ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【VersionTek LEDゲーミングマウスレビュー】格安の7色に光るLEDマウス

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

1000円台の7色に光るVersionTekの「LEDゲーミングマウス」のレビュー。
サイドボタン付き。

 

VersionTek LEDゲーミングマウスマウスのおすすめポイント
・7色に光るLEDゲーミングマウス
・サイドボタン付き
・カーソルの移動速度を変更できるCPIボタン付き

安価に、結構派手目にLEDが光るマウスが欲しいという方におすすめのマウスですね。

 

VersionTek LEDゲーミングマウスマウスの評価
操作感・フィット感
(2.5)
機能性
(3.0)
コストパフォーマンス
(2.5)
総合評価
(2.5)
  • 安価なりの安っぽいプラスチック部分があったり
  • 隙間が多くホコリが溜まりそうといったり

若干詰めが甘い部分も見受けられるので、ちょっと不安な要素もあるというのが正直なところ。

そのあたりも後程詳しく解説していきます。

 

 

 

・マウス選び初心者向けに、マウスの基本知識とおすすめを解説
・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

VersionTek LEDゲーミングマウスの外観

VersionTek LEDゲーミングマウスは、ひび割れや稲妻模様をイメージさせる7色に光るLEDライティングが最大の特徴ですね。

 

独特のLEDライティングで結構派手目に光っているので、好きな人は好きそうといった印象を受けます。

 

好き、嫌いの両極端に別れそうなイメージだが、ハマる人にはハマる。

そんなマウスかなと思います。

 

ちなみに、LEDを制御するためのソフトウェア等はなく、USB接続した瞬間から、7色がグラデーションしつつ切り替わっていきます。

光り方のパターンはこれだけで、LEDをOFFにすることもできませんね。

 

(左:上側、真ん中:側面、右:真後ろ)

 

マウスの上面だけでなく、サイド部分もライティングされており、結構広範囲ですね。

 

カラーバリエーションについて

(引用元:Amazon

 

カラーバリエーションは、次の通りです。

  • ブラック(BX017)
  • ホワイト(BX017W)
  • ブルー(BX017L)
  • レッド(BX017R)

 

Amazonの画像のように、同時に複数の色で光ることはありませんね。

赤なら赤一色、青なら青一色で、グラデーションしつつ1色1色切り替わっていきます。

 

 

 

VersionTek LEDゲーミングマウスのサイズ感

VersionTek LEDゲーミングマウスのサイズ感としては、少しだけ大きめという感じ。

がっつりかぶせ持ちをしても、マウスの先端で指がはみ出ないので、丁度良い、または、少しだけ大きいかな…という印象です。

 

寸法:約130(縦) × 74(横) × 42(高さ)mm

 

持ち方別(左から、かぶせ持ち、つまみ持ち、つかみ持ち)

かぶせ持ちがマウスのサイズ的にベストですね。

とは言え、つまみ持ちでも操作しづらいということは無いので問題ないです。

 

重量:108g

あまり気になどでは無いですが、有線タイプのマウスにしては若干重いかなという感じですね。

 

 

 

VersionTek LEDゲーミングマウスの操作感・使用感

VersionTek LEDゲーミングマウスの操作感については、良くもなく悪くもなくという感じで、1000円台マウスということもあり、値段相応という感じです。

 

手にフィットする形状なので持ちやすいです。

 

また、

  • サイド部分は指が滑りにくい素材
  • クリック部分はサラサラとした肌触りの良い素材

で作られているので、良い感じです。

 

しかし、

  • 所々隙間があるため、内部にホコリが溜まりそう
  • 半透明のプラスチック部分が安っぽい

といった気になるところもあるというのが正直なところ。

 

マウスのクリック、ホイール、サイドボタン周りに隙間があるため、ここからホコリが入り込み、内部に溜まってしまうと思います。

 

そのため、ホコリが溜まりすぎると故障の原因になったり、LEDライティングの妨げになる可能性もありますね。

 

また、サイド部分やホイール周りに、半透明の白いプラスチック素材が使われています。

おそらく、光を通してより栄えるようにするためだと思いますが、ちょっと安っぽく見えますね。

 

このあたりを総合して、値段相応という感じのマウスです。

 

 

 

VersionTek LEDゲーミングマウスの機能

VersionTek LEDゲーミングマウスの機能について詳しく解説していきます。

 

特徴的な機能は、次の通りです。

  • 7色に光るLEDライト
  • カーソルの移動速度を変更できるCPIボタン搭載

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

7色に光るLEDライト

LEDライティングは、

赤 ⇒ 緑 ⇒ 紫 ⇒ 黄緑 ⇒ 水色 ⇒ 赤紫 ⇒ ホワイト

という感じのサイクルで、1色ずつ光っていきます。

※見方や区切り方によっては、もう少し色が多いかもしれません。

 

切り替わる際は、グラデーションで切り替わっていくので、不自然な感じでは無いです。

 

しかし、最後のホワイトから赤に戻る時は、グラデーションではなく、ただ切り替わるだけで、「あ、最初に戻ったな」感が丸出しでした。

 

やはり、所々詰めが甘い感じがしますね。(笑)

 

カーソルの移動速度を変更できるCPIボタン搭載

カーソルの移動速度を変更できる「CPIボタン」がホイールの下についているので、素早く・簡単に変更することができます。

 

ビジネス用途で使うときは、速めの設定

FPSや画像編集などの細かく操作する必要があるときは、遅めの設定

と使い分けたいときには非常に便利。

 

CPIボタンは、

  • 1200
  • 1600
  • 2400
  • 3600

の4段階ですね。

 

カーソルの移動速度は、CPIボタンを押すごとに

1200 ⇒ 1600 ⇒ 2400 ⇒ 3600

と切り替わっていきます。

 

ボタンを押すごとに、マウスのLEDが赤色で光ります。

ライトが1回点滅 ⇒ 1200

ライトが2回点滅 ⇒ 1600

ライトが3回点滅 ⇒ 2400

ライトが4回点滅 ⇒ 3600

という感じで確認することができます。

LEDライトの点滅回数で今どのCPI設定なのか確認できるのは親切ですね。

 

 

 

VersionTek LEDゲーミングマウスのレビューまとめ

VersionTek LEDゲーミングマウスのマウスをレビューしました。

 

再度おすすめポイントをおさらいすると

VersionTek LEDゲーミングマウスマウスのおすすめポイント
・7色に光るLEDゲーミングマウス
・サイドボタン付き
・カーソルの移動速度を変更できるCPIボタン付き

安価に、結構派手目にLEDが光るマウスが欲しいという方におすすめのマウスですね。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です