BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

【Thermaltake VIEW 71 TG RGB】4面スモーク強化ガラス搭載のケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

Thermaltake VIEW 71 TG RGBは、フロント、トップ、両サイドの4面にスモークされた強化ガラスが搭載されたフルタワーケースです。
デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

このケースを取り扱っているBTOメーカーもあるので、自作パソコンできないよ!という方でも手に入れることができます。

 

 

Thermaltake VIEW 71 TG RGBの外観

まずは、Thermaltake VIEW 71 TG RGBの外観を簡単にチェックしていきます。

 

CA-1I7-00F1WN-01_2dc7122bf52d4a1485f2ae0f8283bb62

(By Thermaltake)

 

フロント、トップ、両サイドがスモークのかかった5mmの強化ガラスで覆われているので特徴ですね。

電源ボタンやUSBなどのインターフェースについては、強化ガラス部分を避けて、トップとフロント部分の間に配置されています。

 

上の画像の通り、本格水冷のパーツを色々と入れることができる広いスペースがあるので、本格水冷を考えている方には、選択肢の1つになるかと思います。

 

 

CA-1I7-00F1WN-01_ac89ae91fd0a4dd29a9e80d7c74b1ef7

(By Thermaltake)

 

内部の構造としては、右側にHDDラックがあり、左側にグラフィックボードを立てて設置するためのラックがありますね。

 

HDDラックは、3.5/2.5インチ x4なので、HDDでもSSDでもどちらでも搭載可となっています。

また、このHDDラックは取り外し可能なので、大型なグラフィックボードや本格水冷のタンクを設置することもできます。

 

ストレージは裏側にも搭載できるので、裏側に搭載しておいて、広く見せるために取り外しておくというのもアリですね。

 

 

CA-1I7-00F1WN-01_f7c7f69d29dc424899df626fa5c23313

(By Thermaltake)

 

裏側には、2.5インチベイ x2になり、3.5インチベイ x1にもなるユニットが3つあります。

つまり、全て3.5インチのストレージを搭載する場合は3つ、全て2.5インチのストレージを搭載する場合は6つになります。

 

表側、裏側でかなりの数のストレージを搭載することができるので、動画編集などの大きなデータをたくさん扱うので、ストレージを大目に搭載したいという方にはおすすめですね。

 

Thermaltake VIEW 71 TG RGBの仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  CA-1I7-00F1WN-01
カラー  ブラック
材質 SPCC、強化ガラス(5mm)
対応マザーボード  Mini ITX, Micro ATX, ATX, E-ATX
ドライブベイ – 5.25 0
ドライブベイ – 3.5/2.5 HDDラック部分:3.5/2.5 x4
裏側部分:2.5 x6 or 3.5
x3
ドライブベイ – 2.5
拡張スロット  8+2(2スロットは縦)
サイズ  592 x 274 x 577 mm
重量 19.1 kg
I/Oポート USB 3.0 x2, USB 2.0 x2, オーディオ x1
ファン フロント:120mm x3 / 140mm x2(140mm RGBファン2つ標準搭載)
トップ:120/140mm x3
リア:120/140mm x1(140mm RGBファン1つ標準搭載)
ボトム:120mm x2
ラジエーター フロント:360/420mm x1
トップ:360/420mm x1
リア:120/140mm x1
ボトム:2420mm x1
ライト:360/420mm x1
CPUクーラー  最大190mm
グラフィックスカード  最大310mm(HDDラックなし:410mm)
電源ユニット 最大220mm

 

 

セール情報バナー

Thermaltake VIEW 71 TG RGBの特徴

Thermaltake VIEW 71 TG RGBの特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の3つかなと思ってます。

  • 4面のスモーク強化ガラスを使った高いデザイン性
  • ライザーケーブルでグラフィックボードを魅せる配置に。
  • SSD, HDDを柔軟に搭載できる

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

4面のスモーク強化ガラスを使った高いデザイン性

上でも述べたように、やはり一番の特徴ともいえるのが、4面のスモーク強化ガラスだと思います。

 

これに加えて、グラフィックボードを立てて設置できたり、標準でRGBファンが搭載していたりと、魅せるために特化したハイエンドケースと言えるでしょう。

 

デザイン性が高いとはいえ、機能面も疎かになっておらず、充実しているところがまた良いですね。

デザイン面と機能面を両立しているフルタワーケースと言えます。

 

 

ライザーケーブルでグラフィックボードを魅せる配置に。

pic6

(By Thermaltake)

 

画像のようにグラフィックボードを立てて、外から見えやすいように設置することができます。

立てて設置する場合は、別売りのライザーケーブルを使って、マザーボードのPCIExpressとグラフィックボードを接続する必要があります。

 

通常は、マザーボードに対して垂直に挿すので、グラフィックボードの顔となるファン側が見えません。

さらに言えば、大体の場合でグラフィックボードの顔は下向きに設置されるので、垂直でも上から覗き込めば見えるわけでもありません。

 

見えるのは基盤です。(笑)

 

好みの問題なので、基盤が見えるのもアリという方は良いですが、どうせならグラフィックボードの顔部分を見えるようにしたい!という方であれば、垂直にできるケースにすべきかなと思います。

 

※このケースは、ライザーケーブルが付属していないので別途購入する必要があります。

 

 

SSD, HDDを柔軟に搭載できる

ケース仕様にもあるように、ストレージは裏表両方に搭載することができます。

表側(HDDラック) ⇒ 3.5、または、3.5インチシャドウベイ x4

裏側        ⇒ 2.5インチシャドウベイ x6、または、3.5インチシャドウベイ x3

どのベイも3.5インチと2.5インチで切り替えることができるので、HDDとSSDを柔軟に搭載することができます。

 

最近のケースであれば、このように切り替えできるものは多いですが、一部だけというパターンが多いです。

一部だけ、3.5/2.5を切り替えることができ、残りは、2.5インチがいくつか搭載可能という感じですね。

 

しかし、このケースでは全て切り替え可能なので、増設していく内にHDDばっかり搭載することになってしまった…という場合にも臨機応変に対応することができます。

 

Thermaltake VIEW 71 TG RGBを扱っているBTOメーカー

このPCケースは、一部のBTOメーカーでも取り扱いがあるので、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

取り扱いのあるBTOメーカーは、「VSPEC」ですね。

 

ここは、PCケースやその他のパーツの種類が豊富なBTOメーカーで、おそらく、BTOメーカーの中で一番ケースを取り揃えていると思います。

 

多くのBTOメーカーでは、BTOパソコンを選ぶ際に、CPUやグラフィックボードのスペックからベースモデルを選択することができますが、VSPECの場合は、これに加えて、ケースからベースモデルを選択することができます。

 

ケースの種類、ケースからの検索と言った特徴のあるBTOメーカーなので、PCケースにこだわりたい方は、「VSPEC」がおすすめですね。

 

 

まとめ:魅せるPCにしたい方におすすめのケース

PCケース「Thermaltake VIEW 71 TG RGB」を紹介しました。

 

デザイン面を中心に解説してきましたが、機能面も充実していますね。

申し分ないストレージ搭載数、本格水冷にも対応できるなど、デザイン面と機能面を兼ね備えています。

 

HDDラック周りは取り外し可能なので、組み立て時のパーツ構成だけでなく、増設やパーツ換装時にも柔軟に対応できるのが良いですね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です