ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【CoolerMaster CM690 III】200mmの大型ファン搭載可能な冷却性能抜群のケース

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

CoolerMaster CM690 IIIは、200mmの大型ケースファンを3つまで取り付けることができるので、冷却性能だけでなく静音性も期待できるケース。

デザインと仕様、特徴、BTOパソコンの有無などについて解説していきます。

 

MEMO

このケースは、BTOメーカー「サイコム」のゲーミングPC「G-Master Spear Z390-Taichi OC」での取り扱いがあります。

 

 

CoolerMaster CM690 IIIの外観

まずは、CoolerMaster CM690 IIIの外観を簡単にチェックしていきます。

 

10_68f4f63cbad170c4ae913dc270654ffc_1375125407

(By CoolerMaster)

 

フロントパネルがメッシュタイプ構造となっていて通気性抜群のミドルタワーケースとなっています。

 

COOLER MASTERのロゴが印象的ですが、その他に目立った装飾は無いシンプルな仕上がりとなっていますね。

 

最近のケースは、5.25インチベイは搭載されていないか、搭載されていても1つぐらいと言うのが多いですが、CM690 IIIは、5.25インチベイが3つも搭載されています。

 

比較的昔のケースだと5.25インチベイが多く搭載されていますが、昔からバージョンを変えつつ、多くのユーザーから人気を得ているケースなので、その名残りでしょうか。

 

 

10_0bbe8c2b04058f5c7acba0b578e74d21_1375044867

(By CoolerMaster)

 

ケース内部はこのような感じで、フロント側にストレージのシャドウベイが集約された形となっていますね。

 

ドライブベイ数は、次のようになっています。

3.5/2.5ドライブベイ ⇒ 7つ

2.5ドライブベイ ⇒ 3つ

画像には、3.5インチと2.5インチの共有のドライブベイが7つあることが分かります。

 

ネジ留めされているフレームを付け替えることで、幅を調整し、3.5 ⇔ 2.5 に切り替える仕様となっています。

 

この他にも、2.5インチベイは、裏配線側(マザーボードの裏部分)やボトム、5.25ドライブベイの裏側に搭載可能

 

 

10_998658bd1740ea54fed1acf24b68ddd2_1375045480

(By CoolerMaster)

 

パーツを搭載して組み立てるとこのような感じ。

 

水冷パーツやグラフィックボードを2基搭載していますが、十分なスペースですね。

 

 

セール情報バナー

CoolerMaster CM690 IIIの仕様

では、細かいケースの仕様について解説します。

 

ケース仕様

項目 スペック
製品名  CM690 III
カラー  ミッドナイトブラック
材質 スチール
対応マザーボード  microATX, ATX
ドライブベイ – 5.25 3
ドライブベイ – 3.5/2.5 7
ドライブベイ – 2.5 3
拡張スロット  7 + 1(1つ縦型)
サイズ  230mm x 502mm x 507mm
重量 約8.7kg
I/Oポート USB 3.0 x2, USB 2.0 x2, ヘッドホン x1, マイク x1
ファン フロント:120/140mm x2 or 180/200mm x1
トップ:120/140mm x2 or 200mm x1
リア:120mm x1
ボトム:120mm x1
レフトサイド:120mm x2 or 180/200mm x1
※レフトは、ウィンドウタイプ時は不可
ラジエーター フロント:240mm x1
トップ:240mm x1
リア:120mm x1
ボトム:なし
CPUクーラー  最大171mm
グラフィックスカード  最大423mm
電源ユニット

 

CoolerMaster CM690 IIIの特徴

CoolerMaster CM690 IIIの特徴について解説していきます。

 

このケースの大きな特徴としては、次の通りです。

  • クーラーマスター王道のミドルタワーケース
  • 200mmの大型ケースファンで冷却性と静音性を実現

 

では、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

クーラーマスター王道のミドルタワーケース

10_68f4f63cbad170c4ae913dc270654ffc_1375125407

(By CoolerMaster)

 

クーラーマスターと言えば、このケースと言うぐらい長年にわたって有名、人気のあるケースです。

 

メッシュ構造のフロントパネルが印象的ですが、シンプルで洗練されたデザインに仕上がっていますね。

 

サイドパネル部分は、2タイプのバリエーションがあります。

  • メッシュ構造で内部に、最大200mmのケースファンを搭載できるタイプ(画像)
  • ウィンドウになっているタイプ(ケースファン搭載不可)

 

200mmの大型ケースファンで冷却性と静音性を実現

10_64a75c7615067c6da5ca49afa6ebea06_1375045316

(By CoolerMaster)

 

CM690 IIIは、200mmのケースファンを最大3つも搭載できるケースです。

 

通常、ケースファンといえば、120mm、または、140mm角が大半ですが、CM690 IIIは180mm, 200mmの大型のケースファンも対応しています。

 

ケースファンを大型にすることで、低い回転数で風量を確保することができるので、静音化にも繋がります。

そのため、自動で回転数を制御するPWM対応のケースファンを搭載することで、さらに静音性を期待することができます。

≫ 関連記事:静音PCケースファンの解説とおすすめケースファン

 

加えて、フロントパネルが通気性抜群なメッシュ構造なので、さすがクーラーマスター、名前通りの冷却性能の高さだなという印象ですね。

 

 

CoolerMaster CM690 IIIを扱っているBTOメーカー「サイコム」

このケースは、BTOメーカー「サイコム」のゲーミングPC「G-Master Spear Z390-Taichi OC」での取り扱いがあります。

 

そのため、自作er以外の方でも、このケースのパソコンを手に入れることができます。

 

サイコムは、LEDライティングに特化したパソコン、CPUとGPUを水冷化したデュアル水冷パソコンなどテーマ性のあるBTOパソコンを取り扱っている面白いメーカーですね。

 

パーツの選択肢が多くカスタマイズ性が高く、パーツのメーカーや仕様、画像も掲載されているのでカスタマイズのし易さが特徴ですね。

 

サイコムで確認する

 

まとめ:冷却性能を求めるなら、おすすめ!

PCケース「CoolerMaster CM690 III」を紹介しました。

 

クーラーマスターで長年人気となっているケースですね。

 

200mmの大型ケースファンとフロントパネルのメッシュ構造で、高い冷却性能を発揮してくれます。

 

冷却性能も欲しいけど、静音性も欲しい!両立したい方にはおすすめですね。

 

BTOパソコンを少しでも安く探したい方向けに、期間限定の最新セール情報をBTOパソコンのキャンペーン&割引情報【定期更新】でまとめているので、是非チェックを!!

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です