【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

PCの電源を入れっぱなしでも大丈夫か問題について。

PCの電源入れっぱなしについて

なかなかコアな使い方ではありますが、自宅サーバーを立てる、自作プログラム等によって、自動でデータを収集する、データを分析するといった用途であれば、1日24時間パソコンの電源を入れっぱなしにするということがあるのではないでしょうか。

 

しかし、電源を入れっぱなしにして、火事とかにならないか?と不安になる方もいると思うので、実例と共に説明していきます。

 

今後、それらの用途のためにパソコンの購入検討されている方、火事とかが不安で数時間程度しかつけていないという方向けになります。

 

 

結論と実例

結論から言ってしまえば、デスクトップパソコンで清掃、温度管理さえしていれば、問題ありません。

 

ノートパソコンの場合、24時間駆動を前提とした設計ではないので危険ですが、デスクトップパソコンであれば大丈夫です。

 

私は、自作のプログラムを動かすため、2台ほど2~3年間、基本的に電源を24時間入れっぱなし(※)にしていますが、火事もなく、不具合もなく安定して稼働し続けてくれています。

(内1台は、約6年ぐらい使用していて、最初の3~4年は1日6時間程度使っています。)

パソコンの負荷の具合はバラバラですが、1台はCPUの使用率が常時60~80%前後、もう1台は、GPUの使用率が70%~100%とかなり高負荷な状況だと思います。

※パソコン内部の清掃やパーツの交換、増設時には停止しています。

 

ちなみに使用してる電源ユニットは、次の2つです。

玄人志向 KRPW-PT500W/92+ REV2.0 80PLUS Platinum(玄人志向の製品ページ

Amazonで探す

 

玄人志向 KRPW-SS600W/85+ 80PLUS BRONZE(玄人志向の製品ページ

※KRPW-SS600W/85+ は、後継機のREV2.0があるので、そちらのリンクを記載。

Amazonで探す

 

稼働時間が高いわりに、故障なく動いているので文句なしの電源ですね(笑)

比較的リーズナブルな上に、安すぎて低品質ということは無いのでおすすめです。

 

私自身も電源を入れっぱなしにしていて、大丈夫と書いていますが、みなさんが行う場合は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

 

電源入れっぱなしのために最低限しておかなければならないこと

電源を入れっぱなしの環境を整えるために、最低限意識しておくことがあります。

 

パソコン内部の掃除

パソコンが火事になる原因としては、CPU, GPUなどの周りにホコリが溜まって、ショートして火花が発生し、燃え広がるということが多いです。

そのため、原因となるホコリは定期的に取り除くことが必須です。

私の場合は、3か月に1回ぐらい清掃しています。

また、部屋にホコリが溜まれば、それだけファンが吸い込んでパソコン内部にホコリが溜まりやすくなるので、部屋の掃除も定期的に行いましょう。

 

温度管理

温度管理と書きましたが、厳密に何℃以下に保つため、常にエアコンをかけているというわけではありません。

夏場に建物の最上階にパソコンを置く場合(※)や夏場にパソコンを高負荷時にする場合は、エアコンや扇風機で温度を下げるようにした方が良いです。

これをしないとCPUファンなどの回転数が最大になるので、さすがに大丈夫かと不安になることがあります。

※最上階は、屋根に熱がこもったりすることで、異常に暑くなることがあります。

 

 

入れっぱなしがNGなパソコン

デスクトップパソコンであれば大丈夫と書きましたが、他のパソコンではどうなのか解説します。

 

デスクトップパソコン以外で言えば、以下のようなパソコンがあります。

・ノートパソコン

・スティック型

・一体型パソコン

・タブレットパソコン

どれも入れっぱなしにするには危険です。

これらのパソコンは、省スペースを前提にしているので、パソコン内部の空間に余裕がありません。

そのため、ホコリが溜まりやすく、かつ、エアフローの観点から放熱性能がデスクトップパソコンと比較して低いため、各パーツの温度が高くなりやすいです。

また、パソコン内部をあけることを前提にしていないので、ホコリの清掃が難しく、できたとしても吸気口からエアダスターを使うぐらいしかできず、隅々まで清掃することができません。

 

そのため、デスクトップパソコン以外で電源の入れっぱなしは、”絶対に”しないでください。

 

まとめ:電源入れっぱなしにしたいのであれば、デスクトップパソコンにすべし。

元々デスクトップパソコン以外は、長時間使う用途には適していません。

冷却性能や冷却フローのことを考えると怖くて入れっぱなしにはできませんね。

 

サーバー等の用途で24時間つけっぱなしにしたいという場合には、デスクトップパソコンの使用を強くお勧めします。

今使っているパソコンとは別に、こういった用途向けにもう一台パソコンを探しているという方向けに、コスパの良いおすすめのBTOパソコンを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

≫ 関連記事:【最新版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です