ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

【ロジクール SW-M570マウスレビュー】トラックボール無線レシーバー式マウス

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ロジクールのドラックボール式マウス「SW-M570」のレビュー。

マウス自体動かさなくても良いので、腕や肩の負担軽減、省スペースさがドラックボール式のメリットですが、実際使いやすいのかチェックしていきます。

 

ロジクール SW-M570マウスのおすすめポイント
・デスクでマウスを動かすスペースがあまりない場合に便利
・デスクの材質を気にせず、どこでも使える(ソファーや布の上など柔らかい場所でも可)

デスクが小さかったり、色々と必要なものが並んでいてマウスのスペースがあまり取れないという方におすすめのマウスですね。

 

トラックボールのメリットである省スペースさ、腕や肩の負担軽減はあります。

しかし、普通のマウスとは操作感が全然違うので、慣れるまで時間がかかるというデメリットもありますね。

 

操作感については後ほど詳しく解説します。

 

ロジクール SW-M570マウスの評価
操作感・フィット感
(3.0)
機能性
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
総合評価
(3.0)

 

MEMO

ちなみに、このマウスレビューでトラックボール式を初めて触ります。

私自身慣れていないということ前提で参考にして下さい。

 

 

 

・マウス選び初心者向けに、マウスの基本知識とおすすめを解説
・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

ロジクール SW-M570の外観

ロジクール SW-M570は、結構大きいマウスで、デスクにおいても存在感がありますね。

 

とは言え、トラックボール式なので、マウス本体を動かす必要は無く、さほど大きさや重さは気になりません。

 

(左:上側、真ん中:側面、右:前側)

 

進む・戻るボタンは、人差し指で押す位置に配置されていますね。

普通であれば、親指で押すマウスが多いですが、このマウスの場合は、トラックボールに場所を取られているので、進む・戻るは人差し指操作です。

 

また、薬指、小指がフィットするように、くぼみのある形状をしているので、マウスをしっかりホールドして支えることができます。

 

カラーバリエーションについて

カラーバリエーションは、グレーのみですね。

トラックボールは、ブルーとなっていますが、好みに合わせて互換性のある(サイズの同じ)ボールに変えることで、色を変更することも可能です。

(※ボールは別売りで、Amazonリンクの関連商品等に掲載されています。)

 

 

 

ロジクール SW-M570のサイズ感

ロジクール SW-M570のサイズ感としては、パッと見た感じ、かなり大きい印象を受けたので、指とかはみ出るのかと思いましたが、意外と手に収まってフィットする感じで良いですね。

 

寸法:約145(縦) × 95(横) × (高さ)45mm

寸法を見ても、他のマウスと比較して結構大きいですね。

 

持ち方別(左から、かぶせ持ち、つまみ持ち、つかみ持ち)

サイズの大きいマウスなので、かぶせ持ちが基本ですね。

 

つまみ持ちだと

  • トラックボールを上に動かす際
  • 進む・戻るボタンを押す際

に指が届かなかったりします。

 

(左:電池あり、右:電池なし)

 

【重量】

電池あり:137g

電池なし:114g

 

寸法や重量から、持ち運びには不向きですね。

頻繁に、外出先にノートPCと一緒に持って行って作業するという場合には、もう少しコンパクトなマウスの方が良いです。

 

どちらかというと、デスクトップパソコンなどの自宅での据え置きが前提で、かつ、

  • デスクのスペースが小さかったり、
  • デスクの上に色々ものを置いていてスペースをあまり取れなかったり

する方向けのマウスと言えるでしょう。

 

 

 

ロジクール SW-M570の操作感・使用感

ロジクール SW-M570の操作感については、正直、慣れるまでに時間がかかるなという印象でした。

 

ちょっと癖が強いな、操作しづらいなと感じたポイントをあげていきます。

  • ポインタを上に移動させる場合、親指を曲げて下から上に弾くようにする必要があるので難しい
  • 文字列選択などの細かいポイント操作が難しい
  • 慣れていないのでマウス本体を動かしそうになる

 

このあたりは、マウス自体の形状や機能が悪いというより、慣れの部分が大きいと思っています。

そのため、使っている内に慣れてくるかどうかが重要ですね。

 

トラックボールの左右の動きは、比較的スムーズにできます。

しかし、上への操作は慣れないですね。

 

上に動いてもポインタが真上にはいかず、曲がってしまいますね。(笑)

 

 

人差し指で、

  • 左クリック
  • ホイール
  • 進む・戻るボタン

を操作する必要があるので、ちょっと忙しいですね。

 

 

 

ロジクール SW-M570の機能

ロジクール SW-M570の機能について詳しく解説していきます。

 

特徴的な機能は、次の通りです。

  • トラックボール式なのでデスクの材質に関係なく使える
  • 手首や腕に負担の少ない緩やかなカーブ形状
  • 受信レシーバー格納式

 

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

トラックボール式なのでデスクの材質に関係なく使える

トラックボールなので、ボールの動きをレーザーで読み取ります。

そのため、デスクの素材に左右されることなく、どこでも使うことができますね。

 

レーザー(読み取り)方式によっては、ガラス素材が読み取れないなどありますが、トラックボールの場合は、全く問題ありません。

 

極端な例ですが、

  • ベッドやソファーのような布製でグラグラしているところ
  • 絨毯のような柔らかいところ

でも操作可能なので、寝転びながらでもパソコンを使えますね。

 

手首や腕に負担の少ない緩やかなカーブ形状

マウスの前側から見ると分かりやすいですが、右から左にかけて傾斜が付いていますね。

 

この傾斜があることによって、手首への負担を軽減できるので、長時間マウスを使う方には良いですね。

 

これに加えて、トラックボールということでマウス自体を動かす必要が無いので、さらに手首や腕への負担を減らすことができます。

 

腱鞘炎防止やエルゴノミクスマウスという訳では無いのですが、それと同じ効果はありそうですね。

≫ 関連記事:マウスによる腱鞘炎と対策を解説【手首が痛くなる人必見】

 

受信レシーバー格納式

受信レシーバーをマウスの裏側に格納することができるので、無くす心配がなくありがたいですね。

 

  • 受信レシーバーを使う機器をたくさん使う場合
  • 持ち運びの際

などは、格納式でない場合は、受信レシーバーを無くしたり、他の機器と混ざったりするので、ちょっと心配ですよね。

 

格納場所を付けるという小さな工夫ですが、その心配が不要になるのは大きいですね。

 

 

 

ロジクール SW-M570のレビューまとめ

ロジクール SW-M570のマウスをレビューしました。

 

再度おすすめポイントをおさらいすると

ロジクール SW-M570マウスのおすすめポイント
・デスクでマウスを動かすスペースがあまりない場合に便利
・デスクの材質を気にせず、どこでも使える(ソファーや布の上など柔らかい場所でも可)

デスクが小さかったり、色々と必要なものが並んでいてマウスのスペースがあまり取れないという方におすすめのマウスですね。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です