BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

【MSI MPG GUNGNIR 100D】MSIロゴのドラゴンをフロントに描かれたケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

MSI MPG GUNGNIR 100Dは、MSIロゴの象徴であるドラゴンをフロントパネルに大きく描かれたミドルタワーケースです。
デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

このケースを取り扱っているBTOメーカーもあるので、自作パソコンできないよ!という方でも手に入れることができます。

 

MSI MPG GUNGNIR 100Dの外観

まずは、MSI MPG GUNGNIR 100Dの外観を簡単にチェックしていきます。

 

 

product_6_20190409115204_5cac16e408a46

(By MSI)

 

フロントパネルのMSIの象徴となっているドラゴンが描かれているのが印象的なケースです。

 

サイズ感は、510(D) x 227(W) x 525(H) mmと50cm越えなので、ミドルタワーケースの中では、大きい部類のケースになるかと思います。

 

サイドパネルは強化ガラスなので、画像のようにドラゴンの色に合わせて赤系統のLEDで装飾すると、かっこ良さがより際立ちますね。

 

フロントパネルのドラゴンは、特にLEDで光らせるということはできないので、そこは注意。

 

正直、かっこいいと思う人とダサいなーと思う人で結構別れるような気がします。(笑)

個人的には、割と好きな方ですね。

 

 

product_7_20190111150529_5c38403938a27

(By MSI)

 

内部に関してはシンプルな構造で、左サイドは、マザーボード、ファン・ラジエーター関連を搭載します。

電源やストレージ類は、裏面ですね。

 

特にこれと言って特徴的なギミックがあるわけでは無く、上側部分と電源等が入る下側部分でキッチリ分かれているので、非常にシンプルで組み立てやすいと思います。

 

 

product_7_20190409131517_5cac2a655f731

(By MSI)

 

裏面には、ストレージと電源ユニットが格納できるようになっています。

 

ストレージは、

3.5/2.5インチシャドウベイ ⇒ 2つ

2.5インチシャドウベイ   ⇒ 2つ

ケースのサイズにしては、ストレージは少なめという印象ですね。

とは言え、4つ搭載できれば十分という方は多いと思うので、大丈夫な方は問題なしですね。

 

 

セール情報バナー

MSI MPG GUNGNIR 100Dの仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  MPG GUNGNIR 100D
カラー  ブラック
材質
対応マザーボード  E-ATX(最大272mm)、ATX、microATX、Mini-ITX
ドライブベイ – 5.25 0
ドライブベイ – 3.5/2.5 2
ドライブベイ – 2.5 2
拡張スロット  7
サイズ  510(D) x 227(W) x 525(H) mm
重量 9.25kg
I/Oポート USB 3.0 x2, オーディオ
ファン フロント:120/140mm x3
トップ:120mm x3 or 140mm x2
リア:120/140mm x1(標準搭載)
ボトム:なし
ラジエーター 120 / 140 / 240 / 280 / 360 / 420mm 
CPUクーラー  最大170mm
グラフィックスカード  最大400mm
電源ユニット 最大 200mm

 

MSI MPG GUNGNIR 100Dの特徴

MSI MPG GUNGNIR 100Dの特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の2つかなと思ってます。

  • MSIロゴのドラゴンと強化ガラス
  • シンプルで組み立てやすい内部構造

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

MSIロゴのドラゴンと強化ガラス

上でも述べたように、MSIロゴのドラゴンがフロントパネルに大きく描かれており、このケースの最大の特徴と言えると思います。

 

このケースは、ゲーミング向けで、その血筋と熱狂具合をMSIの象徴でもあるドラゴンで力強く表現しているようです。

 

また、サイドパネルは強化ガラスとなっており、内部のパーツも楽しめるようになっています。

 

ハイエンドなパーツで固めれば、フロントパネルのドラゴンからだけではなく、パソコン内部からも力強さを表現してくれるでしょう。

 

シンプルで組み立てやすい内部構造

基本的にややこしいギミックはほとんど無く、シンプルな構造となっているので、組み立てやすい作りとなっていますね。

 

ストレージ類や電源ユニットについてもケースを見ればどこに搭載するか一目瞭然なので、初めて自作パソコンを組み立てるという方にはおすすめですね。

 

MSI MPG GUNGNIR 100Dを扱っているBTOメーカー「ストーム」

このPCケースは、一部のBTOメーカーでも取り扱いがあるので、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

取り扱いのあるBTOメーカーは、「ストーム」ですね。

 

ストームは、ベースモデルの絞り込みを細かく指定することができるのが特徴です。

 

CPU、GPU、価格帯、ケースのタイプ、メモリ容量、CPUクーラーの冷却方式からベースモデルを絞り込むことができるので、既にスペックをある程度絞り込んでいるという方には、おすすめですね。

 

また、カスタマイズできる選択肢が少なめなので、あまり迷うことなくサクサク決めれるので、パソコン初心者の方にはカスタマイズし易と思います。

 

まとめ:MSI好き、ドラゴン好きには良いかも。

PCケース「MSI MPG GUNGNIR 100D」を紹介しました。

 

ほとんどのケースで、メーカーのロゴが入っていますが、大体小さめというのが一般的です。

しかし、このケースでは、MSIロゴの象徴であるドラゴンをこれでもかというぐらい大きく入れています。

 

ここまでするケースはなかなか珍しいですね。(笑)

 

そんなメーカーの象徴を文字通り前面に押し出したケースとなっているので、MSI好き、ドラゴン好きにはたまらないと思います。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です