ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

動画編集パソコンに必要な各パーツの役割と用途別スペックについて

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

動画編集パソコンとは?

動画編集パソコンとは、カメラやスマホで撮影した動画、ゲームの画面などをキャプチャーした動画を編集するためのパソコンのこと。

 

しかし、一口に動画編集と言っても、趣味レベルから業務レベル、扱うデータによって必要なパソコンのスペックは大きく違ってきます。

映像の解像度でデータ量でも大きく違うため、使用用途に合わせたスペックのパソコンを選ばなければ、スムーズに作業を行えません。
ここでは、各パーツが動画編集のどのような処理に関わってくるのか、それを押さえた上で用途別におすすめのBTOパソコンを紹介していきます。

 

最近では、Youtubeなどの動画配信サービスで個人でも動画を気軽にアップロードすることができるようになりました。

 

また、パソコンの性能も上がっているのため、動画編集が趣味の範囲であれば、デスクトップパソコンだけでなくノートパソコンでも編集できるようになってきています。

しかし、4K動画の編集、VR向けの8K動画の編集や生産性が利益に大きく関わってくる業務レベルでは、それなりにハイスペックなパソコンが必要となってきます。最近では、4K動画、VR向けの8K動画の編集用のパソコンをBTOパソコンメーカーが販売しているので、そちらをベースに、必要に応じてカスタマイズをすると良いでしょう。

 

 

動画編集時のパーツ毎の役割について

動画編集用のパソコンをBTOで購入する場合、基本的なパソコンの構成は決まっているものの各種パーツについては、カスタマイズすることによってスペックアップをすることができます。

しかし、どのパーツがどのように動画編集に関わっているかを知っておかないと、どのパーツの性能を上げていいか分からないと思うので、そのあたりを詳しく説明していきます。
動画編集において重要なパーツは、CPU, メモリ, グラフィックボードとなってきます。
では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

動画編集におけるCPUの役割

CPUは、エフェクト、動画編集後のエンコードの処理速度に関わってきます。

エフェクトとは、モザイク処理、映像をフェードイン・フェードアウト、モノクロ・セピア色にしたりなど動画に効果を付けることです。

エンコードとは、編集後のデータでは視聴可能な形式ではなく、かつ、データ容量が大きすぎるため、扱いやすいように動画データを圧縮して視聴可能な形式に変換することを言います。
CPUの性能が不足すると、これら処理の動作に時間がかかることがあります。
特にエンコードではCPUの性能によって、エンコード時間が大きく変わってきます。

 

基本的にエンコードでは、CPUの使用率がエンコード処理で100%になるため、他の作業ができません。

そのためエンコード中は、パソコン以外の別の作業をすることで、時間を無駄なく使うことができますが、エフェクトの場合、1つの動画で何回も使用するとなれば、動画編集(エフェクトをかける)-> 処理で少し待つ –> 動画編集(エフェクトをかける)-> 処理で少し待つ …の繰り返しになってしまうため、ストレスとなってしまいます。

 

動画編集におけるメモリの役割

メモリは、主に編集元の素材データの扱える量に関わってきます。

 

素材を動画編集ソフト内で開いた際、そのデータはストレージ(HDD、SSD)からメモリに移動します。
そのため、その素材分のメモリ容量が必要になるので、長時間の動画や高解像度(4K,8K)の動画を編集する場合には、メモリ容量を多めにしなければなりません。

もし、メモリの容量が足りなくなると”スワップ”という現象が発生し、作業スピードが著しく低下します。

 

スワップとは、ソフトやデータが必要とするメモリ容量が足りなくなった際、メモリからストレージに、その時使っていないメモリ内のデータを特殊なファイル(スワップファイル)としてメモリから一時退避させることです。(必要な時に再度ストレージからメモリに戻されます。)

 

つまり、メモリが不足してもある程度、編集作業はできるものの、スワップ現象によって素材の読み込み時間等が長くなります。

メモリのデータ転送速度は、毎秒12GB~30GBと高速ですが、ストレージのデータ転送速度は、毎秒100MB~500MBです。およそ、120倍~300倍の違いが発生します。

