ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

ストレージとハードディスクの違いについて

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

パソコンの用語は、ややこしくて分かりにくいもの。

ここでは、ストレージどハードディスクの違いについて解説します。

 

 

この2つの言葉は、両方ともデータを保存するためのパーツの呼び方ですが、カテゴリーが違います。

 

ストレージは、記憶装置という意味で、データを記憶するパーツ全般のことを指すため、ハードディスク(HDD)は、ストレージの一種ということになります。

ハードディスクの他に、SSDやUSBメモリ、SDカードなどもストレージに含まれます。

 

つまり、図で表してみると次のようになります。

ストレージ区分

 

 

データを記憶するパーツ全般をストレージと言い、そのストレージの中に、より細かい区分として、ハードディスク(HDD), SSDなどが入ります。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

【今おすすめのストレージ】
・コスパ・信頼性重視「Crucial 内蔵SSD 1000GB CT1000MX500SSD1/JP」(5年保証)
・コスパ・耐久性重視「Western Digital 内蔵HDD Red 3TB WD30EFRX」(3年保証)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です