最大数万円お得になるセール情報まとめ ≫

自作PCは「値段」じゃなくて「ロマン」と「スキル」でやるべき!【値段的に損】

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

既製品やBTOパソコンを買うより、自作PCの方が安そうだから組み立てようかな…

という方に向けて、値段だけを見ると自作PCにメリットは無いという話と、自作PCをするなら「ロマン」と「スキル」のためにやるべきと言うのを解説します。

 

【おすすめのページ】
CPUの性能比較表(仕様/スコア/価格/コスパ)【定期更新】(約100件)
GPUの性能比較表(仕様/スコア/価格/コスパ)【定期更新】(約50件)
 コスパ(スコア対価格)の高さ、高性能さの観点からおすすめなCPU/GPUをデータと共に解説
・コスパ・信頼性などの観点からおすすめPCパーツも紹介しています。

自作PCは値段的に損!?

自作PCの方が安そうだから…という理由で、これから自作PCをやってみようと考えている方も多いのではないでしょうか?

その理由が、自分の中で1番であったり、大部分を占めているのであれば、正直ちょっと待った!と言いたいです。

 

なぜなら、単純にそんなに安くならないからです。

 

選択するパーツにもよりますが、自作PCとBTOパソコンの同スペック帯の値段比較!安いのはどっちだ!で比較したところ、1万~5万程度安くなり、スペックが高ければ高いほど差が開く傾向にありました。

 

あれ?安くなってんじゃん…

と思われるかもしれません。

 

しかし、ここで比較したPCパーツは、価格.comの最安値を参考にしているので、実際に購入するともう少し高くつきます。

 

素直に価格.comの最安値を見て、色々な通販サイトを通して、細々買っていけばその値段通りになると思いますが、結構面倒なので結局、AmazonやBTOメーカーが販売しているPCパーツでまとめて買うことが多いと思います。

 

そのため、全てのパーツを最安値で揃えることができるというのは基本的に考えない方が良いでしょう。

 

また、PCパーツを選んでいくと、

「ここを変えれば少し値段が上がるが、その割に性能が結構上がるな…」

「せっかく自作PCするなら、PCケースのデザインもこだわりたいな…」

と目移りしてしまうものです。

 

これをざっくり考慮に入れると、先ほど1万~5万程度安くなると言いましたが、実際は、BTOパソコンと同じぐらいか数万円前後するという感じになると思います。

 

状況によっては安くなるかもしれませんが、必ずしも安くなるとは言えませんね。

要は、トントンという感じです。

 

また、単純に値段だけではありません。

作業時間を入れると確実に損をします。

 

大体初めて自作PCをするとなると、ざっくりですが、

パーツ選定:3~5日

組み立て:1~2日

動作確認:∞

と1週間ぐらいかかるかなと思います。

1日に何時間使うかにもよりますが、私が初めて自作PCをした時は、このくらいかかった記憶があります。

 

動作確認を「∞」にしているのは、パソコンが動作しないとなった時の対応は、

  • 内容
  • どれだけ早く原因気付けるか

で全然異なってくるため、状況次第です。

 

たぶん、初めて自作PCをするという場合は、1発で問題なく動作させるのは難しいと思います。

大概、ケーブルの挿し忘れなどのケアレスミスをするかなと…

 

ざっくり、このくらいの時間がかかるので、作業時間を自給換算などで考えると確実に損をします。

この作業時間については、人によって捉え方にもよるので何とも言えませんが、

「約1週間の作業時間をバイトや仕事をして稼いだ方が良いな…」

「その稼いだお金でBTOパソコンを買った方がお得だな…」

と考える方であれば、値段面で確実に損をするので、やめておいた方が良いですね。

 

そういう方は、自作PCではなく、BTOパソコンでの購入がおすすめですね。

BTOパソコンのセール情報もまとめているので、こちらを参考にすると安く購入できると思います。

≫ 関連記事:BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

 

 

自作PCは何を求めてするべきなのか

自作PCを「値段」だけを理由にやろうとしているのであれば、損をしますよ。という話をしました。

 

では、自作PCをするのであれば何を求めてやれば良いのかとなると思います。

その辺りを解説していきます。

 

結論を言うと、自作PCは、

ロマン:自分で組んだものが動く!

スキル:故障時の修理費が格段に安くなる

のためにすべきです!

 

1つ1つ詳しく解説していきます。

 

ロマン:自分で組んだものが動く!

