最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

動画編集ソフト無償・有償まとめ

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

これから動画編集を始めてみたいけど、どんな動画編集ソフトがあるんだろうと思っている方に向けて、無償・有償に関わらず、メジャーどころの動画編集ソフトを一覧にまとめて解説します。

 

1つ1つどんな動画編集ソフトがあるのかと探してくのは、なかなか時間がかかるので、まずは、どんな動画編集ソフトがあるのかをざっと把握しておきましょう。

 

 

 

無償・有償動画編集ソフトの早見表

早見表では、多くの動画編集ソフトをあげていますが、お持ちのパソコンのOSや無償のソフトで動画編集をしたいのか、有償でもいいから高機能・多機能な環境で動画編集を行いたいのかなど状況に応じて、動画編集ソフトを絞ってみてください。

 

 

無償・有償動画編集ソフト早見表

No.ソフト名会社名・開発者名無償 / 有償対応OS
1FilmoraWondershare社無償, 有償Windows / Mac
2Microsoft Hyperlapse ProMicrosoft社無償, 有償Windows / Mac
3MicroSoftフォトMicrosoft社無償Windows
4Windows ムービー メーカーMicrosoft社無償Windows
5Adobe Premiere Pro CCAdobe社無償, 有償Windows / Mac
6Adobe Premiere ElementsAdobe社無償, 有償Windows / Mac
7Adobe After Effects CCAdobe社無償, 有償Windows / Mac
8Final Cut ProApple社無償, 有償Mac
9iMovieApple社無償iOS
10AviUtlKENくん無償Windows
11AvidemuxMean無償Windows / Mac / Linux
12Free Video EditorFlash-Integro LLC無償Windows
13Virtual Dub ModAvery Lee無償Windows
14UniteMovieAnonyMouse無償Windows
15Lightworks無償Windows / Mac / Linux
16Real Player米リアルネットワークス社無償, 有償Windows / Mac / iOS / Android
17Power Directorサイバーリンク社無償, 有償Windows
18VideoStudioコーレル社無償, 有償Windows
19MovieStudioSony Creative Software社無償, 有償Windows
20Vegas ProSony Creative Software社無償, 有償Windows
21GOM Mix ProGOM & Company社無償, 有償Windows
22VideoPadNCHソフトウェア無償, 有償Windows / Mac / iOS / Android
23EDIUS Proグラスバレー社無償, 有償Windows
24Media ComposerAvid社無償, 有償Windows
25TMPGEnc Video Mastering Worksペガシス社無償, 有償Windows

 

 

では、次は無償、有償に分けて、各動画編集ソフトを簡単に解説していこうと思います。

しかし、全部解説しても結局どのソフトがいいの?ということになるので、初心者でも手を出しやすいところをいくつか絞って簡単に解説します。

 

 

動画編集ソフトの解説

Wondershare Filmora

 

000000

 

動画編集画面

000004

 

ワンダーシェア社が開発・販売している「Filmora」です。

直感的な操作を売りにした初心者でも簡単に操作できる動画編集ソフトで、実際に使ったレビュー記事もあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

無償版と有償版が用意されており、無償版は動画にFilmoraのロゴ、帯が大きめに表示されます。

そのため、無償版で操作感を試しつつ、気に入ったら有償版を購入するのがおすすめです。

 

有償版は月額払いではなく、買い切りタイプなので、ランニングコストを抑えることができます。

 

 

Windows ムービー メーカー

 

000000

 

Windowsの標準ソフトとしてインストールされている無料動画編集ソフト。

導入の手間が無いため、素材さえあればすぐに動画編集を始めることができる。

 

本格的な動画編集と比べると、できることが少なく機能面では劣る印象です。

  • 動画の分割、倍速、ビデオの手振れ補正
  • 音声のボリュームの調整と、フェードイン・フェードアウトのざっくりとした調整(遅い、普通、早い)
  • 20~30種類ほどの画面切り替え時に使うアニメーションとその効果時間設定
  • 白黒、ぼかし、エッジ検出などの視覚効果

 

編集のタイムラインビューのようなものが無く、様々な効果を指定した時間に入れることができないため、別途テロップの追加やBGMの追加ができない。

 

本格的なものではなく、ちょこっと動画編集を試してみたいという方向け。

※Windows ムービーメーカーは、Microsoftのサポートが 2017年1月10日に終了しています。

 

 

AviUtl

 

000001

AviUtilは、個人で作られている無償の動画編集ソフトで、無償の中では結構有名な動画編集ソフトです。

 

プラグインを導入することによって、機能を追加していくタイプの動画編集ソフトとなっています。

プラグインは、公式のものだけでなく、個人でも開発できるようになっているため、数多くの有志の方々の力によって多機能化することができます。

 

動画の入力・出力形式を増やしたり、フィルターの種類を追加したりと様々な機能を導入することで、多機能・高機能にしてくことができますが、1つ1つプラグインを導入しなければいけないので、少々敷居が高く、操作性に欠けます。

 

 

VideoStudio

 

000002

Corel社が開発・販売している「VideoStudio」です。

 

Filmoraと同じく直感的な操作を可能とし、簡単で使いやすくまとまっています。

1500種類以上の幅広いエフェクトが揃っており、手軽にクオリティの高い動画に仕上げることができます。

 

無償版(体験版)とVideoStudio Pro、VideoStudio Ultimateのバージョンがあり、お試し、初心者から上級者まで使える動画編集ソフトです。

 

360度ビデオの編集、自由度の高い画面分割で複数の動画の同時再生、複数のアングルの動画を簡単に切り替え合成できるマルチカメラビデオエディターなどの便利な機能が付いています。

 

 

まとめ:本格的に動画編集を始めるならFilmoraがおすすめ

無償版の動画編集ソフトだと、機能が不足していたり、操作感や直感性に欠けたりと色々と使いにくいところがあります。

 

ちょっと一部だけ動画編集したいという場合には、問題ないかもしれませんが、Youtubeなどに動画投稿したいなど本格的な動画編集をする場合は、有償の”直感的”、”高機能”、”多機能”なソフトを使うことをおすすめします。

 

直感的な編集ソフトであれば、効率的に編集作業をすることができるので、生産性が上がります。

Youtubeへの投稿で収益化を図るのであれば、こういった生産性にも意識していく必要があります。

 

特に、これから動画編集を始めるという方におすすめなのが、買い切りタイプで、かつ、直感的に操作できる「Filmora」ですね。

Adobe Premiere Proのように、もっと高機能・多機能なソフトもありますが、これから始めようとする方には、月額制というのは厳しいと思うので、買い切りタイプをおすすめします。

 

また、動画編集を始めるにあたり、パソコンを探しているという方は、動画編集におすすめなパソコンを価格帯別に紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です