最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

キーボードの接続方式について(Bluetooth・無線・有線)

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

キーボードの接続方式って何があるの?
接続方式毎の特徴やメリット・デメリットって何?

という方に向けて、キーボードの接続方式について解説します。

おすすめは、ストレスや煩わしさが無くなるBluetoothですね。

 

ケンさん

コード類・USBポートがスッキリするBluetoothがおすすめやで!

 

キーボードの接続方式は、Bluetooth・無線・有線の3種類

早速本題ですが、キーボードの接続方式は、次の3種類です。

  • Bluetooth接続
  • 無線接続
  • 有線接続

名前から何となくイメージできると思いますが、Bluetooth接続と無線接続が少しややこしいんじゃないでしょうか?

 

どっちも無線なので、何が違うの?となる方もいらっしゃると思います。

そのため、簡単に特徴を解説しておきます。

 

Bluetooth接続:Bluetoothを使って無線で接続するタイプ(Bluetoothアダプターが別途必要)

 

無線接続  :付属の受信レシーバーを使って無線で接続するタイプ

 

有線接続  :キーボードから伸びている線をUSBなどに接続するタイプ

 

Bluetooth接続と無線接続は、どちらも無線に分類されるのでややこしいのですが、違いとしては、

  • Bluetooth規格を使うか
  • メーカー独自の規格を使うか

の違いですね。

 

それぞれ特徴があるので、それも含めて解説していきます。

 

まず先に、3種類のメリット・デメリットについて簡単に確認してきます。

その後で、接続方式1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

接続方式の3種類のメリット・デメリットについて

キーボードの接続方式毎のメリット・デメリットは、次のようになります。

 

接続方式メリットデメリット
Bluetooth・デスク上のコードが無くなる
・USBポートがスッキリ
・極稀に接続状況が悪くなる
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
無線・デスク上のコードが無くなる・周辺機器毎に受信レシーバーが必要
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
有線・電池交換の必要が無い・コードが邪魔

中には、Bluetooth・無線でUSB充電式のものもあるので、その場合は電池交換は不要ですね。

このように、イレギュラーなものもありますが、大体上のようなメリット・デメリットになってくるかと思います。

 

では、1つ1つ接続方式の特徴を見ていきましょう。

 

Bluetoothキーボードの特徴

Bluetoothキーボードの特徴は、次の通りですね。

  • デスク上のコードが無くなる
  • USBポートを消費しない
  • 電池交換が必要
  • 初回のみペアリング(接続)設定が必要
  • 極稀に接続状況が悪くなる
  • Bluetoothアダプターが必要(主にデスクトップパソコン)

 

Bluetoothにすることで、次のようなストレスや煩わしさが無くなります。

・掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。

・USBメモリを挿したいのに、USBポートが周辺機器で埋まっている。

 

掃除をする時に関しては、地味に助かりますね。

デスクを拭く時とかは、キーボードを一旦デスクから退けたいので、コードがあるとなかなか難しかったりします。

 

USBポートが足りないというのは、デスクトップパソコンの場合、USBポートが多いのでほとんどないかなと思います。

また、ノートパソコンの場合は、元々キーボードが付いているので、USBポートに関してはメリットとしては小さいですね。

 

ケンさん

掃除とかする時、コードで移動できる範囲が限られて、面倒だな…ってなるよな!

 

一方で、いくつかデメリットがあるのも確かです。

とは言え、数は多いですが、1つ1つはそれほど大きいデメリットでもないので、全然大したことありません。

 

・数ヵ月~半年に1回のペースで電池交換が必要

⇒ エネループなどの繰り返し電池を購入しておくのが良い。

電池が無くなって、家にストックが無く急いで買いに行くというのはストレスですからね。

・初回のみペアリング(接続)設定が必要

⇒ ペアリング設定と言っても、キーボードのボタンを押しつつ、パソコン上でキーボード設定をするだけです。

初回だけなのでそれほど手間でもありません。

・極稀に接続状態が悪くなる。

⇒ 悪くなると言っても1,2カ月に1回程度。

キーボード故障した!?と思いますが、キーボードの電源ON/OFF, ペアリングをし直すとかすれば直ります。

・Bluetoothアダプターが必要(主にデスクトップパソコン)

