ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【SAMA BlackFish】高い静音性を誇るミドルタワーケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

SAMA BlackFishは、密閉性の高さ、吸音シートや大型のインシュレーターなどの静音性を高める仕組みを取り入れた静音性に特化したケースとなっています。

デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

MEMO

このケースは、BTOメーカー「ストーム」のクリエーター向けPC「【Core i9】【SSD500GB】【Quadro RTX4000】EL-QA」での取り扱いがあります。

⇒ 現在は取り扱いがありません。

ストームのキャンペーン情報
増税2%分の還元キャンペーン

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

SAMA BlackFishの外観

まずは、SAMA BlackFishの外観を簡単にチェックしていきます。

 

41EWsT82-TL

(By SAMA)

 

ケース全体が、シンプルなものになっており、数少ない装飾がフロントパネルにあるロゴとブルーのLEDラインのみ。

 

大型のインシュレーター(足部分)のずっしり感とケース全体の雰囲気から重厚感のあるものに仕上がっていますね。

 

51aNjn1bIhL

(By SAMA)

 

フロントパネルは開閉式で、5.25インチベイが2つとケースファンが2基あります。

ケースファンは、120mmと140mmを搭載することができるので、140mmのケースファンにしておくことで、さらに静音化を期待できますね。

 

ファンの大きさによって、静音化につながる理由については、静音PCケースファンの解説を参考にして下さい。

 

 

51s7zcZeL6L

(By SAMA)

 

内部も非常にシンプルですが、裏配線用の穴がたくさん開いているので、フレキシブルに配線することができるのでポイント高いですね。

 

電源ユニットもこちら側の下部に搭載する形なので、下に付いている大きな裏配線用の穴から一旦ケーブルを全部裏側に回し、必要に応じて、他の小さい穴から出してくるというスタイルになるかと思います。

 

2.5インチドライブは、ケースファンのすぐ後ろ側で、3.5インチドライブは、裏配線側となります。

 

SAMA BlackFishの仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  BlackFish
カラー  ブラック
材質
対応マザーボード  ATX, Micro-ATX, Mini-ITX
ドライブベイ – 5.25 2
ドライブベイ – 2.5 3
ドライブベイ – 2.5 6
拡張スロット  8
サイズ  232mm(幅) x 530mm(高さ) x 466mm(奥行き)
重量 10.8kg
I/Oポート USB 3.0 ×2, USB 2.0 ×2, オーディオ, ファンコントローラー,
MicroSD, SDカードリーダー(構成によっては使用不可)
ファン フロント:120/140mm ×2
トップ:なし
リア:120/140mm ×1
ボトム:なし
(120mm ×3 標準搭載)
ラジエーター フロント:240/280mm ×1
トップ:なし
リア:120/140mm ×1
ボトム:なし
CPUクーラー  最大179mm
グラフィックスカード  最大465mm
電源ユニット

 

SAMA BlackFishの特徴

SAMA BlackFishの特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の通りです。

  • 静音性を高める仕組みが盛沢山
  • シンプルで重厚感のあるデザイン

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

静音性を高める仕組みが盛沢山

SAMA BlackFishは、静音化に特化したケースとなっていますが、実際のところ何が静音化に繋がっているんだ?という話になってくるかと思います。

 

具体的には、次の5つです。

  • ケースの高い密閉性
  • 複数のパネルに搭載された吸音シート
  • 振動を抑える大型インシュレーター
  • 140mmケースファン搭載可能で駆動音を軽減
  • ケースファンコントローラーで必要に応じてファンの回転数を変更できる

 

ケースの高い密閉性

41EWsT82-TL

(By SAMA)

見ての通り、フロントパネルがメッシュ構造ではなく、密閉タイプとなっており、吸気口が必要最小限となっています。

そのため、ケースファンの動作音を最小限にすることができます。

 

複数のパネルに搭載された吸音シート

9Yd1AKPnQE2l._UX300_TTW__

(By SAMA)

このケースでは、フロント、トップ、両サイドの内側に吸音シートが搭載されおり、パソコン内部の動作音を外に漏らさないような設計になっています。

 

振動を抑える大型インシュレーター

z0CPIG72QqGm._UX300_TTW__

(By SAMA)

ボトムには、大型のインシュレーターが搭載されており、パソコン全体の振動を軽減することができます。

 

140mmケースファン搭載可能で駆動音を軽減

標準搭載のケースファンは120mmですが、140mmのケースファンも搭載できるようになっています。

 

より高い静音性を実現したいのであれば、140mmにすることで、さらにケースファンの駆動音を軽減することができます。

 

≫ 関連記事:静音PCケースファンの解説とおすすめケースファン

 

ケースファンコントローラーで必要に応じてファンの回転数を変更できる

N75jIqTES6W._UX300_TTW__

(By SAMA)

フロント部分を開けたところに、ファンの回転数を切り替えることのできるスイッチが搭載されています。

 

PWM対応のケースファンを搭載して、自動制御という手もありますが、手動でスイッチ切り替えができるというのも良いですよね。

 

静音性を気にするのであれば、基本”低速”にしておいて、ゲームや動画編集のエンコードなどの一時的に高負荷な状況にある場合に、”高速”にして使うというのもアリですね。

 

 

シンプルで重厚感のあるデザイン

41kMBwiEFuL

(By SAMA)

 

何と言っても、このシンプルさと重厚感がケース全体のデザイン性を高めていると言って良いと思います。

 

また、ブルーのLEDもワンポイントで控えめな装飾となっているので、派手派手しいLEDが嫌いという方にはマッチしているとでしょう。

 

まとめ:静音性を求めている方におすすめのケース

PCケース「SAMA BlackFish」を紹介しました。

 

静音性に特化したミドルタワーケースでした。

 

ここまで徹底して静音性対策をしているケースは珍しいと思います。

そのため、パソコンの駆動音が気になって作業に集中できないという方は、選択肢の内の1つに入ってくると思いますね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です