最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

パソコンの価格別の目安スペックとおすすめBTOデスクトップパソコン

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

パソコンってどのくらいの価格でどの程度のスペック(性能)、用途で使えるの?

と疑問に思う方に向けて、価格帯別のスペックや用途、おすすめのBTOデスクトップパソコンを紹介します。

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

パソコンの価格について

パソコンの価格帯は、5万円~30万円程度と結構幅が広い上、高額となります。

当然ですが、価格に応じて、パソコンのスペックや機能、保証などが変わってきます。

※中にはもっと安いものや高いものもありますが、一般的な価格帯として。

 

その中でも重要で、価格に直結するのが、スペックとなります。

基本的に、価格が高ければ高いほどスペックが高くなります。

 

パソコン以外の商品と同様ですが、一般的には高ければ高いほど良いものになるので、ここは、なんとなく分かって頂けると思います。

 

しかし、具体的に、どのくらいの価格帯のパソコンで、

  • どのくらいのスペックなのか?
  • どんな用途で使えるのか?

と言うのは、あまりパソコンを選んだことない方からすれば分からないと思います。

 

そこで価格帯別に

  • スペックの目安
  • どんな用途で使えるか
  • おすすめのBTOパソコン

について解説していきます。

 

 

パソコンの価格別のスペック、用途について

では、パソコンの価格帯別に、スペックの目安や用途、おすすめのパソコンを解説していきます。

 

解説していくにあたり、次の価格帯に分けて進めて行こうと思います。

  • 5万円以下のパソコン
  • 10万円以下のパソコン
  • 15万円以下のパソコン
  • 20万円以下のパソコン【おすすめの価格帯】
  • 25万円以下のパソコン【おすすめの価格帯】
  • 30万円以下のパソコン

 

使用用途では、◎、〇、△、×で動作状況を解説していますが、意味は次の通りです。

◎ = 快適に問題なく動作

〇 = 基本的に動作するが、一部性能不足を感じることもある。

△ = 初心者や軽めにしかやらない方は良いが、本格的にやる分にはちょっと性能不足。

× = 動作しない。動作しても確実にカクついてストレスになる。

 

また、同じ使用用途でも、使う人によって必要なスペックが異なってきます。

例えば、同じ動画編集でパソコンを使うにしても、次の2つの使い方では、必要なスペックが変わります。

趣味で動画編集を覚えて、ちょっとしたホームビデオを作りたい

⇒ 最低限動画編集できるスペックがあれば良い。

 

仕事、プロとして動画編集をしたい

⇒ 作業の効率性も考えてスペックの高いものが良い。

このように、同じ用途でもどういう立場で使うかによっても必要な性能が変わってきます。

 

そのため、ここでは初心者の方からセミプロレベルの範囲を想定して各用途の動作を判断しています。

 

例えば、動画編集であれば、Youtubeに動画をあげて収益化をする。という感じで個人の規模感でできることを目安にしています。

 

一方で、CMやプロモーションなどのプロ向けは、そもそも私に経験が無く、どの程度スペックが必要が分からないので、対象外としているので、その上で参考にして頂ければと思います。

 

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

5万円以下のパソコン

5万円以下のパソコンとなるとパソコンの中では、超低価格帯の部類に入ってくるので、スペックはそれほど高くはありません。

 

ネットサーフィンやYoutubeなどの動画視聴は問題なくできるが、3Dゲームや動画編集などの高負荷な処理を行うほどの性能は無いと言った感じ。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Celeron / AMD Athlon
メモリ4GB
GPUCPU内蔵グラフィック
SSD240GB
HDD

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集×
プログラミング
3DCG・モデリング×
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習×

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】5万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

10万円以下のパソコン

10万円以下のパソコンとなるとパソコンの中では、低価格帯の部類に入ってきますが、グラフィックボードも搭載できるので、できることが格段に増えます。

 

意外に高性能なCPU、ミドルレンジのグラフィックボードを搭載することができるので、ある程度の用途で使うことができます。

 

