BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

【SilverStone Primera PM01】フロントの大型メッシュ構造が特徴的なケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

SilverStone Primera PM01は、フロントにある大型のメッシュ構造が大きな特徴のケースです。
デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

このケースを取り扱っているBTOメーカーもあるので、自作パソコンできないよ!という方でも手に入れることができます。

 

SilverStone Primera PM01の外観

まずは、SilverStone Primera PM01の外観を簡単にチェックしていきます。

 

pm01cr-w-34left-1

(By SilverStone)

 

このケースを見た時に一番に目に入るのが、フロントパネルの大きなメッシュ構造部分とその奥にあるLEDファンだと思います。

 

フロントパネルは、スポーツカーのインテイクグリルをヒントにしているようです。

 

機能的にも優れており、140mmの大型のケースファンが3つ搭載することができるので、十分な風量を確保することができそうですね。

 

なお、このLEDのケースファン3つは標準搭載、加えて、リア用に140mmのケースファンが1つ標準搭載されています。

 

また、120mmのケースファンにも対応しているので、他にお気に入りのファンを持っている場合は、搭載できる可能性が広がりますね。

 

フロントパネルの大部分の領域をファンで使用しているので、5.25インチベイは無しです。

 

pm01br-w-left-inside-2

(By SilverStone)

 

トップ部分は、後ろに行くにつれ徐々に高くなっていることが分かります。

また、この画像の角度では分かりにくいですが、トップの中心ラインを境に、山なりのような形状をしています。

 

フロントパネルは、スポーツカーをヒントにしたとありましたが、トップ部分も似ている部分がありますね。

スポーツカーの場合は、デザインや空気抵抗を意識して、角ばったようなデザインであったり、空気を受け流すようなデザインであったりしますが、トップ部分もそれをヒントにしたような気がします。

 

内部構造は、全体的にスッキリとシンプルな作りになっていますね。

 

下側にストレージや電源ユニットを格納する部分をまとめて覆っているので、ごちゃごちゃしていなくて良いですね。

 

フロントパネルのケースファン上2つが上側のマザーボードやグラフィックボードを冷却するためのファン。

下1つがストレージや電源ユニット部分を冷却するためのファンのようですね。

 

 

pm01br-w-right-inside-2

(By SilverStone)

 

裏配線側ですが、中央部分にファンを最大10個繋げることができるようにハブが搭載されていますね。

 

このケース自体最大7個のケースファンを搭載できるので、7個+αという感じで、ちょっと余裕の持った数があるので色々と使えそうですね。

 

 

セール情報バナー

SilverStone Primera PM01の仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  SST-PM01BR-W
SST-PM01CR-W
SST-PM01TR-W
SST-PM01WA-W
カラー  本体:黒、ウィンドウ:赤色LED
本体:ツヤ消し黒、ウィンドウ:赤色LED
本体:チタン、ウィンドウ:赤色LED
本体:白、ウィンドウ:青色LED
材質 スチール、プラスチック、アクリル
対応マザーボード  ATX, Micro-ATX
ドライブベイ – 5.25 0
ドライブベイ – 3.5/2.5 4
ドライブベイ – 2.5 5
拡張スロット  7
サイズ  220mm (W) x 571mm (H) x 560mm (D)
重量 9kg
I/Oポート USB 2.0 x2, USB 3.0 x2, マイク, オーディオ
ファン トップ:120 x3 / 140mm x2
フロント:120/140mm x3(140mm LEDファン3つ標準搭載)
リア:120/140mm x1(140mmファン1つ標準搭載)
ボトム:なし
ラジエーター トップ:120mm x2, 240/280/360mm x1
フロント:120mm x2, 240/280/360mm x1
リア:120/140mm x1
ボトム:なし
CPUクーラー  最大180mm
グラフィックスカード  最大419mm
電源ユニット 最大240mm

 

SilverStone Primera PM01の特徴

SilverStone Primera PM01の特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の2つかなと思ってます。

  • フロントの全面メッシュ構造
  • フロントに140mmケースファン最大3つ搭載可能

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

フロントの全面メッシュ構造

上でも述べたように、フロント部分の大きなメッシュ構造と大きなケースファンが特徴ですね。

 

標準でフロントのケースファン3つとリアのケースファン1つを搭載しています。

フロント側の3つは、LED仕様ですね。

 

メッシュ構造になっているので、エアフローをしっかりと確保することができます。

加えて、フィルターを搭載しているので、内部にホコリを極力シャットアウトできる構造になっています。

 

フロントに140mmケースファン最大3つ搭載可能

フロントパネルには、大型の140mmケースファンを3つ搭載できるので、

  • 高い冷却性能
  • 高い静音性

を期待することができます。

 

そもそもファンの数が多く、また、ファンサイズが140mmと大きい部類なので、風量を確保できる分、冷却性能が高いと言えます。

 

静音性に関しては、ファンの数や大型なものを使用しているので、ファンの回転数を下げても、冷却するのに十分な風量を確保できます。

 

ファンの回転数が下げることができるということは、ファンの騒音も軽減できるので、高い静音性を期待できます。

 

とは言え、その場合はファンの回転数を制御する必要があるため、PWM制御が可能なケースファンが別途必要ですね。

 

 

SilverStone Primera PM01を扱っているBTOメーカー

このPCケースは、一部のBTOメーカーでも取り扱いがあるので、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

取り扱いのあるBTOメーカーは、「VSPEC」ですね。

 

ここは、PCケースやその他のパーツの種類が豊富なBTOメーカーで、おそらく、BTOメーカーの中で一番ケースを取り揃えていると思います。

 

多くのBTOメーカーでは、BTOパソコンを選ぶ際に、CPUやグラフィックボードのスペックからベースモデルを選択することができますが、VSPECの場合は、これに加えて、ケースからベースモデルを選択することができます。

 

ケースの種類、ケースからの検索と言った特徴のあるBTOメーカーなので、PCケースにこだわりたい方は、「VSPEC」がおすすめですね。

 

 

まとめ:フロントのケースファンで冷却性、静音性が期待できる

PCケース「SilverStone Primera PM01」を紹介しました。

 

フロント部分がメッシュ構造になっていて、140mmのケースファンを3つ搭載できるケースは、そうそう多くないので、高い冷却性能や静音性を求める人には良いかもしれませんね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です