やはり、1番は「ロマン」だと思います。

自分で好きなように集めたPCパーツを組み立てて、それが動いてパソコンとして使えるとなった時は、何度やっても感動するものです。

また、自分で組み立てたということもあり、結構愛着も湧きますからね。

 

全てのパーツが自分で選んだ、思い通りのものでパソコンが出来上がるので、基本的に納得のいかない部分が無いのが良いですよね。

 

PCケースに関しても、自作PCにすることで、おしゃれなケース、カッコいいケースなど選択できる幅が一気に広がるので、スペックだけでなく、デザインにこだわりたいという方にも良いですね。

 

やっぱり、同じパソコンでも自分好みのデザインやスペックにした方が、やる気も上がりますからね。

 

こういった、

パーツ選定や組み立て自体を楽しめる!

デザインなどにも徹底的にこだわりたい!

という方が自作PCをするべきかなと思っています。

 

パソコンは基本的に、作業するためのものなので、「スペック」とそのスペックを手に入れるための「値段」を見れば最低限オッケーです。

 

そのため、スペックや値段以外の「組み立て自体を楽しむ」「デザインをこだわる」などに価値があると感じる方は、自作PCですね。

 

スキル:故障時の修理費が格段に安くなる

2つ目に「スキル」ですね。

自作PCをして、一通り組み立てをすれば、もしもパソコンが故障した時に、自分で直すことができます。

 

自分で直せることで次のメリットがあります

  • 高額な修理費がパーツ代だけで済む
  • 修理にかかる時間を短縮できる

 

ここについては、実体験を元に話していきます。

 

私は過去に一度、まだ自作PCを始める前に、パソコンが故障したことがありました。

自作PCのスキルが無い場合、パソコンをメーカーに送って、修理してもらう必要があります。

 

そこで故障の原因と修理の見積もりなどをしてもらいましたが、

15万ぐらいのパソコンに対し、約5万円の修理費

修理にかかる時間が、1週間程度

ぐらいかかりました。

故障の原因はHDDの故障だったので、作業としては、HDD交換です。

 

その時は、自作PCなんてできませんでしたから、修理費を払って直していただきました。

しかし、自作PCのスキルがあれば、HDDのパーツ代1万円ぐらいで済むはずです。

 

これを聞くと、自分で直せるようにするため、自作PCをしてスキルを得ておく方が、後々得をすると思いませんか?

私は、これも1つ自作PCを始めた理由となりますね。

 

ちなみに、修理費が約5万円というのは、高いは高いですが、

  • 故障部分の特定に要する時間や修理時間の人件費
  • パーツ代
  • 技術料

を考えると妥当かなと思っています。

 

自分パソコンを組み立てを経験していれば、パーツを交換する技術もあるので、修理費用はパーツ代だけで済みます。

 

まとめ:自作PCは「値段」じゃなく「ロマン」と「スキル」が欲しい人向け

自作PCをするのに、「値段」を求めてやるべきではなく、「ロマン」や「スキル」を得るために、やるべきという話をしました。

 

値段的には、自作PCとBTOパソコンを比較した時に、トントンになるか、パーツ選定や作業時間を含めると自作PCの方が損するという感じです。

 

そのため、値段が安そうだからという理由で、自作PCを始めようと考えているのであれば、やめておいた方が良いでしょう。

 

自作PCではなく、BTOパソコンでの購入がおすすめですね。

BTOパソコンのセール情報もまとめているので、こちらを参考にすると安く購入できると思います。

≫ 関連記事:BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

 

自作PCをしたいという方は、

ロマン:自分で組んだものが動く!

スキル:故障時の修理費が格段に安くなる

のためにやるべきだと思っています。

 

  • 自分の納得のいくパソコン
  • こだわり抜いたパソコン
  • 自分の選んだパーツで組み立ててパソコンを動作させる

このあたりに、価値があると思える方が、自作PCが向いているかなと考えています。

 

また、パソコンが故障した時に備えて、自分で修理できるスキルを身に着けておきたいという方にも、自作PCをやる価値があると思っています。

 

ちなみに私は、上で話したHDDの故障の他に、3回ほど、HDDやSSDを交換しているので、結構メリットがありましたね。

 

以上、自作PCは「値段」ではなく、「ロマン」と「スキル」でやるべき!という話でした。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

【おすすめのページ】
CPUの性能比較表(仕様/スコア/価格/コスパ)【定期更新】(約100件)
GPUの性能比較表(仕様/スコア/価格/コスパ)【定期更新】(約50件)
 コスパ(スコア対価格)の高さ、高性能さの観点からおすすめなCPU/GPUをデータと共に解説
・コスパ・信頼性などの観点からおすすめPCパーツも紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です