(※ストレージの種類やスワップするデータ量によって、体感的には全然異なってきます。)

つまり、スワップするファイルが大きくなればなるほど、メモリとストレージ間のデータ転送に時間がかかる上、その都度、素材の読み込みなどの処理によって編集作業が一時中断されます。

 

動画編集におけるグラフィックボード(GPU)の役割

グラフィックボードの有無や性能は、動画編集ソフトで変わってきます。

 

まず、グラフィックボードの有無については、次の点を確認しておく必要があります。

1.動画編集ソフトがグラフィックボード対応かどうか。

2.作成した動画を確認するためにグラフィックボードが必要かどうか。

3.動画編集のためではなく、ゲームなどの動画撮影に必要かどうか。

 

いくつかポイントを書きましたが、1つずつ説明していきます。

 

1.動画編集ソフトがグラフィックボード対応かどうか。

動画編集ソフトによっては、CPUで行うエンコードの処理をグラフィックボードで行うことができます。

Adobe Premiere Proでは、エンコードにグラフィックボードを使用することができます。

 

2.作成した動画を確認するためにグラフィックボードが必要かどうか。

4K、8K動画を編集する場合、CPU内臓グラフィックだけでは表示できない場合があります。

4Kで動画を作ったのに、4Kを表示できる環境が無く、FHDで確認するしかないということが起きます。

最近では、CPU内臓グラフィックで4Kを表示できるものもありますが、よく確認して購入する必要があります。

 

3.動画編集のためではなく、ゲームなどの動画撮影に必要かどうか。

パソコン内でゲームの映像を撮影して動画編集をする場合、そのゲームを快適にプレイできるだけの性能を持ったグラフィックボードが必要となります。
ゲーム機の映像をパソコン内でキャプチャーする場合は、グラフィックの処理をゲーム機が行っているため必要ありません。

 

ゲームの撮影を考えている方は、快適にプレイするために必要なので高性能なものを付けておいた方がいいでしょう。

また、動画編集のソフトがグラフィックボード対応のものを使用すれば、高性能にするメリットも大きいです。

 

パーツ毎の役割についてのまとめ

予算などの関係で、どちらかしか性能を上げることができないという場合には、基本的にメモリの方を優先してグレードアップするべきだと考えています。

CPU不足の場合、エンコードの時間が長くなってしまいますが、エンコード中は基本的にパソコン以外の作業をすることができます。

 

しかし、メモリ不足の場合、編集中の途中途中で細々した待ち時間が発生するため、作業効率が低下するだけでなく、ストレスにもなります。

 

 

用途別おすすめBTOパソコン

趣味でYoutube向けに動画編集をしてみたいというエントリー向け

最低限欲しいスペック

CPU :Intel Core i5以上

メモリ:8GB以上

価格帯:約8万円~

予算に応じて、素材の読み込みやエフェクト時にストレスにならないようにするため、メモリのアップグレードがおすすめ。

マウスコンピューターで探す

 

パソコンでゲームプレイ動画を撮影してYoutube向けに動画編集をしてみたいという方向け

最低限欲しいスペック

CPU :Intel Core i5以上

メモリ:16GB以上

GPU :GTX1060以上

価格帯:約12万円~

予算に応じて、グラフィックボードのアップグレードがおすすめ。

グラフィック性能が不足していればゲームの映像自体がカクついてしまうので、動画編集に必要なスペックを持っていても意味がありません。

そのため前提として、ゲームを快適かつスムーズにプレイできる環境を第一に整えるべきです。

マウスコンピューターで探す

 

4K動画を編集してみたいという方向け

最低限欲しいスペック

CPU :Intel Core i7以上

メモリ:16GB以上

GPU :GTX1070以上

価格帯:約19万円~

予算に応じて、こちらもメモリのアップグレードがおすすめ。

マウスコンピューターで探す

 

 

動画編集の初心者におすすめな動画編集ソフト「Filmora」

これから動画編集を始める人におすすめな直感的操作の「Filmora」

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です