しかし、それぞれの用途で、ちょっと凝ったことをしたいとなると性能不足を感じると思います。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i5 / AMD Ryzen 5
メモリ8GB
GPUGeforce GTX 1650 / 1660
SSD240GB
HDD

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集
プログラミング
3DCG・モデリング
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】10万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

15万円以下のパソコン

15万円以下のパソコンとなると、CPUは、ハイエンドクラスのものを搭載することができます。

 

グラフィックボードも色々な3Dゲームをプレイできるレベルですね。

とは言え、元々高いグラフィックのゲームや高画質設定でプレイしたいという場合は、ちょっと厳しいかなという感じです。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ8GB
GPUGeforce GTX 1660Ti / 2060
SSD250GB ~ 512GB
HDD1TB

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集
プログラミング
3DCG・モデリング
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】15万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

20万円以下のパソコン【おすすめの価格帯】

20万円以下のパソコンとなると、CPU、GPU共にハイエンドクラスのものを搭載することができます。

 

CPU、GPU共にハイエンドで、メモリもある程度の容量を搭載できるので、多くの使用用途で十分なパフォーマンスを発揮してくれるようになります。

 

このあたりのスペックになるとほとんどの使用用途で使うことができるので、

「考えていた用途で使えなかった…」

「思っていたよりカクついたり、重かったりでストレスが溜まる」

と言ったように、大きく失敗することは無いですね。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 2070 SUPER
SSD512GB
HDD1TB

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集
プログラミング
3DCG・モデリング
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】20万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

25万円以下のパソコン【おすすめの価格帯】

25万円以下のパソコンとなると、CPU、GPU共にハイエンドクラスのものを搭載することができるようになります。

 

スペック的には、20万円以下より少し高くなるので、さらに快適に動作させることができます。

 

また、このくらいの価格帯になると、スペックだけでなく

  • PCケース
  • LEDライティング

などのデザイン面も追求することができます。

 

BTOメーカーによっては、自作PCで使うようなおしゃれなデザインのケースもあったりするので、スペックだけでなくケースなどのデザイン面もこだわりたいという方には良いですね。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7, i9 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 2080 / 2080 SUPER
SSD512GB
HDD2TB

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集
プログラミング
3DCG・モデリング
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】25万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

30万円以下のパソコン

30万円以下のパソコンとなると、CPU、メモリ、GPUとパソコンのスペックを決める重要なパーツは、全てハイエンドクラスのものを搭載することができます。

 

25万円以下のパソコンと同様に、デザイン面もこだわることができますね。

 

目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i9 / AMD Ryzen 7
メモリ32GB
GPUGeforce RTX 2080 Ti
SSD512GB
HDD1TB ~ 3TB

 

使用用途

使用用途スペック
Web閲覧、動画視聴
ビジネス用途
(Office、メーラーなど)
ブログ執筆
画像編集
動画編集
プログラミング
3DCG・モデリング
ゲーム
トレード
(株/FX/仮想通貨)
データ分析・AI学習

 

パーツや使用用途の詳細、おすすめのBTOデスクトップパソコンについては、こちらで解説しています。

≫ 関連記事:【2020年】30万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

 

用途別のおすすめ価格帯

価格帯別に

  • スペックの目安
  • どんな用途で使えるか
  • おすすめのBTOパソコン

について解説しました。

 

では、少し見る角度を変えて、用途別にどのくらいの価格帯のパソコンがおすすめなのか解説していきます。

 

今回はメジャーな用途に絞って、

  • 3Dゲーム
  • 動画編集などのクリエイティブ
  • ビジネス

の3つを解説します。

 

3Dゲーム、クリエイティブ用途:20万円以下、25万円以下がベスト

3Dゲームやクリエイティブな用途の場合は、

  • グラフィックボード必須
  • 最低限のスペック+α(余裕のあるスペック)