⇒ デスクトップパソコンは一般的には、Bluetooth機能は搭載されていないので、Bluetoothアダプターを購入する必要があります。

※ノートの場合は、ほぼBluetoothが内蔵されているので不要。

 

デメリットに出てきたエネループBluetoothアダプターを紹介しておきます。

 

キーボードは、単3、単4電池が使われることが多いですが、事前に確認しておきましょう。

※充電器は、単3、単4両方のサイズに対応しているので1つで十分です。

 

デスクトップパソコンをお使いの方は、Bluetoothアダプターが1つあれば、キーボードの他に、マウス、イヤホンなどの周辺機器も接続することができるので色々と便利でおすすめです。

 

無線キーボードの特徴

無線キーボードの特徴は、次の通りですね。

 

  • デスク上のコードが無くなる
  • 電池交換が必要
  • 周辺機器毎に受信レシーバーが必要

 

Bluetoothと同様に、無線キーボードにすることで、次のようなストレスや煩わしさが無くなります。

・掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。

・USBメモリを挿したいのに、USBポートが周辺機器で埋まっている。

 

また、無線接続の場合は、キーボードの他に無線の周辺機器があると、その数の分だけ受信レシーバーとUSBポートが必要になります。

しかし、デスクトップパソコンの場合はUSBポートが多く、ノートPCの場合は元々キーボードが付いているので、それほど気にする必要は無いですね。

 

有線キーボードの特徴

有線キーボードの特徴は、次の通りですね。

 

  • 電池が不要
  • コードが邪魔

 

有線接続の場合は、コードからキーボードの操作情報だけでなく、電力供給もされているので電池は不要です。

 

電池は要らないので、当然、電池交換の心配もいりませんね。

しかし、コードが結構邪魔になります。

 

上でも述べましたが、デスクの掃除やちょっとした引っ掛かりがあるので、ストレスになったりしますね。

 

 

Bluetooth接続のキーボードがおすすめ!

私のおすすめとしては、断然、Bluetooth接続のキーボードですね。

 

上でも述べたように、Bluetoothにすることで、次のようなストレスや煩わしさから解放されます。

・掃除する時に、コードを退けつつ掃除する必要がある。

・USBメモリを挿したいのに、USBポートが周辺機器で埋まっている。

 

また、パソコンを複数台使用する方にも、Bluetoothはおすすめですね。

Bluetoothのマウスやキーボードの中には、1台で複数のパソコンに接続できる機能をもったものがあります。

 

そのため、

  • 他にも、マウスやイヤホンなどの周辺機器も使いたい!
  • デスクトップパソコンを複数台使って作業しているが、いくつもキーボードなどを置きたくないので、複数台に接続できるキーボードで1つにまとめたい!

という方には、Bluetoothのキーボードがおすすめですね。

 

キーボードだけでなく、その他の周辺機器もBluetoothで揃えてしまうというイメージですね。

Bluetoothで統一することで、全体的に使い勝手が良くなります。

 

まとめ:キーボードの接続方式は3種類(Bluetooth・無線・有線)

キーボードの3種類の接続方式、Bluetooth・無線・有線について解説しました。

 

もう一度、接続方式のメリット・デメリットをおさらいすると、

接続方式メリットデメリット
Bluetooth・デスク上のコードが無くなる
・USBポートがスッキリ
・極稀に接続状況が悪くなる
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
無線・デスク上のコードが無くなる・周辺機器毎に受信レシーバーが必要
・電池交換が必要 (数ヵ月~半年に1回)
有線・電池交換の必要が無い・コードが邪魔

という感じですね。

 

Bluetoothの接続では、一見デメリットが多く感じますが、1つ1つはそれほど大したものでは無いので、それほど気になることはありません。

 

何より、キーボードだけでなく、

  • マウス、イヤホンやヘッドホンが使えたり
  • 全体的に取り回しが楽になったり

するので、周辺機器はBluetoothで統一しておくのがおすすめですね。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です