MENU

カテゴリー

最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

【ロジクール G300SRマウスレビュー】水色が特徴的なファンクションボタン付き左右対称マウス

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

6個のファンクションボタンを搭載したロジクールのゲーミングマウス「G300SR」のレビュー。
サイドボタンが両方に付いた左右対称マウスで左利きの方でも使えます。

 

ロジクール G300SRマウスのおすすめポイント
・6個のファンクションボタン搭載で自由に割り当てができる
・最大3つのプロファイルで切り替えが可能
・左右対称なので左利きの方でも使える

3つのプロファイルによる切り替えができるので、ゲーミング用途だけでなく他の用途でも使いたいという方におすすめのマウスですね。

 

後程詳しく解説しますが、一番推したいのは、6つのファンクションボタンと3つのプロファイルによるカスタマイズの自由度の高さですね。

ゲーミングマウスとして発売されていますが、ビジネス用途やクリエイティブ用途でよく使うショートカットなどを登録して、使い分けることもできるので便利ですね。

 

ロジクール G300SRマウスの評価
操作感・フィット感
(4.0)
機能性
(5.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

 

 

・マウス選び初心者向けに、マウスの基本知識とおすすめを解説
・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

ロジクール G300SRの外観

ロジクール G300SRは、なんといっても両端に付いたボタンが特徴的でしょう。

サイドボタンの多くは、左側面の親指で押す位置に配置されることが多いですが、このマウスの場合は、左クリックの端に配置されていて、人差し指で押すタイプですね。

 

人差し指で押すタイプのサイドボタンは、ちょくちょくありますが、一番驚くべきところは、右側にもサイドボタンが付いているということです。

 

  • これら4つのサイドボタン
  • 中央のホイール下にある2つのボタン

はファンクションボタンとして、専用の「Logicool ゲームソフトウェア」(無料)でカスタマイズが可能です。

※左右のクリックやホイールクリックもカスタマイズは可能ですが、あまり変更する方はいないでしょう。

 

 

(左:上側、真ん中:側面、右:LED部分)

 

横から見るとボタンが出ているので、ゴツゴツした印象を受けますね。

サイド部分は、ゴム製になっているので、滑らずグリップ感のある握り心地です。

 

カラーバリエーションについて

カラーバリエーションは、ブラックの1色のみですね。

 

ただ、サイドのLEDライト部分を数色の中から選択することができます。

後程詳しく解説しますが、どのプロファイルを選択中か目印にするためのLEDライトですね。

 

 

 

ロジクール G300SRのサイズ感

ロジクール G300SRのサイズ感としては、丁度手にすっぽり収まる感じで良いサイズ感ですね。

 

寸法:約115(縦) × 72(横) × 37(高さ)mm

 

持ち方別(左から、かぶせ持ち、つまみ持ち、つかみ持ち)

つまみ持ちにすると、サイドボタンの前側が届きにくいので、ちょっと厳しいですね。

かぶせ持ちかつかみ持ちであれば問題なさそう。

 

重量:87g

有線ということで、無線タイプのマウスと違い電池が入っていないので、比較的軽めですね。

 

 

 

ロジクール G300SRの操作感・使用感

ロジクール G300SRの操作感については、特に悪いところは見当たりませんね。

 

サイドのゴム部分でしっかり滑り止めがされており、また、手に合わせて形状をしているので、しっかりとホールドすることができます。

滑ることが無く、動かしやすいですね。

 

LED部分も激しくピカピカするタイプではなく、落ち着いた感じでライティングされているのが良いですね。

丁度マウスに手を置いた時に、隠れない位置にLEDが配置されているので、よく考えられています。

 

デザイン性の観点からも選択中プロファイルの確認という機能面の観点からも申し分なしですね。

 

MEMO

LEDをOFF(黒)にすることもできます。

 

 

 

ロジクール G300SRの機能

ロジクール G300SRの機能について詳しく解説していきます。

 

特徴的な機能は、次の通りです。

  • 6つのファンクションボタン搭載
  • 3つのプロファイルの切り替え
  • 左右対称デザインで左利きの方でも使いやすい

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

6つのファンクションボタン搭載

上でも述べたように、ファンクションボタンが

  • 両サイドに4つ
  • ホイール下に2つ

の計6つ搭載されています。

 

これらのボタンは、専用の「Logicool ゲームソフトウェア」(無料)でカスタマイズが可能です。

 

では、どんな操作を割り当てることができるのか見ていきましょう。

マウスを接続してソフトウェアを開くと、画像のようにマウスのデザインとボタン毎に現在割り当てられている操作が表示されます。

※一応、左右のクリックやホイールクリックもカスタマイズは可能です。

 