あたりが良いかなと思っています。

と言うことから、20万円以下のパソコンは欲しいところ。

 

ちなみに、15万円以下でもできなくはないですが、エントリーモデルと考えた方が良いでしょう。

 

そのため、ちょっと凝ったことをしたいという場合には、もう少しスペックがあった方が良いかなという印象なので、もう少し引き上げて、20万円以下のパソコンという感じです。

 

20万円以下のパソコンの目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 2070 SUPER
SSD512GB
HDD1TB

 

また、クリエイティブ用途の場合は、

  • ブログ執筆
  • 画像編集
  • 動画編集
  • プログラミング
  • 3DCG・モデリング

と色々幅広くあります。

もちろん、これ以外にもたくさんあると思います。

 

しかし、ブログ執筆や画像編集などの比較的軽めの処理であれば、ここまでのスペックは不要ですね。

そのため、ブログ執筆や画像編集だけしかしないという方であれば、15万円以下のパソコンでもOKです。

 

とは言え、今後、「他にも色々作ってみたいなー。」と考えている方であれば、色々対応できるように、この価格帯のパソコンはあった方が良いですね。

 

≫ 関連記事:【2020年】20万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

≫ 関連記事:【2020年】25万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

ケンさん

昔、値段を気にしてスペックを控えめにしたから、後々これやりたいなーとなってもできないことが結構あってんな…

 

ネットサーフィン、ビジネス用途:15万円以下

ネットサーフィンやYoutubeなどの動画視聴であれば、10万円以下のパソコンでも良いかなと思っています。

 

しかし、ビジネス用途の場合は、

  • たくさんのソフトを一度に起動したり
  • Excelなどの表計算ツールで結構な量を関数で計算したり

ということが考えられるので、少なくとも15万円以下ぐらいのパソコンが良いかなという感じです。

 

15万円以下のパソコンの目安スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7 / AMD Ryzen 7
メモリ8GB
GPUGeforce GTX 1660Ti / 2060
SSD250GB ~ 512GB
HDD1TB

CPUがハイエンドクラスなので、事務作業であれば十分すぎますね。

時々、Excelで大量に計算する必要があるなどの一時的な高負荷にも対応することができます。

 

また、メモリが8GBということで、色々なソフトを立ち上げるには十分な容量。

 

基本的に、ネットサーフィンやYoutubeなどの動画視聴、ビジネス用途では、グラフィック性能はあまり必要ない場合がほとんどだと思うので、グラフィックボードは必要無いかなと思っています。

 

しかし、ビジネス用途などでは、何かしら突発的な作業で必要となった時に、グラフィックボードが無いと仕事にならないという場合も考えられます。

そういった場合にも対応できるようにするため、それほど性能は高くなくても良いので、グラフィックボードは搭載しておくべきかなと。

 

経験則的に、ビジネス用途のパソコンでは、色々な作業が入ってくることを想定して、幅広く対応できるスペックにしておくべきと考えています。

 

≫ 関連記事:【2020年】15万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

 

 

まとめ:おすすめは、20万円以下、25万円以下のパソコン

パソコンの価格帯は、5万円~30万円程度と結構幅が広いです。

 

しかし、具体的に、どのくらいの価格帯のパソコンで、

  • どのくらいのスペックなのか?
  • どんな用途で使えるのか?

と言うのは、正直分かりにくいです。

 

そこで価格帯別に

  • スペックの目安
  • どんな用途で使えるか
  • おすすめのBTOパソコン

について解説しました。

 

おすすめの価格帯、人気のある価格帯としては、20万円以下25万円以下のパソコンですね。

 

全体的にスペックも高くなってくるので、幅広い用途で使うことができます。

特に、

  • 3Dゲームやクリエイティブな用途を考えている
  • 今は予定はないけど今後するかも…

という方向けですね。

 

≫ 関連記事:【2020年】20万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

≫ 関連記事:【2020年】25万円以下のおすすめパソコンの比較・紹介【3つ厳選】



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です