ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【NZXT H400】ホワイトとブラックのバランスが良いオールスチール構造のケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

NZXT H400は、シンプルながらにしてデザイン性の高いミドルタワーケースです。

デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

MEMO

このケースは、BTOメーカー「サイコム」のゲーミングPC「G-Master Spear X570A-Mini」での取り扱いがあります。

 

NZXT H400の外観

まずは、NZXT H400の外観を簡単にチェックしていきます。

 

large_c33b136cbd0a13ef

(By NZXT)

 

スチールと強化ガラスで作られたおり、全体的にシンプルで、落ち着いたデザインのケースとなっています。

 

USBやオーディオなどは、トップパネルに配置されており、フロントパネルには、ロゴを控えめに入っているというシンプルさ。

 

ベースはホワイトで、パソコンの内部はブラックとなっており、配色のバランスが良いですね。

また、後程解説しますが、カラーバリエーションも4色と豊富です。

 

large_a3340c7a1a2a4ad5

(By NZXT)

 

パソコン内部は、外見とは打って変わって、黒色がベースとなっており、フレーム部分がホワイトですね。

 

マザーボードの取り付け部分のパネルの穴が大きいこともポイントが高いですね。

 

主に、

  • 裏側から取り付けるタイプのCPUクーラーを使う場合
  • マザーボードの裏側にM.2がある場合

に裏側から作業できるので、取り付けやすいというメリットがあります。

 

とは言え、マザーボードの裏側にM.2を搭載する場合は、製品によって位置が様々なので、作業できればラッキー程度で捉えておく方が良いかも。

 

NZXT H400の仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  H400
カラー  ホワイト、ブラック、レッド、ブルー
材質 スチール、強化ガラス
対応マザーボード  mini-ITX, microATX
ドライブベイ – 5.25 0
ドライブベイ – 3.5 1
ドライブベイ – 2.5 4
拡張スロット  4
サイズ  W: 210mm H: 417mm D: 421mm
重量 7.6kg
I/Oポート USB 3.1 Gen 1 x2, オーディオ
ファン フロント:120/140mm x2
トップ:120/140mm x2
リア:120mm x1
ボトム:なし
(フロント:120mm x2, リア 120mm x1標準搭載)
ラジエーター フロント:120/140mm x2
トップ:なし
リア:120mm x1
ボトム:なし
CPUクーラー  最大164mm
グラフィックスカード  最大411mm
電源ユニット

 

セール情報バナー

NZXT H400の特徴

NZXT H400の特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の通りです。

  • 配色、スチール、強化ガラスのデザイン性の高さ
  • 豊富なカラーバリエーション

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

配色、スチール、強化ガラスのデザイン性の高さ

large_4238aa9f941f7c9b

(By NZXT)

 

外見は、ホワイトをベースとした配色となっていますが、パソコン内部は、ブラックをベースにワンポイントでホワイトカラーを入れています。

 

バランスの良い配色となっていますね。

 

この配色のバランスの良さとシンプルなデザインから、NZXTらしさを感じることができます。

 

また、サイドパネルは強化ガラスとなっており、パソコン内部を楽しむことができるので、ホワイトをベースにしたPCパーツを搭載することで、さらに統一感のあるパソコンに仕上げるのも良いかもしれませんね。

 

 

豊富なカラーバリエーション

large_4238aa9f941f7c9bpdp_7b9989d934a923d6pdp_7fba8be1c83e7968pdp_c7df33508ba049f5

(By NZXT)

 

H400には、カラーバリエーションがホワイト、ブラック、レッド、ブルーの計4色あります。

 

基本的に、サイド部分の縦ラインとパソコン内部のフレーム部分の色が変わっていますね。

外見のスチール部分もブラックがベースです。

 

しかし、ホワイトは若干特殊なパターンで、フレームに加え外見部分もホワイトとなっています。

 

レッドやブルーについては、黒をベースにした上で、ワンポイントで入っているので、あまり派手派手しい感じではなく、部屋の周りのものと馴染みやすい良い色合いだと思います。

 

NZXT H400を扱っているBTOメーカー「サイコム」

このケースは、BTOメーカー「サイコム」のゲーミングPC「G-Master Spear X570A-Mini」での取り扱いがあります。

 

そのため、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

サイコムは、LEDライティングに特化したパソコン、CPUとGPUを水冷化したデュアル水冷パソコンなどテーマ性のあるBTOパソコンを取り扱っている面白いメーカーですね。

 

パーツの選択肢が多くカスタマイズ性が高く、パーツのメーカーや仕様、画像も掲載されているのでカスタマイズのし易さが特徴ですね。

 

サイコムで確認する

 

まとめ:NZXTのデザインが好きな方におすすめ!

PCケース「NZXT H400」を紹介しました。

 

ホワイトとブラックのバランスが絶妙に良いNZXTらしいケースでした。

 

カラーバリエーションも豊富で、全体的に落ち着いたカラーリングとなっているので、どの色でも選びやすいですね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です