最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

パソコンの選び方を徹底解説!【初心者必見】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

パソコンを選ぶにはどうすればいいの?

デスクトップパソコンとノートパソコンってどっちにすればいいの?

という方向けに、どういう基準で選べば良いか解説します。

 

初めてパソコンを選ぶ、あまりパソコン選びに慣れていないという方であれば、どういう基準で選べば良いか分からず、なかなか難しいと思います。

 

ケンさん

俺も初めてパソコンを買った時は、後悔してんな(使用用途が明確でなかった)

 

パソコンと一口に言っても、

  • デスクトップPCやノートPCなど色々なタイプがあったり
  • 5万~30万と幅広い価格帯であったり
  • 性能(CPUやらメモリやら)が色々書かれていたり

と選択肢がとても多く、どれがどれだか…という感じになると思います。

 

また、価格の幅が大きいことから、パソコンの性能の幅も大きいことが何となくイメージできるかと思います。

 

しかし、実際に自分がパソコンを買うとなった時に、どの程度の性能があれば良いのかという判断もまた難しかったりします。

 

ネットサーフィンや動画視聴ぐらいの普段使いのパソコンであれば比較的低スペックでも動作するので失敗はないかもしれません。

 

ですが、ゲーミングPCやクリエイティブ用途のPCであれば、高性能なパソコンが必要になってくるので、性能を間違えて、やりたいことが全然できないということもあります。

 

そのような失敗をしないように、『パソコンの選び方』について解説していきます。

 

ポイントを大まかに言うと、

  • 使用用途
  • 性能
  • 持ち運び(デスクトップPCかノートPCか)

です。

 

他にも細かく言えば色々ありますが、重要な部分から言うとポイントはこんな感じです。

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

パソコンの選び方について

パソコンを選ぶには、まず次の2つを考える必要があります。

  • 使用用途
  • 性能(スペック)

 

デスクトップPC、ノートPCと色々ありますが、パソコン全てに共通して言えることは、まずこの2つです。

※デスクトップPCにするか、ノートPCにするかはまた別のポイントがあるので、後程解説します。

 

では、1つ1つ解説していきます。

 

使用用途

まずは、使用用途を明確にしておきましょう。

パソコンで「何をやりたいか」ということですね。

 

パソコンでは色々なことができますが、人それぞれパソコンでやりたいとこが異なってきます。

 

例えば、

  • ネットサーフィン
  • Youtubeなどの動画視聴
  • Officeやメールなどのビジネス用途
  • ブログ執筆
  • 画像・動画編集
  • プログラミング
  • 3DCG・モデリング
  • ゲーム
  • ゲーム配信
  • トレード(株・FX)

などなど。

 

使用用途によって、必要なパソコンの性能が大きく異なるので、ここは事前にしっかり決めておくこと

が必要になってきます。

この使用用途が決まっていないと、どんな性能のパソコンを買えばいいのか、全く分からないということになります。

 

また、使用用途は基本的に、複数あるかなと思っています。

ネットサーフィンや動画視聴もするし、ゲームもしたい!

 

そういう場合は、一番性能が必要な用途に合わせて、パソコンを選ぶ必要があります。

「ネットサーフィン」「動画視聴」「ゲーム」の3つの中だと、一番性能を要求されるのはゲームなので、ゲームに合わせた性能にするということですね。

ケンさん

大は小を兼ねるって感じやな(笑)

 

性能(スペック)

次に、性能(スペック)です。

 

この性能によって、

  • パソコンがどれだけ高速に処理できるのか
  • 使用用途に対して、快適に動作してくれるのか

が決まってきます。

 

ここを誤ると、上でも述べたように「やりたいことができない…」とパソコン選びを失敗する可能性があります。

 

では、パソコンの性能を決めるポイントは何なのか。

それは、次の4つですね。

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックボード(GPU)
  • ストレージ(SSD / HDD)

 

この4つのPCパーツで、パソコンの性能の大部分が決まるので、これらの

  • パーツの役割
  • 使用用途に対してどのパーツの性能が必要になってくるのか

を理解しておく必要があります。

 

とは言え、役割ぐらいは覚えておいた方が良いと思いますが、どの程度の性能が必要になってくるかについては、ざっくり知っておく程度で良いです。

 

実際に選ぶ際は、BTOメーカーの通販サイト内で、

  • ゲーミングPC向けパソコン
  • 動画編集向けパソコン

と言ったようにカテゴライズされているので、その中から選べば、大きく間違えることは無いためです。

 

重要なのは、

少なくとも使用用途に対して、快適に動作するだけの性能(スペック)を持ったパソコンにする

ということです。

そうしないと、いざパソコンを購入しても、カクついたり、動作しなかったりと「やりたかったことができない…」ということになります。

 

一般的に、性能が高ければ高いほど、価格も高くなりますし、性能が低ければ低いほど、価格も安くなります。

そのため、比較的性能が必要なゲームなどの用途で、安易に安いパソコンを買うのはNGです。

 

また例外的に、性能が低いにもかかわらず、高いパソコンもあったりしますが、はっきり言ってボッタクリなので気を付けましょう。

全てが悪いとは言いませんが、家電量販店でたまに見かけますね。

 

ボッタクリ価格を避けたいという方は、マウスコンピュータードスパラなどのBTOメーカー(パソコン専門ショップ)では全く見かけないので、おすすめですね。

 

デスクトップパソコンとノートパソコンどっちにするか【持ち運び】

パソコンの選び方として、使用用途と性能について解説しましたが、

デスクトップPCとノートPCは、どっちを選べば良いの?

どういう基準で選べば良いの?

