりスッキリします。

 

また、USBポートも使わない(※)ので、いざ、USBメモリを挿したいという場合にも安心ですね。

※Bluetoothアダプターを使う場合は1ポート必要(1つあれば複数の周辺機器を接続可能)

 

Kenさん

たぶん、有線を使ってる人は同じ経験あるんちゃうかな…

 

一方で、いくつかデメリットがあるのも確かです。

とは言え、数は多いですが、1つ1つはそれほど大きいデメリットでもないので、全然大したことありません。

・数ヵ月~半年に1回のペースで電池交換が必要

⇒ エネループなどの繰り返し電池を購入しておくのが良い。

電池が無くなって、家にストックが無く急いで買いに行くというのはストレスですからね。

・初回のみペアリング(接続)設定が必要

⇒ ペアリング設定と言っても、マウスのボタンを押しつつ、パソコン上でマウス設定をするだけです。

初回だけなのでそれほど手間でもありません。

・極稀に接続状態が悪くなる。

⇒ 悪くなると言っても1,2カ月に1回程度。

マウス故障した!?と思いますが、マウスの電源ON/OFF, パソコン再起動とかすれば直ります。

・Bluetoothアダプターが必要(主にデスクトップパソコン)

⇒ デスクトップパソコンは一般的には、Bluetooth機能は搭載されていないので、Bluetoothアダプターを購入する必要があります。

※ノートの場合は、ほぼBluetoothが内蔵されているので不要。

 

デメリットに出てきたエネループBluetoothアダプターを紹介しておきます。

マウスは、単3が使われることが多いですが、事前に確認しておきましょう。

また、キーボードもBluetoothで考えている場合は、単4も合わせて買っていきましょう。

※充電器は、単3、単4両方のサイズに対応しています。

 

 

Bluetoothアダプターが1つあれば、マウスの他に、キーボード、イヤホンなどの周辺機器も接続することができるので便利ですね。

無線のイヤホンというのは無いと思うので、イヤホンやヘッドホンもコードレスで使用したいという方も、Bluetoothがおすすめ。

 

無線マウスの特徴

無線マウスの特徴は、次の通りですね。

  • デスク上のコードが無くなる
  • 電池交換が必要
  • 周辺機器毎に受信レシーバーが必要

 

Bluetoothと同様に、無線マウスにすることで、次のようなストレスや煩わしさから解放されるので、メリットが大きいです。

・マウスを動かした時に、コードがたまに引っかかる。

・掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。

とは言え、無線接続の場合は、マウスの他に無線の周辺機器があると、その数の分だけ受信レシーバーが必要になります。

そのため、ポート数が少ないノートPCなどでは、いざUSBメモリを挿そう!と思った時に、ポートが空いていないということもあるので注意が必要ですね。

 

ノートPCを使っている方は、確実に、Bluetooth接続の方がおすすめ。

USBポートも消費しないし、Bluetoothアダプターは搭載されているので、別途購入する必要もないので。

 

他の電池交換が必要というのは、Bluetoothと同じですね。

 

有線マウスの特徴

有線マウスの特徴は、次の通りですね。

  • 電池が不要
  • コードが邪魔

 

有線接続の場合は、コードからマウスの操作情報だけでなく、電力供給もされているので電池は不要です。

電池は要らないので、当然、電池交換の心配もいりませんね。

 

しかし、コードが結構邪魔になります。

上でも述べましたが、デスクの掃除やちょっとした引っ掛かりがあるので、ストレスになったりしますね。

 

 

Bluetooth接続のマウスがおすすめ!

私のおすすめとしては、断然、Bluetooth接続のマウスですね。

 

上でも述べたように、Bluetoothにすることで、次のようなストレスや煩わしさから解放されます。

  • マウスを動かした時に、コードがたまに引っかかる。
  • 掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。
  • USBメモリを挿したいのに、USBポートが周辺機器で埋まっている。

 

また、パソコンを複数台使用する方にも、Bluetoothはおすすめですね。

 

Bluetoothのマウスやキーボードの中には、1台で複数のパソコンに接続できる機能をもったものがあります。

そのため、

  • デスクトップパソコンが複数台あるが、いくつもマウスやキーボードを置きたくないから1つにまとめる
  • デスクトップパソコンやノートパソコンなど気軽に使い回す。(無線だと毎回レシーバーを差し替える必要がある。)

という使い方ができます。

 

Bluetooth接続はこういう方におすすめ

・とにかく、ストレスや煩わしさが嫌だ!

・パソコンでイヤホンやヘッドホンを使う。

・USBポートが少ないパソコンを使っている。

・パソコンを複数台使用する方

という理由から、Bluetooth接続のマウスやその他の周辺機器がおすすめですね。

Bluetoothで統一することで、全体的に使い勝手が良くなります。

 

ちなみに、Bluetooth接続でおすすめのマウスは次の通りです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ:マウスの接続方式は3種類(Bluetooth・無線・有線)

マウスの3種類の接続方式、Bluetooth・無線・有線について解説しました。

 

もう一度、接続方式のメリット・デメリットをおさらいすると、

接続方式メリットデメリット
Bluetooth・デスク上のコードが無くなる
・USBポートを消費しない
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
・初回のみペアリング(接続)設定が必要
・極稀に接続状況が悪くなる
・Bluetoothアダプターが必要
(主にデスクトップパソコン)
無線・デスク上のコードが無くなる・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
・周辺機器毎に受信レシーバーが必要
有線・電池交換が不要・コードが邪魔

という感じですね。

 

Bluetoothの接続では、一見デメリットが多く感じますが、1つ1つはそれほど大したものでは無いので、それほど気になることはありません。

 

何より、イヤホンやヘッドホンが使えたり、全体的に取り回しが楽になったりするので、マウスだけでなく、キーボードなどの周辺機器は、Bluetoothで統一しておくのがおすすめですね。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です