左下の「モードを選択する」は、プロファイル毎の割り当て切り替えとLEDの色設定ですね。(次で詳しく解説します。)

右下の「ポインタ設定」は、DPI感度レベルをカスタマイズすることができます。

DPI関連の操作を割り当てた際に、指定したDPI感度にアップしたり、ダウンしたり、サイクルしたりを設定できます。

 

では、設定できる内容を見ていきましょう。

  • 左クリック
  • 右クリック
  • 中央ボタンをクリックする
  • 戻る
  • 進む
  • DPIアップ
  • DPIダウン
  • DPIシフト
  • DPIサイクル
  • DPIデフォルト
  • モードスイッチ(プロファイル切り替え)

 

次に、キーストロークです。

こちらは、上のボックスにカーソルを合わせて、ショートカットキーを押せば自由に設定することができます。

 

また、よく使うショートカットが一覧で表示されていますね。

 

もっと色々な操作を割り当てることができる方が良い!という方におすすめなマウスも紹介しておきます。

同じLogicool製ですが、こちらは「Logicool Options」という別の無料のソフトウェアを使ってカスタマイズすることができます。

カスタマイズの柔軟性は、圧倒的なのでぜひ一度見てみて下さい。

≫ 関連記事:【ロジクール MX Master 2S MX2100sGRマウスレビュー】3台のデバイス接続とデバイス間をシームレスで移動するFLOW機能が魅力

 

3つのプロファイルの切り替え

ロジクールG300S

ロジクール G300SRでは、最大3つのプロファイルを設定することができます。

ゲームソフトウェアでは、「モード」と呼ばれていますね。

 

プロファイルを切り替えることで、カスタマイズ内容を全て切り替えることができます。

そのため、ゲーミングマウスとして発売されていますが、ビジネスシーンやクリエイティブなど複数の用途で使う場合に、それぞれ最適なカスタマイズで作業することができます。

 

例えば、

  • ゲームするときは、ポーションやスキルをマウスから素早く出したいから、このショートカットを登録しておこう…
  • ビジネスでは、コピー&貼り付けを多用するから、Ctrl + C, Ctrl + Vを登録しておこう…

など使い分けることができるという訳ですね。

 

また、現在選択中のプロファイルは、マウスに搭載されたLEDで確認することができるので、「あれ?今ってどのプロファイルだっけ?」となる心配がないですね。

LEDは、プロファイル毎に変更することができ、7色のLEDとLED OFF(黒)の計8種類から選択可能です。

 

ちなみに、プロファイルの切り替えがもっと多い方が良い!という方におすすめなマウスも紹介しておきます。

こちらのマウスは、最大5つまで設定可能です。

≫ 関連記事:【エレコム M-DUX30BKマウスレビュー】10ボタンの格安ゲーミングマウス

 

左右対称デザインで左利きの方でも使いやすい

左右対称のデザインなので、左利きの方でもサイドボタンの「進む・戻る」を使いたいという方に便利ですね。

 

左利き専用のマウスも発売されていますが種類は少ないです。

左右対称で、左右のボタンを入れ替えて使えば、選択できる幅が広がります。

 

しかし、サイドボタンの「進む・戻る」を使いたいが、「左右対称マウスだとサイドボタンが付いていないことがほとんどだから困る…」というパターンもあると思います。

 

このマウスの場合は、左右にサイドボタンが付いているという珍しいタイプのマウスなので、左利き向けに、クリックの左右を入れ替えると同様に、サイドボタンの左右も入れ替えることができます。

 

操作した感じ、人差し指側のサイドボタンの方が押しやすいので、こちらによく使う「進む・戻る」などを持ってくるのが良いと思います。

中指側のボタンは、頻度の少なめな、サブ的な立ち位置の操作を持ってくるのがベストな気がしますね。

 

 

 

ロジクール G300SRのレビューまとめ

ロジクール G300SRのマウスをレビューしました。

 

再度おすすめポイントをおさらいすると

ロジクール G300SRマウスのおすすめポイント
・6個のファンクションボタン搭載で自由に割り当てができる
・最大3つのプロファイルで切り替えが可能
・左右対称なので左利きの方でも使える

3つのプロファイルによる切り替えができるので、ゲーミング用途だけでなく他の用途でも使いたいという方におすすめのマウスですね。

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

・コスパ最強なBluetoothマウス「エレコム EX-G M-XGS10BBBU
 (小型で持ち運びに便利、2台のPCに接続可)
・Bluetooth/USB充電式/FLOW機能付きマウス「ロジクール MX Master 2S
 (FLOW機能は3台のデバイスでシームレスなポインタ移動/データ転送が可能)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です