と疑問に思うかもしれません。

 

その辺りの基準について解説していきます。

 

持ち運びの有無がポイント

何となくイメージは付くと思いますが、

パソコンを持ち運ぶかどうか

ですね。

当たり前と言えば当たり前なんですが(笑)

 

カフェや大学、出張先などでもパソコンを使いたいという場合には、持ち運びができるノートパソコンが選択肢になってきます。

ケンさん

家の中で、自室やリビングなど色々な場所で使いたい時もノートPCやな

 

そういった持ち運びをする予定はなく、自宅でしかパソコンをしないという場合は、デスクトップパソコンが選択肢になってきます。

 

デスクトップPCにするか、ノートPCにするか、自分のパソコンを使うライフスタイルに合わせて決める。

 

デスクトップパソコンの選び方

デスクトップパソコンであれば、基本的に

  • 性能(スペック)
  • 価格

の2点で選びます。

 

この2点をクリアした上で、必要であれば

  • デザイン面
  • 機能面(Wi-Fi, Bluetooth, 光学ドライブなど)
  • 保証・サポート

など、重要視する点を見ていきましょう。

 

この辺りは、また別の記事で解説していきます。

 

ノートパソコンの選び方

ノートパソコンであれば、基本的に

  • 性能(スペック)
  • 価格
  • 画面サイズ(持ち運び易さ)
  • タイプ(2in1パソコン、2in1コンバーチブルノートなど)

の4点で選びます。

 

この3点をクリアした上で、必要であれば

  • デザイン面
  • 機能面(光学ドライブ、指紋・顔認証、カメラなど)
  • 保証・サポート

など、重要視する点を見ていきましょう。

 

とは言え、ノートPCと言っても

  • 一般的なノートPC
  • 2in1パソコン(タブレットにもなるノートPC)
  • モバイルノート(小さめのノートPC)
  • 2in1コンバーチブルノート(タブレット、フラットなど色々なモードになるノートPC)

と色々あります。

 

この辺りは、また別の記事で解説していきます。

 

注意点:性能と価格のコスパならデスクトップ【ノートは割高】

パソコンを選ぶ上で重要なのは、「性能」と「価格」で、これが基本になってきます。

 

しかし、デスクトップPCとノートPCであれば、

同じ性能のパソコンを購入しようとした時に、高くなるのはノートPC

ということは覚えておきましょう。

 

つまり、安く買いたいならデスクトップPCですね。

 

ノートPCの場合は、

  • 各種PCパーツの小型化
  • 発熱を抑えるための省電力化(=CPU, GPUの性能が抑えられる)

の観点から、どうしても高くなってしまいます。

 

ノートPCは、デスクトップPCと違い、色々なパーツがギチギチに詰まっています。

そのため、中にある程度空間のあるデスクトップPCと比較して、冷却性能が低くなってしまいます。

 

冷却性能が低いということは、発熱しやすいCPU, GPUをあまり発熱しないようにする必要があります。

その結果、省電力にすることで、性能を抑えめにすると同時に発熱を抑えているという訳です。

 

例えば、CPUでIntel Core i7と高性能なものを選んだとしても、デスクトップPCとノートPCでは、性能が違います。

 

ノートPCのCPUは、モバイル版ということで、性能が少し抑えられているので、デスクトップと同じ性能にしようとすると、その分さらに性能が高いものを選ぶ必要が出てくるので、割高になるという感じですね。

 

デスクトップPCとノートPCの同じぐらいの性能で見た時の価格差を簡単にまとめると

ローエンド(低性能):あまり差はない

ミドルレンジ(中性能):3~5万ぐらい高くなる

ハイエンド(高性能):5~10万ぐらい高くなる

という感じになります。

 

高性能なパソコンになればなるほど、ノートPCの方が割高となってきます。

 

例えば、ハイエンドなゲーミングPCを20万円ぐらいで購入できるのに対して、ノートPCで同じぐらいの性能のものを買おうとすると30万円ぐらい必要になってくるということです。

 

絶対に持ち運びする必要があるという場合には、ノートPCが必須です。

しかし、別に持ち運ぶつもりはないという方であれば、性能面やコストパフォーマンス面で、デスクトップパソコンがお得になるので、おすすめですね。

 

これも考えた上で、デスクトップPCとノートPCのどちらにするか選択するようにしましょう。

 

まとめ:ライフスタイルや使用環境に合わせて選ぶ

パソコンと一口に言っても、

  • デスクトップPCやノートPCなど色々なタイプがあったり
  • 5万~30万と幅広い価格帯であったり
  • 性能(CPUやらメモリやら)が色々書かれていたり

と色々あります。

 

この大量のパソコンの中から自分に合ったパソコンを見つけるために、

  • 使用用途
  • 性能(スペック)
  • 持ち運びの有無

の3つを基準に選んでいくと良いでしょう。

 

今回は、パソコンの選び方ということで、パソコン選びの大枠部分を解説しました。

ザックリですが、パソコンを選ぶ上で、どういうポイントを考えれば良いのか分かって頂けたと思います。

 

さらに、パーツの役割、デスクトップパソコンの選び方やノートパソコンの選び方など細かく解説すると色々あるのですが、別の記事でより深掘りして解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

2 COMMENTS

足立翠

自分の用途に合った性能のパソコンの選び方が知りたいのに、何も書いていなくて何の参考にもなりませんでした。残念です。

用途ごとの必要とされる性能をまとめた記事があると、とてもうれしいです。

返信する
ケンさん

コメントありがとうございます。
また、お力になれずすみませんでした。

これから、用途ごとの性能など情報量を増やしていきますので、またいらしてください。

返信する

足立翠 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です