ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【RAIJINTEK METIS PLUS】カラーバリエーションが超豊富なアルミニウムケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

RAIJINTEK METIS PLUSは、アルミ素材には珍しいカラーまで取り揃えているマイクロケースです。

デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

MEMO

このケースは、BTOメーカー「ストーム」のゲーミングPC「【Core i5】【SSD250GB】【GTX1660】PG-CR」での取り扱いがあります。

 

RAIJINTEK METIS PLUSの外観

まずは、RAIJINTEK METIS PLUSの外観を簡単にチェックしていきます。

gallery-metisplus-17big

(By RAIJINTEK)

 

フロントパネルは、電源ボタンとRAIJINTEKのロゴのみとシンプルなものとなっています。

その他のUSBやオーディオについては、トップ部分に配置されています。

 

装飾等はほとんどなく、シンプルで落ち着いた印象のケースと言えるでしょう。

 

gallery-metisplus-19big

(By RAIJINTEK)

 

サイドパネルは、透明なウィンドウになっているので、内部のパーツを楽しめる構造になっています。

 

一般的には、左側のサイドパネルが透明になっていることが多いですが、METIS PLUSの場合は、右側に付いているというちょっと珍しいケースですね。

 

ウィンドウが少し小さい印象を受けますが、個人的には丁度良いサイズ感かなと思っています。

 

丁度、Mini-ITXのマザーボードが見えるぐらいに設計されており、電源ケーブルなどごちゃっとしがちな、見せたくない部分は上手く隠せるというようなサイズ感。

 

 

gallery-metisplus-23big

(By RAIJINTEK)

 

内部はこんな感じです。

 

ケースファンは、トップとリアに120mmのファンを1つずつ、計2つ搭載できる仕様になっています。

 

画像を見た感じ、電源ボタンやUSBのケーブルが結構出ているので、ここに電源ユニットとケーブルが加われば、かなりごちゃごちゃすると思います。

 

そのため、ケーブル類の配線をどれだけ上手くするかで、ウィンドウから覗いたときのスッキリ感が全然違ってくるかなという印象です。

 

 

RAIJINTEK METIS PLUSの仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  METIS PLUS
カラー  ホワイト、ピンク、グリーン、ゴールド、
シルバー、レッド、ブラック、ブルー
材質 アルミニウム(1.5mm厚)
SPCC(0.5mm厚)
対応マザーボード  Mini-ITX
ドライブベイ – 5.25 0
ドライブベイ – 3.5/2.5 2.5×4 + 3.5×1 or 2.5×2 + 3.5×2
拡張スロット  2
サイズ  190×277×254 mm
重量 2.12 kg
I/Oポート USB3.0 × 2, オーディオ
ファン フロント:なし
トップ:120mm ×1
リア:120mm ×1
ボトム:なし
ラジエーター なし
CPUクーラー  最大160mm
グラフィックスカード  最大170mm
電源ユニット

 

RAIJINTEK METIS PLUSの特徴

RAIJINTEK METIS PLUSの特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の通りです。

  • アルミニウム素材には珍しい豊富なカラーバリエーション
  • 表面のアルマイト処理で高耐久
  • アルムニウム素材にしては低価格帯

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

アルミニウム素材には珍しい豊富なカラーバリエーション

アルミニウム素材のケースと言えば、ブラック、シルバーあたりが多いのですが、

 

METIS PLUSでは、8色のカラーバリエーションがあります。

 

metisplus-1metisplus-3metisplus-4metisplus-2metisplus-5metisplus-6metisplus-7metisplus-8

(By RAIJINTEK)

 

カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ホワイト、レッド、ブルー、グリーン、ゴールド、ピンクの8色ですね。

他のアルミケースでもレッドぐらいまでなら見かけることがありますが、ここまで多いのはおそらくMETIS PLUSだけだと思います。

 

最近、ピンク色が追加されたみたいですね。

なかなか攻めたカラーだと思います。(笑)

 

珍しいカラーにしたい!

絶対ケースの色だけはこだわりたい!

という方には、おすすめですね。

 

 

表面のアルマイト処理で高耐久

METIS PLUSは、ケースの表面を陽極酸化処理(=アルマイト処理)をされています。

 

アルミニウムは、酸素との結びつきが良く、空気に触れていると非常に薄い皮膜を作り、錆びにくくなっています。

 

しかし、その皮膜は非常に薄く、環境によっては腐食するので、アルマイト処理をすることで表面を保護しています。

 

アルマイト処理をすることで、より錆びにくく、傷つきにくくなっており、耐久性が高いと言えます。

アルマイト処理とは?

 

アルムニウム素材にしては低価格帯

アルミニウム素材のケースは、価格的にはちょっと高めになるのですが、METIS PLUSは、かなりリーズナブルとなっています。

 

カラーによって差があるのですが、大体5000円~8000円程度ですね。

 

マイクロケースということで、全体的に少ない材料で済んでいるからということもあると思いますが、ここまで低価格帯なアルミケースは、なかなかないと思います。

 

アルミケースにしたけど、他のパーツにお金を回したいから、ケースはちょっと抑えめにしておきたいという方は、このケースは選択肢に入ってくるかなと思います。

 

 

セール情報バナー

RAIJINTEK METIS PLUSを扱っているBTOメーカー「ストーム」

gallery-metisplus-17big

(By RAIJINTEK)

 

このケースは、BTOメーカー「ストーム」のゲーミングPC「【Core i5】【SSD250GB】【GTX1660】PG-CR」での取り扱いがあります。

 

そのため、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

ストームは、ベースモデルの絞り込みを細かく指定することができるのが特徴です。

CPU、GPU、価格帯、ケースのタイプ、メモリ容量、CPUクーラーの冷却方式からベースモデルを絞り込むことができるので、既にスペックをある程度絞り込んでいるという方には、おすすめですね。

 

また、カスタマイズできる選択肢が少なめなので、あまり迷うことなくサクサク決めれるので、パソコン初心者の方にはカスタマイズし易と思います。

 

ストームで確認する

 

まとめ:アルミケースで色にもこだわりたい方におすすめ!

PCケース「RAIJINTEK METIS PLUS」を紹介しました。

 

アルミ素材とシンプルさが印象的なマイクロケースですね。

カラーバリエーションが8色と豊富なため、ブラック、シルバー、ホワイトも良い色ですが、それ以外の珍しい色にしてみたいという方には、おすすめですね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です