ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

Intel UHD Graphics 620のグラフィック性能をFF14ベンチマークで試す!

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

FF14のベンチマークソフトでIntel CPUの内臓GPU(Intel UHD Graphics 620)のグラフィック性能がどの程度か計測します。

Intel UHD Graphics 620でどの程度のゲームができるの?

と気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

結論から言うと、グラフィック設定を最高品質にすると”設定変更を推奨”となるが、設定を下げれば”やや快適”で楽しむことができます。

あまりグラフィック性能を要求しないゲームであれば、ある程度楽しめるということが分かります。

 

とは言え、

  • グラフィックの良い3Dゲームをプレイしたい!
  • FPS値にもこだわってゲームをプレイしたい!

というゲームを本格的にするユーザーは、グラフィックボード搭載のパソコンを”強く“お勧めします。

 

10万円以下のエントリーモデルでも軽めの3Dゲームなら動作するグラフィックボードを搭載できます。

また、20万円以下25万円以下であれば、重い3Dゲームだけでなく、他に色々な用途でも使える高性能なものを搭載できるので、詳しくは下記ページの”価格別で選ぶ”を参考にしてみてください。

パソコンの目的別紹介と超お得なセール情報満載!!
パソコンってどう選べば良いの?という方向けに、価格帯、メーカー別、用途別、デザイン別、機能別などの観点からおすすめのBTOパソコンを紹介!!
20%OFFキャッシュレス5%還元分割払い手数料無料最大5万円引きなどのBTOメーカー16社のお得なセール情報も掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

Intel UHD Graphics 620搭載のFF14ベンチ検証用パソコン

FF14のベンチマークを実行するパソコンは、Intel UHD Graphics 620を搭載しているSurface Pro 6です。

Surface Pro 6は購入時にスペックをカスタマイズできるので、今回使用するスペックを記載しておきます。

 

Surface Pro 6

OS Windows Home
CPU Intel Core i5-8250U (1.6GHz / 4コア8スレッド)
メモリ 8GB
グラフィック Intel UHD Graphics 620
ストレージ SSD 256GB

 

CPU, メモリについては、カスタマイズ時の選択肢の中で一番性能が低いパーツとなっています。

そのため、この構成で動作確認すれば、他のどの構成でもスコアが同等かそれ以上の結果が得られると思います。

 

ちなみに、グラフィックボードの性能と比較すると次のようになります。

 

主要なグラフィックボードの性能

(引用:PassMark

 

やはり、Intel UHD Graphics 620では、グラフィックボードとかなり差があるようですね。

Geforce GTX 1660, RTX 2060がコストパフォーマンス的に良く、グラフィックボードを搭載する場合はこのあたりを選ぶ人が多いと思います。

これらと比較すると性能が、約10倍程度違うことが分かります。

 

 

FF14のベンチマーク結果

では、実際にFF14のベンチマーク結果を解説していきます。

 

結果について

FF14のベンチマークソフトでは、結果が次の8段階で表示されます。

7000以上:非常に快適

5000~6999:とても快適

3500~4999:快適

2500~3499:やや快適

2000~2499:普通

1500~1999:設定変更を推奨

1000~1499:設定変更が必要

1000未満:動作困難

FF14公式:ベンチマークソフトの解説ページ

 

プレイするにあたり、少なくとも普通、やや快適程度は欲しいところですね。

おそらく、非常に快適、とても快適まで出そうと思うと、Geforce GTX 1660, RTX 2060あたりの性能のグラフィックボードが必要になってくると思います。

 

とは言え、Intel UHD Graphics 620の内臓GPUでどこまで頑張れるかというのが気になりますよね。

 

ベンチマークは、グラフィック設定と解像度を色々変えて、次の3パターンで検証しました。

  • ベンチマーク設定①:高品質(ノートPC)
  • ベンチマーク設定②:高品質のFHD(ノートPC)
  • ベンチマーク設定③:最高品質のFHD

 

000168

画像の右下あたりの設定変更から適宜変更しています。

 

ベンチマーク設定①:高品質(ノートPC)

【設定内容】

グラフィック設定:高品質(ノートPC)

解像度:1280 x 720

表示方法:ウィンドウ

 

結果:やや快適(スコア:2777)

【計測値】

平均フレームレート:18.693

ローディングタイム(合計):58.106sec

CPU使用率:40~50%

GPU使用率:ローディング時以外、ほぼ100%

 

000154

 

この設定の時点で、GPU使用率がほぼ100%だということが分かります。

27%になっているのは、シーン毎に発生するローディング時。

 

ベンチマーク設定②:高品質のFHD(ノートPC)

【設定内容】

グラフィック設定:高品質(ノートPC)

解像度:1920 x 1080

表示方法:ウィンドウ

 

結果:普通(スコア:2290)

【測定値】

平均フレームレート:15.220

ローディングタイム(合計):66.247sec

CPU使用率:30~50%

GPU使用率:ローディング時以外、ほぼ100%

 

ベンチマーク設定③:最高品質のFHD

【設定内容】

グラフィック設定:最高品質

解像度:1920 x 1080

表示方法:ウィンドウ

 

結果:設定変更を推奨 (スコア:1522)

【測定値】

平均フレームレート:9.640

ローディングタイム(合計):69.483sec

CPU使用率:20~40%

GPU使用率:ローディング時以外、ほぼ100%

 

まとめ:”やや快適”で楽しめるものの、本格的にゲームをしたいならIntel UHD Graphics 620では厳しい

高品質(ノートPC)、解像度:1280×720という設定でも「やや快適」というベンチマーク結果になったので、Intel UHD Graphics 620でもプレイできなくはないみたいですね。

とは言え実際は、平均フレームレートが18.693と低く、最低限プレイできるという印象です。

 

ゲームをプレイする上で、快適と思えるフレームレートが大体30~60FPS程度なので、カクつくとまでは行きませんが、少し違和感を感じるかもしれません。

 

ちょっと作業の息抜きにFF14のような軽めのゲームを楽しむライトユーザーであれば、良いかもしれません。

ですが、パソコンの使用用途がゲーム中心というようユーザーであれば、グラフィックボードを搭載したものを”強く“おすすめします。

 

ゲーム好きな方であれば、きっと他のゲームもしたくなると思います。

FF14は比較的軽めの3Dゲームなので、Intel UHD Graphics 620でもギリギリ何とかなっていますが、より重めのゲームになるとかなり厳しいですね。

 

価格帯としては、20万円以下25万円以下であれば、重い3Dゲームだけでなく、動画編集、3DCAD・3DCG、AI学習など色々な用途で使えるミドルエンドからハイエンドなグラフィックボードを搭載できるので、おすすめです。

セール情報も合わせて掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

≫ 関連記事;【2019】パソコンで20万円以下のおすすめを比較紹介

≫ 関連記事:【2019】パソコンで25万円以下のおすすめを比較紹介

 



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

数千円~数万円お得になるBTOメーカーのセール情報まとめ
価格帯別PCの紹介(20万円以内25万円以内が人気)
・デザイン/サイズ重視の方向けのBTOデスクトップパソコンのケース検索ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です